ご存知ですか? 不倫願望って透けて見えるんです【幸せ夫婦コミュニケーション術 #48】

ご存知ですか? 不倫願望って透けて見えるんです【幸せ夫婦コミュニケーション術 #48】

セックスしなかったら、気になる男性とふたりで食事に行ってもセーフ? 実際に不倫はしないけど雰囲気は楽しみたいと思っても、気づかないうちに奥底にある不倫願望が見え隠れしています。遊びたい男性からすれば、それは格好のターゲット。自制心を育てるなら、願望をほかに向けることを考えましょう。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

相手との関係に自分の欲は持ち込まない

不倫とは、自分が既婚者であったり相手が既婚者であったり、配偶者のいる人間がほかの異性と肉体関係を結ぶことを言います。じゃぁ、セックスしなければOKなの? と思うかもしれませんが、それはあくまで結果論。「そうなるかもしれない状況」に身を置くことで、すでに片足を突っ込んでいると考えるくらいの慎重さを持ちたいですね。

たまには夫以外の男性とも過ごしてみたいなぁ、と思うときもあるでしょう。ほかの男性とドキドキする時間を過ごしてみたい、セックスまでは考えていないけど、ちょっとスリルを楽しんでみたい。そんなささやかな欲望は、結婚生活が長くなれば誰でも頭をよぎる瞬間はあります。

ですが、その欲を身近な人間にぶつけたり、相手を探そうとするのは一番避けたいことです。相手との関係に自分の欲を持ち込むのは、下心を誘います。自分ではただの火遊びのつもりでも、相手が本気で好意をもってきたら。実際にセックスしていなくても、「私は潔白」と言えるでしょうか。

見透かされる「不倫願望」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

セックスだけを楽しめる気軽な相手を探している男性にとって、こんな欲望を持つ女性は簡単にターゲットになります。「素敵な女性だ」「旦那さんが羨ましい」「人妻でなければ」など、甘い言葉を並べ立ててその気にさせようとします。

女性の側は「ただ雰囲気を楽しみたいだけ」という気持ちであっても、その奥底にあるのは「本当にセックスまでたどり着くことなんてあるのかしら」という興味と関心。夫以外の男性に抱かれるという未知の経験に、畏れと憧れを密かに持っていることがほとんどです。

不倫に慣れている男性は、女性の欲望を敏感に見抜きます。「押し続けたら落ちるな」と確信できるのは、女性の態度が自分の思った通りに動くから。もう夫からは言われなくなったであろう、容姿を褒める言葉や女性としての魅力を称えるようなセリフを並べるだけで、女性の気持ちが「妻から女」に変わっていくのが手に取るようにわかるからです。

「いけないとわかっていても好きになってしまった」。こんな言葉、自分に対して恋愛感情を抱く男性がまだいる、という女としての喜びを目の当たりにして、動揺しない女性はいないでしょう。その刺激こそ、求めていたもの。「体目当てなんだろうな」という不安があっても、男性の積極的なアプローチに流されていつの間にか関係を持ってしまう女性は大勢います。

自制心は自分のために育てるもの

一度肉体関係を結んでしまえば、もう元には戻れません。夫を裏切り、家庭をないがしろにしたという事実は一生残ります。そんな過ちがバレてしまえば、何もかも失う結末だってあります。不倫はそれだけリスクの高いもの、決して一時の気持ちの盛り上がりで受け入れて良いものではないのです。

ほかの男性ともスリルのある時間を楽しみたい。そんな願望は、他人に向けるのではなく自分の中で消化させましょう。自制心は、何より自分のために育てるものです。他人と関わりたくなったら、親しい女友達を誘っておしゃべりを楽しみましょう。会社の同僚数人でたまには飲み会を開いて騒ぐのもストレス発散。筆者の場合は、大好きなカラオケで歌い倒すのが良い気分転換になっています。

刺激を与えてくれるのは、夫以外の男性だけではありません。子どもと公園で思い切り走り回る時間だって、笑顔が止まらない貴重な時間です。必要とされたい、愛されたい気持ちは、家族からも感じることができます。

願望を持つことそのものがいけない、というわけではありません。そんな自分を感じたら、自制心を持って行動することを思い出すのが賢明な妻であると言えるのです。

改めて夫に恋をする

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そして、改めて夫と向き合ってみるのも、女として恋心を再燃させる良い機会です。今さらあんな旦那に恋なんて・・・と気が進まない女性もいるかもしれませんが、あなたにとって一番身近な男性は夫。あなたを誰より満足させてくれるのは、本来夫でしかありえないはずです。

ちょっと豪華なご飯を作って夫を驚かせる。新しい服をプレゼントする。そんな、生活に密着した愛情を伝えられるのも、夫婦という関係ならでは。妻から労りの言葉をかけられることを嫌がる夫はいません。そして、そんな妻の様子に改めて幸せを感じて、大切にしようと思うのも夫なのです。

軽はずみな行動が良い結果を生まないことは、どんなことでも同じです。不倫願望を見透かされること、それを利用されることは、それだけ妻としても女性としても軽く扱われることを指します。そんな扱いを自分に許さないことこそ、最大の自制心であるとも言えますね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


反抗期の娘とコミュニケーションをとる方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#11】

反抗期の娘とコミュニケーションをとる方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#11】

何でも話をしてくれた娘が反抗期に入り、態度がかわり戸惑ってしまう・・・お子様を持つお母さんはその接し方に悩みますよね。 今回は、反抗期の子どもとのコミュニケーションについてどのように接するといいのか、ロジかわ思考で解決します。


親しき仲にも礼儀あり 夫婦の境界線 【“心のマナー”メソッド#05】

親しき仲にも礼儀あり 夫婦の境界線 【“心のマナー”メソッド#05】

“親しき仲にも礼儀あり”という言葉がありますが、特に夫婦は長い時間を一緒に生きていく共同体だからこそ、相手を尊重する思いやりが必要です。仲良くなり、慣れ合い、つい超えてはいけない一線を簡単に超えてしまえるのも夫婦。そうならないためにどんな心構えが必要か教えていただきます。


夫が浮気… 夫婦仲を再構築するには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #74】

夫が浮気… 夫婦仲を再構築するには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #74】

夫の浮気が発覚…ショックでどうしたらいいか分からなくなる妻が多数でしょう。許したいと思っても怒りや悲しみが収まらず、どう向き合って良いかわからなくなって当然です。夫を責めたくもなるでしょう。しかし夫が浮気をしたのは夫だけの問題なのでしょうか?この事実に夫婦としてのこれからにどう向き合っていけばいいか、お話します。


うちの夫もしかして “発達障害”?と思った時は… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #72】

うちの夫もしかして “発達障害”?と思った時は… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #72】

夫とはコミュニケーションが上手く取れない部分もあるけど、そういう人なんだろうと思っていた。でも、何だか違和感が拭えない…。そんなときは、「大人の発達障害」を疑ってみる必要があります。近年テレビなどでも取り上げられるようになりましたが、大人の発達障害とはどんなものなのか? どう対処すれば良いのか、についてお話します。


あなたは社会とどう関わっていきたいの?【自立美人のススメ#03】

あなたは社会とどう関わっていきたいの?【自立美人のススメ#03】

「自分らしく生きる」ってどういうことだと思いますか? 自分を大切にするということと、社会の中で自分“らしさ”を大切にするということはイコールなのでしょうか? 大人の女性として求められる素養とはいったいどんなことだと思いますか?


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

以前は、子育てするのは母親の仕事、と考える男性も多く存在していましたが、最近は、育児に積極的なパパが増えています。そのため、ふたりの関係が以前と変わり、新たな問題が発生することもあります。今回は、夫が娘に夢中で相手にされなくなったと悩む妻からの相談です。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

子どもたちは日々、様々なシーンで色々な情報を得てきます。時には驚くようなフレーズを言葉にすることもあるでしょう。そんな時、それが言葉にしてはいけないものなら、なぜそうなのか伝えなければいけませんし、きちんとした情報を与えて理解しなければいけないことなら、それについて説明できる知識を親として持つことが大切です。


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター