甲斐性なしの夫とスムーズに離婚する方法【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】 | 大人のワタシを楽しむメディア
甲斐性なしの夫とスムーズに離婚する方法【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】

甲斐性なしの夫とスムーズに離婚する方法【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】

巷で圧倒的に多いのは、夫の方が年収が高く、資産もある。離婚時には、そのような夫からいかに多くの養育費と財産分与を勝ち取るか! が重要ポイントとなるケースです。しかし、割合は少ないですが、妻の方が夫より稼いでいるケースもありますね。周りに参考例が少ないため、いろいろと情報収集に困る方も多いと思います。今回は、そのような妻


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

年収500万、600万円台の妻 VS 転職を繰り返す夫 の事例

Getty logo

仕事が長続きしない夫。結婚後何度も転職を繰り返し、履歴書の内容はボロボロ。妻曰く「こんな状況じゃあ、そのうちだれも雇ってくれなくなると思います」という状況。「仕事がデキる」場合のステップアップの転職なら良いのですが、今回は、転げ落ちる転職の事例です。

夫の性格は悪くはないものの、長年の結婚生活において妻は全く夫を尊敬できなくなり、それと同時に関係ももう何年も前から冷え切っています。

子供の学校の区切りを目途に、関係の清算、つまり離婚を進めようと決意した妻。夫の方も、離婚については仕方ないと合意してくれました。

こういったケースにおける、離婚の取り決めについてですが、養育費は、家庭裁判所の算定表を参考に夫婦で決めると良いでしょう。

夫が”現在無職”ということもあります。これまでの年収レベルや貯蓄状態と、教育方針、算定表を参考に夫婦で協議をして決めればよいのですが、支払い確保が非常に不安なケースです。支払えない状況になったら、いくら離婚公正証書を作成していても、確保は難しいこともあります。

だからといって、離婚公正証書は無駄ということではありません。たとえ少額の取り決め内容であっても、出来る限り不払いのリスクを減らすために離婚公正証書は作成しておきましょう。

妻の資産を夫が狙う漠然とした不安。実情はいかに?

離婚相談の現場からみると、年収が逆転しているケースで、夫が”離婚時に妻の資産を狙う”ということはあまりありません。妻に財産分与を請求する、別居中の生活費を請求する、というようなケースは稀です。

妻の資産を夫が狙う、という点で圧倒的に注意が必要なのは、むしろ離婚の決意をする前です。結婚生活の中で、夫にどんどん資産を食いつぶされることは多々あります。

例えば、借金を繰り返す夫の尻拭いを妻がする。毎回の発覚金額が数百万と、払えなくはない金額なので、妻が払ってしまう。そういうことを数年おきにくりかえしてきた結果、妻の貯蓄もほとんどない状態になってしまった。

妻の親が亡くなり1000万円を相続した。ちょうど子供の教育にお金がかかる時期だったので、相続したお金を教育費用に充てた。夫の稼ぎが安定しないので、子供のことや家のことなど、もろもろ妻が負担して支払ってきた。結果、妻は貯蓄ができていない。

夫の実情は、司法浪人生。しかし勉強はまったくしていない。夫の友人には、ウソの就職先で通している。生活費用は、妻の稼ぎと妻の実家頼み。

本当だかなんだか分からない病気を理由に、会社をしょっちゅう休む「仕事辞めてもいい?」というオーラ全開の夫。

就職活動していると言い張るが、切迫感が足りない。遊びにいくついでに就職相談に寄っているだけのようにも見える夫。

以上のような事例では、離婚協議の段階で夫はあまり妻の資産に攻撃はしてこないものの、そこに至るまでの長年の結婚生活の中で、夫のために相当妻はお金を失っているのです。

妻が稼いでいるといっても、1000万円を超えるケースはなかなかありません。年収600万前後が多く、そういう場合で、上述のような夫だと、貯金はなかなか貯まりません。

従って、離婚の際に夫が”妻の資産を狙う”ということは、非常に少ないことと思われます。

もし、お金を払わないと離婚できない状況だったら?

Getty logo

稼ぐ妻に対して、今まで妻頼みでやってきた夫が、さらに、離婚時に妻にお金を請求してきたら?

妻としては、払う理由などまったくないケースであっても、手切れ金としてまとまったお金を払った方がスムーズなこともあります。
安易にお金をちらつかせるべきではありませんが、協議が進まず、妥協の策としては、手切れ金としてお金を払うこともあります。自分でこれくらいは仕方ないかな、と思う金額を提示し、それでも上手くいかない場合は、弁護士を立てることを検討します。
自分が稼いでいるからこそ、こういうお金の使い方もできる、と割り切って考えると良いでしょう。資産は守りたいですが、それで済まない場合は、”上手に使う”という切り替えについても頭の片隅に入れておいていただきたいと思います。

また、リアルな問題として、

今回のようなケースでは、離婚しても夫の住処がない、ということもあります。無職の夫の場合は、家を借りることができないという心配も出てきます。自分でどうにか道を切り開くというタイプの人間でないことが多いです。そういうことも含めて、妻がお膳立てしなければどうにもならないケースもありますので、ますます離婚の進め方が難しくなります。

従って、離婚を考えるならば、夫が戻ることができる実家があるうちに離婚しておいた方が楽とも言えます。まずは、夫との生活をこの先10年見積もってみてください。年齢とともに、就職、経済状況はますます厳しくなる可能性があります。

今まではなんとかやってこれても、これから先はどうでしょうか?

あまり考えたくない問題ではありますが、このまま放置しておいて良い問題なのか、今のうちにしっかりと考えておいた方が良いかもしれませんね。

離婚カウンセラー 阿部 貴子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

一橋大経済学部卒、大手保険会社勤務後、専業主婦経験ありのアラフォー2女児の母の行政書士 離婚カウンセラー。

関連する投稿


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

長い時間一緒に過ごしていると、つい言葉をかけるのもいい加減になってしまうことがあります。「言わなくてもわかるだろう」と、夫が本当は言って欲しい言葉をまったく言っていないなんてことも…。お互いに気持ちを伝え合うことは、良いコミュニケーションに欠かせません。そこで、夫がどんな言葉を言って欲しいと思っているか、ご紹介します。


不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫することで失うものは何だと思いますか? 最悪の場合、離婚まで発展するのが不倫ですが、見放されるのは身内からだけではありません。ある女性は、独身の男性と付き合っていることを人に話してしまい噂が広がり、大切だった居場所を自ら去ることになりました。安易に不倫に走ったことでどんな結末が待っていたのか、ご紹介します。


夫が「倫活」!? 怪しいと思ったときのチェック法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #59】

夫が「倫活」!? 怪しいと思ったときのチェック法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #59】

最近夫がそわそわしているみたいだけど、何かあったのかな? 妻に理由を告げずに浮かれた様子が見えるときは、「倫活」を一度疑ってみましょう。不倫なんて考えたくないのが本音ですが、放っておくと先に進んでしまう可能性があります。いきなり詰め寄るのは逆効果。まずは夫の様子を観察して、倫活しているかどうかを見極めましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google