【エモまと】ちょっとエッチな気分♡な、あなたへおススメ | 大人のワタシを楽しむメディア
【エモまと】ちょっとエッチな気分♡な、あなたへおススメ

【エモまと】ちょっとエッチな気分♡な、あなたへおススメ

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


女性でもなんだかムラムラしちゃう時ってあるんですよね♡パートナーとの関係が上手くいっている人もいってない人もこんな記事いかがですか?

セックスレスには刺激よりリラックスが効果的♡

Getty logo

ですが、疲れているときにいきなり性的な空気を妻に出されても、気持ちがついていけずに尻込みしてしまうことも夫にはあります。抱いて欲しいと妻にアピールされることが嫌なわけではありません。それは嬉しいことだけど、体が性欲を感じにくい状態では応えることができないので苦しくなってしまうのですね。
性欲が沸き起こるのは、心も体もリラックスしているとき。妻に対して愛しいという気持ちを抑えきれなくなるような、そんな時間を夫に提供しましょう。


男性の性欲が高まる時ってどんな時かご存知ですか? そりゃ刺激を受けた時でしょうって? 違うんです! 実は男性はリラックスしている時こそ、性欲が高まっていくんですね。なので、セックスレスに悩んでいるならセクシーな下着を準備する前にリラックスして過ごすことができる空間をつくることが大切みたいです。

夫をその気にさせるマル秘テクニック教えます【幸せ夫婦コミュニケーション術 #37】

https://wome.jp/articles/1322

夫をベッドに誘っても、最近断られる…。セックスに乗り気じゃない夫、このままだとレスになってしまう! こんなとき、焦りから迫ってしまうと余計に夫は引いてしまいます。肝心なのは、自然な形で抱き合えること。プレッシャーのあるセックスだと男性は妻への愛情をなくしてしまうので、さり気なくその気にさせることを考えましょう。

パートナーと愛を深めることができるマッサージ♡

Getty logo

従来は、男性が女性を口説いたり、なんとかしてセックスしようとするのが普通のことでした。しかし、現代は男性がセックスに対して興味関心を持たないケースもあり、パートナーのことは愛しているけどセックスはしたくない、という方もいます。
そういった男性のパートナーになった女性は、どうして良いかわからず悩みます。セックスに興味を持たない男性に、少しでも興味を持ってもらうために、ラブマッサージのような触れ合いがとても大切だと私たちは考えています。


草食男子やセックスレス、世の中の男女はどんどんセックスから遠ざかっているようですね…。でもやっぱり大好きな人と体を合わせることは女性を美しくしてくれるし、なにより精神的に安定させてくれますよね。きっとそれは男性も同じこと。随分ご無沙汰…なんて方も、「疲れたでしょう。マッサージしてあげる」と気楽に誘うところから始めてみてくださいね。あくまでさりげなーくがポイントみたいですよ♥…あ、エッチなマッサージではありません(笑)

パートナーの愛を深めるラブマッサージ【大人のラブ♥パートナーシップ#15】

https://wome.jp/articles/1404

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。今回は、夫婦円満協会が開催している大人の女性限定の講座をご紹介します。それは、ラブマッサージレッスンです。アラフォー世代を中心に全国で300名以上の20代~60代の女性が受講した夫婦円満・パートナーシップを高める特別なマッサージなのです。

パートナー以外ともしてみたい…そう思うのは自然なことです!

Getty logo

性欲は、「食・寝・性」と言われるように人間が持つ三大欲求の一つ。たとえ結婚して相手が夫ひとりに定まったとしても、欲そのものが消えることはありません。「夫以外としたいなんて、私はおかしいの?」と考えると悩んでしまいますが、人間なら誰もが持つ欲なんだと思いましょう。むしろ、性欲があるのは活力のある証拠。決して恥ずかしいことではありません。


パートナー以外の人とセックスしてみたいなんて私はおかしいのかな…なんて悩んでいる方もいらっしゃることでしょう。しかし、性欲は三大欲求の一つ。だとしたら長年同じ人ととしかセックスしないっていうのは不健全な気もしますよね。かといって、不倫なんて…そんな時の解消法を【幸せ夫婦コラムニスト ひろたかおり】さんが教えてくれてますよ。勉強になります。ふむ。

夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

https://wome.jp/articles/1443

決して夫のことが嫌いなわけじゃないし、仲も良い。でもなぜか無性にほかの男性ともしてみたくなってしまう…。ひとりの男性と長く過ごす結婚生活では、そんな瞬間が訪れることもあります。ですが、安易な浮気は決してお勧めできません。そんな欲望は、胸に秘めたままこっそり解消しましょう。

キス&ハグでストレス解消♡

Getty logo

「え? キス? いつしたっけ?」
「ハグ? そういや飲み会で上司に抱きつかれたかな?」
「あれ? 旦那とエッチしたのって?……う~ん、記憶にございません」
な~んて言ってたらダメ!
それがあるのとないのでは大違い!
なぜなら、スキンシップがもたらす恩恵にはすごいものがあるのだ!
女としての美や健康の鍵を握っているだけでなく、イライラやストレスにも一役買っているのである。


セックスはさておき、キス&ハグしてますか? キスやハグなどのスキンシップには心とカラダに思った以上に影響があるようなんです! こんなにいい効果があるなら積極的にしていきたいですよね。…と思ったけど、相手がいてこそ成り立つ話ですねえ。

「最近ハグしてる?」「キスしてる?」「イチャイチャしてる?」スキンシップがもたらす恩恵とは?【神崎桃子の恋愛指南 #15】

https://wome.jp/articles/1312

ハグやキス、イチャイチャのスキンシップ最近してますか? どうやら…これをするとしないとでは女度だけじゃなく、健康にも関わってくるみたいなんです…。大人気恋愛コラムニスト神崎桃子さんに、そのあたりを詳しく教えていただきましょう!

マンネリセックスから脱却するには女性からしかけて♡

Getty logo

マンネリから抜け出したいときは、夫の行動を待つより妻からはたらきかける方が、夫のプライドを刺激しないのでスムーズに進みます。だからといって無理に大胆になる必要はありません。ポイントは、もっとあなたと楽しみたいという「求める」気持ちを夫に伝えることです。


何年も一緒に時間を過ごしているとどうしたってセックスもマンネリ化しますよね…そんな時、そこから脱却したいと思っても、どうしたらいいのかわからず悶々としちゃう…友達にだってなかなか相談できないし…WEBで検索したらしたで、なんだか男性用のエロイサイトばかり出てくるし萎える…その気持ちわかりますよー! ご安心ください。大人の女性のWEBメディアWOMeなら、そんなお悩みにもズバリお答えしちゃいますよ。【幸せ夫婦コラムニスト ひろたかおり】さんの大人気記事をお楽しみあれ♡

嗜好を変えて…今日からできる♪ マンネリセックス脱却法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #33】

https://wome.jp/articles/1236

夫とのセックス、決して不満はないんだけど、最近ちょっとマンネリ気味…。でも夫には言いづらい。愛する夫だからこそセックスの話はデリケートに感じますが、そんなときは言葉でなく態度でこちらから変化を見せていきましょう。積極的になる? いいえ、肝心なのは「求める」心を見せることなんです。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

大人の女性が元気に楽しく毎日を過ごせるような記事をお届けします!

関連する投稿


「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。前回のコラムでは、好きな相手を落とすために網を張る方法をお伝えしました。 今回は、いよいよターゲットの『捕獲』です!ただし、とてもパワフルな方法なので、その気のない男性に使うなど悪用は厳禁です。


セックスレスになってもう1年… もしかして夫は浮気してる?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#18】

セックスレスになってもう1年… もしかして夫は浮気してる?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#18】

夫からの誘いを断って1年、すっかりセックスレスに。まったく私に手を出してこない夫だけど、もしかしてほかの女性と浮気している?そんな疑いを持ったときは、無理に浮気の証拠などを探すのは止めましょう。その前に、まずはあなたへの関心を取り戻すことが先!セックスレスから浮気を疑ったときの対処法についてお話します。


2人目が欲しい!でも4年もセックスレス…  以前のようにセックスするには?【アラフォーからの性教育 Q&A#2】

2人目が欲しい!でも4年もセックスレス… 以前のようにセックスするには?【アラフォーからの性教育 Q&A#2】

アラフォーからの性教育第2回目からは、看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに具体的に読者の方たちからの相談にのっていただきます。今回は夫と4年間セックスをしていないけど、普通にセックスはできるのか? という問題です。


40代 セックスはどんどん良くなる!もっと楽しむために 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#1】

40代 セックスはどんどん良くなる!もっと楽しむために 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#1】

夫婦関係の専門家・三松真由美さんに「40代のセックス事情」について教えていただきます。「セックスなんかもう興味ないし」と、40代でセックスを卒業しようとしているあなたへ、多数の専門書の執筆経験もある三松真由美さんの愛あるひと言をお届けします。


夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

結婚まではラブラブだった夫との関係。結婚生活が長くなると、慣れもあってつい関係をないがしろにしていませんか? 趣味が合わなかったり会話がつまらないと感じると、関心を向けることを止めてしまいがち。愛情まで失ってしまう前に、夫を親友にすることで前よりもっとラブラブな関係を目指しましょう!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


お家にいながらラクラクキレイ!宅配クリーニング徹底比較

お家にいながらラクラクキレイ!宅配クリーニング徹底比較

毎日の慌ただしさに流されて、クリーニングに出せないまま眠っている洋服はありませんか? そんなあなたの味方になってくれるのが、宅配クリーニング。家で受け渡しできるだけではなく、ハイクオリティの技術によるすばらしい仕上りや女性心を抑えた各店オリジナルサービスが注目を集め、利用者急増中のシステムです。


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

更年期あるある「胃もたれ」の予防・改善体操【更年期は人生が輝くチャンス #51】

「年齢とともに食事が食べられなくなってきた」「胃が重い、むかむかする」などと感じることはありませんか? 40歳を過ぎると感じやすくなる「胃もたれ」。どうして更年期に起こりやすくなるのかを解明し、今すぐ症状をラクにするツボや、日常生活の中で胃もたれを予防・改善する方法についてご紹介します。


ちょっとしたひと手間で♪食卓を華やかに演出するテーブルコーディネート術

ちょっとしたひと手間で♪食卓を華やかに演出するテーブルコーディネート術

日々の生活に追われ、食事の時間は適当にお皿をチョイスして料理を盛り付けササッと済ませる…そんな日常になっていませんか?食事は味覚だけではなく目で見てたのしむことで、よりいっそう豊かなものになります。そこで、毎日の食卓からホームパーティまで、ちょっとしたひと手間で華やかに見えるテーブルコーディネート術をご紹介します♪


「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

「この人好き!」と思った相手を落とす方法 ~彼を捕獲編~ 【大人のラブ♥パートナーシップ#10】

こんにちは、夫婦円満協会代表の古山直美です。前回のコラムでは、好きな相手を落とすために網を張る方法をお伝えしました。 今回は、いよいよターゲットの『捕獲』です!ただし、とてもパワフルな方法なので、その気のない男性に使うなど悪用は厳禁です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google