「冷却期間の別居」にちょっと待った! 困った事例から学ぶ別居のポイント【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】 | 大人のワタシを楽しむメディア
「冷却期間の別居」にちょっと待った! 困った事例から学ぶ別居のポイント【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】

「冷却期間の別居」にちょっと待った! 困った事例から学ぶ別居のポイント【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】

「冷却期間の別居」と言う聞こえの良い言葉。周囲から薦められている人もいるでしょう。しかし、その聞こえの良い「冷却期間の別居」という言葉が、ひとり歩きしてしまい、安易に別居に踏み切って後悔する妻は実はとても多いのです。別居は上手く活用すれば、良い手段なのですが、奥深いのです。夫婦喧嘩の絶えない日常=冷却期間の別居 とい


「冷却期間の別居」聞こえはいいけど、こんな問題が

【関連記事】
別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】


夫婦喧嘩が絶えず、どうにもならない夫婦関係。そこで、周囲などから冷却期間の別居を薦められたAさん。

夫婦で話し合い、しばらく「冷却期間の別居」をすることにしました。1か月間妻が実家に戻る形で別居して、お互い頭を冷やし、再び話し合って同居に戻るという計画でした。

その後、どうなったか?

1か月経とうとする頃に、再び妻が夫のいる自宅に戻ろうと話を持ち掛けても、もはや夫の態度はガラッと変わり、冷たい対応なのです。当初の約束もどこかへ行ってしまい、「もう帰ってこなくて良い。離婚を進めたい」とのこと。

Aさんにとっては、修復を考えての別居のはずでした。夫の予期せぬ変化に困ってしまっている状態です。

次に、Bさんの事例をご紹介します。

夫と性格の不一致。嫌で嫌で、家を出て一人暮らしを始めたBさん。

夫からは、Bさんに対し「戻ってきてくれ」も「じゃあ、離婚しよう」と言ってくる気配もありません。この先、どうしようかということについては特に計画もなく家を出たため、月日がどんどん経って貯蓄も減っていきます。

1年経ち、状況はこのまま変化がありません。

ただ、生活の苦しさもあり、「自分が安易な考えで家を出てしまった。本当はこれぐらい我慢するべきだったのではないか?」という後悔がムクムクと頭をもたげ、今となっては後悔ばかりの別居生活を送っています。

どちらも、よくある事例です。
何が問題かというと、「出口」をどうするか?全く考えずの、”とりあえずの別居”という点です。専門家が「冷却期間の別居」をアドバイスしてきた場合は、その別居後の可能性とそれぞれの対応方法についても、確認しておくことが大切です。

前述のAさんBさんのような状況に陥っている方は、出口についてろくに考えていないことが多いです。周囲や専門家にすすめられたという程度か、「その時、考えましょう」と言われて、納得してしまったんですね。

本気の覚悟がつくまでは、安易に別居しない

Getty logo

DVのケースなど、当てはまらないケースもありますので、個々の判断は必要ですが、基本的なスタンスとしては、「離婚を決意するまでは自分から別居はしない」ということが鉄則です。“離婚の決意”というのは、“すぐに離婚を進める”ということと同じ意味合いではありません。

中途半場な気持ちで別居すると、別居の間は新たな喧嘩がないために、段々気持ちが落ち着いてきて「私、やりすぎちゃったかしら? 我慢が足りなかったかも」と言う気持ちになり、修復の余地があったのかも、と考え始めます。

目の前から逃げ出したいだけの別居は、もう嫌なことが新たに起きないために離婚に突き進むエネルギーも沸いてこず、かといって「また修復か?」となると、「今さら家に戻れるかしら?」とズルズルしてしまうのです。

または、Aさんのように、覚悟がまだできていないのに、離婚の方向に加速していってしまうこともあります。つまり、「冷却期間の別居」というのは、その出口を考えていないことに問題があります。1か月後に話し合って、また同居を考えていたということですが、気持ちの変化の可能性について、あまりにも考えなさすぎです。

”別居”という大きな一線を越えてしまったAさん夫婦。今まで喧嘩が絶えなかった状態で別居すると、最初の1週間程度は「大変なことになった」とショックを受けている状態ですが、徐々に慣れていきます。そして生活が落ち着いて楽になるんですね。そんな中、またあの喧嘩の絶えない日常に戻りたいと、相手が思うかどうか? 1か月は思ったよりも長いです。一人でいることに慣れることも人によってはできてしまいます。

Aさんのような事態に陥った方は多いです。その上で、「冷却期間の別居」が最善策かどうか、他に方法はないかを考えるのです。

しかし「どうせ同居を続けていても、離婚になるんでしょう?」と思われるかもしれません。もしも離婚になってしまったとしたら、同じ結果と言えますが、妻の気持ちは大きく異なります。

「安易に家を出て、自ら離婚への道筋をつくってしまった」と、悔みきれない心境に陥ります。

「こんなに悪化して、もうこの夫婦関係は修復の余地が無い!」と納得して離婚に踏み切るのとは、大きく異なるのです。

別居は奥深い。期間でも大きな違いが出てくる

離婚を考えていないなら、冷却期間の別居にしろ、里帰りにしろ、期間は出来る限り短い(1日など)方が良いでしょう。そして、そもそも他に策がないのか、よく考えることです。

私自身、冷却期間をおくための別居というのは、カウンセリング時に全くアドバイスしておりません。おススメしておりません。里帰りも、出来る限りしないほうが良いと思っています。どうしても里帰りする場合は、2,3週間程度にしておいた方が良いでしょう。体調の問題など、事情がある場合は、ケースバイケースです。里帰りというしっかりとした名目があっても、里帰りによる夫婦関係悪化(浮気の問題)というのは、起きてしまうのです。

別居と同居を何度も繰り返す夫婦もいます。性格の不一致等で、どうしても夫婦関係が上手くいかず、年単位で別居しているけれど、また同居する夫婦もいます。離婚はとにかく避けたい、別居同居を繰り返しても、婚姻関係を続けたいという考え方もあります。

ここをどう考えるかは、妻の価値観によりますが、もし、「本当に無理だったら離婚する」という考えの方ならば、離婚の覚悟ができるまで、別居せず同居していた方が良いです。よほど頭に来た場合も1日程度の家出にしましょう。

離婚の覚悟が出来てから、上手に別居を使う

Getty logo

ここまでは、離婚の覚悟ができていない段階での別居について説明してきました。

どちらかというと自分から望んだ別居というのは、離婚を覚悟した場合か準備ができ次第離婚しよう、という考えに至ってから策として使うものです。離婚したいのに、夫が応じてくれないケースでは、効果的に別居を使うことが多々あります。ただ、内容証明郵便を使ったりすることもありますので、専門家のサポートをお薦めします。

夫との力関係で、同居のままだと怖くて協議できない、というときも別居を使います。夫の凶暴さも妻なら予め想定できることが多いと思います。そうであれば、同居時に、自分達だけの協議で離婚を進めるのか、居場所を隠して代理人を立てて協議するのか等も事前に計画を練って準備をしておきたいところです。

もうこの結婚生活は限界だけど、生活費の関係でまずは別居、ということもよくあります。夫と別居についてどれくらい合意できそうなのか、夫の経済力、信頼度などをもとに、計画と策を練ってから別居の行動を起こすのです。つまり、別居は安易に進めるものではなく、事前に可能性を探り、様々な方法を考えたうえで、策として用いるのがベスト、とういことです。

別居は、”とりあえずする”ものではないことがお分かりいただけましたでしょうか? 知識をつけて、出来る限りベストを尽くし、平穏な日常を取り戻してくださいね。

離婚カウンセラー 阿部 貴子

【関連】WOMe編集部チェック!「婚姻費用」ってなに?

「婚姻費用」という言葉をご存知でしょうか?別居をするならぜひ知っておいて欲しい言葉です。「婚姻費用」とは夫婦と未成年の子どもが生活をしていく上で必要なお金です。家賃や食費、光熱費、衣服費などの生活費です。夫婦は収入の高い低いに関わらずそれぞれ婚姻費用を分担する義務があります。

別居していてもそれは変わりません。婚姻費用は夫婦の年収と子どもの年齢、人数などによって異なります。別居の場合にはまず夫婦で婚姻費用について話し合います。それで決まらない場合には裁判所に申し立てて調停委員を交えた話し合いで決めます。妻より収入の高い夫が支払ってくれない場合には婚姻費用分担請求をすることができます。

必ず泣き寝入りなどはせず、婚姻費用を受け取るようにしましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

一橋大経済学部卒、大手保険会社勤務後、専業主婦経験ありのアラフォー2女児の母の行政書士 離婚カウンセラー。

関連する投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

NHKの番組「あさイチ」でも取り上げられ、話題になった「名前のない家事」。些細なことだから家族の誰も気にしないけど、いつもやるのは自分だけ……だと、ストレスが溜まりますよね。「名前のない家事」は見える化してみんなで負担するようにしましょう。ポイントは、「その場で済ませられる仕組み」を作ることです。


パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

長い時間一緒に過ごしていると、つい言葉をかけるのもいい加減になってしまうことがあります。「言わなくてもわかるだろう」と、夫が本当は言って欲しい言葉をまったく言っていないなんてことも…。お互いに気持ちを伝え合うことは、良いコミュニケーションに欠かせません。そこで、夫がどんな言葉を言って欲しいと思っているか、ご紹介します。


不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫することで失うものは何だと思いますか? 最悪の場合、離婚まで発展するのが不倫ですが、見放されるのは身内からだけではありません。ある女性は、独身の男性と付き合っていることを人に話してしまい噂が広がり、大切だった居場所を自ら去ることになりました。安易に不倫に走ったことでどんな結末が待っていたのか、ご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google