夫と「ひとりの女性」として接する方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #45】 | 大人のワタシを楽しむメディア
夫と「ひとりの女性」として接する方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #45】

夫と「ひとりの女性」として接する方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #45】

結婚して子どもが産まれると、どうしても夫婦の会話は子どものことが中心になります。気がつけば「男女」としての話題を忘れている…なんてことも。家族の話はもちろんするべきですが、ひとりの女性として夫と接する機会を持つなら、女性らしさの演出に凝るよりまずは夫がリラックスできる空間を心がけることが近道です。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「母親」の顔が中心になるのは幸せなこと

Getty logo

夫とふたりで過ごすときも、子どもの幼稚園や学校、習い事の話などが中心になってしまう。それは、親であれば当たり前のことです。家族のことを積極的に話すのは、健全なつながりでいるためにも大切な時間。子どものことはしっかり夫婦で共有するべきです。

特に子どもが小さいうちは、いつの間にかできるようになっていた動作や新しく覚えた言葉など、新鮮な話題がたくさんあります。それは、夫婦だから、家族だからこそ一緒に楽しめる幸せ。「すっかり母親になっちゃったなぁ」とため息をつくことはありません。

夫の方はどうでしょうか。きっと、自分では見られなかったそのときの子どもの様子を想像して、笑顔になっているのではないでしょうか。妻が話してくれる子どもの日常は、夫にとって重要な情報です。夫婦なんだからお互いの話をしたいと思うのも当然ですが、その前に、共有すべき情報はしっかり話し合うことを忘れないでくださいね。

「母親」として自立しているからこそ「女性」の魅力が活きる

「いつまでも夫には女性として扱われたい!」そう思う妻は多いですが、勘違いしてはいけないのは、母親という役割を疎かにしてまで頑張るものではないということです。

実際にあったエピソードでは、夫が帰宅する時間に合わせてメイクも服もバッチリ、ご飯も作っているけど、幼稚園へのお迎えは遅いし帰ってきても子どもは着替えもさせず放置したまま、という妻がいました。自分を見てくれる、褒めてくれることだけを考える妻に夫は不安を覚えて自分の実家を頼るようになり、最後は別居まで発展しています。

妻でもあるけれど親でもあるなら、まずは母親として子どもへの愛情を忘れてはいけません。育児を放ってまで夫に女としていつまでも見られたいと自分のことばかりにかまけていては、夫も家族の一員として受け入れがたく、ひいては夫婦の絆が崩れる原因にもなります。妻がどんなに美しく着飾っていても、その隅で暗い顔をしている我が子を見れば、妻への愛情なんて吹き飛んでしまうでしょう。

妻も子どもも笑顔で帰宅を迎えてくれるような家。夫がまず望むのはそんな幸せです。女性としての魅力が活きるのは、母親として自立した行いができているからこそ。そんな妻を見て、夫も育児により積極的に関わりたいと思うようになります。

色気も欲しいけど、くつろげる妻でいて欲しい!

Getty logo

夫に女性として見てもらいたい、ひとりのオンナとして接したい。そんなとき、やはりメイクやファッションなどで女性らしさを出すことを考える妻は多いでしょう。視覚でうったえることは、雰囲気が伝わりやすく夫もリアクションが取りやすいものです。

夜、子どもが寝たあとでちょっとセクシーなランジェリーで迫ってみるのも良いし、もっと手軽に休日のスウェットをやめてジーンズ姿を見せるのも楽しい変化です。身だしなみを整えることは、身近な家族こそ目につきやすくて気分が上がります。

夫の方は、妻にいつもセクシーであって欲しいと思っているわけではありません。もちろん色気は歓迎だけど、いつもそれでは応えることにも疲れてしまいます。それよりは、カジュアルでいいから一緒にいてリラックスできること、くつろげる妻でいてくれることが、夫にとって嬉しい日常。薄いメイクでも、妻の顔色が明るくて思わずキスしたくなるような輝いた唇なら、夫は十分愛情を感じます。

子どもがいるときと、ふたりきりのときで会話の親密度を変える

子どもの目を気にせず話せるときは、夫がリラックスできる雰囲気を心がけましょう。「今日の仕事はどうだった?」という気軽な質問でも、「大変だったよ~」とため息をつけるのは妻の前だからこそ。いつもありがとうと労りの言葉をかける、マッサージをするなど、甘えさせてあげるのも良い時間ですね。

夫の趣味の本やゴルフの話、また妻の方も新しく覚えた料理の話など、気さくに会話できる時間がふたりにとって良い息抜きになります。それは、より身近に自分のことを理解してくれる女性がいる、という意識を夫に呼び起こします。子どもがいるときと、ふたりきりのときで会話の親密度が違うこと。プライベートなことを気楽に打ち明けあえることが、夫婦としての絆を深めるのですね。

女性らしさの演出に頑張りすぎると、自然体でいられません。それは窮屈な感じを夫に与えます。それよりは、リラックスできる空間を心がける方が、夫の意識も妻に向きやすくなります。母親として、妻として、両方の顔を楽しめる女性でありたいですね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連するキーワード


セックス 夫婦

関連する投稿


不倫願望って透けて見えるんです【幸せ夫婦コミュニケーション術 #48】

不倫願望って透けて見えるんです【幸せ夫婦コミュニケーション術 #48】

不倫願望を持っていますか? 不倫願望って透けて見えるものです。セックスしなかったら、気になる男性とふたりで食事に行っても不倫ではなくセーフだと思っていますか? 実際に不倫はしないけど雰囲気だけを楽しみたいと思っても、奥底にある不倫願望を男性は見逃しません。遊びたい男性からすれば、それは格好のターゲット。自制心を育てるために不倫願望をほかに向けることを考えましょう。


親として、夫婦として…あんまり頑張りすぎないで【幸せ夫婦コミュニケーション術 #47】

親として、夫婦として…あんまり頑張りすぎないで【幸せ夫婦コミュニケーション術 #47】

結婚して子どももできて、家族みんなが末永く幸せに暮らす。子の親としての顔、夫の妻としての顔、いろいろあって疲れてしまう。どうしても子どもを優先しがちな暮らしでも、役割にこだわらず親以外の自分を出していくことで、バランス良く過ごすことができます。


不倫…バレないように楽しむことはできるのか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #46】

不倫…バレないように楽しむことはできるのか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #46】

最近は夫ともレスだし、ほかの男の人と付き合ってみたい。不倫ってそんなに簡単にバレないよね? そんな風に思っていたら大間違いです。不倫がバレないなんてことは言い切れません。人に言えない、後ろめたい関係なら、必ずほころびが出ます。火遊びのような軽い気持ちでほかの男性と関係を持つと、後ですべてを失うことになる、と心得ましょう


夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

決して夫のことが嫌いなわけじゃないし、仲も良い。でもなぜか無性にほかの男性ともしてみたくなってしまう…。ひとりの男性と長く過ごす結婚生活では、そんな瞬間が訪れることもあります。ですが、安易な浮気は決してお勧めできません。そんな欲望は、胸に秘めたままこっそり解消しましょう。


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


自律神経を整える呼吸法でストレスやイライラとおさらばしよう!【更年期は人生が輝くチャンス #3】

自律神経を整える呼吸法でストレスやイライラとおさらばしよう!【更年期は人生が輝くチャンス #3】

緊張したり、不安な気持ちになったり、自分でも不思議なほどイライラしたり…。そんな経験はありませんか? もしかすると、自律神経の乱れから来ているかもしれません。そこで今回は、自律神経を整えてリラックスする呼吸法をお伝えします。いつでもどこでもできるセルフメンテナンス方法を更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


宮本真知のタロット占い【2月17日(月)~2月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月17日(月)~2月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2020年2月 後半編(2/15~2/29)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2020年2月 後半編(2/15~2/29)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。1月後半の運勢のポイントを要チェックです。


自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

大学生の頃から性教育に取り組み、注目を集めてきた産婦人科医 遠見才希子さん。現在は人工妊娠中絶や性暴力などの問題について勉強するために大学院に通われています。遠見さんが今の日本で問題視していること、変えたいと思っていることなどについてお話を伺いました。


シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

美肌のためには日々の丁寧なスキンケアはかかせませんが、もう一つ大切なのがヘアケア(頭皮のケア)です。間違ったヘアケアは、お肌の状態に大きく影響するので、正しい頭皮のケア方法を知ることはとても大切です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google