子どもと張り合おうとする未熟夫の操縦法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #56】

子どもと張り合おうとする未熟夫の操縦法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #56】

子どもの相手をしていると、「俺もほめて!」と構ってアピールをしてくる夫。いやいや、どうがんばっても子どものほうが可愛いんですけど……。こんな夫は、家庭の中での存在感を認めてあげるとおとなしくなります。さらにもう一歩進んで、みずから家事や家事をやりたくなる「イクメン」に育ててしまいましょう!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

忘れられたくない夫

子どもが保育園のおゆうぎ大会でがんばったから褒めていたら、「俺も今日取引をまとめてさ~」と張り合ってくる。「ちゃんとひとりで準備することができたね」と子どもに話しかけていると、「俺も車の掃除してきたよ!」といちいち報告してくる。こんな夫、あなたのところにはいませんか?

「もう、だからどうしたのよ?」と適当に返してしまうと怒りだしたり、面倒くさいなぁと思いますよね。

こんな夫は、単純に家庭の中で忘れられたくないという焦りを抱えています。妻が子どものことばかり見ているようで、自分のがんばりが無視されていると感じるのですね。妻からすれば、いい大人なんだからしっかりしてよと思いますが、ビジネスでは周りに認められることで成長を実感する男性は、家庭でもほめられることをした自分を見せて、存在感を得ようとします。

妻に軽くあしらわれてしまうと、プライドが傷つくだけでなく、自分は子ども以下なのかとヘソを曲げてしまうのもこんな男性の特徴です。妻は、親だからしっかり子どもを褒めようとしているのに、それより自分のことが優先になってしまうのは、ひとえに忘れられたくないからです。

ひとこと、「すごいね」「がんばったんだね」と妻に言ってもらえれば、夫はそれだけで満足します。家庭の中でしっかり機能している自分を実感するためには、家族からの感謝が欠かせないのが男性なのですね。

妻や家庭が好きだから子どもと張り合う

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもと張り合うのは、裏を返せば子どもをほめている妻の姿に喜びや親しみを感じているということでもあります。存在を認めているから、自分にも声をかけて欲しいと思うのですよね。

妻を愛していなければ、どれだけ子どもだけに構っていようとも不満は感じません。むしろ、愛情を向けられずに済んで良かったと思う男性もいます。それよりも、自分を認めろとアピールしてくる夫のほうが、鬱陶しくても家庭にとっては良い存在です。

家庭を放置している父親の姿は子どもにとっても愛情を感じにくく、母親にだけ心を開くようになります。張り合ってくる夫をしっかり受け止めることができれば、子どもの目にもコミュニケーションを取れている両親は信頼できる存在として映るので、家族にとってプラスになると考えましょう。

今さら夫をほめるなんて抵抗がある、という女性もいるかもしれません。ですが、そんな「構ってちゃん」な夫ほど、上手に育てれば育児や家事に積極的に手を出すようになります。

どうせならしっかり認めてあげて、良き夫・良きパパになってもらいましょう!

夫の言葉に関心を持つ

例えば、「俺も今日取引をまとめてさ~」と夫が子どもとの間に割り込んできたとき。

夫のほうに顔を向けて、「そうなんだ、すごいね。どうだったの?」と聞いてあげましょう。自分の言葉が届いたことを知れば、夫は嬉しくなります。夫の本当の願いは、取引をまとめたことをほめてもらうのではなく、「自分の話に関心を持ってもらうこと」です。妻がきちんと向き合ってくれる姿勢こそ、夫が欲しいものなのですね。

こちらも向かず手も止めず、「ふーん」だけで済まされると、そこで会話は終わります。話を聞いてもらえないのは、誰だって悲しいですよね。夫からすれば二度と話しかけるもんか、となってしまいます。

面倒でも、いちいち夫を振り返ることで、話を聞く意思を見せましょう。妻が自分にも目を向けてくれることが実感できれば、夫もしつこく食い下がることはしなくなります。

子どもの前でほめる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

夫をほめる時は、子どもに見せる機会を作りましょう。自分以外の人間を受け止める母親の姿から、子どもは父親を尊敬するようになります。そうなれば夫と子どももコミュニケーションを取りやすくなり、夫自身が育児にもやる気を持ちます。

子どもの前で夫をほめることで、同じように子どもが夫に「すごいね!」と声をかけることがあります。我が子に認められて嬉しくない父親はいません。ポジティブな言葉を使うことで、どんどん家族の中に笑顔を増やしましょう。

居心地の良い時間を持てれば、妻が家事をしている間に子どもと遊んでくれたり、妻が子どもの用事で忙しいときに家事をしてくれたり、夫は家族のために動くことを嫌がりません。妻に感謝されることで、自分も妻に感謝する気持ちを持てるのは、家族で気持ちよく過ごせることの幸せを実感できるからです。

スムーズな家事や子育てには、夫婦の協力が欠かせません。「構ってちゃん」な夫はしっかり気持ちを満たしてあげることで、家庭を大切にする頼れる男になるのだと心得てくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「婚活してまで結婚したいわけじゃない」「自分からガツガツ行くのはみっともない」と思って気が付いたらアラフォーだったという独身女性たち。幸せな結婚生活を送ることと自然な出会いの恋愛結婚は何の関係もないのに変にこだっていませんか? アラフォーがしがみつく執着をご紹介します。これ、捨てたほうが楽になりますよ。


勝手に家族の写真をSNSにアップする夫…【夫婦問題お悩み相談室 #10】

勝手に家族の写真をSNSにアップする夫…【夫婦問題お悩み相談室 #10】

今の世の中、スマホが欠かせない存在となり、フェイスブックやインスタ、ツイッターなどのSNSも盛んですよね。とても楽しくてためになる情報も満載ですが、SNSに抵抗感を持つ人がいるのも事実です。今回は、夫が家族写真をSNSにアップするのをやめてほしいと願う妻からの相談です。


「夫とはセックスしたくない」3回よぎったら見直し時【すずね所長の40代夫婦の寝室事情#3】

「夫とはセックスしたくない」3回よぎったら見直し時【すずね所長の40代夫婦の寝室事情#3】

恋人・夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生による連載【40代夫婦の寝室事情】。第三回目は“夫と3回セックスしたくないと思ったら見直し時”というなんとも厳しいテーマです。しかし…人生100年時代、たしかに考えさせられます。


夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

結婚まではラブラブだった夫との関係。結婚生活が長くなると、慣れもあってつい関係をないがしろにしていませんか? 趣味が合わなかったり会話がつまらないと感じると、関心を向けることを止めてしまいがち。愛情まで失ってしまう前に、夫を親友にすることで前よりもっとラブラブな関係を目指しましょう!


夫が「男性更年期」かも? 本人に言うべきでしょうか【夫婦問題お悩み相談室 #9】

夫が「男性更年期」かも? 本人に言うべきでしょうか【夫婦問題お悩み相談室 #9】

夫のイライラした態度や言動。近くで見ているこちらもイライラしますよね。しかしアラフォー世代は、夫も妻も加齢やホルモンバランスの崩れによる身体の不調が起こりがち。健康な身体を維持するためのメンテも欠かせません。今回は夫の体調を心配するアラフォー妻からのご相談です。


最新の投稿


差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

「だから結婚できないんだ」なんて、本当に大きなお世話ですよね。そんなこと言われたら怒りで頭が爆発してしまいそうです。しかし…恋愛コラムニスト神崎桃子さんのコラムを読むと言われてみれば…と胸が痛くなることも…。最終的に「確かにそうだよね!」と思える納得の結末なのでぜひ最後までお読みください。


「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

2018年1月29日(月)マンダリン オリエンタル ホテルにて「AVON(エイボン)女性年度賞2017」の授賞式が行われました。高い志と情熱、行動力をもって信じた道を歩み続ける女性たちを応援し続けることを目的に今年38回目を迎える「エイボン女性年度賞」。今年も各界の第一線で活躍する素晴らしい女性たちが受賞しました。


「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「婚活してまで結婚したいわけじゃない」「自分からガツガツ行くのはみっともない」と思って気が付いたらアラフォーだったという独身女性たち。幸せな結婚生活を送ることと自然な出会いの恋愛結婚は何の関係もないのに変にこだっていませんか? アラフォーがしがみつく執着をご紹介します。これ、捨てたほうが楽になりますよ。


宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


実践!五感を使った様々なマインドフルネスの方法【大人のマインドフルネス入門#7】

実践!五感を使った様々なマインドフルネスの方法【大人のマインドフルネス入門#7】

坐って瞑想するだけでなく、体の感覚に集中したり体を動かしたりするマインドフルネスの方法もあります。体のどこかに意識を向け続ける時間を作るだけで、不思議とモヤモヤした気持ちが晴れてすっきりします。







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター