「僕、ムリです」年下男性がアラフォー女を怖いと思う瞬間 【神崎桃子の恋愛指南 #19】

「僕、ムリです」年下男性がアラフォー女を怖いと思う瞬間 【神崎桃子の恋愛指南 #19】

年下男性からどう見られているか、ってけっこう気になりますよね。過剰に女を出したり媚びたり上から目線になったりしていませんか? 「私は大丈夫!」そう思っているあなた、本当は大丈夫じゃないかもしれませんよ…。恋愛コラムニスト神崎桃子さんに語っていただきました。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

年下男性から「素敵なおねえさん」でなく「近寄りたくないババア」だと思われてない?

「年上のおねえさん」は男性からしたら一度は憧れてしまう存在……。

仕事もできて人生経験も豊富で、周囲から「さすが~」と慕われるアラフォー女性は年下男性の恋愛の相手となることもある。

だか、彼らが憧れを抱くどころかあなたの普段取っている言動が年下男性を震え上がらせることだってあるのだ。

いくら外見に気を使ったところで「素敵なおねえさん」でなく「やっぱりババアか」「怖いオバサンだ」なんて思われていたら本末転倒。

今回は「年下男性がアラフォー女性を怖い」と引いてしまう理由をまとめてみた。

「忙しい私」「リア充自慢」のアラフォー女性が怖い

Getty logo

・「やたら忙しぶってるアラフォー女性って多いですよね。仕事だけでなくプライベートの充実っぷりをアピールされると引く。たぶん“スケジュールがぎっしりの私”を自慢したいだけでしょ。『私いつも充実してま~す』『キラキラ女子よ~』みたいなハデなSNSの投稿にウンザリ。もっと品があって落ちついてる余裕あるオトナの女性が僕は好きです」(33歳男性/公務員)

・「習い事だのエステだのネイルだの、自分磨きに勤しんでる女性は怖い。男から言わせれば“影でキレイになる努力を怠らない女性”なら尊敬しますけど、それを表に出し過ぎてるのは勘弁。美への追求が度を過ぎてるとどんだけ自分が好きなんだと思ってしまう。Facebookやインスタの自撮り写真の数々の投稿も『わたし自分磨きに金かけてます』て言ってるようなもん。かえって安っぽい女性に見えちゃいますね」(37歳男性/通信)

――いつも忙しそうにしているリア充女に男たちは魅力を感じるわけではない。
その“露骨さ”に男性は女性のいやらしさを感じとってしまうのだ。

SNSの普及で一般人でも自分の私生活をみんなにみせることができるようになった昨今……。
とくにアラフォー世代の投稿はリア充感満載!

仕事もプライベートも「私、人生愉しんでます」「私、活躍してます!」のキラキラ投稿に男性が寄せる思いは「こんな素敵な女性と付き合いたい」でなく「俺にはムリ」と後ずさりしてしまうのだ。

自分を露出し過ぎたアラフォー女性に魅了されることなどない。
「男性はあからさますぎるものには萎える」ことを決して忘れないようにしよう。

わざと“女であることをチラつかせる質問”をしてくるアラフォー女性が怖い

・「『私って女としてイケてないよね?』『私なんてもうオバサンだよね』……なんていう返答に困る質問をぶつけてくるアラフォー女性はとにかくウザい!そういう女性って否定して欲しくて聞いてくるんだよね。『そんなことないっスよ!』『全然若いっスよ』って、男に言ってもらいたい言葉を言わせたいだけ……」(34歳男性/保険)

・「同じ部署に美魔女気取りの40代の女性上司がいます。確かにスタイルはいいかもしれないけど明らかに若い子と対抗しているのがミエミエ。僕が後輩の女子社員の仕事を手伝ったりすると『やっぱ若い子には優しいのね~』『わたしには冷たいよね』とか皮肉を言われます。そのたびにその上司を『いやいや~』と持ち上げなきゃイケナイので面倒臭いです」(32歳男性/貿易)

――女は自分の“女としての価値”をつい確かめたがってしまうフシがある。

だが、それを年下男性にやってしまうのはまさに“脅し”に近い。

「え?私?いくつに見える?」とか「この服どう?派手かな?」など見た目に関する質問をされることほど年下男性にとって冷や汗もんなことはない。

自分が感じた通り、まんまに答えてしまって機嫌を損ねられたら一大事。
彼らは年上女が期待しているであろうリアクションを巡らせる。

年下男性だってそのときばかりは空気を読む。女性に年齢や外見上のことを聞かれればマイナス5歳はちゃんと差し引いて答えてくれるのだ。

彼らのリップサービスはコトを荒立てないための生活の知恵、心の奥底では「めんどくせ~」とウンザリしているのだ。

あえて女であることを意識させるような質問は彼らにとって煩わしいものでしかない。

「その価値観が正しいの?」なんでも決めつけるアラフォー女性が怖い

Getty logo

・「確かに年上の人からすれば自分は仕事はできてないかもしれませんよ。でもそれを『だから、ゆとりは……』とか『まったく草食系は……』って言われるのは勘弁。しかも『私の時はこんなもんじゃなかった』『もっと厳しかった』とか比較してくる。男の上司に説教されるよりも年上女性に説教されるほうがへこみますね。女性は口が達者だし、話が長いし……逃げたくなります」(30歳男性/営業)

――年下男性が恐れを感じるのは経験を積んだアラフォー女性はやたら“弁が立つ”ということ。

それがたとえ正論であったとしても男性相手には“打ち負かす”という目的で使ってはならない。
特に年下男性は女性から攻撃されることを何よりも嫌う。
大切に育てられてきた一人っ子世代は注意を受けることや説教されることに慣れていない打たれ弱さもあるかもしれない。

また年下男性がアラフォー世代に辟易するのが年上特有の偏見だ。
危険なのは価値観が凝り固まっていてそれを人に押し付けてしまうことだろう。

あなたも自分が若い時に上司や年配者に「だから、新人類は……」「最近の若いもんは」「まったく今の子は使えない……」と罵られ「そんなふうに決めつけないで」「偏見よ」と反感を持ったことがあるはずだ。

「なんだよ!この頑固ジジイ」と思っていたことを今度は自分がしてしまうのだ。

あなたがいくら相手のためを思って人生の先輩としてアドバイスしようが「怖いオバサンにしか見えない」なら何を語っても相手にはひびかない。

年下男性の心の壁をつくってしまうのは“決めつけた言い方”なのだ。

確かに年の差の恋愛模様を描いたドラマでは“なんでもズケズケ物を言うサバサバ系のアラフォー”と恋に落ちる年下男性という設定も多いが、あれは篠原涼子だからついてくるのであって、普通のアラフォー女性が同じことをやってもダメなのだ。

年下男子に説教などしたら“アネゴ”ではなく“オバサン”認定されてしまうのである。

年下男子の望みは「安心して関われるオネエサンが欲しい」のである

「歳なんて関係ない!素敵な女性だ」と年下男性に言わせるのは、アグレッシブよりも「包容力」にある。

いくら見た目が若くとも、年下男性が好意を抱いてくれるわけではない。

アラフォーがスタイル維持やお肌のお手入れに躍起になって「え?年に見えない」と言われたとこで、若い子には逆立ちしたってかなわない。……だって、見た目だけを求めるなら若い女性のが絶対いいに決まってるのだ。

だからこそアラフォーに求められるのは“人への立ち振る舞い”ほかならないだろう。つまりしなやかな対応力がものをいう。
たとえキャリアを積んで知識が豊富であっても、自分の価値観にとらわれずに柔軟な心で相手に耳を貸す。その“受け入れ体制”こそが男性たちのハートを捉えるのだ。

・「自分の“憧れのオネエサン”はなんでも包み込んでくれそうな安心感がある。オトナの女性の魅力って“人生経験で身に付けた包容力”だと思うんです。だからこちらも安心して関われる……」(36歳男性/医療関係)

「やっぱ年上の女性っていいな……」と年下男性が思うのは、酸いも甘いも知り抜いてきたからこその“安堵感”なのだ。

(体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子)



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

会ってもセックスだけなんて寂しい…彼の気持ちがわからない、遊ばれてるだけ?アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


セックスレスの不満 照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満 照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく…いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

どうして40男は嫌われてしまうのか?その切なくとも悲しい現実と、変えることはできない過去に受けた学校教育…男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんの著書『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)を読めば、40男たちは自分たちがなぜこうも生きづらさを感じるのかが分かり、女性は40男たちのことが少し理解できるかも!? 田中俊之さんインタビュー第二回目です。


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター