女性であることを楽しんでキラキラ輝く!【ライフスタイル“美”メソッド #6】 | 大人のワタシを楽しむメディア
女性であることを楽しんでキラキラ輝く!【ライフスタイル“美”メソッド #6】

女性であることを楽しんでキラキラ輝く!【ライフスタイル“美”メソッド #6】

ついつい型にはめて「こういう立場なんだからこんなことしちゃダメだよな」とか「もうアラフォーなんだからこんなこと始めるなんて遅いよね…」など考えてしまいませんか? でももっと一人の女性として“女”であることを楽しめばいいんです! 今回はそんな“一人の女性として輝く”ヒントを栗本さんに教えていただきました。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

思い通りにならないことを許せる心を持つ

昔は私自身、“○○○だから”こうでなければならない(こうしないといけない)という枠にはめて行動をする女子でした。その傾向がもっとも強かったのは20代のモデル時代です。

「モデルだからこうでなければならない」

と強く思っていました。今から思うと力んで生きているな~と可愛く思えますが(笑)

結婚してからも“結婚しているから”“子供がいるから”は私の中で少なからずありました。特に子供に関しては強かったです。

「子供がいるから夜は外出してはいけない」
「子供がいるからいい母親でいないといけない」

“子供がいるから”と。とにかく子供にこだわっていたんです。

そうやって勝手に自分でプレッシャーをかけていたので正直、育児が辛かった時期もあり“ストレス”もすごく感じていました。

“○○○だから”こうでなければならない(こうしないといけない)という枠から抜け出すには、前々回の記事でも書かせて頂きましたが「柔軟性を持って思い通りにならないことを許せる心を持つ」に繋がるのではと思います。

自分が“女性である”ということを常に意識する

私は自分が“女性である”ということを意識するために【目配り】【気配り】【心配り】の3点をいつも心がけています。

女性の特徴としてすでに持っているものですので、これを少しのぞかせるだけでもグッと女性らしさがアップするんです。そしてどんなシーンでも使えますのでどんどん実践してみて下さい。男性からあなたへの接し方に変化があるはずです。なぜなら、あなたを【女性である】と男性が意識するからです!

ママ友達に【目配り】【気配り】【心配り】の素晴らしい方がいます。

まず、【目配り】とは相手の事をしっかりと注意して観察する事です。

私が体調が優れないなぁ〜と思って座っていると、スッとお水を出してくれて「大丈夫? 良かったら」と優しい一言…。私が男性なら確実に恋しますね(笑)

【気配り】とは相手を思いやって、気をつけることはないか考えることです。

学校の名札をよく一緒に洗濯してしまうのですが「これだと一緒に洗濯しても汚くならないよ」とテプラで息子の名前も作ってきてくれる優しさ…。

【心配り】とは相手のためになるような行為行動をとること。

突然、息子の目が赤く痒みが出て「どこかいい眼医者さんはないかな?」と話していたらすぐに調べて情報を教えてくれました。

彼女にしたらちょっとした事かもしれませんが、その優しさに触れた人は心を奪われてしまいますよね! そんな彼女は立ち振る舞いもとても美しく女性としての魅力に溢れています。

ファッション、香り、立ち居振る舞いで女性スイッチオン!

私は女性であることを楽しむためにファッションをスイッチにしています。

日々、忙しくても月に1,2回はおしゃれをして出かける時間を必ず作るようにしているんです。子供と過ごす時にハイヒールを履くことはないので、一人時間の時にはハイヒールを履いてより女性を意識した装いで美容室に行ったり、その帰りに必ず素敵な空間でお茶をしたり、ぶらりとウインドーショッピングをしたり人間ウォッチングをして楽しんでます。

近所を歩くときも、ミネラルファンデーションで薄化粧をしてラフですがきちんと感を心がけています。

そして何より香り! 香りは人によって好き嫌いがありますので自分が楽しむくらいのふわっと香る程度を意識して、その日の気分によってボディークリームやネイルオイル・香水など好きなものを色々と楽しんでいます。

あとは姿勢・ウォーキング・立ち居振る舞いです。職業柄、ほかの方の姿勢や歩き方などを観察する癖がありますが、自身の動きも見直すいい機会となっています。姿勢・ウォーキング・仕草で【女性らしさ】を楽しむことはさらに自分を向上させることに繋がっていきます。

感性と自分自身を磨き続けることで自分らしく素敵に年齢を重ねていけたらと思っています。

ひとりひとりの女性がありのままで楽しむことで生きやすい世界へ

とにかく【こうでなければならない】を取っ払うことで、妻として母として一人の女性として自分らしく楽しみながら生きることができると私は思います。

そして、ひとりひとりの女性がそういう意識のもと活躍することで社会が活性化して生きやすい世界になるのではないかと思っています。

女性であることが当たり前すぎて意識しない日々から、女性で生まれたことに喜びと感謝をし、楽しむことでキラキラと光輝いてほしいなと思います。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

モデル・美姿勢トレーナー/クラシックバレエのメソッドをアレンジしたオリジナルエクササイズをもとに美姿勢、仕草などを発信

関連する投稿


【35歳からのリアル 私たちのホンネ#4/後半】元夫・元カレ・現夫との奇妙な共同生活

【35歳からのリアル 私たちのホンネ#4/後半】元夫・元カレ・現夫との奇妙な共同生活

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#4/前半】16歳で妊娠・出産・結婚その後、離婚し夜の仕事も

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#4/前半】16歳で妊娠・出産・結婚その後、離婚し夜の仕事も

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


意外と多い⁉ 男性のマリッジブルー 結婚直前で婚約破棄されないために【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#2】

意外と多い⁉ 男性のマリッジブルー 結婚直前で婚約破棄されないために【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#2】

実は意外と多いらしい男性側のマリッジブルー。再婚ならともかく、40過ぎまで独身貴族を謳歌してきたアラフォー男性は結婚を一度決めても、結婚式が近づき、結婚準備に追われ、結婚生活のことを考えるとどんどんマリッジブルーになることがあるとか…。そんな時どう対処したらいいのかウエディングプランナーの葉山さんに教えていただきます。


アラフォーの私が結婚式をするのは周りの目が気になる…【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#6】

アラフォーの私が結婚式をするのは周りの目が気になる…【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#6】

最近、アラフォー女性の皆様から「アラフォーにもなって結婚式なんてしてもいいんでしょうか…」という消極的なお声をよく聞きます。結婚式に年齢なんて関係ない! 声を大にして言いたいです。それは結婚式の本質を知ればわかっていただけると思います。安心してくださいね。


不倫男が「離婚しない」理由とは?【神崎桃子の恋愛指南 #12】

不倫男が「離婚しない」理由とは?【神崎桃子の恋愛指南 #12】

奥さんとは離婚すると言いながら離婚しない不倫男…。ついその言葉を信じて待ってしまい泥沼に。よく聞く話ですが不倫をしている男性はいったいどんな心理で不倫をしているのでしょう? 不倫の果てに何があるのか…恋愛コラムニスト神崎さんにぶった切っていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

「これが私のスタイル!」と胸を張ること【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#2】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第1回から続き、第2回目は日本とアメリカとの違いから見える日本の良さとについてです。


“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

“膣トレ” で尿漏れ・子宮脱を予防しましょう 【デリケートゾーン&膣のケア方法#7】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本の洗浄・保湿ケア、そしてスペシャルケアのマッサージについてお伝えしてきましたが、今回は大切な膣のトレーニング方法についてご紹介します。膣がゆるむと尿漏れするだけでなく、酷い場合は子宮が膣から出てきてしまうのです!ぜひ実践してくださいね。


目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

目元のハリに あたためて冷やす美顔器 コンパクトなのに高性能|HEALTHPIT ケア 目元美顔器

40歳を過ぎてから坂を転がるように、肌や顔に難を感じることになった40代女性も多いのではないでしょうか。スキンケア方法を変えてみたり、自分でできるマッサージを試したり、ちょっと贅沢してエステに行ってみたり…でも、なかなか改善しない。しかし目元や口もとのシワをこのままにしておいていいわけない! ということで、何とかしたいと健康・美容家電ブランド、HEALTHPIT(ヘルスピット)ショールームにお邪魔しました。


自律神経を整えてストレスなんてなんのその!【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#8】

自律神経を整えてストレスなんてなんのその!【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#8】

「自律神経の乱れ」や「自律神経失調症」という言葉をよく耳にする方も多いのではないでしょうか? しかし、実際に何のところなんのことかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、今回はホルモンやストレスと密接に関係している自律神経についてご紹介します。


秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

秋に不調が多くなる? 気圧の変化と季節性感情障害【天気と女性の関係#4】

食欲の秋、運動の秋など、秋は心地が良いシーズンとして色々なことを始めるのに適しているし、食も進む、などと言われていますが果たしてそうでしょうか?特にアラフォー女性は秋になると体調が悪くなるから苦手…という人も多いのです。ではいったいどうしてそうなのか?教えていただきましょう。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google