プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

「体調は気になるけれど、これくらいで病院に行っていいの?」、「わたしがガマンすれば済むことだし…。」「面倒くさい」など、病院は行き慣れていないとハードルが高く感じられるもの。今回は、心とカラダを守るための後悔しない、婦人科受診のコツをお届けします。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

更年期は人生をシフトチェンジさせる時

今は人生100年の時代です。40代、50代の女性は若々しく美しく、従来の中年女性のイメージとは程遠いのではないでしょうか。現代において「更年期」はピッチピチなのです。

とはいえ、女性であれば全員が通る「更年期」は、誰もが女性ホルモンがダイナミックに変化をします。その影響は大きく、時に心やカラダが自分の思い通りにいかなくなることがあります。そんな時は「ガマン」ではなく、専門家をたよることも大切な選択肢です。

「体調は気になるけれど、これくらいで病院に行っていいの?」
「わたしがガマンすれば済むことだし…。」
と思ったり、“面倒くさい”などの葛藤もあるでしょう。
病院は行き慣れていないとハードルが高く感じられるもの。

そこで今回は、心とカラダを守るための「後悔しない、婦人科受診のコツ」をお届けします。今日からは、ガマンではなく攻めの姿勢で今と未来の自分に健康をプレゼントしませんか?

婦人科にかかる目安を知ろう!

更年期にかかる医療機関は婦人科です。とはいえ「どれくらいの症状から行けばいいの?」という判断基準がわからず、症状をガマンしたり一歩ふみだせない方もいるのではないでしょうか。

それには、更年期症状を自己チェックできる簡略更年期指数が便利です。

簡略更年期指数チェック項目

1.顔がほてる
( 強 10点 中 6点 弱 3点 無 0点)
2.汗をかきやすい
(強 10点 中 6点 弱 3点 無 0点)
3.腰や手足が冷えやすい
( 強 14点 /中 9点/弱 5点/無 0点)
4.息切れ、動悸がする
( 強 12点 /中 8点 /弱 4点 /無 0点)
5.寝つきが悪い、眠りが浅い
(強 14点 /中 9点/弱 5点/無 0点)
6.怒りやすく、イライラする
(強 12点 /中 8点/弱 4点/無 0点)
7.くよくよしたり、憂鬱になる
(強 7点/中 5点/弱 3点/無 0点)
8.頭痛、めまい、吐き気がよくある
(強 7点/中 5点/弱 3点/無 0点)
9.疲れやすい
(強 7点/中 4点/弱 2点/無 0点)
10.肩こり、腰痛、手足の痛みがある
(強 7点/中 5点/弱 3点/無 0点)

各項目ごとに点数が設けられており、その症状の体感値を記録します。
 
※どれか1つでも症状が強ければ【強】とします。
【強】症状があり、生活に支障が出ることがある。
【中】症状はあるが、生活に支障が出ない程度。
【弱】症状があるかもしれない。

【合計点数による自己採点の評価表】
(45~55歳の女性において)
0~25点 異常なし
26~50点 食事・運動に注意
51~65点 更年期・閉経外来を受信すべき
66~80点 長期にわたる計画的な治療が必要
81~100点 各科の精密検査に基づいた長期の計画的な治療が必要

(引用文献)小山嵩夫:更年期・閉経外来‐更年期から老年期の婦人の健康管理について‐,日本医師会雑誌109:259-264,1993

一つの目安として、おすすめです。また、簡略更年期指数で弱となっても、更年期と間違いやすい病気もあることも事実です。
婦人科検診はもちろん、なんだかよくわからない体調不良が続く場合は自分のカラダを守るためにも受診しましょう!

▼ちぇぶらのWEBサイトでもチェックできます
更年期症状を自己チェック!はこちら➡

「更年期」に力を入れている婦人科を探そう!

婦人科でも得意な分野がそれぞれあります。例えば、妊産婦さんのサポートが得意であったり、不妊治療に力を入れていたり、子宮筋腫などの手術に力を入れているなどの特徴があります。

更年期の相談は、更年期医療に力を入れている病院がベストです。また、人によって合う・合わないはもちろんあります。口コミだけに頼るのではなく、ぜひ自分自信で動き自分の感覚で確かめてください。

準備があれば安心 婦人科受診のポイントをチェック!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

せっかく病院に行っても、緊張して話がまとまらずに症状をうまく伝えられなかった…。ということもあります。
そこで、受診の際には症状をわかりやすく伝えるためのメモが活躍します。

【婦人科受診用のメモ】
・気になる症状について
・最終月経はいつ?(期間・周期・量など)
・お薬手帳
・改善したいことや知りたいこと

受診にはペンとメモ帳を持参すると、医師の説明もメモできます。
婦人科で、治療に進む場合は、HRT(ホルモン補充療法)や、漢方などがあります。

わからない点は質問することが大切です。質問に答えてくれなかったり十分な説明がないまま治療に進む場合は、遠慮せず信頼できる医師を「探す」選択肢をもちましょう。

更年期は閉経の前後合わせて10年ほど。長期戦になることもあります。
更年期に出会った信頼できる医師は、きっと生涯を通じた健康の心強いサポーターとなってくれるはずです。

未来の自分に健康をプレゼントする最高の期間へ!

更年期症状は体感として感じられないかたも、婦人科検診は必ず受けましょう。女性のカラダは全員、確実に更年期に変化します。この時期は、基本的な生活習慣を見直すチャンス。運動や食事など少しの工夫の積み重ねが未来の健康や生活の質を作ります。

更年期は “the change of life”。

これを合言葉に心と体をシフトチェンジさせていく最高の準備期間にしていきましょう! そして、これからまだまだ続く人生を、より快適に豊かにたのしみましょう!

NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ピラティスや産後ケアの指導者として活動する中で、40代の受講者たちの声を受け更年期を迎える女性をサポートする「ちぇぶら」を設立。

関連する投稿


わたしたちの体験談 〜更年期のトンネルを抜けた人たち〜【更年期は人生が輝くチャンス #9】

わたしたちの体験談 〜更年期のトンネルを抜けた人たち〜【更年期は人生が輝くチャンス #9】

「わたしだけではなかった」そう思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は更年期経験談をご紹介します。更年期は症状も捉え方も十人十色。どんな症状があったのか、時が解決するものなのか、どんなポイントで「抜け」たのか経験者の知恵をご紹介します!


思い切り笑っても大丈夫! 尿漏れ予防エクササイズ【更年期は人生が輝くチャンス #8】

思い切り笑っても大丈夫! 尿漏れ予防エクササイズ【更年期は人生が輝くチャンス #8】

大笑いしたらヒヤッとした。そんな経験はありませんか? 40代以上の女性の3人に1人は悩んでいる…というデータもある「尿もれ」について、日常生活の中でいつでもどこでも簡単にできる予防・解消トレーニングをご紹介します。


肩甲骨体操で「肩こり」を根こそぎスッキリ!【更年期は人生が輝くチャンス #7】

肩甲骨体操で「肩こり」を根こそぎスッキリ!【更年期は人生が輝くチャンス #7】

肩がこったとき、どうしてますか? マッサージ屋さんでもんでもらう。肩たたき器などでほぐす。など、いろいろな方法があるかもしれません。しかし、ここでは、道具もお金も必要なし! 自分のカラダ一つでその場で肩こりを根こそぎスッキリほぐせる方法を紹介します。


悪玉? 善玉? アラフォーからのコレステロールとの上手な付き合い方【更年期は人生が輝くチャンス #6】

悪玉? 善玉? アラフォーからのコレステロールとの上手な付き合い方【更年期は人生が輝くチャンス #6】

「目尻が下がりお尻も下がりました。上がったのは血圧とコレステロールです。」年齢を重ねるとともに、このような悩みを持つことは珍しくありません。特に女性は更年期以降、コレステロール値が上がりやすくなります。今回はコレステロールに焦点を当てて原因や対策方法をご紹介します。


おしえて!咲江先生(1) 「まさか自分が?」デリケートゾーンのにおいの悩み

おしえて!咲江先生(1) 「まさか自分が?」デリケートゾーンのにおいの悩み

親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!WOMeではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。栄えある第一回目は“デリケートゾーンのニオイ”問題です。


最新の投稿


バーの聖地・東京銀座にオープン「バー 堀川」でカクテルを傾ける【中沢文子の女・酒場巡礼#7】

バーの聖地・東京銀座にオープン「バー 堀川」でカクテルを傾ける【中沢文子の女・酒場巡礼#7】

全国に名を馳せる一流のバーが集う東京・銀座。世界大会などで優勝した保志雄一さんが手掛ける「バー保志」の右腕として活躍していた妙手・堀川賀正さんが独立し、2017年8月銀座6丁目に店を開きました。これまで築き上げた技を礎に生み出される美しいカクテルに、今宵、酔いしれませんか?


カンタンにできるマインドフルネス呼吸法【大人のマインドフルネス入門#3】

カンタンにできるマインドフルネス呼吸法【大人のマインドフルネス入門#3】

マインドフルネスの基本は呼吸法です。とてもシンプルな方法なので、だれにでもすぐに始められます。美肌、ストレス緩和、集中力アップなどに有効であるという脳科学的な根拠もあります。


開業時のお金の話【じぶんのお店 独立・開業ノウハウ】

開業時のお金の話【じぶんのお店 独立・開業ノウハウ】

いざ、「独立・開業するぞ!」と心に決めても、まずはどこから手をつけていいのか分からない…なんて人も多いでしょう。しかもお金の話となるとなおさらですよね。そこで、今回は“開業時のお金の話”をしっかりご紹介。事業計画をつくるためにも、とても大切なものなので、しっかり知っておきましょう。


相手に尽くしすぎて彼が浮気するパターンを繰り返してます【オトナの幸せ恋愛心理術 #4】

相手に尽くしすぎて彼が浮気するパターンを繰り返してます【オトナの幸せ恋愛心理術 #4】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


「それだけは言っちゃダメ!」男に愛想を尽かされてしまう女の口癖とは?【神崎桃子の恋愛指南 #24】

「それだけは言っちゃダメ!」男に愛想を尽かされてしまう女の口癖とは?【神崎桃子の恋愛指南 #24】

あるあるすぎるこのシチュエーション。実は男性をどんどん萎えさせているだけなんですね…恐ろしい…。恋愛コラムニスト 神崎桃子さんの勉強になりすぎるありがたい記事を読んで、パートナーとの絆をさらに深く強くさせちゃいましょう!







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター