「出会いがあっても続かない」一度会っただけで男に見切られてしまう“二度目のないアラフォー女性”【神崎桃子の恋愛指南 #20】

「出会いがあっても続かない」一度会っただけで男に見切られてしまう“二度目のないアラフォー女性”【神崎桃子の恋愛指南 #20】

一度デートしただけで次に誘われない! そんな経験、誰もが一度はあるのではないでしょうか? そこにあった秘密とは…耳の痛すぎる話を恋愛コラムニスト神崎桃子さんがズバッと明らかにしてくれました。この秘密さえ知ればもう次のデートは大丈夫! …な、はずです…。皆さん頑張りましょうー!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

この前デートした相手から連絡が来ない!」「次のお呼びが掛からない」その原因を探るべし!

婚活パーティに出会い系アプリ、SNSでの交流など“男性との出会い”を求めて一生懸命努力している割には成果が出ない……な~んてアラフォー女性は少なくない。

「こないだ食事に行った時はそこそこ良い感じだったのに……なんでその後がないの?」

そう、出会ってもあとがないのは必ず原因があるハズ!

あなたがこんなことで恋をしくじっていないか読み進めてみて欲しい。

男が二度と誘わない理由その1~「反応が薄い」「感情が読めない」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

・「出会い系サイトで知り合った女性とメールで何度かやり取りして会う約束をしたんです。でも実際リアルで会っててガッカリ。話しててもなんというかイマイチ反応が薄くて……。
自分と会ってても楽しそうに見えなければ“次”にはなりませんよ」(41歳男性/公務員)

・「男なんてものは女性が喜んでる姿がみたいんです。女性が好きそうな店に連れて行ったり、こっちが奢ってあげても喜んでくれないとやる気なくしますよ。本当に嬉しかったらもっと感情を表に出してくれないと。『ご馳走様』なんて一応お礼を言われても本当に感謝してくれてることが読み取れなけりゃ男は二度と誘わない」(45歳男性/建設関係)

――あなたは男性と対面したときに真剣に彼の話に耳を傾けているかもしれない。
確かに「聞き上手な女はモテる」なんてちまたでは言われていることではあるが、聞き上手と言っても「ふ~ん」「なるほど」と相槌を打ってりゃいいってわけではない。

大事なのは反応の良さ!
男性は自分の話に食いついてくれる、自分の発言を面白がって聞いてくれる女性が好きなのだ。
自分がとった行動に対して嬉しそうにしてくれる、ウケてくれる女性と一緒に居たいのだ。

いくら美人であっても、反応の薄い女に「次」はない。

男は「本当に俺とデートしてて楽しいのか喜んでくれてるのか」が読めないような女をまたデートに誘うことはない。

男というものは“女性の反応”を見て楽しむ生き物。
男は女が喜んでる様子をみてそれを楽しむのだ。
“自分がしたことにリアクションしてくれる女性”を愛でたいのである。

特にはじめてのデートでは彼に対して怠けてはダメ。
“男がすることにきちんと反応する女性”であるべし!

男が二度と誘わない理由その2~「なんでも人に任せすぎ」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

・「デートコースやお店を決める時に『なんでもいいです』『○○さんの好きなところで』なんて言うの、20代の若い子ならアリでも、いい歳した女性にはやめて欲しい。それって相手に合わせてるつもりかもしれないけど、俺に言わせれば他人任せな丸投げ女! それに『私、どこでもいいです』とかいう女に限って、こっちが適当な店に入るとあとでその不満をSNSにあげたりする。『初デートでこんなのありえな~い』なんて文句を呟いたりしてさ、冗談じゃないよ」(43歳男性/運送)

――「○○さんさえ良ければ、私はなんでもいいんです……」などと“謙虚ぶる女”は勘違いしている。

「誘ってきたのは向こうだし……」
「こういうのは男性に任せとけばいいか……」
「従順な女のほうが男ウケするよね……」
なんて男に委ねる女性は無責任以外のなにものでもない。

たとえ誘われたとしても「女がゲスト」というわけではない

“楽しいデート”というのは、彼が立てたプランや彼が提供するものに自分が参加するというスタンスではなく二人で作り上げるべきである。

「なんでもいい」は考えることを放棄しているようなもの。
特に若い頃、男にチヤホヤされてきたアラフォー女性は“デート”というとどうも自分を客人扱いしてしまうようなところがある。

「お任せします……」は裏を返せば
「してもらえて当たり前」
「私にはそれだけの価値くらいある」
と思っているのと同じこと。

他人任せな女は自分が提案しないにくせに相手には期待している。
だからこそ面白くなかった時や期待を裏切られたら人のせいにする。

人に任せっきりで人に与えることをしようとしない女は最終的には何も得られないのだ。

男が二度と誘わない理由その3~「喋りすぎ」「教えすぎ」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

・「お見合いパーティでめちゃめちゃ美人な女性と知り合って食事に誘った。『どんな仕事をやってるのか』を聞いたのが運の尽き。彼女のこれまでの経歴を延々と聞かされた。アラフォー女の自虐ネタや黒歴史も聞きたくないけど仕事の自慢話はもっと聞きたくない。女のサクセスストーリは男の武勇伝よりタチが悪い!!」(44歳男性/歯科)

――まだ、そこまで親しくなっていないのに喋りすぎは禁物。

初デートで“さらけだしすぎ”は間違いなく却下される。
自ら男に差し出す自叙伝など恋愛には不要!!

女性は気になる男性に対して
「自分のことを早く知ってほしい」「自分のことをもっと分かってほしい」という思いからつい話しすぎてしまうことがある。

しかし、それは相手からしたら“小説の結末を最初に知ってしまう”のと同じこと。

読み進めて、ページをめくるごとに高まる探究心……「次はどうなるんだろう?」と徐々に核心に触れてきたいのに、「え?もうわかっちゃったの?」って拍子抜け。

男からしたら、彼女の身に付けている鎧を一枚一枚剥がしていき、彼女の内側へと侵入してゆく楽しみを先に奪われてしまうようなもの。

これからはじまるかもしれない恋という冒険を、スタート地点で“ネタばらし”されてしまったら旅に出る気が失せるのは当たり前である。

「へ~そんなことやってたんだ……」
「え~~昔そんなことがあったの?」
「実は○○だったんだね」
などと発見していくのが恋愛の面白さであり味わい深さなのに……。

男性が早々に「もうわかった、もういいや」とならないように、情報過多にはくれぐれもご用心!

すぐに自分をさらけだしてしまう浅はかな女より、男は「いったい、どんな女なんだろう」という女性に会いたくなるのだから……。

男から「ふ~ん、こんなもんか」「わざわざ会うこともないな」とならないために

デートがその後も続かないのは、一度でもう飽きてしまったから……なのだ。

たとえば今話題の行列ができるスイーツの人気店に期待を膨らませて行ってみたものの「大したことはなかった」のと似ている。

一度目に「ま、こんなもんか」「わざわざくることもないな」と思えばリピーターになることはない。
男が「二度と誘わない女」は「わざわざ会う必要はないな」と思ったからだ。

男が一度で「もうたくさん」となってしまうのは
・反応なさすぎ
・なんでも任せすぎ
・自分のことを喋りすぎ
という配慮に欠けた態度にある。

男性はデートにおいては女性の“心づかい”を見ているのだ。

男性が一度目のデートで「次もまた会いたい」と思うのは、一度目のデートでいかに気持ちよく過ごせたかにかかっているのである。

体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


アラフォーで結婚した人が “見直した条件” とは?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #33】

アラフォーで結婚した人が “見直した条件” とは?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #33】

ご結婚されたアラフォーの方々のお話を聞くと「昔の私ならば絶対に選ばない男性と結婚しました。見落とさなくてよかった」なんてことをよく聞くのです。 以前は「ナシ」にしていたけれど、彼のことを知っていくうちにいい人だと思えてきたというのです。かつてならば「ナシ」にしていたのはいったいどんな理由からなのでしょうか?


本気で人を好きになったことがありません【オトナの幸せ恋愛心理術 #14】

本気で人を好きになったことがありません【オトナの幸せ恋愛心理術 #14】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


「男日照りでいるより都合のいい女でいたい!」アラフォー女が都合のいい女をしてしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #39】

「男日照りでいるより都合のいい女でいたい!」アラフォー女が都合のいい女をしてしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #39】

“都合のいい女”…こう言われて気持ち良い人はいないでしょう。しかし、恋愛コラムニストの神崎桃子さんは独自の見解があるようです。そこにはアラフォー女性たちへの激励が含まれているようにも思います。色んな価値観がある!改めてそう気づかせてくれるコラムです。


話を聴いてくれない彼にイライラ!どうしたらいい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #8】

話を聴いてくれない彼にイライラ!どうしたらいい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #8】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

夫へのストレス、ずっと我慢してきたけどもう限界! 何とかしてわかって欲しいと思いますが、ネガティブな話をするときは冷静でいることが不可欠。ケンカにならず解決するには、「心の距離」を保ちましょう。伝わりやすい話し方を意識すれば、険悪な空気を防げます。どんな伝え方が良いか、お話します。


【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

なんともストレートなタイトル『不倫』。脳科学者の中野信子さんが書いたこの本のなかにはあらゆる角度から人間は浮気をするものだ、ということが、これでもか!と書かれています。ショッキングな内容ではありますが、これを知ると少し楽になるかもしれません。そこで今回は中野信子さんに改めて「なぜ、人間は不倫するのか」ということについてお話を伺いました。その第一回目です。


更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

若いときはもりもり食べてもへっちゃらだったのに、この頃は食欲があまりなくなってきた。そんなことはありませんか? 更年期に、食欲が減ってしまったり、胸やけや胃腸の不調で悩む方も少なくありません。今回は、更年期によくある食欲不振や、胃腸の不調のケア方法についてお伝えします!


【#FocusOn】夫がしてくれない? 立ててないのに勃つわけない 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー!<第二回>

【#FocusOn】夫がしてくれない? 立ててないのに勃つわけない 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー!<第二回>

【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情】が大好評連載中の夫婦仲相談所所長 三松まゆみ先生。特に先生のセックスレス解消記事は大人気で多くの方に読まれています。しかしいったいなぜ夫婦はセックスレスになってしまうのか…刺激的なインタビューの第二回目です。


まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

夫婦問題カウンセリングのご相談の中で、多くを占めているのが「妊活」に関する悩みです。金銭面、体力面、精神面で負担が大きく、一人で抱えるにはとても重たい妊活問題。今回は、そんなケースに直面している妻からの相談です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター