子どもと張り合おうとする未熟夫の操縦法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #56】

子どもと張り合おうとする未熟夫の操縦法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #56】

子どもの相手をしていると、「俺もほめて!」と構ってアピールをしてくる夫。いやいや、どうがんばっても子どものほうが可愛いんですけど……。こんな夫は、家庭の中での存在感を認めてあげるとおとなしくなります。さらにもう一歩進んで、みずから家事や家事をやりたくなる「イクメン」に育ててしまいましょう!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

忘れられたくない夫

子どもが保育園のおゆうぎ大会でがんばったから褒めていたら、「俺も今日取引をまとめてさ~」と張り合ってくる。「ちゃんとひとりで準備することができたね」と子どもに話しかけていると、「俺も車の掃除してきたよ!」といちいち報告してくる。こんな夫、あなたのところにはいませんか?

「もう、だからどうしたのよ?」と適当に返してしまうと怒りだしたり、面倒くさいなぁと思いますよね。

こんな夫は、単純に家庭の中で忘れられたくないという焦りを抱えています。妻が子どものことばかり見ているようで、自分のがんばりが無視されていると感じるのですね。妻からすれば、いい大人なんだからしっかりしてよと思いますが、ビジネスでは周りに認められることで成長を実感する男性は、家庭でもほめられることをした自分を見せて、存在感を得ようとします。

妻に軽くあしらわれてしまうと、プライドが傷つくだけでなく、自分は子ども以下なのかとヘソを曲げてしまうのもこんな男性の特徴です。妻は、親だからしっかり子どもを褒めようとしているのに、それより自分のことが優先になってしまうのは、ひとえに忘れられたくないからです。

ひとこと、「すごいね」「がんばったんだね」と妻に言ってもらえれば、夫はそれだけで満足します。家庭の中でしっかり機能している自分を実感するためには、家族からの感謝が欠かせないのが男性なのですね。

妻や家庭が好きだから子どもと張り合う

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもと張り合うのは、裏を返せば子どもをほめている妻の姿に喜びや親しみを感じているということでもあります。存在を認めているから、自分にも声をかけて欲しいと思うのですよね。

妻を愛していなければ、どれだけ子どもだけに構っていようとも不満は感じません。むしろ、愛情を向けられずに済んで良かったと思う男性もいます。それよりも、自分を認めろとアピールしてくる夫のほうが、鬱陶しくても家庭にとっては良い存在です。

家庭を放置している父親の姿は子どもにとっても愛情を感じにくく、母親にだけ心を開くようになります。張り合ってくる夫をしっかり受け止めることができれば、子どもの目にもコミュニケーションを取れている両親は信頼できる存在として映るので、家族にとってプラスになると考えましょう。

今さら夫をほめるなんて抵抗がある、という女性もいるかもしれません。ですが、そんな「構ってちゃん」な夫ほど、上手に育てれば育児や家事に積極的に手を出すようになります。

どうせならしっかり認めてあげて、良き夫・良きパパになってもらいましょう!

夫の言葉に関心を持つ

例えば、「俺も今日取引をまとめてさ~」と夫が子どもとの間に割り込んできたとき。

夫のほうに顔を向けて、「そうなんだ、すごいね。どうだったの?」と聞いてあげましょう。自分の言葉が届いたことを知れば、夫は嬉しくなります。夫の本当の願いは、取引をまとめたことをほめてもらうのではなく、「自分の話に関心を持ってもらうこと」です。妻がきちんと向き合ってくれる姿勢こそ、夫が欲しいものなのですね。

こちらも向かず手も止めず、「ふーん」だけで済まされると、そこで会話は終わります。話を聞いてもらえないのは、誰だって悲しいですよね。夫からすれば二度と話しかけるもんか、となってしまいます。

面倒でも、いちいち夫を振り返ることで、話を聞く意思を見せましょう。妻が自分にも目を向けてくれることが実感できれば、夫もしつこく食い下がることはしなくなります。

子どもの前でほめる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

夫をほめる時は、子どもに見せる機会を作りましょう。自分以外の人間を受け止める母親の姿から、子どもは父親を尊敬するようになります。そうなれば夫と子どももコミュニケーションを取りやすくなり、夫自身が育児にもやる気を持ちます。

子どもの前で夫をほめることで、同じように子どもが夫に「すごいね!」と声をかけることがあります。我が子に認められて嬉しくない父親はいません。ポジティブな言葉を使うことで、どんどん家族の中に笑顔を増やしましょう。

居心地の良い時間を持てれば、妻が家事をしている間に子どもと遊んでくれたり、妻が子どもの用事で忙しいときに家事をしてくれたり、夫は家族のために動くことを嫌がりません。妻に感謝されることで、自分も妻に感謝する気持ちを持てるのは、家族で気持ちよく過ごせることの幸せを実感できるからです。

スムーズな家事や子育てには、夫婦の協力が欠かせません。「構ってちゃん」な夫はしっかり気持ちを満たしてあげることで、家庭を大切にする頼れる男になるのだと心得てくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(4)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(4)

(前回までのあらすじ)成功者の夫に子どもふたり、アパレルブランドのディレクターとして人も羨むような人生を歩んできた百合。しかし夫の不倫が発覚し、心は揺さぶられる。図々しい愛人の態度に落ち込む百合…。そんな時、会社の後輩男性に偶然出会い…。


浮気を繰り返す夫 お前のせいだと言われました…どうすればいいでしょうか【夫婦問題お悩み相談室#4】

浮気を繰り返す夫 お前のせいだと言われました…どうすればいいでしょうか【夫婦問題お悩み相談室#4】

いつの世も離婚原因のトップ3にあげられるのが「配偶者の不倫」。浮気が発覚したときもその後も、悩みと葛藤が続きます。今回は、夫の浮気癖と今後の夫との向き合い方について悩むアラフォー妻からの相談です。離婚すべきか否か、大きく揺れるSさんの苦しい胸の内が伝わってきます。


自己中マイペースな夫に協調性をもたせるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #57】

自己中マイペースな夫に協調性をもたせるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #57】

子どもが産まれても、自分のやりたいように物事を進めてしまう夫。お出かけのときも自分だけ準備ができたら「まだ?」と訊いてくる姿にイライラ……。マイペースな夫に協調性を持ってもらうには、具体的にお願いして動いてもらうこと、それを認めることで、意識を広げてもらいましょう。「助かる」は夫の心を動かすキーワードです。


アラフォーに必要な恋愛はダメ恋? “いい女”ほどダメな男と恋愛するにはワケがある【神崎桃子の恋愛指南 #22】

アラフォーに必要な恋愛はダメ恋? “いい女”ほどダメな男と恋愛するにはワケがある【神崎桃子の恋愛指南 #22】

恋愛コラムニスト神崎桃子さんの大人気連載。今回はなんだかタイトルからただならぬ気配ですね…。ダメ男なんかと恋愛している暇、アラフォーにはないはずー!


甲斐性なしの夫とスムーズに離婚する方法【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】

甲斐性なしの夫とスムーズに離婚する方法【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】

巷で圧倒的に多いのは、夫の方が年収が高く、資産もある。離婚時には、そのような夫からいかに多くの養育費と財産分与を勝ち取るか! が重要ポイントとなるケースです。しかし、割合は少ないですが、妻の方が夫より稼いでいるケースもありますね。周りに参考例が少ないため、いろいろと情報収集に困る方も多いと思います。今回は、そのような妻


最新の投稿


【エモまと】私の人生このままでいいのかな? そんな迷いもアラフォーあるある!

【エモまと】私の人生このままでいいのかな? そんな迷いもアラフォーあるある!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


和と洋のコラボが新鮮! 肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

和と洋のコラボが新鮮! 肉じゃがの変身レシピ【料理のプチストレス解消法#15】

おふくろの味としてみんなが大好きな肉じゃが。少し残ってしまったときに使える、簡単便利な変身レシピを2品お届けします。


【エモまと】どうしたらいいのかわからない…大丈夫。ひとりじゃないよ

【エモまと】どうしたらいいのかわからない…大丈夫。ひとりじゃないよ

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

「日焼け止めは夏だけでいいのよね?」と、誤解してはいませんか? 確かに、夏場の紫外線は凄まじいものがありますが、秋になったからといって、紫外線がゼロになっているわけではありません。紫外線対策に手を抜きたくなる季節ですが、実は対策ゼロはとっても怖い! もしかして、「日焼け止めは夏だけ」なんてこと、ありませんよね?


宮本真知のタロット占い【11月20日(月)~11月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【11月20日(月)~11月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター