ペディキュアやりすぎ?夏の終わりに気になる足の爪のセルフケア【本気で始める美容・エイジングケア#15】 | 大人のワタシを楽しむメディア
ペディキュアやりすぎ?夏の終わりに気になる足の爪のセルフケア【本気で始める美容・エイジングケア#15】

ペディキュアやりすぎ?夏の終わりに気になる足の爪のセルフケア【本気で始める美容・エイジングケア#15】

「ハンドケアは普段から念入り」という女性でも、足の爪のお手入れはおろそかになっていることも意外と多いようです。夏の間にペディキュアを楽しんだ足の爪、今はどんな状態になっていますか…? 時短美容家の並木まきが、弱った爪へのセルフケアについてお話します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

セルフでペディキュアを楽しんだ女性ほど落とし穴が!?

夏の間はサンダルなど足先が見える靴を履く機会が多くなるので、ほかの季節よりもペディキュアを楽しむ女性も増えることでしょう。洋服に合わせて、こまめにペディキュアのデザインを変更し、「思いっきりペディキュアを満喫した!」という人もいらっしゃるのでは。

ところが、夏の終わりを迎えた今、ふと足の爪に意識を向けると「あれ?ボロボロかも……」なんて頭を抱えてはいませんか? 実は、セルフネイルでペディキュアを楽しんだ女性ほど、足の爪が弱りやすい落とし穴があります。その落とし穴とはーー。

セルフペディキュアはオフで負担がかかっている!?

Getty logo

ジェルネイルではなく、ネイルポリッシュを使ってペディキュアを楽しんでいる女性は、オフのタイミングで除光液を使用するのがほとんどではないでしょうか。実は、除光液には「アセトン」入りと「ノンアセトン」のタイプがありますが、「アセトン」タイプのものは爪に負担がかかりやすいと言われています。

「アセトン」タイプのほうがポリッシュがよく落ちるので、時短でオフを済ませたい時には手が伸びやすいのですが、落ちやすい分負担も大きくなっています。また、ペディキュアをオフする際にはコットンを使用する女性が大半かと思いますが、除光液を使ってゴシゴシと摩擦を繰り返すと、それだけ爪への負担も大きくなっています。

つまり、ポリッシュを使用してセルフペディキュアを頻繁に繰り返し楽しんだ女性ほど、爪への負担は大きくなっていたというわけなのです。

早く治したい! ボロボロ爪へのセルフケア

そんな足の爪へのセルフケアとしては、基本的にはハンドネイルへのケアと同様に行なっていきましょう。ネイルオイルやボディクリームなど保湿力の高いアイテムで、念入りな保湿を。

また、爪が弱っているときにはセルフネイルはしばらくお休みするのも、早く状態を改善する心がけに繋がります。そして、黒ずんで薄くなっているなど状態がかなり悪い場合には、医師の診断を受けることをおすすめします。

足の爪をボロボロにせずペディキュアを楽しむには?

Getty logo

私は、1年を通して足の爪にもジェルネイルをしていますので、基本的に約1ヶ月半に1回、サロンでの施術を行なっています。年間を通してペディキュアをしているのものの、ペディキュアをしていなかった時代と比較しても、爪はまったく弱っていません。

その背景には、おそらく刺激を与える回数も関係しているのではないか、と思っています。足の爪に刺激を与えるのは、ポリッシュやジェルよりも除光液などのオフ剤が大きな影響を及ぼしていると言われるだけに、オフする回数が少ないほどペディキュアを楽しんでも爪のお悩みが生じにくくなる気がしています。

そのため、ポリッシュを使ってセルフペディキュアを楽しむ女性も、まずはなるべくオフする回数を減らしてみて、伸びた部分だけ色を乗せてみる、ラメをかぶせてデザインを変えてみる、などの工夫でオフの回数を減らして様子を見てみるのも一案です。

夏の終わりに気になる足の爪ケアはシンプルなセオリーでセルフケア

今回は、夏の終わりに気になる方も多い足の爪のケアについてお話をしました。

「ネイルオイルやクリームでこまめな保湿を心がけながら、オフの回数はなるべく減らしてみる」

爪の状態が気になっている女性は、まずは、こんな心がけから爪の状態を健やかに保てるよう、意識してみるといいのではないでしょうか。

時短美容家 並木まき



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

時短美容家・ライター・コラムニスト。前市議。2現職議員の頃に「美人すぎる市議」として各種出演。

関連する投稿


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


顔より大事な、デリケートゾーン&膣保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーン&膣のケア方法#5】

顔より大事な、デリケートゾーン&膣保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーン&膣のケア方法#5】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。前回は「洗い方」をお伝えしましたが、今回はデリケートゾーンの基本ステップその2<洗い方>についてです。丁寧に洗った後は、しっかり保湿してハリ・ツヤのある膣を手に入れましょう!


“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#2】

“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#2】

アラフォーから始める美肌作りの第二回目は年齢を重ねたお肌に“ゴシゴシ”なんてもってのほか! という記事です。「洗顔だってちゃんと泡立ててるし、化粧水だって優しくパッティングしてる!」という方も、もしかしたら“ゴシゴシ”の定義がそもそも違うかもしれませんよ…。


今更聞けない!メイク道具の正しい使い方【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#01】

今更聞けない!メイク道具の正しい使い方【悩みを解消してもっと美しく!アラフォーからのメイク術#01】

メイク道具は、多くの女性にとって生活の必需品ですよね。お気に入りの厳選のアイテムもあれば、なんとなく使っているものもあるでしょう。肌感やお悩みも変わってくるアラフォーを境に、改めて道具の意味や使い方を見直してみてください。化粧道具について正しい知識を知れば、理想の仕上がりにグッと近づくことができるはずですよ♪


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google