実録!ラブマッサージレッスンで人生が変わった【大人のラブ♥パートナーシップ#16】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
実録!ラブマッサージレッスンで人生が変わった【大人のラブ♥パートナーシップ#16】

実録!ラブマッサージレッスンで人生が変わった【大人のラブ♥パートナーシップ#16】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。前回、ラブマッサージレッスンについてご紹介しましたが、今回は実際にレッスンを受講された3名の方のビフォーアフターを大公開します! 年齢も状況も違う3名が、ラブマッサージで人生を変えた実話、ぜひご覧ください。


離婚も考えた夫婦関係が劇的に改善!

東北にお住いの50代の淳子さんは旦那様とのセックスレスに悩んでいらっしゃいました。年上の旦那様は体の不調から、まったくセックスができなくなってしまい、淳子さんは離婚まで考え始めていたそうです。

そんな時に、ラブマッサージを知り、最初はこの歳でそんなことを教わるなんて恥ずかしいし、変な風に思われたらどうしようと不安だったそうなのですが勇気を出して受講されました。

淳子さんのように、長くセックスレスだったところから、いきなりマッサージというのも、なかなか抵抗があると思います。そこで、まずは毎日「お疲れ様」と笑顔で迎える、何気ない挨拶や、肩もみ、というところからコミュニケーションを築いていきます。いきなりラブマッサージができなくても、心配しないで大丈夫。

淳子さんも、小さなコミュニケーションを続けて、やがてラブマッサージもできるようになり、少しずつ旦那様と仲良くなれたそうなんです。セックスは昔のようにはいかないけど、ハンドマッサージだけでも満足してもらえて、淳子さん自身も身体が楽だそうです。なにより旦那様が優しくなったとのこと。本当に良かったです!

20代の彼ができました! ラブラブです♡

Getty logo

40代の看護師の真紀子さんは当時、気になる20代の男性Aさんがいました。そこで最初に「痩せてきれいになって、その方とラブラブになる!」という目標を立てました。もともとマッサージが大好きだった真紀子さん。自分が好きなことで相手によろこんでもらえる! と張り切っていました。

でも、自分と彼の年齢差や、彼がとてもモテることに、いまひとつ自信を持てずにいました。そこで、大人の女性にしか出せない魅力を発揮するチャンスと気持ちを切り替え、素敵なバーやレストランでデートをして、真紀子さんが彼をリードする方向に完全転換! 若い女の子ができない仕事の相談にのったり、彼の上司とも会って交流を深めたり、次第に彼との距離が近くなっていきました。

自信がつきはじめた真紀子さんはAさんに「マッサージを習い始めたので練習台になって♡」とお願いし、その日から頻繁に会えるように。やがてAさんとお付き合いも始まってラブラブになったそうです。もうひとつの目標だった“痩せる”も見事に達成されました!

ラブマッサージで大好きな彼と結婚!

Getty logo

30代の会社員T.Nさんは、なんとラブマッサージを受講して彼と結婚されました。大好きな彼に、ずっと一緒にいてほしい、と思ってもらえる自分になりたいと思い、ラブマッサージを受講されたんです。

彼に対する愛しい気持ちが手を通して優しく伝わっていく感じがすると仰ってくださっています。ラブマッサージの魅力は、なんといっても「女性が自然体で愛を伝えられる」ことにあります。過剰ニ何かをする必要はなく、またお金もまったくかからず、本当に真心とやさしさと愛が伝わるスキンシップです。

逆にやってはいけないNGポイントは、「マッサージしてあげてる」という見返りを求める言動や雰囲気。「これをしたら結婚してもらえるはず!」「私を選んでくれるわよね?」という感じだったら、T.Nさんは彼からプロポーズされてなかったと思います。あくまでも、愛や感謝を伝えるコミュニケーションとして活用してくださいね。

今回はラブマッサージを使って、人生をよりよくした3名のストーリーをご紹介しました。大人のラブコミュニケーションとして、ラブマッサージが使えるといざという時に大変役立つと思います。

今、魅力的なアラフォー女性が選ばれる時代になってきていると感じています。ぜひハッピーなラブパートナーシップを楽しんでくださいね!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ラブセラピスト®/女性が男性に愛されるポイントや、パートナーとの間にある愛を今よりもっと「質の高い愛」にするための情報を発信。

関連する投稿


怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「お前、子どもが産まれてから変わったよな」と夫に言われたことはありませんか? 「当たり前じゃない、親になったんだから」と気にも留めずに過ごしているなら、少し考えてみてください。夫がそんな言葉を口にするときは、「寂しい」というサインかもしれません。こんなときは、夫を「甘やかす」のが有効です!


もっと夫婦を楽しもう! 恋人気分を味わえるおすすめデートアイディア【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#13】

もっと夫婦を楽しもう! 恋人気分を味わえるおすすめデートアイディア【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#13】

結婚生活が長くなり、夫婦という役割に馴染んでしまうと、日々の過ごし方にマンネリを覚えることがあります。 たまには子どもを預けて、夫婦ふたりでデートする時間を持ちましょう。恋人のころのような新鮮さをふたたび味わうことで、改めて相手への愛情に気がつくきっかけとなります。 夫婦で楽しむおすすめのデートをご紹介します!


なぜ仮面夫婦になってしまうのか?原因と対策方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#7】

なぜ仮面夫婦になってしまうのか?原因と対策方法【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#7】

どんな夫婦でも、望んで仮面夫婦になるわけではありません。 仮面夫婦とは「互いの無関心」が長い間積もってでき上がってしまった形。それは、すれ違いから始まります。 具体的にどんな原因で仮面夫婦になってしまうのか、また予防するにはどんな策が有効なのか、見てみましょう。


離婚より手軽? 増えつつある「仮面夫婦」その実態とリアルとは【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#6】

離婚より手軽? 増えつつある「仮面夫婦」その実態とリアルとは【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#6】

「仮面夫婦」と聞くと、思わずドキッとする人もいるかもしれませんね。夫婦仲が冷めている、お互いに関心がない…。 既に夫婦として破たんしているつながりでありながら、離婚せずに生活をともにしている状態とは、どういうものなのでしょうか。その実態とリアルをご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

ついついカッとなった衝動に任せて怒鳴ってしまう…そんな経験誰しもありますよね。ただし、怒りのピークはたった6秒。その間どうにかやり過ごせば、落ち着いて自分の感情を相手に説明することができるんです! そこで日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんにその方法を教えていただきましょう。


何とかしたい“ぽっこりおなか”  ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

何とかしたい“ぽっこりおなか” ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

「このお腹のお肉をなんとか撃退できないものか…」40代女性の「体型で気になる部位」のトップ3といえば「お腹」です。しかし体型は自分の意思で選ぶことができます。スッキリお腹を実現するのは骨盤の角度と筋肉の使い方次第なのです。


怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのには理由がある! それは「相手が○○と言ったから」「○○な行動をとったから」「○○がうまくいかないから」…そんな風に、周りに原因があると思っていたら…それはどうやら間違っているようです。日本アンガーマネジメント協会理事の戸田さんに教えていただきましょう。


更年期は眠い!  原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

更年期は眠い! 原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

睡眠はしっかり取れているはずなのに、眠くてだるくて仕方がない。そんなことはありませんか? 更年期は女性ホルモンの低下から自律神経が乱れがちになります。「眠れない」という悩みがある一方で「眠っても眠ってもひたすら眠い」というお悩みを持っている方も多いのです。そこで今回は、更年期の「眠気やだるさ」の対策方法をお伝えします。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google