膣内環境を正常に整えるにはどうしたらいいの?│教えて!咲江先生(3) | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
膣内環境を正常に整えるにはどうしたらいいの?│教えて!咲江先生(3)

膣内環境を正常に整えるにはどうしたらいいの?│教えて!咲江先生(3)

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!WOMeではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。最終回は加齢によるお悩みも出てきた膣内環境を正常に整える方法です。


デリケートゾーン向上委員会  #03 膣内環境の悩み

この記事の専門家は… 咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生

昭和41年生まれ。国立名古屋病院(現 名古屋医療センター)にて婦人科悪性腫瘍、やさしく」「丁寧」「痛くない」診療にこだわり、名古屋市立城北病院(現 名古屋市立西部医療センター)ではハイリスク妊娠、分娩などに携わる。その後、「じっくりと話を聞きながら患者様の悩みを解消していきたい」という思いから平成14年から咲江レディスクリニックを開院。思春期外来も開設し、思春期保険相談士とともに性教育にも力を注ぎながら、「女性の健康」をベースに講演活動を精力的に行っている。最も得意な分野は「性交痛」や「におい」の治療。

▼咲江レディスクリニック
http://www.sakieladiesclinic.com/

知っておきたい 膣内環境について

Q:どういう状態を“膣内環境が整っている”というのでしょうか?

【質問】
“膣内環境を整える”といいますが、どういう状態が膣内環境が整っている、といえるのでしょうか? 自分でもわかるチェック法があったら教えてください。

A:酸性とアルカリ性のバランスが取れた状態

【咲江先生】
乳酸桿菌がある程度あり、酸性とアルカリ性のバランスがとれた弱酸性が保たれている状態をいわゆる“膣内環境が整っている”といいます。ニオイは無臭か少し酸っぱいようなものは正常の証です。おりものも透明だったり白くてドロッとしたものは正常の範囲ですよ。

膣内環境を整えよう

Q:膣内環境を整えたいときはどうしたらいいでしょうか?

【質問】
腸内環境が乱れている症状が出ていたとして、どうしたらいいのでしょうか? 病院に行けばいいのだと思いますが、なんだか怖い気もするし…セルフケアでできることがあれば教えてください。

A:体調管理 そして、セックスにも気を付けて

【咲江先生】
体調管理をしっかりして心身ともに健康な状態を保つ」ということにつきますね。睡眠をしっかりとる、食生活に気をつける、ストレスをためない…など。サプリメントなどで栄養を補ったりすることもできますが、合う合わないは個人差があるので、コレ!とは言えないですね。

膣内環境を乱す原因の一つにセックスがあります。精液はアルカリ性なので、膣内で射精すると一気にアルカリ性に傾きます。体力や免疫力が低下しているなかでセックスをすると膣内環境の悪化に繋がりますね。コンドームをしていたとしても、体力が無い時はすでに膣内環境が悪くなっている可能性があるので、セックスの刺激で更に悪化する可能性がありますね。

なので、体力が落ちていたり、免疫力が低下している時のセックスはできれば避けた方がいいです。セックスは究極のコミュニケーションの方法なので、しっかりとパートナーと話をして、今はできないと伝えるべきだと思います。そしてきちんと休息をとって体力が回復してから行うようにしてくださいね。そんな時に、膣内環境も同時に整えたい、という場合には、医療機器の安心して使える製品も販売されているので使ってみるといいですね。

ただ、魚の腐ったようなニオイがする、酒粕のようなおりものがでる、などの場合には怖がらずに病院にきてくださいね。それが体を守る一番の近道です。

年齢とともに膣内環境にも変化が

Q:年齢を重ねるとセックスができなくなるのでしょうか

【質問】
50代の友人から最近、痛みでセックスができなくなったと聞きました。 年齢を重ねていくとセックスができなくなるなんて…。それはどうしてなのでしょうか? 自分でなにか努力すれば痛くなくなるものなのでしょうか?

A:女性ホルモンが鍵 潤滑ゼリーもおすすめです

【咲江先生】
加齢と共に、女性ホルモンの分泌が少なくなり、やがては膣内は委縮し硬くなり狭くなります。そして分泌物も出にくくなってくるので、性交痛が起こるんですね。そんな時のセルフケアとして潤滑ゼリーを使うのが良いと思います。性交痛があるということをきちんとパートナーに伝えて一人で悩まないことも大切です。

病院でできるケアとしては女性ホルモンの薬があります。ピルは女性ホルモンのバランスを整えて体を整えるので膣内環境も自ずと整います。ただし、血栓症のリスクがある方や乳がん手術後の方は女性ホルモンのお薬は使えないので、やはり潤滑ゼリーを使うのがいいですね。

女性ホルモンのお薬はピルも含めてその方の年齢に合った色々な種類がありますので、病院で相談して下さいね。

デリケートゾーンは大切な体の一部 日常的なケアを

Q:膣内環境を整えることの大切さについて教えてください

【質問】
膣内環境を整えることは、女性にとってとても大切なことなんですね。 最後に咲江先生から改めて、膣内環境を整えることの重要性について教えてください。

A:しっかり自分の膣と向き合って

【咲江先生】
膣内環境はご自身の健康のバロメーターでもあります。ストレスがかかっていたり、体の調子が悪かったりしたら、てきめんに膣内環境も悪化してニオイがでたり、おりものが変化したりします。子宮は女性性の象徴ですよね。ここを大事に労わってケアしてあげられる女性こそ、いつまでも若々しく美しく元気で女性らしくいられるのではないでしょうか。

とかくデリケートゾーンについてはタブー視する日本社会ですが、世界中で特に先進国の中ではデリケートゾーンに対する意識が遅れています。早く世界水準になるべきです。その為にも女性たちは恥ずかしがることなく、しっかりと自分の膣と向き合って、日常的にケアをしていっていただけたらなと思います。





本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

女性を、内側から幸せに。デリケートゾーンセルフケア商品のリーディングカンパニーとして、女性の繊細な悩みと真摯に向き合っています。

関連する投稿


むくんだ顔なんてなんのその!カンタン小顔術♪【更年期は人生が輝くチャンス #4】

むくんだ顔なんてなんのその!カンタン小顔術♪【更年期は人生が輝くチャンス #4】

朝起きたら、顔がパンパンにむくんでいる。そんな経験はありませんか? 実は更年期は女性ホルモンの急低下から老廃物が滞りやすくなり、どうしても普段よりもむくみやすくなります。そこで、今回はある部分の筋肉を軽くつまむだけで血流を良くして、一瞬で小顔になれる簡単で即効性のあるセルフメンテナンス方法をお伝えします。


自律神経を整える呼吸法でストレスやイライラとおさらばしよう!【更年期は人生が輝くチャンス #3】

自律神経を整える呼吸法でストレスやイライラとおさらばしよう!【更年期は人生が輝くチャンス #3】

緊張したり、不安な気持ちになったり、自分でも不思議なほどイライラしたり…。そんな経験はありませんか? もしかすると、自律神経の乱れから来ているかもしれません。そこで今回は、自律神経を整えてリラックスする呼吸法をお伝えします。いつでもどこでもできるセルフメンテナンス方法を更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


更年期のカラダの変化を知って、人生を愉しむベースを作ろう!【更年期は人生が輝くチャンス #2】

更年期のカラダの変化を知って、人生を愉しむベースを作ろう!【更年期は人生が輝くチャンス #2】

誰もがとおる「更年期」は、症状も捉え方も十人十色。ダイナミックにカラダが変化をするこの時期は、ときに自分の心やカラダが自分の思い通りにいかないことがあります。しかしメカニズムを知れば更年期はこわくありません。正しく知ること、対策に取り組むことで、人生を愉しむベースを作りましょう!更年期専門家ちぇぶら代表永田京子さんの連載第二回です。


更年期は心とカラダに向き合うチャンス!【更年期は人生が輝くチャンス #1】

更年期は心とカラダに向き合うチャンス!【更年期は人生が輝くチャンス #1】

更年期 と聞くとどのようなイメージを持ちますか? ネガティブなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか? 私は女性ホルモンがダイナミックな変化を遂げる「更年期」は、ピンチではなく心とカラダと向き合うチャンスの期間だと思っています。更年期を使って、今と未来の自分に健康をプレゼントするためのコツを更年期専門家のちぇぶら代表 永田京子さんに教えていただきます。


顔より大事な、デリケートゾーン&膣保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーン&膣のケア方法#5】

顔より大事な、デリケートゾーン&膣保湿!カサカサ・黒ずみの解消法【デリケートゾーン&膣のケア方法#5】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。前回は「洗い方」をお伝えしましたが、今回はデリケートゾーンの基本ステップその2<洗い方>についてです。丁寧に洗った後は、しっかり保湿してハリ・ツヤのある膣を手に入れましょう!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

ついついカッとなった衝動に任せて怒鳴ってしまう…そんな経験誰しもありますよね。ただし、怒りのピークはたった6秒。その間どうにかやり過ごせば、落ち着いて自分の感情を相手に説明することができるんです! そこで日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんにその方法を教えていただきましょう。


何とかしたい“ぽっこりおなか”  ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

何とかしたい“ぽっこりおなか” ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

「このお腹のお肉をなんとか撃退できないものか…」40代女性の「体型で気になる部位」のトップ3といえば「お腹」です。しかし体型は自分の意思で選ぶことができます。スッキリお腹を実現するのは骨盤の角度と筋肉の使い方次第なのです。


怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのには理由がある! それは「相手が○○と言ったから」「○○な行動をとったから」「○○がうまくいかないから」…そんな風に、周りに原因があると思っていたら…それはどうやら間違っているようです。日本アンガーマネジメント協会理事の戸田さんに教えていただきましょう。


更年期は眠い!  原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

更年期は眠い! 原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

睡眠はしっかり取れているはずなのに、眠くてだるくて仕方がない。そんなことはありませんか? 更年期は女性ホルモンの低下から自律神経が乱れがちになります。「眠れない」という悩みがある一方で「眠っても眠ってもひたすら眠い」というお悩みを持っている方も多いのです。そこで今回は、更年期の「眠気やだるさ」の対策方法をお伝えします。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google