アラフォーに必要な恋愛はダメ恋? “いい女”ほどダメな男と恋愛するにはワケがある【神崎桃子の恋愛指南 #22】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アラフォーに必要な恋愛はダメ恋? “いい女”ほどダメな男と恋愛するにはワケがある【神崎桃子の恋愛指南 #22】

アラフォーに必要な恋愛はダメ恋? “いい女”ほどダメな男と恋愛するにはワケがある【神崎桃子の恋愛指南 #22】

恋愛コラムニスト神崎桃子さんの大人気連載。今回はなんだかタイトルからただならぬ気配ですね…。ダメ男なんかと恋愛している暇、アラフォーにはないはずー!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

ダメンズを選んでしまうアラフォー女性

20代や30代女子ならば
「ダメンズに引っかかっちゃって」
「ダメな男の餌食になってしまった」と人に泣きつくこともできるが、40代ともなるとそうはいかない。

若い時なら自分の恋愛相手のダメ出しを友達に委ねていただろう。

しかし、もう被害者ヅラして女友達に愚痴ったところで
「大変だね~」と表では気の毒そうにいいながら
「そのダメ男、アンタが選んだんでしょ」と裏では毒づいているものだ。

昔なら「悪い男に騙された!」と断言できても、アラフォーになった今ではもはや「騙される」ことはほぼない!

もはや、ダメな男と付き合うのは決して引っかかってしまったんではなく、自らが釣っていると言えるだろう。
「捕まえられた」のでなく正しくは「捕まえちゃった」である。

なぜ、ダメな男とそうなってしまうのか、女性の深層心理を言及してみた。

「自分が振り回されるのはイヤ!言いなりになる男が欲しかったから……」

Getty logo

「40も過ぎると、周りにいる男性って既婚者ばかり。もし独身者がいても恋愛においては劣等生。しかもビジネスにおいてもパッとしない不器用な男性が多い。でもそんな男性の方が私の言うことを聞いてくれる。だから自分からダメな男性に近づいてって“抱かせるように仕向ける”(笑)もう彼は私にメロメロ、絶対に逆らわない。“ハイ、ご主人さま”って感じ(笑)」(44歳女性/不動産)

――恋愛偏差値の低いダメンズは女性に本気で恋をするとまさに従順な忠犬ハチ公。
また収入の低い男性もこちらから餌を巻けばホイホイと追っかけてきてくれるだろう。

ダメンズをペット化したり、かくまってしまう女性の心理は実は「自分が優位でいたい」から。

特にキャリアを積んだ女性は「男のいいなりにはなりたくない」という気持ちが強い。
仕事だけでなく、恋愛に対しても、プライドの高さはエベレスト級。男に尽くすとか振り回されるなんてまっぴらごめん。

既婚者との恋愛だと常に二番手、一番にはなれない。
自分が都合のいい女になるのも、自分のプライドを傷つける男も決して許さない。
今、自分が手に入れたいのは私の“言いなりクン”なのだ。

恋愛経験に乏しくこれまでいい思いをしてこなかった男性のほうがなにかと躾しやすいんである(笑)

「結婚は諦めたけど恋愛は諦めたくないから……」

Getty logo

「正直、けっこうモテてきたし、見た目も悪くない。ま、だからかなり遊んできちゃって。『この先もっといい男があらわれるかも』なんて余裕ぶっかましてたら気づけばこの年齢……。婚活もしてみたけどそこで出会った男性には興味が持てなくて……。過去にモテてた自分がいるから妥協できないみたい。結果、今はダメダメな不倫の恋をしてます。結婚はもう無理でも女はまだ諦めたくない……」(41歳女性/金融)

――外見に自信がある女性、また優秀な女性ほど「自分が幸せになること」に対して貪欲なもの。
だからこそ、婚期を逃す。
結婚や結婚相手に対して理想を求め続けてしまい、一人の男にちゃんと向き合おうとせず、すぐ「代替品」や「新商品」を試してしまう。
そしていつの間にか「当時私を口説いていたマトモな男たち」は結婚してしまい取り残される。
自分の婚活市場での価値は歳とともに変化しているのに男のレベルは下げることができない。
昔と同じ基準で相手を選ぼうとしてしまい、見た目や面白みのある男につい惹かれてしまう

「昔、モテていた女性」にとって女を諦めることこそ屈辱。
彼氏がいない自分を認めることなんてできない。
だから不倫だろうが、ダメンズだろうが、そんなことは構わないのだ。
チヤホヤされていた自分をどうしても忘れることができないのだから……。

「生きがい、使命感が欲しいから……」

Getty logo

「プロジェクトチームのリーダーを任されたり、管理職に抜擢されたりと……自分は人から頼られるタイプかな。元はと言えば今の彼からやりたい事や夢を持ち出されて応援してあげたくなったのがはじまり……。彼の夢を叶えるために必要以上にお金や時間をかけてしまい……今更別れられない。なんとしてでも彼を成功に導いて元を取らないと(笑)」(43歳女性/開発)

――生真面目でしっかり者の女性は途中で投げ出したりしない。
やった分だけきっと結果は伴うはず……とダメな男にも全力を尽くす。
そして、なかなか思い通りにならなかったり、手間がかかる相手だと余計に手放せなくなってしまうのだ。

そう、デキル女性は自我関与度が高い。
相手に頼まれた、相手から迷惑をかけられた……自分がそのために時間やお金をさけばさくほど、その相手が可愛く思えてきてしまうのだ。
自分がエネルギーを注げば注ぐほど好きになってしまう。

「馬鹿な子ほど可愛い」とはよくいったもの。
親にとっては、出来の悪い子供ほど、気にかかってしまう……つまり、「私の彼は出来が悪くて手がかかるけど、その分愛おしいの……」となる。

面倒見がよく責任感の強いアネゴ肌タイプの人こそ、「まったく、も~しようがないなぁ」と満更でもない顔をしながらまたまた世話をやいてしまうのだ。

むしろダメンズを選んでしまう自分だっていいんじゃない?

ダメな男と付き合ってしまうのはむしろ今の自分はそれを望んでいるから……。

つまりそれは“若気の至り”ではない!

「いま現在、付き合えている男」はこれまでの自分の行動や経験によって生じた結果である。

そう、「今の自分とそれなりにうまく付き合ってゆける男というのは“今の自分に釣り合った男”しかいない」のだ。

だから、別にそれがダメ男だっていいじゃないか!

「ダメ男との恋」が本当にダメな恋愛とは限らない。

たとえ、高スペック男子やステイタスの高い男と付き合えたとしても、一緒にいて自分自身の居心地が良くなかったとしたらそれを“幸せ”と呼べるだろうか?

他人からみればダメ男だとしても、今の自分にとっては“居心地がいいからこそ”“必要だからこそ”一緒にいれるのだ。

“アンチダメ男”がいつでも正解とは限らない。

アラフォーの恋愛は「お行儀のいい恋」をしてれば幸せってわけじゃない。

「ダメな男とも生きていける」のはアラフォー女の新しい恋愛のカタチでもあるのだ。

恋愛コラムニスト・神崎桃子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛コラムニスト/執筆の傍らライター養成、文章セミナー、婚活セミナーの講師も務める。

関連する投稿


流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返すと良く言いますよね。ちょっと昔のドラマを見ると「時代だな〜」と感じるものですが、中には、「ん? 今でも全然いける! 今のドラマのラインナップにあってもおかしくない」という作品って意外とあるものです。今回は、いま放送しても高視聴率を取りそうな90年代なつかしドラマ3選ををご紹介します。


恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

恋も仕事も学校も! 何だかテンション上がる90年代ドラマ3選

90年代のドラマを観ると、なんだか不思議なパワーをもらって元気になりませんか? そんなテンション上がる90年代のドラマの中でも、特にエネルギーに溢れている3作品をご紹介します。タイトルに「!」がついているだけで、「元気になりそう!」ってワクワク期待しちゃいますね。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


意外と多い⁉ 男性のマリッジブルー 結婚直前で婚約破棄されないために【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#2】

意外と多い⁉ 男性のマリッジブルー 結婚直前で婚約破棄されないために【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#2】

実は意外と多いらしい男性側のマリッジブルー。再婚ならともかく、40過ぎまで独身貴族を謳歌してきたアラフォー男性は結婚を一度決めても、結婚式が近づき、結婚準備に追われ、結婚生活のことを考えるとどんどんマリッジブルーになることがあるとか…。そんな時どう対処したらいいのかウエディングプランナーの葉山さんに教えていただきます。


アラフォーの私が結婚式をするのは周りの目が気になる…【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#6】

アラフォーの私が結婚式をするのは周りの目が気になる…【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#6】

最近、アラフォー女性の皆様から「アラフォーにもなって結婚式なんてしてもいいんでしょうか…」という消極的なお声をよく聞きます。結婚式に年齢なんて関係ない! 声を大にして言いたいです。それは結婚式の本質を知ればわかっていただけると思います。安心してくださいね。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

原田純さん著、たつのゆりこさん監修『ちつのトリセツ』はデリケートゾーンの教科書と言っても過言ではありません。年齢とともに膣が硬くなる…なんてこと、ご存知でしたか? 最近ではセックスをしない人たちも増えてきていますが、そうすると膣の老化はさらに加速していくらしいんです。目から鱗どころか衝撃が走りまくる、日本初の“ちつケア”入門書『ちつのトリセツ 劣化はとまる』。自らを実験台に書き上げた著者、原田純さんにお話を伺いました。


流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返すと良く言いますよね。ちょっと昔のドラマを見ると「時代だな〜」と感じるものですが、中には、「ん? 今でも全然いける! 今のドラマのラインナップにあってもおかしくない」という作品って意外とあるものです。今回は、いま放送しても高視聴率を取りそうな90年代なつかしドラマ3選ををご紹介します。


世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

「世間の目なんて関係ない」頭ではそう思っていても気になってしまう。こんな服でおかしくないかな、子どもに変なもの食べさせてると思われないかな、夫は会社で馬鹿にされていないかな…など思い当たることはありませんか? 人の目を気にしない自分になるにはどうしたらいいのでしょうか? 脳神経外科医の山下あきこ先生に教えてもらいましょう。


「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。基本の洗浄・保湿のケアをはじめたら、次にぜひチャレンジして頂きたいのが膣マッサージです。オイルをつかった膣マッサージのスペシャルケアで粘液力のある膣を手に入れましょう!


「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

女性の皆さんなら誰もが一度は、ダイエットに関心を持ったり、経験したりしたことがあるのではないでしょうか。ダイエットと貯金は似ています。ダイエットも貯金もその人にあったペースで続けると確実に効果が出ます。両者にはさまざまな共通点がありますので、今回はダイエットと貯金の共通点を探っていきたいと思います。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google