テカるのに乾燥する…それ「インナードライ肌」かも!【本気で始める美容・エイジングケア#24】

テカるのに乾燥する…それ「インナードライ肌」かも!【本気で始める美容・エイジングケア#24】

年齢を重ねるごとに、お肌が「テカるのに、乾燥する」という状態に頭を抱える女性も増えてきます。そんな方は、ひょっとすると「インナードライ肌」かもしれません。今回は、インナードライ肌のスキンケア方法について、時短美容家の立場からお話します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

よく聞く「インナードライ肌」ってなに?

「インナードライ肌」とは、文字どおり、内側は乾燥しているのに、外側はテカテカにテカっているお肌のこと。

つまり、外からお肌に触れるとベタつきを感じたとしても、お肌の内部はカラカラの潤い不足に陥っている状態を指します。インナードライ肌になると、外側には皮脂がたくさん分泌されるため、テカリやベタつきを感じやすくなり、一見すると、全体的に脂っぽい肌になったように見えるのですが、実際には「脂性肌」というわけではありません。

ですので、「脂っぽいから、さっぱりタイプのスキンケアにしなくちゃ!」というのは、実は間違いというパターンも多いのです。

このような「インナードライ」の状態を招く原因はさまざまですが、お肌は乾燥状態に陥ると、自分の防衛本能で“うるおい”をキープしようとして、皮脂を分泌します。そのため、手で肌に触れるとベタつくような感触が起こりやすいのです。

インナードライ肌のバランスを整えるには?

もし、ご自身の肌が「インナードライ肌」かもしれないと感じる場合には、まず試してみるべきお手入れは、とにかく“今まで以上の保湿”です。

内側がカラカラになっている肌に潤いを与え、油分と水分のバランスが整う状態を目指していきましょう。

よく「顔がテカるから、しっかり洗顔しよう」と、表面の油分を落とすことだけに意識を向けてしまう方もいらっしゃるのですが、皮脂の取りすぎは、さらなる皮脂の分泌を招くことも。肌の内側がカサカサになっている点に着目したお手入れのほうが、「インナードライ肌」には適しています。

具体的には、保湿力の高い化粧水に切り替えたり、うるおい成分がたっぷり入った美容液を導入するなど。肌に合うアイテムを見つけていくことが先決です。時短でケアを終わらせたい場合には、ハンドプレスが便利。化粧水や乳液、美容液などを塗るたびに、角質層への浸透を促すべく、手でやさしくプレスして。このとき、手が温まっていたほうが、温熱効果でうるおいを補給しやすくなるため、手が冷たい場合には、温めてから行ってみてください。

メイクのテカリはどうすれば?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「インナードライ肌」になっているときは、メイクをしてしばらく経つと、Tゾーンにベタつきを感じることもあります。

お肌の状態を改善しようと、うるおい力の高いスキンケアに変えても、バランスが整うまでの間、しばらくはテカリやベタつきが気になる時期が続く方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、外出先でテカリが気になるときには、あぶらとり紙でサッと油分をとってしまうのが、もっとも手軽な方法になります。しかし、油分をとりすぎてしまうと、体がお肌をバリアしようとしてさらに皮脂が出てくることもあるので、“とりすぎ”にはご注意を。

「インナードライ肌」への対策の基本は、まずはスキンケアで内側をうるおすことにあるので、大事な商談前でどうしてもテカリを抑えたいなど、「ここぞ!」な場面でだけ、あぶらとり紙のお世話になるようにするといいかもしれません。

また、メイクを仕込む段階でテカリを抑える工夫としては、下地がマスト。下地には、余計な皮脂を吸着するなど油分のバランスを整える成分が入っているアイテムが多いので、時短でベースを整えたい場合でも、省略しないほうが安心です。

下地は、大量に使うとベタつきが加速する原因になるので、薄く伸ばすように意識してください。

「もしかして私も?」と思ったらコスメの見直しから始めましょう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「インナードライ肌」は、年齢に関係なく起きる現象だと言われていますが、アラフォーあたりから、体のバランスが崩れて、突然「インナードライ肌になったみたい?」というお声も聞きます。

「もしかして……」と思ったときには、まずスキンケアを見直し、その上でメイクでもテカりにくい工夫を取り入れていきましょう。「脂っぽい」と思っても、脂性肌になったわけではなく、実は内側は乾いていた……というパターンは、意外と少なくないのです。心当たりがあった方は、ぜひスキンケアコスメの見直しからスタートさせてみてください。

時短美容家 並木まき



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

時短美容家・ライター・コラムニスト。前市議。2現職議員の頃に「美人すぎる市議」として各種出演。

関連する投稿


 ソフィーナ ビューティパワーステーションで美のレッスンを体験♡その3 【編集長の潜入レポ #5】

ソフィーナ ビューティパワーステーションで美のレッスンを体験♡その3 【編集長の潜入レポ #5】

銀座にあるソフィーナ ビューティパワーステーションでビューティレッスン体験。今回のレポートは、前回のレッスンから約1か月後、総合解析の結果を聞きに行ってきました。42歳の私のお肌…結果はいかに!?


たるみの原因はコラーゲン減少? ぷるんとハリ肌にする2つの美習慣【本気で始める美容・エイジングケア#22】

たるみの原因はコラーゲン減少? ぷるんとハリ肌にする2つの美習慣【本気で始める美容・エイジングケア#22】

年齢を重ねるごとに「お肌のハリが減っちゃった!」と、お嘆きの女性もいらっしゃるのではないでしょうか? エイジングの波は容赦なく押し寄せてくるので、日々のスキンケアや食生活から、お肌のハリをなるべくキープしていきたいところです。時短美容家の並木まきが、ぷるんとしたハリ肌を育む40代女性の美習慣についてお話します。


まさかの40歳 憧れの安室奈美恵さん♡ 進化形アムラーメイクは“コントゥアリング”☆【簡単に憧れの女優顔になる方法 #12】

まさかの40歳 憧れの安室奈美恵さん♡ 進化形アムラーメイクは“コントゥアリング”☆【簡単に憧れの女優顔になる方法 #12】

先日の電撃引退発表で悲しんでいるアラフォーは多いことでしょう…安室ちゃんと共にメイクの歴史を歩んできたともいえるアラフォー女性。しかし我々はしっかり歳を重ねているけど安室ちゃんは昔のまま! むしろ美しさに磨きがかかってる! 安室ちゃんの若さはメイクにも関係あるの? 進化形アムラーメイクのコツを教えて!


エイジングによる疲れ目&かすみ目を自宅で簡単ケアするコツ3つ【本気で始める美容・エイジングケア#21】

エイジングによる疲れ目&かすみ目を自宅で簡単ケアするコツ3つ【本気で始める美容・エイジングケア#21】

「最近目がかすむ」「すぐに目が疲れる」などでお悩みのアラフォー女性も多いのではないでしょうか? かすみ目、疲れ目は加齢に伴う自然な現象なので深刻なお悩みがあるのでしたら、必ず専門医を受診してください。そこまでではないな…という方は、自宅で行なうスキンケアにひと手間を加えて目元のスッキリを導くケアをご紹介します。


ズボラさんでも大丈夫!「超保湿」なのにかんたんな時短美容法 3選【本気で始める美容・エイジングケア#20】

ズボラさんでも大丈夫!「超保湿」なのにかんたんな時短美容法 3選【本気で始める美容・エイジングケア#20】

気温が下がり空気が乾燥してきて、いよいよ“乾燥”が本格的に気になり始めるシーズンに突入。しかし、時間がない主婦やワーキングマザー、「スキンケアは面倒で……」と思っている女性も多いでしょう。そこで、時短美容協会理事長の並木まきが「これさえやっておけば、とりあえずは大丈夫!」な時短保湿テクニックをお話していきます。


最新の投稿


【エモまと】私の人生このままでいいのかな? そんな迷いもアラフォーあるある!

【エモまと】私の人生このままでいいのかな? そんな迷いもアラフォーあるある!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


和と洋のコラボが新鮮! 肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

和と洋のコラボが新鮮! 肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

おふくろの味としてみんなが大好きな肉じゃが。少し残ってしまったときに使える、簡単便利な変身レシピを2品お届けします。


【エモまと】どうしたらいいのかわからない…大丈夫。ひとりじゃないよ

【エモまと】どうしたらいいのかわからない…大丈夫。ひとりじゃないよ

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

「日焼け止めは夏だけでいいのよね?」と、誤解してはいませんか? 確かに、夏場の紫外線は凄まじいものがありますが、秋になったからといって、紫外線がゼロになっているわけではありません。紫外線対策に手を抜きたくなる季節ですが、実は対策ゼロはとっても怖い! もしかして、「日焼け止めは夏だけ」なんてこと、ありませんよね?


宮本真知のタロット占い【11月20日(月)~11月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【11月20日(月)~11月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター