おりものの悩み「量が多い気がする」そんなときは? │おしえて!咲江先生(2) | 大人のワタシを楽しむメディア
おりものの悩み「量が多い気がする」そんなときは? │おしえて!咲江先生(2)

おりものの悩み「量が多い気がする」そんなときは? │おしえて!咲江先生(2)

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!WOMeではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。第二回目は女性なら誰もが直面する“おりもの”問題です。


デリケートゾーン向上委員会 #02 「おりもの」の悩み

この記事の専門家は… 咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生

昭和41年生まれ。国立名古屋病院(現 名古屋医療センター)にて婦人科悪性腫瘍、やさしく」「丁寧」「痛くない」診療にこだわり、名古屋市立城北病院(現 名古屋市立西部医療センター)ではハイリスク妊娠、分娩などに携わる。その後、「じっくりと話を聞きながら患者様の悩みを解消していきたい」という思いから平成14年から咲江レディスクリニックを開院。思春期外来も開設し、思春期保険相談士とともに性教育にも力を注ぎながら、「女性の健康」をベースに講演活動を精力的に行っている。最も得意な分野は「性交痛」や「におい」の治療。

▼咲江レディスクリニック
http://www.sakieladiesclinic.com/

知っているようで知らない「おりもの」について

Q:おりものってそもそも何ですか?

【質問】
おりものについて、よく考えると何となくしか理解できていません。子供の頃の性教育でもきちんと習ったか記憶が曖昧。母親からもそういうものって言われていたり…おりものってそもそも何なのでしょうか?

A:おりものが出るのは女性なら当たり前のこと

【咲江先生】
“おりもの”というのは子宮頸管の粘液や古くなった膣壁の細胞がはがれたものなどの総称です。体の中にあるそういった粘液やカスがでてくるのは、目から涙や目ヤニがでるように自然なことですよね。おりものが出るのは決して悪いことではなく女性なら当たり前のことです。

人によって量や質などは全く違うので、多く出る人もいれば、少ない人もいます。「いつもおりものが出ていて、量が多い気がする」…という人も、初潮の頃から多いのではあればまったく問題はありません。

ただし、色が今までとは違う色になったり、生臭い臭いがしたり、急に量が増えたり減ったりする時には体の不調や病気にかかったりしているかもしれないので、注意が必要です。

おりものはいつまで出る?年齢によって変化する?

Q:年齢によっておりものの量は増えたり減ったりするのでしょうか

【質問】
年齢によっておりもの量は変わってくるのでしょうか? 増えたり減ったりするものなのか気になります。

A:新陳代謝と女性ホルモンが関係しています

【咲江先生】
代謝がいい若い時期の方が、おりものの量は多いのが普通です。代謝が落ちて、女性ホルモンの分泌が減るにつれ、おりものの量は徐々に少なくなっていって、閉経後はほとんど出なくなります。

つまり、おりものの量が少なくなった人というのは、女性ホルモンが減ってきている可能性があります。逆に多い人はデリケートゾーンのトラブルが多い傾向があります。パンツの中は蒸れやすいので、雑菌が繁殖しやすく、ニオイやかゆみの原因になるのです。

アラフォーの方でパンツの下の洋服まで染みてしまうような量のおりものが出る方は、膣内で炎症が起こっている可能性があるので、きちんと病院で検査を受けて治療してくださいね。

先ほども言いましたが、通常はおりものの量は若い時から徐々に減っていくものなので、急に増えてきた場合には、なんらかの病気になっている可能性があるので、受診をおススメします。

おりものの色や量に不安…健康な状態とは?

Q:おりものの色にはどんな意味があるのでしょうか?

【質問】
日によって透明だったり、白くてドロッとしたものがたくさんでたり…黄色っぽかったり…おりものの色には意味があるのでしょうか?

A:おりものの色によっては要注意なことも

【咲江先生】
透明だったりドロッと白かったりするおりものは正常なものなので、まったく心配する必要はありません。ただし、同じ白でもカッテージチーズのような白いおりものは“カンジタ膣炎”になっている可能性があるので受診してくださいね。

黄色いおりものや緑っぽいのおりものは、膣内の自浄作用が低下して雑菌が繁殖している可能性が高いです。

他には生理の終り頃でもないのに、突然、赤褐色やピンクなどの色のおりものが出た場合には子宮頸ガンなど深刻な病気にかかっている可能性もあるので、必ず受診するようにしてくださいね。

【おりものセルフチェックまとめ】
✓とうめいや白っぽいドロッとしたもの→異常なし!
✓黄色や緑色→雑菌が繁殖している可能性アリ!
✓赤褐色やピンク→病気の可能性アリ!すぐ受診を
(※生理の終り頃に出るものとは別です)
✓白くてカッテージチーズのようなもの→カンジダ膣炎になっている可能性アリ!すぐ受診を

日常生活で注意することは

Q:食生活でおりものの量って変わるのでしょうか?

【質問】
おりものの量って食生活で多くなったり少なくなったりすることはできるのでしょうか?

A:偏った食生活を見直してバランスの取れた食事を

【咲江先生】
食生活は体の基本です。当然、不規則だったり偏った食事ばかり食べていたら体調が悪くなるので、膣内環境も悪化して、雑菌が繁殖しやすくなって、状態がよくなくなります。

大量にお菓子を食べたり、インスタント食品ばかり食べていたら、免疫力が低下して体調が悪くなるのは当たり前ですよね。

逆に女性ホルモンの役割をしてくれる大豆製品や植物性ものをしっかりとって体の機能を整えると、体調もよくなるので膣内環境も良好になりますよ。きちんと一汁三菜きちんとバランスとれたものを食べる、それがやっぱり基本です。





本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

女性を、内側から幸せに。デリケートゾーンセルフケア商品のリーディングカンパニーとして、女性の繊細な悩みと真摯に向き合っています。

関連する投稿


「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

女性に本来備わっている「生命を育む力」を高めることで心と身体を健康に保ち、いつまでも美しく元気に過ごすことが出来ます。大人の女性のカラダ作りに特に必要なのは「気」「血」「腎精(じんせい)」。これらは、血とホルモンに大きく影響します。その関係性について漢方の視点から知ると、より自分のカラダが愛おしく感じられるものですよ。


『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

原田純さん著、たつのゆりこさん監修『ちつのトリセツ』はデリケートゾーンの教科書と言っても過言ではありません。年齢とともに膣が硬くなる…なんてこと、ご存知でしたか? 最近ではセックスをしない人たちも増えてきていますが、そうすると膣の老化はさらに加速していくらしいんです。目から鱗どころか衝撃が走りまくる、日本初の“ちつケア”入門書『ちつのトリセツ 劣化はとまる』。自らを実験台に書き上げた著者、原田純さんにお話を伺いました。


膣内環境を正常に整えるにはどうしたらいいの?│教えて!咲江先生(3)

膣内環境を正常に整えるにはどうしたらいいの?│教えて!咲江先生(3)

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!WOMeではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。最終回は加齢によるお悩みも出てきた膣内環境を正常に整える方法です。


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


すぐ否定する… 妻の話を信用しない夫を納得させる方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#25】

すぐ否定する… 妻の話を信用しない夫を納得させる方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#25】

明らかにこっちのやり方が効率が良いのに、まったく聞く耳を持たない夫。こちらのアドバイスを無視する夫とは、どんな心理なのでしょうか?プライドが高く、人に意見されることを嫌う男性には、「妻の話を聞くことのメリット」をわからせるのが一番です。抵抗なく受け入れてもらうために、言い方を工夫してみましょう!


“ホワイトニング”で女性たちを笑顔に! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

“ホワイトニング”で女性たちを笑顔に! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

歯科医師、口もと美容スペシャリストの石井さとこさん。新刊『美しい口もと』は外見的な美しさだけではなく、内側から健康的に美しくなるためのメソッドが満載! なぜ、美しい口もとが大切なのか? 改めて石井さとこさんにお話を伺った最終回です。


過干渉・無関心・暴言… 知っておきたい「毒親」その特徴や対策について

過干渉・無関心・暴言… 知っておきたい「毒親」その特徴や対策について

「もしかしたら私の母親は毒親…?」「私自身が毒親になってる…?」最近メディアでよくとりあげられるようになった毒親。いったいどんな行動や発言をする親のことをいうのでしょうか。具体的な例を通して紹介します。


自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

いつまでも若々しいカラダを作り“女性力”を高めるために、漢方ではバランス良く自分の体質に合ったものを食べることが大切であるという“医食同源”という考え方があります。ホルモンバランスが崩れ、カラダの不調を感じやすい大人の女性こそ、自分の体質を理解し自らカラダをコントロールしてなりたい自分を目指しましょう。


群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

小林聡美さん主演でドラマ化もされた群ようこさん著『パンとスープとネコ日和』シリーズ。現在4冊の本が出版されていますが、どれもほっこりおいしくて人々が優しく丁寧に暮らしています。愛されて奔放に暮らす猫にも注目! ドラマが先でも本が先でも楽しめて、何より癒されますよ。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google