【彼女が自分らしく生きられるようになったワケ #7】人間関係のトラブルに悩んでいた独身Hさんの場合(30代・東京在住) | 大人のワタシを楽しむメディア
 【彼女が自分らしく生きられるようになったワケ #7】人間関係のトラブルに悩んでいた独身Hさんの場合(30代・東京在住)

【彼女が自分らしく生きられるようになったワケ #7】人間関係のトラブルに悩んでいた独身Hさんの場合(30代・東京在住)

こんにちは小山内愛です。私はスピリチュアルな観点をロジカルに落とし込み、アプローチしていくことで、ご本人自身が問題に気づき、自分らしく生きるお手伝いをしています。実際の方々のケースをお伝えし、どのようなアプローチで自分らしく生きられるようになったのかひも解いていきたいと思います。第7回目は東京在住Hさんの場合です。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

自分のやり方を変えられない。0か100でしか物事を考えられない

最初にお会いしたときに、Hさんは働き方を模索していらっしゃいました。

とにかくフリーランスで働きたいという気持ちがあり、転職も視野にいれていました。理由は自分が思う通りに働ける組織がないから。それなら自由に動けるフリーランスが良いと考えていたんですね。

その頃のHさんは顔は腫れてアレルギー負けをしているような状態でした。さらにそこにファンデーションを塗っていて、素顔がまったく分かりませんでした。キャリアを重ねていることもあり、「周りの話は聞きません!」というオーラがビシビシと伝わってきました。

自分のやり方を変えることもできず、0か100の選択しかできない…どうすればいいのか分からない…と途方に暮れた状態だったんです。

プライドが高く、人を見下した態度で周りの人が離れていった

Hさんはコミュニケーションが上手くなく、人間関係のトラブルを抱えていました。そもそもそれが原因で仕事を辞めるか辞めないか悩んでいたんですね。

彼女の問題はプライドが高く、他人を見下してしまうことでした。それが周りに伝わってしまうので、Hさんから人が離れて行ってしまうんです。

しかし、Hさんは会社にとって必要な人材で、能力を評価されていました。ところがHさんはそれを認識していない。

そこで、「周囲の意見を素直にそのまま受け取り、冷静にその場の状態を把握する」ということが大切だと伝えました。

そして、Hさんの周りから人がいなくなったことと、実際に彼女のことを周りの人がどう見ているのか? ということに対してHさん自身の認識がずれていないか? それを実際に現場で確認していくたびに、新たな気持ちで仕事に向き合えるようになる、と伝えました。

Hさんに足りなかったのは冷静さです。それにとにかく向き合ってもらいました。

感情と事実をきちんと分けて認識するとことが大切

Getty logo

Hさんはほとんどの認識がズレていたので、ひとつづつ事実なのか思い込みなのか、とういうことを整えていくことから始めました。

具体的には…

・1日の最後に必ず振り返る
・1週間まとめて振り返る
・感情と事実をわける

1番難しいのは感情と事実を“わける”意識です。

Hさんは最初、怒りや悲しみ、許せない、という気持ちが強くでていました。しかしそれらの感情が収まらないと周りを冷静にみることはできないのです。

しかも、そういった感情が強く出ている時に人と会うことが多かったので、冷静さを取り戻すことはなかなか困難でした。しかしそれでも根気よく続けていくと「ごめんなさい」や「ありがとうございます」といった謝罪や感謝の気持ちがでてくるようになりました。

そのあたりから、冷静な目をもてるようになってきました。

変なプライドがなくなり自分の内側から自信が生まれることで女性として美しくなる

レッスンを繰り返していくなかでHさんは変なプライドがなくなり、シンプルに素直に物事に取り組めるようになりました。するとどんどん会社のなかで昇進昇格していったんです。

全国を飛び回るビジネスマンになり、自信も取り戻すことができました。自分を立て直したことで、変なプライドがなくなり、自分の内側から自信が生まれてきました。さらに、自信があると人に優しくできるようになります。

今、Hさんは顔も穏やかで「プライベートも楽しもう!」という意識が生まれています。女性としてすごくきれいにもなりました。

Hさんが自分を取り戻し、自信が出た時の顔は今でも忘れることができません! 凛としてスッと伸びる背中。そして穏やかな表情。

意識が変わると表情も雰囲気も、まとうオーラも、強く優しくなるのだと学ばせてもらった瞬間でした。

闇の時期があるから本当に大切なことに気が付くことができる

Getty logo

私もHさんのような状況に陥ったことがあります。毎日追われるように仕事をして自分に余裕がない。こういう時期はテコ入れをしても気休めでしかなく、その場をしのぐためのエッセンスにしかなりません。

しかし、そういう時期が終わりを告げる頃、余裕ができてテコ入れができるようになります。しかし、その時に私はHさんと同じような状況になってしまったんでです。

仕事に余裕ができたことはテコ入れをするチャンスなのに、それは“暇”になってしまったということなんだ! と勝手に焦り、せっかく自分に生まれた余裕に対して、罪悪感しか感じませんでした。そして、周りに反発し当たり散らす。自分の内側に目を向けずにです。

これは大変苦しい闇の時期でした。そういった状況になっている、自分を見つめることしかできないんです。しかし、その時期を超えるとエネルギーや張り、やる気が出て、ポジティブになっていきます。

その闇の時期に人は色々と大切なことに気がつかされます。もしもその時期がなく、それに気が付かなかったら…と思うとゾッとします。なぜなら、その大切なこととは“人に感謝する”という基本中の基本だったからです。

当たり前のように感じるかもしれませんが、慌ただしく過ごしているといつの間にかそんな当たり前のことが見えなくなってしまう時があるんです。もしも、あの時、私がそれに気が付けなかったら。私の周りから友人やお客様はいなくなっていたと思います。

闇の辛い時期というものは本当に大切なんだと痛感した出来事でした。

メンタルボディアドバイザー 小山内 愛



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

メンタルボディアドバイザー/スピリチュアルな側面から、女性の能力開花をサポートする情報を発信。

関連する投稿


パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

長い時間一緒に過ごしていると、つい言葉をかけるのもいい加減になってしまうことがあります。「言わなくてもわかるだろう」と、夫が本当は言って欲しい言葉をまったく言っていないなんてことも…。お互いに気持ちを伝え合うことは、良いコミュニケーションに欠かせません。そこで、夫がどんな言葉を言って欲しいと思っているか、ご紹介します。


子どもと張り合おうとする未熟夫の操縦法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #56】

子どもと張り合おうとする未熟夫の操縦法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #56】

子どもの相手をしていると、「俺もほめて!」と構ってアピールをしてくる夫。いやいや、どうがんばっても子どものほうが可愛いんですけど……。こんな夫は、家庭の中での存在感を認めてあげるとおとなしくなります。さらにもう一歩進んで、みずから家事や家事をやりたくなる「イクメン」に育ててしまいましょう!


約45%がセックスレス…セックスしない夫婦が増加中【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】

約45%がセックスレス…セックスしない夫婦が増加中【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#21】

「セックスしない夫婦。幸せですか?」結婚して、無事に子どもも授かったけど、気がつけば一ヶ月以上セックスしていない…。「月に一回もセックスをしない」夫婦は、年々増えているようです。夫婦がセックスしなくなってしまう理由はどこにあるのでしょうか?実際の統計を元に、夫婦におけるセックスレスについて考えてみます。


怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


仮面夫婦を続けていたら将来どうなると思いますか?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #36】

仮面夫婦を続けていたら将来どうなると思いますか?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #36】

お互い愛情も関心もないけれど、夫婦という体裁だけは保っている仮面夫婦。30代40代は仕事や趣味で何とか生活はできるけど、その後は? 必ず訪れる老後、仮面夫婦のふたりはどんな人生を送るのでしょうか。実際のケースもご紹介しながら、仮面夫婦のその後についてお話します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


お家にいながらラクラクキレイ!宅配クリーニング徹底比較

お家にいながらラクラクキレイ!宅配クリーニング徹底比較

毎日の慌ただしさに流されて、クリーニングに出せないまま眠っている洋服はありませんか? そんなあなたの味方になってくれるのが、宅配クリーニング。家で受け渡しできるだけではなく、ハイクオリティの技術によるすばらしい仕上りや女性心を抑えた各店オリジナルサービスが注目を集め、利用者急増中のシステムです。


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

「年齢とともに食事が食べられなくなってきた」「胃が重い、むかむかする」などと感じることはありませんか? 40歳を過ぎると感じやすくなる「胃もたれ」。どうして更年期に起こりやすくなるのかを解明し、今すぐ症状をラクにするツボや、日常生活の中で胃もたれを予防・改善する方法についてご紹介します。


ちょっとしたひと手間で♪食卓を華やかに演出するテーブルコーディネート術

ちょっとしたひと手間で♪食卓を華やかに演出するテーブルコーディネート術

日々の生活に追われ、食事の時間は適当にお皿をチョイスして料理を盛り付けササッと済ませる…そんな日常になっていませんか?食事は味覚だけではなく目で見てたのしむことで、よりいっそう豊かなものになります。そこで、毎日の食卓からホームパーティまで、ちょっとしたひと手間で華やかに見えるテーブルコーディネート術をご紹介します♪


「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。前回のコラムでは、好きな相手を落とすために網を張る方法をお伝えしました。 今回は、いよいよターゲットの『捕獲』です!ただし、とてもパワフルな方法なので、その気のない男性に使うなど悪用は厳禁です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google