夫が育児に参加するとこんなにメリットが!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #49】

夫が育児に参加するとこんなにメリットが!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #49】

夫にも育児に参加して欲しいけど、いちいちお願いするのもストレスだし、自分でやる方が楽。そう思う妻は多いでしょう。ですが、子育てをふたりで頑張ることこそ、夫婦としての絆も強まって浮気防止にもつながります。夫をその気にさせるなら、ズバリ「褒めて伸ばす」が正解。夫を育児に参加させるメリットについてご紹介します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

夫が育児に参加しないのは「わからない」のが本音

平日は仕事で夜遅くまで家に帰らないし、休日くらいはゆっくりしたい。子育ては妻が頑張ってくれているし、自分はそこまで手を出さなくてもいいか・・・。

家庭で過ごすより仕事に費やす時間の方が長い夫は、どうしても育児に腰を据えて関わることができません。育休など男性が使っても良いという会社も増えましたが、まだまだ休みを取ることに抵抗を覚える男性の方が多いでしょう。

早く帰った日など、たまには子どもと遊ぶかと思っても、お気に入りのおもちゃも知らないしどの絵本が好きかも見当がつかない。結局、子どもにはつまらないと言われ、妻には小言をぶつけられ、居場所がないような寂しさを感じるかもしれません。

そんな寂しさや孤独感から、夫は育児に手を出すことをためらうようになります。妻に聞けば良いのだろうけど、それも何だか気後れしてしまって口に出せない。仕事で疲れている中でさらに育児にまでエネルギーを向けるのは、男性にとって厳しいときもあります。

わからないから関われない、という状態に妻はなかなか気が付きません。いつもゴロゴロしてばかりで役に立たない、たまには子どものお世話をして欲しいと思っても、いちいち口にするのも面倒くさいと思えばどんどん溝ができてしまいます。

家庭の中心は夫婦という考えで夫にも育児に関わってもらう

Getty logo

子どもを中心に日々の生活が進んでいくとしても、家庭の中心は夫婦です。子どものことは、些細なことでもふたりが共有しておくべき情報。もし妻が病気になって入院することにでもなれば、ひとりで子どもの面倒をみなければならない夫は大変です。

夫が手を出せないでいるなら、妻の方から積極的に声をかけましょう。「今日はこんな言葉を話したよ」「学校でこんなことがあったんだって」と、日々の子どもの様子を伝えることは、情報の共有だけでなく夫婦の会話自体が増えることになります。妻から話しかけてもらうことで、自分も家族の一員、父親として頼られているという実感を夫は持つことができます。

会話をすることは、お互いに関心を向けること。子どものことだけでなく、夫の体調の変化に気がついたり、妻の髪型が変わっていることに目がいったり、夫婦としても心のつながりを確認できる機会になります。

育児にはふたり揃って関わる。そんな意識を忘れずに、まずは子どものことは何でも夫に話すことから始めてみましょう。

夫の育児は「褒めて伸ばす」のが正解

Getty logo

自分も家族の一員として、しっかり家庭に居場所があることが実感できれば、夫は育児にも手を伸ばしやすくなります。妻との距離感に溝がなければ気軽に質問するし、子どもにも心を開いて接することができるでしょう。

もし、夫が「俺がやる」と言ってきたら、まずは黙って任せます。やり方が自分と違っていたり、遠回りであったとしても、途中で口を挟めば夫は良い気がしません。最後までやらせることで、夫は達成感を得ます。この「出来た」という自信を持たせることが、夫の関心を育児に向ける大切なポイントです。

「着替えはいつも暴れて大変なの。あなたがやってくれて助かったわ、ありがとう」

妻のこんな一言が、夫には何より嬉しいもの。これで良かったんだと思えば、自分なりにもっと効率の良い方法がないか考えるようになるのが男性の脳でもあります。そうやってどんどん育児を「自分のもの」とすることで、より積極的に関わろうと思うのですね。

「家庭が第一」になれば、浮気もしない

Getty logo

子どものことを考えるようになれば、当然家庭の環境や自分たち夫婦の間も良いものでありたいと思います。育児を通して妻の存在の大きさを実感する男性は多く、より大切にしようと思うのは、子どもにとって母親がどれほど重要かを目の当たりにするからです。

「家庭が第一」になれば、ほかの女性と浮気しようという気も起こりません。これまで残業と嘘をついて別の女性と飲み歩いていた夫が、子どもがいる我が家の楽しさに気がついてからぴったり定時に帰ってくるようになった例も実際にあります。妻が夫に子どもの様子を日々伝え、家族で過ごす時間の幸せを実感してもらった結果です。

子どもを可愛いと思えば思うほど、男性の意識は家庭に向きます。それには自分の気持ちを受け止めてくれる妻の存在が不可欠。「いつもありがとう」と笑顔でねぎらってくれる妻がいるからこそ、夫は仕事を頑張れるし、早く帰って妻と子どもの顔が見たいと思います。

夫を育児に関わらせるメリットは、夫婦の絆を強くすることにもあります。ふたりで向き合えばストレスも減り、より幸せな家庭を築いていけることを、忘れないでくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

27歳の女性は婚活市場で最強だ。しかしそれは「若さ」だけが理由ではない。婚活という言葉が生まれたのは今から10年前。街コン、相席屋などのサービスに学生時代から触れている彼らは、出会いがないからサービスを使うわけではなく、便利だから使うのです。アラフォー男性も27歳女性を狙います。ライバルの特徴を知りましょう。


【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。WOMeでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

著書『不倫』を軸に脳科学者の中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回は妬みの感情をどう処理すればいいのか、夫婦のセックスレス問題を脳科学的なアプローチからお話いただきました。


【WOMe 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

【WOMe 新春特別企画】今年は結婚! 本気で婚活を始めるなら知っておきたいこと 5選

「今年こそは結婚するぞ!」そんなやる気に満ちたあなたが絶対に知らなければいけない5つの事について。婚活アドバイザーの菊乃さんの記事から心に響く記事を源泉チョイス! これを読んで今年こそ素敵なパートナーをゲットして♡


「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

家族でお出かけするときも自分のやりたいことばかり優先して、何か言ってもまったく耳に入れてくれない。こんな夫についていくのは疲れますよね。妻の意見を聞かないのは、「自分が正しい」と無意識に思い込んでいるから。「妻」ではなく「一般的」な意見として話してみると、ミスを嫌う男性は関心を持ちます。どんな対応をすれば良いか、お話します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター