【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(3)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(3)

(前回までのあらすじ)成功者の夫に子どもふたり、アパレルブランドのディレクターとして人も羨むような人生を歩んできた百合。しかし夫の不倫が発覚し、心は揺さぶられる。そんな時、引っ越し祝いのパーティに図々しく愛人がやってきた。激しく動揺し思わず衝動的な行動に出てしまった百合ー。



第一話を読む
第二話を読む

第一章・百合の場合(3)

 東京に上陸しようとした台風が、朝方には太平洋の海上に進路を変更した。台風一過の清々しい朝、寝室にある南側の窓を開けると、多摩川から秋の風が入ってきた。百合の隣にある健司のベッドは、週末にメイキングをされたまま静まり返っていた。

 引越しパーティーの日に、キッチンでオイスターナイフを及川美和に突き付けたことを、健司は美和から聞いていた。だが百合をとがめると、不倫を認めてしまうことになる。だから健司は無言を貫いているが、夫婦の間のすき間風は日に日に強くなっていった。

 いつものように朝食を用意した百合は、明日香と匠を玄関で送り出してから出勤すると、代官山駅で秋吉瑤子から「デザイン画すべて完成」というメールをもらった。瑤子との打ち合わせのために、その日の予定を急いで調整して、百合は門前仲町にある瑤子のアトリエに向かった。

 想像以上に、素晴らしい出来栄えだった。外に出ると、夕方の空の色があたりを包み込んでいた。瑤子から富岡八幡宮の参拝を勧められた百合は、深川不動堂の前で立ち止まった。
深川不動堂から深い橙色の柔らかな光が放っている。旅人が囲炉裏に手をあてて心身を温めているようなイメージが浮かび上がった。参拝する人を惹きつけるようなうっとりさせる光は艶やかで色っぽい。百合は引き寄せられるように参道を歩いた。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

 すると「楠本さん」と後ろから呼び止められた。同じ会社の新垣歩だった。

「あら、どうしてここに」

「この辺に住んでいるんです」

「仕事は?」

「今日は有休なんです。休みたくないけど、係長がどうしても取れって」

 東陽町にある倉庫部門主任の新垣は30歳で管理者に抜擢された優秀な社員だ。35歳の今、肉体の逞しさだけでなく、精悍さも漂っている。新垣に憧れている独身女性社員も少なくないが、プライベートのことは全く聞こえてこない。

「楠本さんこそ、どうしたんですか。まさか神社仏閣が趣味で、深川不動堂に参拝しているとか」

「まさか」

 くすっと百合が笑った。

「ですよね」

 新垣も笑うと、ほっとした。二週間前の引越しパーティーから、笑ったこともなければ、笑顔を振りまいてくれる人もいなかった。

「デザイナーと打合せの帰りなの、深川不動堂があまりにも艶っぽいから、つい」

「ですよね。深夜の深川不動堂はもっとエロいですよ。花魁の亡霊が出てくるみたいで」

「亡霊が出るの?」

「まさか」

 新垣が声を挙げて笑った。

「楠本さんはすぐ真に受けるんですよね。そこがいいところでもあるんだけど」

「年上をバカにしないで」

「してないですよ」


 新垣のスマホからメールの着信音が鳴った。メール画面をちらっと見てから「楠本さん、お茶しませんか」と誘ってきた。

「18時まで社に戻りたいんだけど」

「じゃあ、30分ぐらい」

「どうして」

「あ、いや。約束していた友達がキャンセルになったんで」

「友達の代わりになれないけど」

「お休みに誰かと話したいんですよ」

「へえ。意外と孤独なんだ」

「はは。『意外と』というのは、なしで」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

 新垣の半歩後からついていくと、路地の向こうにガラス張りのカフェが現れた。下町ならではの和カフェを期待していた百合には驚きだった。
 意外と言えば、男性とふたりきりでお茶をするのは結婚後、初めてだった。しかも本社以外の社員というのも異例中の異例。きっと話は、会社の人事や今後の動向かなと百合は思った。世間話だけで30分も持ちそうにない。

 窓際のテーブル席に新垣と向かい合って座り、カフェの名物というのジンジャーティーでほっこりした百合は、新垣に入社時期を尋ねた。7歳年下の新垣は同期が3人で、そのうち2人が転職したという。

「同期がいなくなったのね。私と同じね」

 あと10分で社に戻ろうと決めた時だった。新垣が真顔になった。

「前から気になっていたことを、今ここで言ってもいいですか」

 百合は驚いたが、否定する理由もなかった。

「嫌と言えば、もっと言いたくなるでしょ。いいわよ」

 すると新垣がコホッと小さな咳ばらいをしてから、再び百合を正面から見た。

「人に好かれようとしているのをやめたほうがいいと思うんです」

「え? 何を言っているの」

 百合は驚いた。

「もっと自分らしく生きて欲しいんです。楠本さんなら、それができると思うんです」

「あなたは……」

 私の何を知っているというの。ただ同じ会社というだけで、どうしてそこまで言えるの。
 新垣が注文した珈琲がカップの中で黒く澱んでいた。目の前の男を警戒し始めた百合だったが、新垣は意外なことを口にした。

(つづく)



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ワーキングウーマン2万人以上の取材をもとに、恋愛、婚活、結婚をテーマにコラム、ルポ、小説など幅広く活動中。

関連する投稿


差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

「だから結婚できないんだ」なんて、本当に大きなお世話ですよね。そんなこと言われたら怒りで頭が爆発してしまいそうです。しかし…恋愛コラムニスト神崎桃子さんのコラムを読むと言われてみれば…と胸が痛くなることも…。最終的に「確かにそうだよね!」と思える納得の結末なのでぜひ最後までお読みください。


「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「婚活してまで結婚したいわけじゃない」「自分からガツガツ行くのはみっともない」と思って気が付いたらアラフォーだったという独身女性たち。幸せな結婚生活を送ることと自然な出会いの恋愛結婚は何の関係もないのに変にこだっていませんか? アラフォーがしがみつく執着をご紹介します。これ、捨てたほうが楽になりますよ。


勝手に家族の写真をSNSにアップする夫…【夫婦問題お悩み相談室 #10】

勝手に家族の写真をSNSにアップする夫…【夫婦問題お悩み相談室 #10】

今の世の中、スマホが欠かせない存在となり、フェイスブックやインスタ、ツイッターなどのSNSも盛んですよね。とても楽しくてためになる情報も満載ですが、SNSに抵抗感を持つ人がいるのも事実です。今回は、夫が家族写真をSNSにアップするのをやめてほしいと願う妻からの相談です。


「夫とはセックスしたくない」3回よぎったら見直し時【すずね所長の40代夫婦の寝室事情#3】

「夫とはセックスしたくない」3回よぎったら見直し時【すずね所長の40代夫婦の寝室事情#3】

恋人・夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生による連載【40代夫婦の寝室事情】。第三回目は“夫と3回セックスしたくないと思ったら見直し時”というなんとも厳しいテーマです。しかし…人生100年時代、たしかに考えさせられます。


ケンカをすると言い合いになるのが嫌で無言になってしまいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #6】

ケンカをすると言い合いになるのが嫌で無言になってしまいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #6】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


最新の投稿


差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

「だから結婚できないんだ」なんて、本当に大きなお世話ですよね。そんなこと言われたら怒りで頭が爆発してしまいそうです。しかし…恋愛コラムニスト神崎桃子さんのコラムを読むと言われてみれば…と胸が痛くなることも…。最終的に「確かにそうだよね!」と思える納得の結末なのでぜひ最後までお読みください。


「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

2018年1月29日(月)マンダリン オリエンタル ホテルにて「AVON(エイボン)女性年度賞2017」の授賞式が行われました。高い志と情熱、行動力をもって信じた道を歩み続ける女性たちを応援し続けることを目的に今年38回目を迎える「エイボン女性年度賞」。今年も各界の第一線で活躍する素晴らしい女性たちが受賞しました。


「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「婚活してまで結婚したいわけじゃない」「自分からガツガツ行くのはみっともない」と思って気が付いたらアラフォーだったという独身女性たち。幸せな結婚生活を送ることと自然な出会いの恋愛結婚は何の関係もないのに変にこだっていませんか? アラフォーがしがみつく執着をご紹介します。これ、捨てたほうが楽になりますよ。


宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


実践!五感を使った様々なマインドフルネスの方法【大人のマインドフルネス入門#7】

実践!五感を使った様々なマインドフルネスの方法【大人のマインドフルネス入門#7】

坐って瞑想するだけでなく、体の感覚に集中したり体を動かしたりするマインドフルネスの方法もあります。体のどこかに意識を向け続ける時間を作るだけで、不思議とモヤモヤした気持ちが晴れてすっきりします。







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター