育児ストレスを逆手にとって夫婦愛を深める方法♡【幸せ夫婦コミュニケーション術 #52】

育児ストレスを逆手にとって夫婦愛を深める方法♡【幸せ夫婦コミュニケーション術 #52】

どんなに我が子が可愛くても、どうしても溜まってしまうイライラ。隣にいる夫は知らん顔で何もしてくれないのが余計にムカつく! という妻も多いでしょう。そんなときこそ、夫に甘えるチャンスです。しんどい気持ちは、あなたが頼りというポジティブな方向で伝えると夫も受け止めやすくなります。育児ストレスを夫婦愛に変える方法をお話します


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

妻のイライラは夫に伝染する

子どもが言うことを聞いてくれない、お世話に追われてゆっくりする暇もない。子育ては、がんばっていても上手くいかないことが多くてストレスが溜まりますよね。いけないと思ってもついきつい言葉で子どもを叱ってしまったり、イライラは抑えることが難しいものです。

そんなときにストレスを加速させるのが、我関せずといった顔で何もしてくれない夫。お皿くらい洗ってくれてもいいじゃない! と思ってお願いしても、「えー、面倒くさい」などと返ってきたら一発お見舞してやりたくなります。

夫から見ると、気が立っている妻ほど関わりを避けたくなります。下手に口を挟むとどんな言葉が飛んでくるかわからないので、まさに「触らぬ神にたたりなし」。だんまりを決め込むのは、自分もその被害を受けたくないと思うからです。

何もしていなくても、「ちょっと、新聞くらい自分で片付けてよ!」とイライラを自分に向けられると、夫はムッとします。渋々動くけど、内心では「こっちまで巻き込むなよ!」と妻に対して嫌な感情が湧いている状態。こうなると、雰囲気も悪くなるしお互いに助け合う気持ちが持てなくなります。

ストレスは伝染します。まずはこの悪循環を断つことを考え、イライラを感じたら「ほかに向けない」ことを意識しましょう。

本当は手伝いたいと思っている夫

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子育てにイライラしている妻を見て、平気な夫はいません。「またか」とうんざりするのは、怒りの矛先が自分に向くことより、そんな妻に対してどんな言葉をかければ良いかわからないことが原因です。「言ってくれれば手伝うのに」と思っても、気が立っている妻を目の前にするとそんな気持ちも萎えてしまいます。

できれば、何も言わなくても夫のほうから手を出して欲しいと思いますが、そのためには夫自身が何をすれば良いかを知っている必要があります。そんなの見ていればわかるじゃない、と思っても、実際は間違えた時に怒りを向けられるのが怖くて手を出せない、と思う男性は大勢います。

夫に不要な心配や恐れを抱かせずにやってもらうには、まず妻のほうからOKサインを出してあげること。それは、「頼れる父親」を実感してもらうのが良いやり方です。

「親なんだから」ではなく「あなただから」

例えば、子どもの食事が遅くてほかの用事が片付かないとき。洗濯物をたたまなくちゃいけないし、早くお風呂の用意もしたい。夫はソファでのんびりしているだけ。こんなシーンでは、「子どもから手が離せないから、洗濯物をたたんで欲しい」「先にお風呂の用意をしてくれたら後が楽なんだけど」と、具体的にお願いしましょう。

頭ごなしに「こっちは子どもを見てるんだから、お風呂の用意くらいやってよ!」と言われると、誰でもカチンときます。それは、「親として」やるのが当然、という気持ちが見えるからです。

役割を押し付けられる言い方は、まるでやらない自分は親失格であるような感じがして気が滅入ります。そうではなく、「あなたにやって欲しい」という気持ちを伝えること。自分に向けられた言葉であることがわかると、男性は心が動きます。ポジティブな響きがあると言葉を受け止めやすく、気持ちよく行動に移せますよ。快く「わかった」と頷いてもらうには、「あなただから」と思わせることが大切です。

イライラが表に出そうな場面では、あえて表現を考えることで、自分も夫も不快な気持ちを抱かずに次に進めるようになります。

手を出すことを習慣化する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

やった後で「ありがとう、助かったわ」の一言があると、夫は嬉しくなります。ここで「頼れる父親(自分)」を実感することで、次にお願いされることがあっても同じように動きやすくなるんです。

やることが決まっている子どものお世話、食事や着替え、お風呂などは、どんどん夫に手伝ってもらうシーンを増やしましょう。お皿を洗っている間に着替えを用意してもらったり、朝ご飯を作っている間に子どもを起こしてもらう、など、少しの時間でもできることが夫がわかれば、それを習慣化することで妻がイライラする場面も減ってきます。

自分もやることが当たり前になってくると、妻の大変さを身近に感じるようになってきます。「ありがとう」とお互いに感謝の気持ちを持って協力し合うことが、ストレスを回避する一番の秘訣です。

子育てにふたりで関わるのは、妻のイライラが減るだけでなく子どもに対しても愛情が深まります。親としての自覚はもちろん必要ですが、それ以上にお互いを尊重する姿勢があることで、それを見る子どももまた親に対して強い愛情を抱けるようになるんです。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(4)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(4)

(前回までのあらすじ)成功者の夫に子どもふたり、アパレルブランドのディレクターとして人も羨むような人生を歩んできた百合。しかし夫の不倫が発覚し、心は揺さぶられる。図々しい愛人の態度に落ち込む百合…。そんな時、会社の後輩男性に偶然出会い…。


自己中マイペースな夫に協調性をもたせるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #57】

自己中マイペースな夫に協調性をもたせるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #57】

子どもが産まれても、自分のやりたいように物事を進めてしまう夫。お出かけのときも自分だけ準備ができたら「まだ?」と訊いてくる姿にイライラ……。マイペースな夫に協調性を持ってもらうには、具体的にお願いして動いてもらうこと、それを認めることで、意識を広げてもらいましょう。「助かる」は夫の心を動かすキーワードです。


甲斐性なしの夫とスムーズに離婚する方法【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】

甲斐性なしの夫とスムーズに離婚する方法【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】

巷で圧倒的に多いのは、夫の方が年収が高く、資産もある。離婚時には、そのような夫からいかに多くの養育費と財産分与を勝ち取るか! が重要ポイントとなるケースです。しかし、割合は少ないですが、妻の方が夫より稼いでいるケースもありますね。周りに参考例が少ないため、いろいろと情報収集に困る方も多いと思います。今回は、そのような妻


子どもと張り合おうとする未熟夫の操縦法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #56】

子どもと張り合おうとする未熟夫の操縦法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #56】

子どもの相手をしていると、「俺もほめて!」と構ってアピールをしてくる夫。いやいや、どうがんばっても子どものほうが可愛いんですけど……。こんな夫は、家庭の中での存在感を認めてあげるとおとなしくなります。さらにもう一歩進んで、みずから家事や家事をやりたくなる「イクメン」に育ててしまいましょう!


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(3)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(3)

(前回までのあらすじ)成功者の夫に子どもふたり、アパレルブランドのディレクターとして人も羨むような人生を歩んできた百合。しかし夫の不倫が発覚し、心は揺さぶられる。そんな時、引っ越し祝いのパーティに図々しく愛人がやってきた。激しく動揺し思わず衝動的な行動に出てしまった百合ー。


最新の投稿


【エモまと】私の人生このままでいいのかな? そんな迷いもアラフォーあるある!

【エモまと】私の人生このままでいいのかな? そんな迷いもアラフォーあるある!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


和と洋のコラボが新鮮! 肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

和と洋のコラボが新鮮! 肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

おふくろの味としてみんなが大好きな肉じゃが。少し残ってしまったときに使える、簡単便利な変身レシピを2品お届けします。


【エモまと】どうしたらいいのかわからない…大丈夫。ひとりじゃないよ

【エモまと】どうしたらいいのかわからない…大丈夫。ひとりじゃないよ

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

「日焼け止めは夏だけでいいのよね?」と、誤解してはいませんか? 確かに、夏場の紫外線は凄まじいものがありますが、秋になったからといって、紫外線がゼロになっているわけではありません。紫外線対策に手を抜きたくなる季節ですが、実は対策ゼロはとっても怖い! もしかして、「日焼け止めは夏だけ」なんてこと、ありませんよね?


宮本真知のタロット占い【11月20日(月)~11月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【11月20日(月)~11月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター