【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(3) | 大人のワタシを楽しむメディア
【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(3)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(3)

(前回までのあらすじ)成功者の夫に子どもふたり、アパレルブランドのディレクターとして人も羨むような人生を歩んできた百合。しかし夫の不倫が発覚し、心は揺さぶられる。そんな時、引っ越し祝いのパーティに図々しく愛人がやってきた。激しく動揺し思わず衝動的な行動に出てしまった百合ー。



第一話を読む
第二話を読む

第一章・百合の場合(3)

 東京に上陸しようとした台風が、朝方には太平洋の海上に進路を変更した。台風一過の清々しい朝、寝室にある南側の窓を開けると、多摩川から秋の風が入ってきた。百合の隣にある健司のベッドは、週末にメイキングをされたまま静まり返っていた。

 引越しパーティーの日に、キッチンでオイスターナイフを及川美和に突き付けたことを、健司は美和から聞いていた。だが百合をとがめると、不倫を認めてしまうことになる。だから健司は無言を貫いているが、夫婦の間のすき間風は日に日に強くなっていった。

 いつものように朝食を用意した百合は、明日香と匠を玄関で送り出してから出勤すると、代官山駅で秋吉瑤子から「デザイン画すべて完成」というメールをもらった。瑤子との打ち合わせのために、その日の予定を急いで調整して、百合は門前仲町にある瑤子のアトリエに向かった。

 想像以上に、素晴らしい出来栄えだった。外に出ると、夕方の空の色があたりを包み込んでいた。瑤子から富岡八幡宮の参拝を勧められた百合は、深川不動堂の前で立ち止まった。
深川不動堂から深い橙色の柔らかな光が放っている。旅人が囲炉裏に手をあてて心身を温めているようなイメージが浮かび上がった。参拝する人を惹きつけるようなうっとりさせる光は艶やかで色っぽい。百合は引き寄せられるように参道を歩いた。

Getty logo

 すると「楠本さん」と後ろから呼び止められた。同じ会社の新垣歩だった。

「あら、どうしてここに」

「この辺に住んでいるんです」

「仕事は?」

「今日は有休なんです。休みたくないけど、係長がどうしても取れって」

 東陽町にある倉庫部門主任の新垣は30歳で管理者に抜擢された優秀な社員だ。35歳の今、肉体の逞しさだけでなく、精悍さも漂っている。新垣に憧れている独身女性社員も少なくないが、プライベートのことは全く聞こえてこない。

「楠本さんこそ、どうしたんですか。まさか神社仏閣が趣味で、深川不動堂に参拝しているとか」

「まさか」

 くすっと百合が笑った。

「ですよね」

 新垣も笑うと、ほっとした。二週間前の引越しパーティーから、笑ったこともなければ、笑顔を振りまいてくれる人もいなかった。

「デザイナーと打合せの帰りなの、深川不動堂があまりにも艶っぽいから、つい」

「ですよね。深夜の深川不動堂はもっとエロいですよ。花魁の亡霊が出てくるみたいで」

「亡霊が出るの?」

「まさか」

 新垣が声を挙げて笑った。

「楠本さんはすぐ真に受けるんですよね。そこがいいところでもあるんだけど」

「年上をバカにしないで」

「してないですよ」


 新垣のスマホからメールの着信音が鳴った。メール画面をちらっと見てから「楠本さん、お茶しませんか」と誘ってきた。

「18時まで社に戻りたいんだけど」

「じゃあ、30分ぐらい」

「どうして」

「あ、いや。約束していた友達がキャンセルになったんで」

「友達の代わりになれないけど」

「お休みに誰かと話したいんですよ」

「へえ。意外と孤独なんだ」

「はは。『意外と』というのは、なしで」

Getty logo

 新垣の半歩後からついていくと、路地の向こうにガラス張りのカフェが現れた。下町ならではの和カフェを期待していた百合には驚きだった。
 意外と言えば、男性とふたりきりでお茶をするのは結婚後、初めてだった。しかも本社以外の社員というのも異例中の異例。きっと話は、会社の人事や今後の動向かなと百合は思った。世間話だけで30分も持ちそうにない。

 窓際のテーブル席に新垣と向かい合って座り、カフェの名物というのジンジャーティーでほっこりした百合は、新垣に入社時期を尋ねた。7歳年下の新垣は同期が3人で、そのうち2人が転職したという。

「同期がいなくなったのね。私と同じね」

 あと10分で社に戻ろうと決めた時だった。新垣が真顔になった。

「前から気になっていたことを、今ここで言ってもいいですか」

 百合は驚いたが、否定する理由もなかった。

「嫌と言えば、もっと言いたくなるでしょ。いいわよ」

 すると新垣がコホッと小さな咳ばらいをしてから、再び百合を正面から見た。

「人に好かれようとしているのをやめたほうがいいと思うんです」

「え? 何を言っているの」

 百合は驚いた。

「もっと自分らしく生きて欲しいんです。楠本さんなら、それができると思うんです」

「あなたは……」

 私の何を知っているというの。ただ同じ会社というだけで、どうしてそこまで言えるの。
 新垣が注文した珈琲がカップの中で黒く澱んでいた。目の前の男を警戒し始めた百合だったが、新垣は意外なことを口にした。

(つづく)



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ワーキングウーマン2万人以上の取材をもとに、恋愛、婚活、結婚をテーマにコラム、ルポ、小説など幅広く活動中。

関連する投稿


不倫願望って透けて見えるんです【幸せ夫婦コミュニケーション術 #48】

不倫願望って透けて見えるんです【幸せ夫婦コミュニケーション術 #48】

不倫願望を持っていますか? 不倫願望って透けて見えるものです。セックスしなかったら、気になる男性とふたりで食事に行っても不倫ではなくセーフだと思っていますか? 実際に不倫はしないけど雰囲気だけを楽しみたいと思っても、奥底にある不倫願望を男性は見逃しません。遊びたい男性からすれば、それは格好のターゲット。自制心を育てるために不倫願望をほかに向けることを考えましょう。


親として、夫婦として…あんまり頑張りすぎないで【幸せ夫婦コミュニケーション術 #47】

親として、夫婦として…あんまり頑張りすぎないで【幸せ夫婦コミュニケーション術 #47】

結婚して子どももできて、家族みんなが末永く幸せに暮らす。子の親としての顔、夫の妻としての顔、いろいろあって疲れてしまう。どうしても子どもを優先しがちな暮らしでも、役割にこだわらず親以外の自分を出していくことで、バランス良く過ごすことができます。


不倫…バレないように楽しむことはできるのか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #46】

不倫…バレないように楽しむことはできるのか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #46】

最近は夫ともレスだし、ほかの男の人と付き合ってみたい。不倫ってそんなに簡単にバレないよね? そんな風に思っていたら大間違いです。不倫がバレないなんてことは言い切れません。人に言えない、後ろめたい関係なら、必ずほころびが出ます。火遊びのような軽い気持ちでほかの男性と関係を持つと、後ですべてを失うことになる、と心得ましょう


夫と「ひとりの女性」として接する方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #45】

夫と「ひとりの女性」として接する方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #45】

結婚して子どもが産まれると、どうしても夫婦の会話は子どものことが中心になります。気がつけば「男女」としての話題を忘れている…なんてことも。家族の話はもちろんするべきですが、ひとりの女性として夫と接する機会を持つなら、女性らしさの演出に凝るよりまずは夫がリラックスできる空間を心がけることが近道です。


夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

決して夫のことが嫌いなわけじゃないし、仲も良い。でもなぜか無性にほかの男性ともしてみたくなってしまう…。ひとりの男性と長く過ごす結婚生活では、そんな瞬間が訪れることもあります。ですが、安易な浮気は決してお勧めできません。そんな欲望は、胸に秘めたままこっそり解消しましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


自律神経を整える呼吸法でストレスやイライラとおさらばしよう!【更年期は人生が輝くチャンス #3】

自律神経を整える呼吸法でストレスやイライラとおさらばしよう!【更年期は人生が輝くチャンス #3】

緊張したり、不安な気持ちになったり、自分でも不思議なほどイライラしたり…。そんな経験はありませんか? もしかすると、自律神経の乱れから来ているかもしれません。そこで今回は、自律神経を整えてリラックスする呼吸法をお伝えします。いつでもどこでもできるセルフメンテナンス方法を更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


宮本真知のタロット占い【2月17日(月)~2月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月17日(月)~2月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2020年2月 後半編(2/15~2/29)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2020年2月 後半編(2/15~2/29)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。1月後半の運勢のポイントを要チェックです。


自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

大学生の頃から性教育に取り組み、注目を集めてきた産婦人科医 遠見才希子さん。現在は人工妊娠中絶や性暴力などの問題について勉強するために大学院に通われています。遠見さんが今の日本で問題視していること、変えたいと思っていることなどについてお話を伺いました。


シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

シャンプーの泡は美肌に悪影響?【アラフォーから始める美肌作り#7】

美肌のためには日々の丁寧なスキンケアはかかせませんが、もう一つ大切なのがヘアケア(頭皮のケア)です。間違ったヘアケアは、お肌の状態に大きく影響するので、正しい頭皮のケア方法を知ることはとても大切です。スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google