いよいよ乾燥の季節! 秋冬もカサつきと無縁の肌を作るテク3つ【本気で始める美容・エイジングケア#19】

いよいよ乾燥の季節! 秋冬もカサつきと無縁の肌を作るテク3つ【本気で始める美容・エイジングケア#19】

乾燥する季節は、年齢を重ねた肌には特に乾燥が気になります。いつも通りに、メイクをしても粉っぽくなったり、カサついたり…といった状態に心当たりがある方も少なくないのでは。そこで今回は、エイジングを重ねると気になりだす乾燥肌に負けないこの時期の時短美容テクを3つご紹介します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

テクニック1:化粧水の前にブースター美容液をプラス

洗顔後の肌にいつも通りのスキンケアをしても「カサつく……」という女性に試していただきたいのが、ブースター美容液です。ブースター美容液には、肌を柔らかく整え、あとから使う化粧水や乳液の浸透をサポートしてくれる狙いがあるので“導入美容液”とも呼ばれています。

化粧水の前にブースターを塗るだけの手間で化粧水を効率よくチャージすることが期待でき、時間がない平日のスキンケアのお肌にも潤いをもたせられるかもしれないメリットがあります。特長もコスメによって様々なので、ぜひ、ご自身のお肌に合ったお気に入りのブースター美容液を見つけてみてください。

テクニック2:シートマスクをする時間がない日には美容液の二度塗りを

Getty logo

いつも通りにスキンケアを済ませ、直後には潤いを感じても「少し時間が経つと、すぐカサカサしてくる!」というお声も耳にします。乾燥が気になるときには、シートマスクでじっくり保湿ケアをするのも適していますが、時間がないときには、マスクをする時間すら惜しいこともありますよね。

そんなときには、サッと塗るだけで保湿効果が期待できる美容液の二度塗り習慣を。いつも通りのスキンケアのあと、しばらく時間が経って「カサついてきた…!」というタイミングで、もう一度美容液を塗り込みます。

一度に大量に塗るのではなく、あえて少し時間を置いてから美容液を重ね塗りすることで、最初に塗った美容液が馴染んだあとに適度な潤いがプラスされるので、“層”になってくれるのか、乾燥を防ぎやすいのです。

テクニック3:オイルでスキンケアの潤いをフォロー

塗るだけで潤いを閉じ込めてくれる“オイル”は、時短美容の強い味方。ブースター美容液としてスキンケアの最初に使用する方法もありますが、乾燥が気になるときにはスキンケアの最後に使用して、コスメ類の潤いに“蓋”をするような使いかたも便利です。

最後にオイルを使うことで、お肌に膜をつくってくれるような働きが期待できるため、化粧水などの潤いを閉じ込めてくれる役割として使用します。いつものスキンケアの最後にオイルを加えるだけなので、新しいアイテムをラインで揃える必要もなく、手軽にお試しできるのも魅力です。

ちょっとした“ひと手間”がお肌に差をつける!?

Getty logo

乾燥が気になっていても、仕事に家事に育児に……と多忙を極めるアラフォー以降の女性は、悠長なお手入れをしている時間を確保しにくいのも現実です。だからこそ、日々のスキンケアにちょっとした“ひと手間”を加えて、乾燥対策を。

なにもしないよりもなにかしたほうが、お肌も応えてくれますから「カサカサするけどマスクする時間はないし……」などと、諦めないで。“保湿=手間がかかるお手入れが必要”ではなく、ちょっとした工夫ひとつでお悩みが解消することもあります。たまのシートマスクより、毎日の“ひと手間”のほうが効果を実感できることもあるんです。

年齢を重ねるごとに「乾燥がひどくなってる…」と諦めていた女性の皆様、今年の秋冬は、ちょっとした“ひと手間”を加えて、例年よりも潤っているお肌を取り戻しましょう!

時短美容家 並木まき

Getty logo


本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

時短美容家・ライター・コラムニスト。前市議。2現職議員の頃に「美人すぎる市議」として各種出演。

関連する投稿


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


更年期あるある 皮膚の乾燥&かゆみの予防改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #41】

更年期あるある 皮膚の乾燥&かゆみの予防改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #41】

更年期になると肌代謝の衰えから、皮膚の乾燥やかゆみに悩む方が増えてきます。「この頃、お肌の調子が変わってきた」そんな風に感じているアラフォー女性は多いのではないでしょうか。肌のバリア機能を高めるポイントは睡眠です。今回は、肌トラブルの原因と、入眠しやすくなり熟睡できる方法を紹介します。


手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

冬の乾燥が気になるのは、お顔だけではないですよね。手荒れも冬になると悩まされるトラブルの一つです。家事や仕事に忙しいアラフォー女性、手は人前に出す事も多いだけに、きちんとケアしておきたいですね。スキンケアアドバイザーの松瀬さんにスペシャルケア方法などについてお話いただきました。


かずのすけの“しない美容” 化粧品を「同じシリーズ」で揃えると害になることも⁉

かずのすけの“しない美容” 化粧品を「同じシリーズ」で揃えると害になることも⁉

メイクVS最新科学!必要最小限で効率よくキレイになるには? 「しない美容」とはできるだけ手間を省いて必要最小限のスキンケアだけでお手入れしましょうという考え。『大人女子のための美肌図鑑』の著者で美容科学者・かずのすけさんの著書の一部をご紹介です!


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

梅雨の季節、朝起きて雨が降っているとつい憂鬱な気分になってしまいますよね。ですが!夫婦仲相談所所長 三松真由美先生は違います。「雨は好き。雨だとわくわくする」と仰るのです!その理由を聞いて納得。雨の日は“濡れる日”、濡れを意識すれば膣は劣化しないのであります。


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター