ズボラさんでも大丈夫!「超保湿」なのにかんたんな時短美容法 3選【本気で始める美容・エイジングケア#20】 | 大人のワタシを楽しむメディア
ズボラさんでも大丈夫!「超保湿」なのにかんたんな時短美容法 3選【本気で始める美容・エイジングケア#20】

ズボラさんでも大丈夫!「超保湿」なのにかんたんな時短美容法 3選【本気で始める美容・エイジングケア#20】

気温が下がり空気が乾燥してきて、いよいよ“乾燥”が本格的に気になり始めるシーズンに突入。しかし、時間がない主婦やワーキングマザー、「スキンケアは面倒で……」と思っている女性も多いでしょう。そこで、時短美容協会理事長の並木まきが「これさえやっておけば、とりあえずは大丈夫!」な時短保湿テクニックをお話していきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

アラフォー女性に“時短保湿”が重要な理由

加齢に伴って、お肌の潤い成分は、だんだん減少傾向に向かいます。
「若い頃は、化粧水だけ塗っておけばウルウル肌だった」という女性でも「アラフォー」と呼ばれる年齢を迎えたくらいから、気づかぬ乾燥にさらされていることだってあります。

ある日、ふと鏡をまじまじと見たら「お肌がガサガサ!」となってしまえば、ガッカリですよね。個人差はあるものの、女性の肌は20歳頃をピークに、その後はコラーゲンなどのハリや潤いを与えてくれる成分がグングン減ってしまうので、乾燥だけでなくたるみやくすみにも頭を抱えやすくなります。

また、35歳よりも40歳、40歳よりも45歳……と、老化現象に伴って、お肌のバリア機能は低下していきますので、どうしても乾燥しやすくなります。

しかし、この世代の女性たちは仕事に家事に子育てに……と多忙を極める年代でもあるので、できるだけ時短で保湿ケアが叶えば嬉しいですよね。

そこでさっそく、時短美容の中でも定番の“ながら美容”で保湿するテクニックをお話します。

1:オイル美容で潤いを閉じ込める!

Getty logo

最近は優秀な植物性オイルが増えているので、スキンケアにオイルを導入するだけでも保湿力アップが狙えます。

「でも、オイルを塗るとベタつくでしょ?」と、避けてきた女性もいらっしゃるかもしれません。しかし実は秋冬こそオイル美容がスキンケアに活躍する季節なんです。

さらっとした質感のオイルなら、化粧水や乳液のうえから重ねても、そこまで重い仕上がりではありません。お手入れの方法は、とても手軽。

【スペシャルオイル美容ケア方法】
⑴いつも通りに化粧水や乳液でスキンケア
⑵オイルを1滴手のひらにとってなじませる。この時、手に全て浸透してしまうようでしたら、さらに1滴を加えて。
⑶手のひらに伸ばしたオイルを、優しく顔にオン。
⑷ゴシゴシと塗らずに、そっと蓋をするように優しく塗ってください。
もしも、まだ乾燥が気になるパーツがあれば、指の先で重ね付けを。塗りすぎてしまうとベタつきの原因になるので、少しずつ塗り足してください。

ブースターのようにスキンケアの最初に塗る方法もありますが、時短で手っ取り早く潤いを実感したい場合には、最後に使うほうが効果を感じやすいでしょう。
肌がカサカサになった夜の“お守りスキンケアコスメ”として、ぜひ手元に置いてみてくだい。

2:バスタイムを使ってオールインワンジェルパック

Getty logo

家事や仕事、育児に介護に……と多忙な女性ほど、「乾燥は気になっているけれど、特別なケアをする時間はつくれない……!」と、痛感していらっしゃるかもしれません。

そんな方に試していただきたいのが、バスタイムを活用した潤いケア。
洗顔後の肌に、たっぷりのオールインワンジェルを塗って、あとはいつも通りに湯船に浸かるだけのお手軽な時短美容です。

【入浴中の保湿方法】
(1)まずはいつも通りに洗顔
(2)スキンケアのときよりもやや多めの分量を意識しながら、顔全体にオールインワンジェルをオン
(3)そのまま湯船に浸かって放置するだけ!

バスルームには蒸気があって湿度が上がっているので、毛穴が開きやすい環境になっているため、そのタイミングを狙って、潤いをチャージしてしまうというわけです。
シートマスクのように時間を計って剥がす必要もなく、湯船でリラックスしながら潤いチャージができますので、時短美容の王道テクでもあります。

また、オールインワンジェルなので化粧水から美容液までの役割を果たしてくれるため、入浴後にしばらく放置してもウルウル感が続きやすいのです。私は、特に乾燥が気になっているタイミングでは、いつも湯船でオールインワンジェルパックをしています。

小さなお子さんがいて、入浴後にすぐ保湿ケアができないという女性にもぜひトライしてみていただきたい保湿テクです。入浴と同時にできる“ながら美容”ですから、忙しくて美容タイムが捻出しにくい女性にピッタリです。

3:外出先では敢えての“クリーム保湿”

Getty logo

仕事場などの外出先で乾燥が気になった時には、ミスト化粧水で潤いを補っている女性も多いかもしれません。しかし、水分は乾燥している環境だとスグに蒸発してしまうため、手間をかけるほどには保湿ができていないことも。

手っ取り早くしっかり保湿をするなら、化粧水よりもクリームを塗ったほうが確実です。
小分けの容器に少量のクリームを入れて持ち歩けば、そこまでかさばることもないので、オフィスのデスクに1つ忍ばせておくと安心。

「カサカサかも」と思ったら、できるだけ速やかにクリームで潤いを閉じ込めていきましょう。

10年後のお肌のために!いまの美容が肝心です

秋冬は空気が乾燥するので、春夏と同じお手入れでは、カサカサ肌が加速してしまうこともあります。
「潤いを加えたほうがいいのはわかっているけれど、忙しい毎日ではそんなにスキンケアの時間を捻出できないわ」と頭を抱えていた女性は、「とりあえずこれさえやっておけば!」なケアをうまく生活に取り入れてみてください。

ちょっとしたお手入れを加えるだけでも、きっとお肌は応えてくれるはず。10年後のウルウル肌を手にするためには、今のスキンケアが結果を出してくれますから「面倒くさい……」と放置せず、まずは“ながら美容”などの楽チンな方法を取り入れてみてくださいね。

時短美容家 並木まき



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

時短美容家・ライター・コラムニスト。前市議。2現職議員の頃に「美人すぎる市議」として各種出演。

関連する投稿


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないようにスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

美肌のためには日々の丁寧なスキンケアはかかせませんが、もう一つ大切なのがヘアケア(頭皮のケア)です。間違ったヘアケアは、お肌の状態に大きく影響するので、正しい頭皮のケア方法を知ることはとても大切です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


美肌のプロ直伝! ツヤ肌を取り戻す食事法【アラフォーから始める美肌作り#5】

美肌のプロ直伝! ツヤ肌を取り戻す食事法【アラフォーから始める美肌作り#5】

気づくと肌はくすみハリがなくなっていた…スキンケア頑張ってるつもりなのになんでこんなにツヤがなくなってしまったんだろう…。なんてお悩みのアラフォー女性も多いことでしょう! ツヤ肌には食事も大切、ということをご存知ですか? アラフォーから始めるツヤ肌食事法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google