たるみの原因はコラーゲン減少? ぷるんとハリ肌にする2つの美習慣【本気で始める美容・エイジングケア#22】

たるみの原因はコラーゲン減少? ぷるんとハリ肌にする2つの美習慣【本気で始める美容・エイジングケア#22】

年齢を重ねるごとに「お肌のハリが減っちゃった!」と、お嘆きの女性もいらっしゃるのではないでしょうか? エイジングの波は容赦なく押し寄せてくるので、日々のスキンケアや食生活から、お肌のハリをなるべくキープしていきたいところです。時短美容家の並木まきが、ぷるんとしたハリ肌を育む40代女性の美習慣についてお話します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

加齢によって減ってしまうコラーゲンやセラミド

Getty logo

「美肌成分」とも言われる「コラーゲン」や「セラミド」。年齢を重ねると、これらの成分がだんだんと減少してしまうため、加齢とともにからお肌のハリが失われたり“たるみ”が出たりするのは、極めて自然な現象でもあります。

コラーゲンのピークは25歳頃と言われていて、40代になると急激に減少していくことから、アラフォーはお肌に変化を感じやすくなります。「セラミド」はお肌に水分を保持してくれる保湿成分ですが、こちらも20歳頃をピークにだんだんと減ってしまうのが一般的な流れ。20代の頃と比較して、どんどん肌が劣化すると感じるのは、美容成分の減少も大きく関係しています。

セラミドにはバリア機能を助けながらお肌の乾燥を防いでくれる役割があるので、年齢を重ねてセラミドが減ると、それだけお肌の乾燥を招きやすくなるというわけです。

諦めるのはまだ早い!美習慣でハリ肌を目指そう

そんなエイジング肌特有のお悩みは、「自然現象だから諦めるしかないの?」と、思わずため息をつきたくなるもの。

けれど、諦めるのはまだ早い!

日々のスキンケアや食習慣によって、ハリのある肌を目指すことは可能です。そこで、ハリを取り戻すスキンケアの鉄則と食生活で心がけたいことをご紹介します。時短でできる2つの方法から、まずは試してみてくださいね。

1:スキンケアの鉄則は…保湿にアリ

Getty logo

乾燥が加速すると、お肌のハリが失われやすくなり“たるみ”を引き起こす要因にもなりかねません。
そのため、エイジング肌のスキンケアでも、忘れてはならない鉄則は“保湿”。

ただし、闇雲に化粧水や乳液の量を増やすよりも、年齢肌に合った成分が配合されているクリームや美容液のパワーを借りるのが、時短かつ確実なお手入れになります。

うるおい不足を痛感している女性は、セラミド配合のコスメを試しみるのもアリでしょう。成分表記には「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」などと書かれていますが、保湿だけでなくシワにも働きかける「セラミド3」配合のコスメが、OVER40歳の肌には最適です。ちなみに、時短でうるおいスキンケアをしたいときには、軽く手のひらでプッシュしながら肌を温めていくよう心がけると、よりうるおいを感じることができるでしょう。

ちなみに、セラミド同様に加齢によって失われる「コラーゲン」配合のスキンケアコスメも多くありますが、コスメに配合されているコラーゲンはお肌に塗っても期待しているほどに肌に浸透するわけではないのでご注意を。また、一般的なコラーゲンよりも“低分子コラーゲン”のほうが浸透しやすいと言われています。なので、低分子コラーゲンと表示されているものを使ってみるのもいいかもしれません。

2:コラーゲンとイソフラボンを食生活で補う

Getty logo

エイジングに負けない肌を育むには、内側からのケアも重要です。加齢によって失われていく成分を補うべく、食生活ではハリのある肌を育むと言われる食材を意識的に食べると安心でしょう。

「コラーゲン」が豊富に含まれる鶏肉の軟骨や豚足などの食材と、コラーゲンの生成を促してくれる「イソフラボン」を大豆製品で補えば、相乗効果が期待できる“ハリ肌育成メニュー”になります。

コラーゲンを食事によって摂取することでどのくらいお肌に効果が出るのかについては諸説ありますが、私の経験ではコラーゲンがたっぷり入ったスッポンや水炊きを食べると、やっぱりお肌の調子はアガる気がしています。お鍋に入れるコラーゲンボールなども売られているのでチェックしてみてくださいね。また、食事だけでは限界があるので、サプリメントで補うこともあります。

ただし「大量に摂ればといい」というわけではありませんので、サプリやドリンクで補う場合には、パッケージに書かれている適量を守るのが鉄則です!

時短美容家 並木まき



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

時短美容家・ライター・コラムニスト。前市議。2現職議員の頃に「美人すぎる市議」として各種出演。

関連する投稿


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

見落としがちな “くちびる”&“口元”のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#15】

乾燥の季節、お肌だけでなくくちびるの荒れが気になる人も多いのではないでしょうか。くちびるは体調が悪いとカサカサになってしまったりもするので、日々のケアが欠かせません。そこで今回はスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんにくちびるのケアについて教えていただきました。


まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

年齢を重ねると重力に逆らえず肌はどんどん垂れてきて、膨らみはしぼんでいく…。でもしっかり浮腫みは出るのが憎らしい…。美しいハリのある目元を取り戻すにはどうしたらいいか、スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに伺いました。


手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

手の甲がカサカサ・しわが目立つ…乾燥する季節のハンドケア【アラフォーから始める美肌作り#13】

冬の乾燥が気になるのは、お顔だけではないですよね。手荒れも冬になると悩まされるトラブルの一つです。家事や仕事に忙しいアラフォー女性、手は人前に出す事も多いだけに、きちんとケアしておきたいですね。スキンケアアドバイザーの松瀬さんにスペシャルケア方法などについてお話いただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


腸をきれいにし、体調よく過ごすには? コロンハイドロセラピストインタビュー<第二回>【#FocusOn】

腸をきれいにし、体調よく過ごすには? コロンハイドロセラピストインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピスト”という職業をご存知でしょうか? お湯を使って大腸を刺激し大腸を洗浄する“コロンハイドロセラピー”を行う資格を持った人のことです。日本では医療行為となっているので病院でしかうけることができないコロンハイドロセラピーですが、具体的にどんなことをするのか教えていただきました。


「Uniqlo U」 2019年秋冬コレクション シンプルで上質、 研ぎ澄まされたデザイン

「Uniqlo U」 2019年秋冬コレクション シンプルで上質、 研ぎ澄まされたデザイン

クリストフ・ルメール率いるパリR&Dセンター(リサーチ&ディベロップメントセンター)のデザイナーチームが手がける「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」の2019年秋冬の新作が登場しました。


付き合い始めた彼、なかなかベッドに誘われない もしかして…【オトナの幸せ恋愛心理術 #22】

付き合い始めた彼、なかなかベッドに誘われない もしかして…【オトナの幸せ恋愛心理術 #22】

人生の酸いも甘いも噛分けてきたアラフォー女性なら付き合ったらセックスするもの、と思っている人が多いのではないでしょうか。今回は優し彼と付き合いはじめてキスやスキンシップはあるけど、その先に進まないというお悩みです。心理カウンセラー鹿屋由佳さんのカウンセリングに癒されてください。


“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

40代は肌だけでなく髪の毛も曲がり角。今までと同じようにしていてはヘアスタイルがきまらない…なんてお悩みを持っている40代女性も多いでしょう。しかしやはり髪は大事!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むとそれがよくわかります。


【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第三回目は“生理痛”です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google