不倫願望って透けて見えるんです【幸せ夫婦コミュニケーション術 #48】

不倫願望って透けて見えるんです【幸せ夫婦コミュニケーション術 #48】

不倫願望を持っていますか? 不倫願望って透けて見えるものです。セックスしなかったら、気になる男性とふたりで食事に行っても不倫ではなくセーフだと思っていますか? 実際に不倫はしないけど雰囲気だけを楽しみたいと思っても、奥底にある不倫願望を男性は見逃しません。遊びたい男性からすれば、それは格好のターゲット。自制心を育てるために不倫願望をほかに向けることを考えましょう。


相手との関係に自分の欲=不倫願望を持ち込まない

不倫とは、自分が既婚者であったり相手が既婚者であったり、配偶者のいる人間がほかの異性と肉体関係を結ぶことを言います。じゃぁ、セックスしなければOKなの? と思うかもしれませんが、それはあくまで結果論。「そうなるかもしれない状況」に身を置くことで、すでに片足を突っ込んでいると考えるくらいの慎重さを持ちたいですね。

たまには夫以外の男性とも過ごしてみたいなぁ、と思うときもあるでしょう。ほかの男性とドキドキする時間を過ごしてみたい、セックスまでは考えていないけど、ちょっとスリルを楽しんでみたい。そんなささやかな欲望は、結婚生活が長くなれば誰でも頭をよぎる瞬間はあります。

ですが、その欲を身近な人間にぶつけたり、相手を探そうとするのは一番避けたいことです。相手との関係に自分の欲を持ち込むのは、下心を誘います。自分ではただの火遊びのつもりでも、相手が本気で好意をもってきたら。実際にセックスしていなくても、「私は潔白」と言えるでしょうか。

見透かされる「不倫願望」

Getty logo

セックスだけを楽しめる気軽な相手を探している男性にとって、こんな欲望を持つ女性は簡単にターゲットになります。「素敵な女性だ」「旦那さんが羨ましい」「人妻でなければ」など、甘い言葉を並べ立ててその気にさせようとします。

女性の側は「ただ雰囲気を楽しみたいだけ」という気持ちであっても、その奥底にあるのは「本当にセックスまでたどり着くことなんてあるのかしら」という興味と関心。夫以外の男性に抱かれるという未知の経験に、畏れと憧れを密かに持っていることがほとんどです。

不倫に慣れている男性は、女性の欲望を敏感に見抜きます。「押し続けたら落ちるな」と確信できるのは、女性の態度が自分の思った通りに動くから。もう夫からは言われなくなったであろう、容姿を褒める言葉や女性としての魅力を称えるようなセリフを並べるだけで、女性の気持ちが「妻から女」に変わっていくのが手に取るようにわかるからです。

「いけないとわかっていても好きになってしまった」。こんな言葉、自分に対して恋愛感情を抱く男性がまだいる、という女としての喜びを目の当たりにして、動揺しない女性はいないでしょう。その刺激こそ、求めていたもの。「体目当てなんだろうな」という不安があっても、男性の積極的なアプローチに流されていつの間にか関係を持ってしまう女性は大勢います。

不倫願望を制する心は自分のために育てるもの

一度肉体関係を結んでしまえば、もう元には戻れません。夫を裏切り、家庭をないがしろにしたという事実は一生残ります。そんな過ちがバレてしまえば、何もかも失う結末だってあります。不倫はそれだけリスクの高いもの、決して一時の気持ちの盛り上がりで受け入れて良いものではないのです。

ほかの男性ともスリルのある時間を楽しみたい。そんな願望は、他人に向けるのではなく自分の中で消化させましょう。自制心は、何より自分のために育てるものです。他人と関わりたくなったら、親しい女友達を誘っておしゃべりを楽しみましょう。会社の同僚数人でたまには飲み会を開いて騒ぐのもストレス発散。筆者の場合は、大好きなカラオケで歌い倒すのが良い気分転換になっています。

刺激を与えてくれるのは、夫以外の男性だけではありません。子どもと公園で思い切り走り回る時間だって、笑顔が止まらない貴重な時間です。必要とされたい、愛されたい気持ちは、家族からも感じることができます。

願望を持つことそのものがいけない、というわけではありません。そんな自分を感じたら、自制心を持って行動することを思い出すのが賢明な妻であると言えるのです。

不倫願望を捨てて改めて夫に恋しよう

Getty logo

そして、改めて夫と向き合ってみるのも、女として恋心を再燃させる良い機会です。今さらあんな旦那に恋なんて・・・と気が進まない女性もいるかもしれませんが、あなたにとって一番身近な男性は夫。あなたを誰より満足させてくれるのは、本来夫でしかありえないはずです。

ちょっと豪華なご飯を作って夫を驚かせる。新しい服をプレゼントする。そんな、生活に密着した愛情を伝えられるのも、夫婦という関係ならでは。妻から労りの言葉をかけられることを嫌がる夫はいません。そして、そんな妻の様子に改めて幸せを感じて、大切にしようと思うのも夫なのです。

軽はずみな行動が良い結果を生まないことは、どんなことでも同じです。不倫願望を見透かされること、それを利用されることは、それだけ妻としても女性としても軽く扱われることを指します。そんな扱いを自分に許さないことこそ、最大の自制心であるとも言えますね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり

【関連記事】
妻たちはいったいどんな時に不倫に走ってしまうのか…
実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】
https://wome.jp/articles/2145

不倫は家庭を破綻させ離婚に至ってしまうかもしれません。それでも欲望に溺れますか?
不倫が離婚に与える影響とは?【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#06】
https://wome.jp/articles/1819

すべてを覚悟の上で不倫をするなら誰も止める権利はありません
不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】
https://wome.jp/articles/1660

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおりのページ

https://wome.jp/users/88

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


実録:不倫のサイン あなたの夫は大丈夫?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #98】

実録:不倫のサイン あなたの夫は大丈夫?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #98】

不倫なんて、我が家には縁のない話。そう思っていたのに、最近夫にあやしい行動が目立つ。不倫をしているとどこか違和感のある態度が出るようになり、それがきっかけで不倫に気がついた、という妻も多くいます。そこでどんな夫の態度がサインとなったのか、実際に不倫され気が付いた妻の声をご紹介します。


PTAが出会いの場!? 新語「キスだけ不倫」じわじわ増加中【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#29】

PTAが出会いの場!? 新語「キスだけ不倫」じわじわ増加中【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#29】

「キスだけ不倫」なんて聞き捨てならない新語が登場した今回の記事。PTAが出会いの場になっているなんて、さらに聞き捨てなりませんね…いったいどういうことなのでしょうか? すずね所長こと三松真由美さんのオトナ夫婦の寝室事情 29回目は『PTA不倫』についてです。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

どうして40男は嫌われてしまうのか?その切なくとも悲しい現実と、変えることはできない過去に受けた学校教育…男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんの著書『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)を読めば、40男たちは自分たちがなぜこうも生きづらさを感じるのかが分かり、女性は40男たちのことが少し理解できるかも!? 田中俊之さんインタビュー第二回目です。


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター