専門家直伝! 男性が女性に「本気で求めていること」【大人のラブ♥パートナーシップ#18】

専門家直伝! 男性が女性に「本気で求めていること」【大人のラブ♥パートナーシップ#18】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。今日は、女性が意外と知らない男性の本音に迫ってみたいと思います。男性が本気で求めることを知っていないと、間違った努力をして、空回りしてしまう危険性も! 本当は何が求められているのか?まず知っておくことが大切です。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

食事は美味しそうに食べてほしい

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

デートの時に嫌がられるのが「あ、これ苦手」「糖質がヤバイから無し」「これは調理法が…」とかいちいち、食べ物にダメ出ししてしまうこと。男性は、もうどのお店にしたらいいかわからなくなり、次のデートに誘う気が無くなってしまいます。

「なんでも美味しそうに食べてくれる女性が一番。次回はどこにしようかなあってテンションも上がりますね」と多くの男性達は口をそろえます。
ダイエット中だって大丈夫! デートは楽しく食べて、普段の食事で調整すればいいのです。また、野菜からよく噛んで食べれば、そんなに糖質を気にしなくても平気です。とにかく美味しく食べてください!

会話が愚痴や悪口ばかりはNG!

「この子とはもう無いな」と思う一番の理由は、会話が常に愚痴や悪口になることだそうです。

女性同士のノリなら、“共感する”などということもありますが、男性は単に共感するより解決したくなります。しかし、どうすることもできないので結局「俺といても楽しくないんだな」と思う原因になります。

どうしても愚痴を言いたい時は、「今から30分だけ愚痴言っていい? 言いたいだけだから、ただ聞いてくれたら大感謝!」などと言っておけば、少しはマシでしょう。どちらにしても、愚痴を話してる時の顔は決して綺麗ではありませんよ。

本音で話せる女性は長く付き合える

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

気取ってる関係は長く続きませんね。本音で話せる女性は貴重な存在で、本命にもなりやすい。逆に表面的な感じだと、男性も本音を出しにくく、デートの約束が無いまま終わることが多い気がします…。

例えば、本当は山登りが好き、美術館には興味がないのに、ゴッホも好きですよ、とか心にもないことを言ってしまったり。料理なんか全然できないのに、休みの日はパンを焼く時もある、なんてかっこつけてしまったり。

そういう上辺だけの会話は、内容も薄くて案外見抜かれているものです。私は常に本音トーク、そこで繋がる男性の友人がとても多いです。

承認してほしいと思っている

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

もっと承認してほしい、もっと自分を認めてほしい、と男性は女性に対して常に思っています。これは、小さな男の子がママや女性の先生に認めてもらおうとする言動からもわかります。

「ねぇ、ママみて!僕こんなの作ったよ!」
「ねぇ、先生にこれあげる!」

男性は何歳になっても、少年の心を持ち続けています。彼らのことをもっと承認していきましょう。そうすれば、私たちは彼らのヒロインになれる可能性が高まるのです。

一生懸命な姿に惹かれる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自分の生き方や仕事、取り組んでることに一生懸命な女性は魅力的! と思うのは男性も同じようです。女性よりも純粋な部分がある男性は、一生懸命頑張る人を応援したくなるのです。

よく男が男の生き方に惚れるってありますけど、これは女性にも言えることです。男性はその人の生き方に惹かれる人と長く一緒にいたいと思うようになるんですね。もし、あなたが何か打ち込んでいるものがあれば、それが彼との距離を縮める起爆剤になるかもしれません。

もちろん上記にあげたこと以外にも、笑顔とか、清潔感とか、綺麗でいてほしいなど、外見的な要素も大切なことです。

しかしそれを超えて、今日お伝えしたことがとっても重要なんです。恋愛でも、夜のお仕事でも、この要素が人気の女の子を分ける部分です。アラフォー女性は人間的にも成長していますので、より大人の女性の自分に磨きをかけてほしいと思います。

ラブセラピスト® 古山 直美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ラブセラピスト®/女性が男性に愛されるポイントや、パートナーとの間にある愛を今よりもっと「質の高い愛」にするための情報を発信。

関連する投稿


本気で人を好きになったことがありません【オトナの幸せ恋愛心理術 #14】

本気で人を好きになったことがありません【オトナの幸せ恋愛心理術 #14】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

自分が気にしていることを平気で人前で言われたり、ストレートに物事を言われると傷つきますよね。無神経だなと思う人と普段どのようにお付き合いしていけばいいのか、その接し方について3つご紹介します。


自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を伝えることで、「相手はどうおもうだろう」「不快感を与えるかもしれない・・・」と相手に気を遣い意見がうまく言えないという経験をされた方も多いのではないでしょうか。これは、「共感力」の高い女性脳が強く影響しているからです。今回は、上手に自分の意見を伝えるコツをご紹介します。


私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

家事について文句を言われた、友達夫婦の前で馬鹿にされた、浮気された……など、夫に対して怒りの炎が燃え上がるときも長い夫婦生活のなかではあるでしょう。「復讐したい!」と頭に血が上りますが、やりすぎると修復不可能な傷を負う羽目にもなります。そこで、夫への怒りはどう対処すれば良いのか、お話します。


年下社員の「上から目線」はどう対処する?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

年下社員の「上から目線」はどう対処する?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

職場には自分とは価値観も考え方も異なる様々なタイプの人が働いています。当然、苦手なタイプの人もいますよね。年下の女性社員から高圧的な態度や上から目線…困りますね。さて、どんな相手とも上手にお付き合いするためにはどのようにコミュニケーションをとればいいのか、ロジかわ(ロジカルでかわいい)思考でお伝えします!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【雨宮なおみの12星座占い】2018年11月 後半編(11/15~11/30)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年11月 後半編(11/15~11/30)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


【GU】スウェットプルオーバー 990円のプチプラで優秀スウェット

【GU】スウェットプルオーバー 990円のプチプラで優秀スウェット

GUのスウェットプルオーバーはもうチェックしましたか? 990円なのに生地もしっかりしていて、裏起毛♪ これからの寒い冬に欠かせない一枚になりそうな予感ですよ! プチプラなので、一度試してみる価値ありそうです。


【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー最終回は夫婦のカタチも人それぞれで良い! というお話です。


40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

「少しづつ生理周期がばらついてきた」「3週間しか経っていないのに生理がきて不安」など40代になると徐々に乱れ始めます。女性にとって、健康状態を把握する1つのバロメーターでもあった生理周期が更年期には乱れてきてしまうのです。ここではよくある閉経までの月経パターンについてや、更年期の月経不順と間違いやすい病気について紹介します。


なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

何事も表裏一体。見方によって、よくなったり悪くなったりします。結婚生活でもそんな思考の連続ではないでしょうか。今回は「夫にもっとしっかりしてほしい」。そんな悩みをもつ妻からの相談です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター