【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#2/後半】私にとって“働く”は“趣味” | 大人のワタシを楽しむメディア
【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#2/後半】私にとって“働く”は“趣味”

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#2/後半】私にとって“働く”は“趣味”

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

後半は…子どもの持病がきっかけで芽生えた新たなる夢

前半からの続き・・・「私たちのホンネ」シリーズ2回目後半は中学時代に沖縄で行ったフィールドワークが今の自分の原点かもしれないと語るみね子(匿名)さんのインタビュー後半です。

福島出身の夫。東日本大震災が状況を変えた

生まれてきた長女は、卵や乳製品がダメな食物アレルギーもちで、3歳のときには気管支喘息の診断も受けました。夫は福島出身の長男なので、いつかは福島に帰りたいという願望を持っていて、長女が幼稚園に入園するタイミングで福島に帰ることを夫婦で話していました。

しかし、東日本大震災が起こりました。娘が1歳になる前です。

状況は一変しました。夫の実家は福島第一原発から50㎞以上離れた場所なので避難区域にこそなりませんでしたが、当時、山に囲まれた土地で風が吹くと線量が上がりました。私と娘を連れて帰る立場である夫が「福島がどうなっていくのか、5年は様子を見させてほしい」といいました。今後のことは分かりませんが、結局、5年以上たった今も東京へ住んでいます。震災後の福島の景気や、転職するうえでの夫婦の年齢もありますし、食物アレルギー対応レストランや食品が多い東京の方が暮らしやすい、長女のかかりつけ医の問題など、5年経ったから福島へ、とはなりませんでした。

喘息の悪化で2か月の入院。その間に芽生えた夢

フリーランスの編集ライターとして忙しく仕事をしていたので、保育園に預けていたんですが本当に色々大変でしたね。2歳の頃、保育園のミスで2度もアナフィラキシーショックを起こしました。一度目は牛乳、二度目は卵焼きを……本当に信じられないと思いますが、これが現実ですね。住んでいる場所は保育園激戦区なので、認可外保育園に預けていました。保育園がないと困るけど、増やせばいいってわけではない…この問題が解決しない限り、子どもを産んで仕事を続けるという選択肢を積極的にとる女性は増えませんよね…。

長女が4歳の時に次女が生まれました。そして、長女が5歳の時に喘息がどんどん悪化し、ついに入院してしまったんです。2か月間の入院生活は基本的に親は一緒にいなければいけなくて本当に大変でした。2ヵ月もほぼ病院だけで生活をすると、社会から分断された気分になるんですよね。夜間の付き添いであまり寝てないですしね。

幸いなことに私は病院と家が近かったので、子どもが寝るまで一緒にいて自宅に帰り、また次の日の朝病院に行く、ということもできました。ですが、地方から来ている親子はそういうことはできないですよね。お金があればマンスリーマンションなどを借りることもできるかもしれない。けれど、現実的にはそうでない人たちがほとんどです。入院費や滞在費、生活費がかかる、でも付きっ切りでいないといけないから仕事ができない…。入院中に保護者の方たちと交流をしていくうちに、多くの過程が困っているという現実を知りました。国の難病に指定されていたら助成金も出ますが、そうでない狭間の人たちには何の補助もないですからね。

ほかにも、「助けてほしい」と声を挙げることもできない袋小路にいる人たちのために何かできないのかと考えるようになりました。沖縄で知った世の中の光と影。中学生だった私は、影の部分を知っただけで精いっぱいでしたが、今は影の中に光を灯したいと思うようになったのです。

孤独に不安と闘う人と家族の力になりたい

私特に趣味がないんですよね。お酒を飲むことは好きですが(笑)。なので“働く”は私にとって“趣味”だと思います。これまで出版不況で「編集ライター業を続けて行けるのかなあ?」と思ったことはありますが、それはその職業を続けられるかどうか、について考えただけで、“働く”ことを止めることはまったく考えていませんでした。話した通り、日雇いでもバイトでも全部楽しめるので(笑)。ただ、20~30代、私の社会的な価値(収入になるもの)は、「時間」「体力」だと思って働いてきたんですが、これからは「経験」というものの価値を高めていかなければいけません。もう2時間しか寝ないような生活はできないし「時間」「体力」だけじゃ、私には社会的価値がありません。40代は、社会的な自分の商品価値を高めていくために「経験」をどう生かしていくのか、きちんと考えて、50代以降の仕事の糧にしたいです。

あ…あとはお金がないのが怖いんです。昔、実家が貧乏でお金がないことの怖さを良く知っているからかもしれません。それこそイチゴ牛乳を月に1本飲むのが最高のご馳走、だった時もありました。父親がすぐ仕事を辞める人だったんですよね…。母親は家計を助けるために自分だけ1日1食にして内職、パートもしていました。ひとりっ子の私は、母親が家にいないのが寂しくて布団にもぐって泣いてたこともありました。可愛かったですねー(笑)

私の座右の銘は「環境や人のせいにしないために、自分のことは自分で決める!」です。そして、やりたいことが見つかったらガマンできないのは性分ですね。だから、社会福祉の夢も実現させて、後悔はしない。これからの人生も楽しみながら、居場所がある限り働き続けていきたいです(笑) 

▶キャリアに迷ったら…まずは無料登録!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ビール大好き2児の母。食べること飲むこと観ること喋ること大好きです。カミカオツヤハリが超気になる今日この頃です。

関連する投稿


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/後半】4年間の間に4人の身内を亡くし二度目の離婚へ

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ#4/後半】元夫・元カレ・現夫との奇妙な共同生活

【35歳からのリアル 私たちのホンネ#4/後半】元夫・元カレ・現夫との奇妙な共同生活

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#4/前半】16歳で妊娠・出産・結婚その後、離婚し夜の仕事も

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#4/前半】16歳で妊娠・出産・結婚その後、離婚し夜の仕事も

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/前半】好奇心の赴くままに突き進む怒涛の人生

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#1/前半】好奇心の赴くままに突き進む怒涛の人生

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【大友育美のおくすり晩酌#1】あたため食材で♪ 肩こり改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#1】あたため食材で♪ 肩こり改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第一回目は“肩こり”です。


家族の形はさまざま! 90年代なつかしホームドラマ3選

家族の形はさまざま! 90年代なつかしホームドラマ3選

ホームドラマとひとくちに言ってもその形はさまざまです。いつの時代も家族を描いたドラマは人気がありますよね。今回は90年代に人気だったホームドラマ3選をピックアップ! 当時は子供の立場で観ていたドラマも、アラフォーになった今なら、親目線で観ることができ、また違った楽しみ方ができるかも!?


<特別付録付き 保存版>“ 本 気 で ” お金を貯める!8つの習慣【幸せなお金持ちになる習慣 #4】

<特別付録付き 保存版>“ 本 気 で ” お金を貯める!8つの習慣【幸せなお金持ちになる習慣 #4】

今回は、「貯金はゼロですがお金持ちになって豊かな老後を過ごしたいです」という、ストレートすぎるお悩みです。セミナー会場や、個人面談でも一番多いのがこのお悩みです。そこでWOMe世代は、みんないくらくらい貯めているのか? というところからご紹介していきたいと思います。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


ヴィーガンって何? 美味しいヴィーガングルメ紹介

ヴィーガンって何? 美味しいヴィーガングルメ紹介

”ヴィーガン”、巷でよく聞くこのワード。なんとなくベジタリアンと同じようなものと思っている方も多いと思います。ベジタリアン=菜食主義者とどう違うのか、その実態はどんなものなのか、正しい知識をもって無理なく取り入れるところからはじめてみましょう!


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google