夫婦円満がこの世で一番難しい!? 良い関係をキープする秘訣【大人のラブ♥パートナーシップ#17】

夫婦円満がこの世で一番難しい!? 良い関係をキープする秘訣【大人のラブ♥パートナーシップ#17】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。夫婦円満と口で言うのは簡単ですが、現実はそんなに甘くありませんよね。夫婦喧嘩は良くないとわかっていても、つい喧嘩しちゃう…というご夫婦も沢山います。 そこで今回は、夫婦円満をキープする秘訣を伝授いたします。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

パートナーの好きなアレを常にストックしておく

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

毎日いかに気持ちよく過ごせるか? ということが夫婦円満には重要です。パートナーの好きな食べ物&飲み物をストックしておくと気分良く過ごす時間を増やせるということをご存知でしょうか?
食欲というのは強い欲求なので、それを満たすことで、気分良くなってもらう。そうすると、ちょっとイライラして帰宅した時にも、大きな喧嘩になりにくいんです。例えば好きな銘柄のビールや、最近はまっているおつまみ、お菓子があると、ちょっと気分が良くなる。イライラがおさまり、笑顔も増える、寛大になれたりします。

また、『パートナーが自分のことを考えてくれている』と感じ、愛情欲求も満たされます。自分は家族やパートナーから大事にされているという実感は、本当に大切なものです。

私は、夫の好きなお茶とコーヒーのストックを欠かしません。ふだん、家事をほとんどしない私ですが、彼の好きなお茶を淹れると、それだけで地味に喜んでくれます。その結果、私たちいい夫婦だよね、仲良しだねということになり、夫婦円満がキープできています。

夫婦こそ、ちゃんと伝えるべき2つの言葉

良い夫婦関係を築いていくために、絶対に欠かせないのが、イエスとノーをちゃんと伝えることです。

パートナーの意見に、ついついノーばかり言っていませんか? 「相手に簡単に同意したら負け!」と思っているとイエスが言えません。ビジネスの場では、安易に同意することは危険かもしれません。意見を通したほうが評価されるかもしれません。

しかし夫婦関係はビジネスとは違います。夫婦こそ、パートナーの意見に無条件でイエスを出すことも必要です。
例えば、次の休みの過ごし方、洗剤はどっちがいいか、外食はお寿司か中華か? など、”こうしたい”と彼が言う様々な日常の意見はどうでしょう? 本当は別に同意してもかまわないことがたくさんあるはずです。

『あなたがそう言うなら、そっちにしよう』と言えたら、パートナーの承認欲求がどれほど満たされることか!

パートナーの意見を尊重することは、夫婦円満に大きく役立ちます。
ただ、いつもイエスばかりでは、本当に良い関係とは言えません。「これだけは譲れない!」ということには、毅然とノーを伝える必要があります。ノーを言わなかったために、不満を溜め込み、夫婦関係が冷え込んでいくこともあります。お互いが不満を溜めないために、イエスとノーを使い分ける、どちらも必要なことですね!

やらなくていい喧嘩を防ぐ技術

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

最後は、夫婦円満の最も重要なポイント。多くの不仲の夫婦がやってしまっているのは、相手のプライドを傷つけることです。

『こんなことも知らないの?』『だから言ったでしょ!何回言わせるの?!』『どうせできないくせに』など。男性が一番言われたくないことをつい言って険悪な雰囲気を作っていないでしょうか?

実は、これはかつての私が使っていた言葉なのです。関係はどんどん悪くなるし、相手のことがどんどん好きでなくなるし、最悪な効果を発揮してくれました(笑)

逆に、パートナーのプライドをくすぐることで、やらなくていい喧嘩を無くすことができ、より相手を好きになることもできます。

『あなたと結婚して本当に良かった』『あなたがいないとダメ』『お願いしてもいい?』我が家の会話は、たいていこんな感じです。もしも、これらを言っていなかったら・・・ただでさえ、一緒にいる時間が少ない私たち夫婦。かなり危機的な状況を招いていると思います。

今回は、夫婦円満をキープする秘訣をお伝えしました。やらなくていい喧嘩を防ぎ、気分良く過ごせる家庭を築く。忙しいアラフォー世代だからこそ、まず家庭が安定して夫婦が幸せであるように、ぜひ実践していただけたらと思います。

夫婦円満協会 代表理事 古山直美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ラブセラピスト®/女性が男性に愛されるポイントや、パートナーとの間にある愛を今よりもっと「質の高い愛」にするための情報を発信。

関連する投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #36】

平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #36】

27歳の女性は婚活市場で最強だ。しかしそれは「若さ」だけが理由ではない。婚活という言葉が生まれたのは今から10年前。街コン、相席屋などのサービスに学生時代から触れている彼らは、出会いがないからサービスを使うわけではなく、便利だから使うのです。アラフォー男性も27歳女性を狙います。ライバルの特徴を知りましょう。


もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

「感情の動物」の代表的な代名詞はたいてい「女性」ですが、男性でも感情的な人は存在します。感情的に怒ったり暴言を吐いてしまう夫に対して、妻はどのように接したらいいのでしょうか? 一緒に考えてみましょう。


【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。WOMeでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター