子どもと張り合おうとする未熟夫の操縦法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #56】 | 大人のワタシを楽しむメディア
子どもと張り合おうとする未熟夫の操縦法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #56】

子どもと張り合おうとする未熟夫の操縦法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #56】

子どもの相手をしていると、「俺もほめて!」と構ってアピールをしてくる夫。いやいや、どうがんばっても子どものほうが可愛いんですけど……。こんな夫は、家庭の中での存在感を認めてあげるとおとなしくなります。さらにもう一歩進んで、みずから家事や家事をやりたくなる「イクメン」に育ててしまいましょう!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

忘れられたくない夫

子どもが保育園のおゆうぎ大会でがんばったから褒めていたら、「俺も今日取引をまとめてさ~」と張り合ってくる。「ちゃんとひとりで準備することができたね」と子どもに話しかけていると、「俺も車の掃除してきたよ!」といちいち報告してくる。こんな夫、あなたのところにはいませんか?

「もう、だからどうしたのよ?」と適当に返してしまうと怒りだしたり、面倒くさいなぁと思いますよね。

こんな夫は、単純に家庭の中で忘れられたくないという焦りを抱えています。妻が子どものことばかり見ているようで、自分のがんばりが無視されていると感じるのですね。妻からすれば、いい大人なんだからしっかりしてよと思いますが、ビジネスでは周りに認められることで成長を実感する男性は、家庭でもほめられることをした自分を見せて、存在感を得ようとします。

妻に軽くあしらわれてしまうと、プライドが傷つくだけでなく、自分は子ども以下なのかとヘソを曲げてしまうのもこんな男性の特徴です。妻は、親だからしっかり子どもを褒めようとしているのに、それより自分のことが優先になってしまうのは、ひとえに忘れられたくないからです。

ひとこと、「すごいね」「がんばったんだね」と妻に言ってもらえれば、夫はそれだけで満足します。家庭の中でしっかり機能している自分を実感するためには、家族からの感謝が欠かせないのが男性なのですね。

妻や家庭が好きだから子どもと張り合う

Getty logo

子どもと張り合うのは、裏を返せば子どもをほめている妻の姿に喜びや親しみを感じているということでもあります。存在を認めているから、自分にも声をかけて欲しいと思うのですよね。

妻を愛していなければ、どれだけ子どもだけに構っていようとも不満は感じません。むしろ、愛情を向けられずに済んで良かったと思う男性もいます。それよりも、自分を認めろとアピールしてくる夫のほうが、鬱陶しくても家庭にとっては良い存在です。

家庭を放置している父親の姿は子どもにとっても愛情を感じにくく、母親にだけ心を開くようになります。張り合ってくる夫をしっかり受け止めることができれば、子どもの目にもコミュニケーションを取れている両親は信頼できる存在として映るので、家族にとってプラスになると考えましょう。

今さら夫をほめるなんて抵抗がある、という女性もいるかもしれません。ですが、そんな「構ってちゃん」な夫ほど、上手に育てれば育児や家事に積極的に手を出すようになります。

どうせならしっかり認めてあげて、良き夫・良きパパになってもらいましょう!

夫の言葉に関心を持つ

例えば、「俺も今日取引をまとめてさ~」と夫が子どもとの間に割り込んできたとき。

夫のほうに顔を向けて、「そうなんだ、すごいね。どうだったの?」と聞いてあげましょう。自分の言葉が届いたことを知れば、夫は嬉しくなります。夫の本当の願いは、取引をまとめたことをほめてもらうのではなく、「自分の話に関心を持ってもらうこと」です。妻がきちんと向き合ってくれる姿勢こそ、夫が欲しいものなのですね。

こちらも向かず手も止めず、「ふーん」だけで済まされると、そこで会話は終わります。話を聞いてもらえないのは、誰だって悲しいですよね。夫からすれば二度と話しかけるもんか、となってしまいます。

面倒でも、いちいち夫を振り返ることで、話を聞く意思を見せましょう。妻が自分にも目を向けてくれることが実感できれば、夫もしつこく食い下がることはしなくなります。

子どもの前でほめる

Getty logo

夫をほめる時は、子どもに見せる機会を作りましょう。自分以外の人間を受け止める母親の姿から、子どもは父親を尊敬するようになります。そうなれば夫と子どももコミュニケーションを取りやすくなり、夫自身が育児にもやる気を持ちます。

子どもの前で夫をほめることで、同じように子どもが夫に「すごいね!」と声をかけることがあります。我が子に認められて嬉しくない父親はいません。ポジティブな言葉を使うことで、どんどん家族の中に笑顔を増やしましょう。

居心地の良い時間を持てれば、妻が家事をしている間に子どもと遊んでくれたり、妻が子どもの用事で忙しいときに家事をしてくれたり、夫は家族のために動くことを嫌がりません。妻に感謝されることで、自分も妻に感謝する気持ちを持てるのは、家族で気持ちよく過ごせることの幸せを実感できるからです。

スムーズな家事や子育てには、夫婦の協力が欠かせません。「構ってちゃん」な夫はしっかり気持ちを満たしてあげることで、家庭を大切にする頼れる男になるのだと心得てくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

NHKの番組「あさイチ」でも取り上げられ、話題になった「名前のない家事」。些細なことだから家族の誰も気にしないけど、いつもやるのは自分だけ……だと、ストレスが溜まりますよね。「名前のない家事」は見える化してみんなで負担するようにしましょう。ポイントは、「その場で済ませられる仕組み」を作ることです。


パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

長い時間一緒に過ごしていると、つい言葉をかけるのもいい加減になってしまうことがあります。「言わなくてもわかるだろう」と、夫が本当は言って欲しい言葉をまったく言っていないなんてことも…。お互いに気持ちを伝え合うことは、良いコミュニケーションに欠かせません。そこで、夫がどんな言葉を言って欲しいと思っているか、ご紹介します。


不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫することで失うものは何だと思いますか? 最悪の場合、離婚まで発展するのが不倫ですが、見放されるのは身内からだけではありません。ある女性は、独身の男性と付き合っていることを人に話してしまい噂が広がり、大切だった居場所を自ら去ることになりました。安易に不倫に走ったことでどんな結末が待っていたのか、ご紹介します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google