【エモまと】どうしようもなく寂しい時。ここにおいで | 大人のワタシを楽しむメディア
【エモまと】どうしようもなく寂しい時。ここにおいで

【エモまと】どうしようもなく寂しい時。ここにおいで

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


特になにがあったわけでもないのに寂しい夜。孤独を感じて寂しい夜。心無い言葉を投げかけられて寂しい夜。ここまで生きてきたらいろんな夜を経験しましたよね。ただでさえ夜は寂しい。それはきっとみんな一緒。そんな時は自分に優しく優しく。こんな記事はいかがですか?

上質な映画は自分に気づきを与えてくれるエッセンス

Getty logo

人生よりもつらい道のり。命さえも危険な旅の中で、シェリルは自分に向き合うようになっていきます。3ヶ月に及ぶ過酷な1600キロの旅の中で、シェリルは自分を、そして、人生を変えることができるのでしょうか。


女性を主人公にした上質な映画はたくさんあります。この記事で紹介している3本は悲しく辛い目にあった女性たちが力強く自分の人生を自分の足で歩いていく映画です。自分の足だけで立つって実は本当に大変なことです。自分の人生を自分の足で歩く。こんなシンプルなことが実は一番大変なのかもしれませんね。文章を読んでいるだけでちょっと映画を観た気分になれるので、ぜひのぞいてみてくださいね。

人生には時間が必要!自分を見つめなおす旅する映画【オトナキレイになる映画】

https://wome.jp/articles/383

「このままでいいのかな...」と今の自分に「?」となることは誰にでもあることです。恋愛、仕事、人間関係etc.、とうまくいかない理由はさまざまです。自分では答えが見つからない、そんなときには映画に教えてもらうというのもひとつの方法です。欲しかった答えが見つかるかもしれないおすすめの映画をご紹介します。

SNSキラキラ女子たちを見るのが辛い…そんなあなた! 本当はキラキラなんてしていませんよ(たぶん)

Getty logo

「毎日がこうなの?」と驚きとともに憧れ、日常生活に追われる自分と比較し嫉妬してしまう…。こんなSNSの投稿を「キラキラ投稿」と呼びます。このような投稿は圧倒的に女性が多いと言われます。しかし世間は本当にこんなに「キラキラ女子」で溢れているのでしょうか?


はい! 今日はもうSNSを見るのはやめましょう。見たって有益なことなーんもありません。元気な時だってSNSを見ていやーな気持ちになる時ありますよね。え?ない?私はあります。そんなSNSに一喜一憂している私やあなたにはぜひ読んで欲しい記事です。だって、みんながみんなリアルにキラキラしているわけありませんよねー!ですよねー!

嫉妬しない スルーもしない 他人のキラキラ投稿を受け入れながらSNSを上手に楽しむ方法

https://wome.jp/articles/614

毎度SNSにアップされる友達の「キラキラ投稿」。美味しいスイーツ、大人買いショッピング…など。「楽しそうだなぁ、リア充だなぁ」なんて、冴えない日常の自分と比べてしまったり、果てはなんだか自分が情けなくなってしまったり…しかしちょっと待ってください! それは違います。大人の女性としてSNSと上手に付き合う方法教えます☆

夜空を見上げてみてください。今日はどんなお月さまですか?

Getty logo

月は大きく「新月」「下弦」「満月」「上弦」の4つに分けられ、これを約29.5日の周期で繰り返しています。一方女性の生理周期は平均して28日で、月の満ち欠けのサイクルとほぼ同じです。


夜空を見上げてみてください。今日はどんなお月さまですか? 女性のカラダと月は密接な関わりがあると言われています。そのため、心身ともに月の影響を女性は受けやすいんです。月の状態を見て、それにあった過ごし方をしてみてくださいね。ちょっと心が満たされるかもしれません。

月の満ち欠けを上手に使って心と体をコントロールしよう

https://wome.jp/articles/552

昔から、月と女性には特別な関係があるとされていました。月の満ち欠けのサイクルが生理の周期とほぼ同じであったり、新月や満月には心と体に不調を感じる女性が多いともいわれています。なぜ女性と月は関わりが深いのか?月の満ち欠けとうまく付き合えば、今よりもっと快適に過ごせるかもしれません。

寂しい夜はゆっくりお酒でものんで自分を労わって

Getty logo

17時30分ともなると、仕事を終えた界隈のサラリーマンで埋め尽くされます。マスターが「久しぶり」「体調どお?」なんてお客さんに気遣いの声をかけ、心が和みます。こちらは毎日来店されるお客さんが多いことから、常連さん同士かなり仲がいいので、初回は少々気がひけてしまうかもしれません。が、心配無用。知らぬ間に仲間入りしていることでしょう。



お酒が飲める人なら寂しい夜はリラックスする程度にお酒をのむのもいいですね。お酒をのみながら酒場&グルメライター 中沢文子さんの人気連載【中沢文子の女・酒場巡礼】を読めばまるで中沢さんと一緒にお店に行っているような気分が味わえますよ。ひとりでどんな酒場にも行ってしまう中沢文子さん。今日も今頃どこかでご機嫌に酔いどれていることでしょう。


女性一人でも安心! 紳士の多いセンベロ立ち飲み 東京/田町・丸長(まるちょう)【グルメライター中沢文子の女・酒場巡礼 #1】

https://wome.jp/articles/776

サクッと飲みたい、ひとり飲みしたい愛飲家におすすめの立ち飲み。でも女性だと気が引けてしまうケースも多々。そんな方も安心して飲める、スマートなサラリーマンや学者が集う激安立ち飲みを酒場放浪歴うん十年の酒場ライター中沢文子がご紹介します。一人で、仲間同士で、ぜひ立ち寄ってみませんか?

すべての人に幸せになる権利がある。もちろんあなたにも

Getty logo

人生の折り返し地点を迎えたアラフォー女性の皆様。夢についてを考えるとき、手放しで自分のことだけを考えられない事も多くあると思います。しかし、自分という人間は1人しかおらず代わりはいないのです。あなたの存在だけで、幸せになる人もいます。あなたが笑っていたり、幸せだということを伝える事で、喜んでくれる人がいます。



寂しい気持ちに満たされていると、明るい未来が思い描けなくなって全部うまくいくはずないって思っちゃったりしますよね。そんなあなたの心をちょっと軽くしてくれるかもしれないのが、メンタルアドバイザー小山内愛さんの連載【アラフォーからの自分らしく生きるコツ】です。たくさんの女性の悩みに寄り添い改善してきた小山内さんはご自身も高校中退後、結婚、出産し6人のお子さんを持つ、なかなかの苦労人です。そんな小山内さんが実践し続けたことで夢を叶えたメソッドがたくさん鏤められています。今、自分が信じられなくなっているあなた。そんな時は誰でもあります。でも、前を向いてゆっくりでも歩き続けていればきっと思い描いた未来が手に入るはず。そんなことを信じさせてくれる記事です。

夢を諦めないで あなたの「やってみたい」は必ず叶う! 【アラフォーからの自分らしく生きるコツ #8】

https://wome.jp/articles/834

「本当はこうしたい!でもそんな夢かないっこない」夢があるのに最初から、無理だとあきらめてしまっていませんか? そんなことはないんです。あなたが思い描いたことは必ず実現します! 叶わない夢はそもそも思い描かないのです。それでは見事に夢を叶える方法を教えましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

大人の女性が元気に楽しく毎日を過ごせるような記事をお届けします!

関連する投稿


映画『ガーンジー島の読書会の秘密』英国版“この世界の片隅に”【沁みる映画#05】

映画『ガーンジー島の読書会の秘密』英国版“この世界の片隅に”【沁みる映画#05】

映画『この世界の片隅に』をご覧になったでしょうか?第二次世界大戦末期の広島・呉を舞台に主人公すずさんの日常が穏やかに優しく綴られたアニメーションです。映画『ガーンジー島の読書会の秘密』はイギリス海峡に浮かぶガーンジー島を舞台にしたもうひとりの“すずさん”の物語。かつてナチスドイツの占領下にあったこの島で起こった事件は事件ではなく当時の日常。戦争の悲劇が日常の中に潜んでいる恐ろしさを愛やミステリーを織り交ぜて伝えてくれる真実の愛の物語です。


映画『おしえて!ドクター・ルース』90歳現役セックス・セラピストが性の悩みを解決!【沁みる映画 #04】

映画『おしえて!ドクター・ルース』90歳現役セックス・セラピストが性の悩みを解決!【沁みる映画 #04】

N.Y在住の90歳現役のセックス・セラピストがいるなんて!聞いただけでワクワクドキドキしちゃいます。映画『おしえて!ドクター・ルース』はその90歳セックス・セラピスト ドクター・ルースを追ったドキュメンタリー。ホロコーストで両親祖母を亡くし、スナイパーとして活動、シングルマザーであり、三度の結婚!いったい何者!?と煽られるだけ煽られて映画を観れば…そこには懸命に前を向いて笑って生きた140㎝の女性がいました。


映画『ディリリとパリの時間旅行』美しくて可愛くて夢のような恐ろしい物語【沁みる映画 #03】

映画『ディリリとパリの時間旅行』美しくて可愛くて夢のような恐ろしい物語【沁みる映画 #03】

フランスを代表するアニメーション界の鬼才 ミッシェル・オスロ監督の最新作『ディリリとパリの時間旅行』。主人公の少女ディリリの可愛くて聡明で勇敢なキャラクターと美しすぎるパリの風景。そして19世紀末から20世紀初頭にパリに存在した著名人たち。多様性を尊重し自由で平等な文化を生み出し享受することの大切さを描いた、夢と悪夢が交錯する作品です。


映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』家族ってなんですか?【沁みる映画 #02】

映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』家族ってなんですか?【沁みる映画 #02】

イタリアの名匠ガブリエレ・ムッチーノ監督の最新作『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』。イタリアの名優たちが集い撮影された本作は2018年イタリア本国で最高の話題作となり150万人を動員する大ヒットを記録しました。作品の舞台はアラン・ドロン主演の『太陽がいっぱい』など多くの名作が撮影された美しいイスキア島。イタリアの大家族一人ひとりが抱える本音と建て前が爆発する時いったい何が見えてくる?


映画『パリの家族たち』 女であり娘である私たちの物語【沁みる映画 #01】

映画『パリの家族たち』 女であり娘である私たちの物語【沁みる映画 #01】

映画『パリの家族たち』。そこに描かれている家族は母親と子ども、そして一人の女としての私たち。母の日を直前に控えたパリの女と男たちの日常が時に切なく痛々しい生々しさをもって迫ります。はるか海の向こうの女たちの苦悩や喜びはそのまんま日本の女たちの苦悩と喜びであるように感じた美しい物語。(5月25日(土)からシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開中)


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


大人の女性はおひとりさまホテルステイ 週末は自分と向き合う贅沢タイムに

大人の女性はおひとりさまホテルステイ 週末は自分と向き合う贅沢タイムに

仕事のこと、将来のこと、人間関係など、常に考え事に支配されている私たちの毎日。本当の意味で自分のためだけに時間を使えるよう、日常から切り離されたホテルで週末を過ごす女性が増えています。特別なことは何もせずに、ホテルの部屋で過ごす時間は最高の自分へのごほうび。一度体験すれば、きっとリピーターになってしまうはずですよ。


唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

唾液がしっかり出ることは美の最重要課題! 歯科医師 石井さとこさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

歯科医師で口もと美容スペシャリストの石井さとこさん。女優、モデル、アナウンサーたちから絶大な信頼を得、その美しさを支える石井先生の新刊『美しい口もと』は“美しい口もと”になるためのメソッドが満載! 女性なら知っておきたい美の基本や目から鱗のお話まで、たっぷりお話を伺いました。


2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。11月後半の運勢のポイントを要チェックです。


10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

私たちの身体には元々自然治癒力が備わっています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによって、不調が抜けないと感じる女性が増えています。忙しい大人女性こそ、「漢方」を日常的に取り入れて健康な心と身体を手に入れて、年齢を重ねる程に輝き続けて欲しいと思います。


名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2016年のカンヌ映画祭のパルムドールに輝き、引退を表明していた名匠ケン・ローチ監督。監督が引退を撤回してまで撮りたかったのはグローバル経済が生み出した社会体制のひずみにはまりながらも懸命に正直に生きる人々の姿。家族一緒にご飯を食べて笑い合っていたいだけなのに…ユーモアを交えながら圧倒的なリアリティで迫る『家族を想うとき』。享受する便利の裏側にある苦しみとやるせなさを直視する義務が私たちにはあるはずです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google