【アラフォーがキャリアを考える時 #8】働き続けたいあなたへ~「我慢」せず主張し、仲間を見つけよう!

【アラフォーがキャリアを考える時 #8】働き続けたいあなたへ~「我慢」せず主張し、仲間を見つけよう!

キャリアコンサルタント朝生容子さんの連載もいよいよ今回が最終回。女性が働くということを考えた時、社会や家族などのしがらみのなかで、困難が待ち構えていることもあります。そんな日々を精一杯送るすべての女性たちへ朝生さんからのメッセージです。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「働く」のはお金のため?

先日行われた大学時代のサークルの集まりで、女性が働くことということについて、改めて考える経験をしました。

私が数年前に会社を辞め、フリーランスのキャリアコンサルタントとして働いていることを伝えたとき、ある先輩からこんなことを言われましたのです。

「だんなさんは大企業勤務なんだ。じゃあ、別にそんなに一生懸命働かなくてもいいじゃん」

確かに私は、定収のある夫のおかげで、収入が安定しないフリーランスであっても、明日の生活を心配する必要はありません。先輩の言葉には、「夫が妻を養っているなら、妻は、わざわざ外に出て働かなくてもよいではないか」というニュアンスと、「外で働くことは大変で負荷の多いもの」という前提を感じました。


経済的心配がないなら、外で働く必要はないのでしょうか?
キャリアを中断する人は、結婚などで経済的心配がなくなったから、離職しているのでしょうか?

男女の伝統的役割分担は、「愛情」ではなく「搾取」?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

こうした割り切れない思いを、鮮やかに切り取って見せてくれたのが、昨年、ドラマとしても大ヒットした漫画「逃げるは恥だが役に立つ」(以下、「逃げ恥」)でした。

大学院まで出たものの就職に失敗、かつ派遣切りにあって無職となった主人公、森山みくり。彼女が、父親の知人の津崎平匡の家で家事代行の仕事を始めたところから物語はスタートします。その後、お互いの事情から「契約結婚」という形態をとりながら、同居することになります。しかし、一緒に生活をするうちに、お互いに惹かれ合い、最終的に本当の結婚に至るというお話でした。

みくりは、平匡からのプロポーズを聞くうちに、嬉しさと同時に、もやもやとした疑問が湧いてきます。恋愛関係になる前の家事代行業を請け負っているうちは、家事について現金で報酬をもらっていました。ところが、平匡の言葉から、結婚後、みくりは「主婦」として、無償で家事労働をすることを想定していることがわかったからです。

結婚によって、みくりの生活は保障されます。働いて収入を得る必要はありません。しかし、その「仕事」が、自宅の「家事」であったとしたら?今まで有償で行っていたものが、「結婚」を経たことで「愛する人のために行う」ものとして無償提供することになるのでしょうか?

疑問を抱いたみくりは、平匡にこう指摘します。「それって“愛情の搾取”です」と。

「家族を養うのは男の甲斐性」という言葉に象徴されるように、夫が外で働いて収入を得て妻が家にいてもらうことは、もしかしたら、夫からすると、外の世界の厳しさから妻を守る愛情表現の一種であるかもしれません。平匡さんも、無意識にそう考えていたのではないでしょうか。

ところが、妻のみくりからすると、それは「愛情」というより「搾取」であると感じてしまう。その大きな認識ギャップを「逃げ恥」は提示したのでした。

平匡は、契約結婚をするにあたり、家事業務の報酬として、各種生活費を差し引いたうえでの月給19万4千円を支払う雇用契約を結びました。その算出の基となったのが、内閣府経済社会総合研究所が2011年に算出した専業主婦の無償労働評価額(年齢平均)の 304.1 万円です。

しかし、現実には通常の結婚において、家事労働に現金報酬を支払うことは稀です。家事代行業者であれば金銭を払っていても、妻が専業主婦として家事全般を担った場合は支払わないでしょう。

そこには、「家族への愛情があるなら無償労働は当たり前」といった隠された前提があります。夫が、自分が外に出て厳しい世界から妻を守る代わりに、妻には家事労働で愛情表現を求めているとも解釈できるのではないでしょうか。

もちろん「愛があるならお金はいらない。好きな人のためなら喜んで家事をするわ」という人もいるでしょう。その価値観は否定しません。しかし「逃げ恥」のみくりは、そうしたタイプではありません。仕事がないからといって実家に居候することを良しとせず、経済自立のために市議会議員立候補の可能性まで探る女性です。

平匡さんが当初、想定した「みくりが無償で家事、自分は外で働き続ける」という家庭像は、愛情のようであって、実はみくりの価値観や意欲を軽視したものだったのです。それは、本当の愛情とは言えません。

働き続けられる環境への阻害要因の一つは女性の「我慢」

私は、女性の多くは、みくりのように、自分がどうしたいかをもっと主張することが必要であると感じています。女性からキャリアの相談を受ける中で、「我慢」している人が多いことが非常に気になっているからです。結果的に、その「我慢」が、女性自身の働きやすい環境作りを阻害しているようにも思えます。

日本は男女の賃金格差の大きい国です。厚生労働省の2016年の調査によると、フルタイムで働く女性の平均賃金は男性の賃金の73%です。先進国の中でも日本は、韓国、エストニアに次いで3番目に格差が大きいことが報告されています(経済協力開発機構(OECD)2014年調査)。

その理由は様々で複雑に絡み合っていますが、女性の働くことと直接関係するものとしてあげられるのが、「職場での男女の職種の差(例:一般事務は女性が担い、管理職は男性)」「女性がキャリアを中断することによる昇格・昇進の差」「女性の非正規雇用の多さ」です。

この3つはお互いに関連しあっており、共通して根底にあるのは、「家事・育児労働は女性が担うもの」という意識です。

たとえば、共働きの夫婦に子供が生まれた場合を考えてみましょう。(もちろん例外はありますが、一般論として考えてください)

夫の方が、給与が高い職種についている可能性が高く、将来を考えても昇格の可能性が高いので、経済的要因から妻の方が退職をする方が合理的と考えられます。妻が仕事を続けたとしても、育児との両立を考えて、仕事をセーブします。

両立が難しくなった場合、育児のために妻がフルタイム勤務を諦め、離職します。
復職するにしても、両立を考えて、負荷や責任がそれほど重くない仕事を求めます。あるいは、会社や上司が、両立の負担を考慮して、責任の重くない仕事を与えます。その結果、契約社員や派遣などの仕事に就く可能性が高くなります。

両立を考えて責任の重くない仕事を担当したとしても、「子どもを犠牲にしてまで続ける仕事ではない」と考え、離職することも少なくありません。

もし、あなたが「働き続けたい」と考えても、現状のビジネスの仕組みの中では、妻の方が働くことをセーブしたり、諦めたりすることの方が、合理的になってしまうのです。その結果、女性の「働きたい」という感情は、押し殺されたままになってしまいます。

もっと感情的に! もっとつながりを!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この状況を変えるのは、女性側が「働きたい」という思いを伝え続けていくことだと思います。ここでは、理屈だけで考えないで。あなたの感情を大切にしてください。

平匡さんのように(もしかしたら、あなたの会社の上司も)、女性を保護することが愛情や配慮であるという意識を持っている男性は根強くいます。「良いこと」と思い込んでいて、確かにありがたいことではあるので、なかなかそれを否定するのは女性にとっても勇気がいります。しかし、そこで遠慮や我慢をしていては、いつまでたっても状況は変わらないでしょう。

また、個々ではパワーが足りないので、女性同士がつながり、まとまった声とし伝えていくことも重要です。仲間が伝える姿を見て、自分も一歩踏み出せることもあります。男女雇用均等法世代の私として心強いのは、私たちの時代にはあまり見られなかった、女性同士のネットワークが、ここ最近、あちこちで生まれていることです(時に、男性も巻き込んで)

日々の忙しさに追われていると、つい横のつながりを持つ余裕を見失いがちです。しかし、自分の思いを明らかにし、強めていくのは、仲間からの刺激が効果的です。ぜひ、仲間を見つけていく一歩を踏み出してください。私もその仲間の一人です。

キャリアコンサルタント 朝生 容子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

2012年にキャリアコンサルタント・研修講師として独立。社会人のキャリア相談に乗るほか、セミナーや研修講師、執筆等に取り組む。

関連する投稿


41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

転職があたり前となった時代、キャリアを見直すタイミングが人生で何度か訪れると思います。しかし、数回のことだからこそ面接でどう話していいかわからないのは当然ですよね。今回は、面接対策をロジカルに考えて解説します。


WOMeを一緒に作りませんか? パートナー大募集!

WOMeを一緒に作りませんか? パートナー大募集!

40代女性向けメディア「WOMe(ウォミィ)」を一緒に盛り上げてくれる「WOMeパートナー」を募集しています。40代女性のリアルとホンネを追求し読み応えのある記事コンテンツを一緒につくっていきませんか!


「それだけは言っちゃダメ!」男に愛想を尽かされてしまう女の口癖とは?【神崎桃子の恋愛指南 #24】

「それだけは言っちゃダメ!」男に愛想を尽かされてしまう女の口癖とは?【神崎桃子の恋愛指南 #24】

あるあるすぎるこのシチュエーション。実は男性をどんどん萎えさせているだけなんですね…恐ろしい…。恋愛コラムニスト 神崎桃子さんの勉強になりすぎるありがたい記事を読んで、パートナーとの絆をさらに深く強くさせちゃいましょう!


男が女に嘘をつくその理由とは? あなたも彼氏や旦那につかれてる「男のこんな嘘」【神崎桃子の恋愛指南 #23】

男が女に嘘をつくその理由とは? あなたも彼氏や旦那につかれてる「男のこんな嘘」【神崎桃子の恋愛指南 #23】

嘘も方便? 男が女に嘘をつくのは立派な理由があるようです…。恋愛コラムニスト神崎桃子さんの鋭い洞察力で男の嘘問題をズバッときっていただきましょう。


【エモまと】私の人生このままでいいのかな? そんな迷いもアラフォーあるある!

【エモまと】私の人生このままでいいのかな? そんな迷いもアラフォーあるある!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


最近話題の「夫源病(ふげんびょう)」とは? 特徴と対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #81】

最近話題の「夫源病(ふげんびょう)」とは? 特徴と対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #81】

「夫源病」という言葉を聞いたことはありませんか? 夫が原因で起こる体調不良で、夫と一緒に居ると頭痛がしたり動悸が激しくなったり、ひどくなるとうつ病まで引き起こすことがあります。夫がいないときは平気なのに、夫がいると途端に発症する身体の不調、「夫源病」についてご紹介します。


ユニクロのリブハイネックTシャツで首元をカバーしてスッキリ見せ♪

ユニクロのリブハイネックTシャツで首元をカバーしてスッキリ見せ♪

リブハイネックTシャツがもう購入しましたらか? スッキリ見せプラス限定価格の時は、690円!!!可愛くてお得なんて最高ですよね♡ 寒くなる前の秋口なので、購入するなら今です。


「何度でもセックスしたい女」と「彼から誘われなくなってしまう女」の決定的な違いとは?

「何度でもセックスしたい女」と「彼から誘われなくなってしまう女」の決定的な違いとは?

昔はあんなに激しく求められたのに、気付いたら彼からの誘いは減って、私から誘ってばかり……。セックスの回数も減ってきて、以前ほど盛り上がらない。そんな状況に陥ると「もう女として見られてないのかも……。」なんて、不安になりますよね。「一緒にいる期間が長くなるにつれて、マンネリやセックスが淡泊になるのは仕方ない」と諦めていませんか?でも、どんなに長く付き合っても、いつまでも男性から求められ、セックスを楽しんでいる女性もいます。『何度でもセックスしたい女』と『彼から誘われなくなってしまう女』とでは、何が違うのでしょうか?男性の本音を調査してみると、思いもしなかった原因が明らかになりました。


「粘液力」アップする食べ物でからだの中から“膣”ケア【デリケートゾーンのケア方法#8】

「粘液力」アップする食べ物でからだの中から“膣”ケア【デリケートゾーンのケア方法#8】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで基本の洗浄・保湿ケア、そしてスペシャルケアのマッサージ、そして膣トレについてお伝えしてきましたが、今回は粘液力をアップする食べ物についてご紹介します。


本日公開映画『食べる女』メイキング映像 大女優たちの素敵な笑顔をチラ見しよう

本日公開映画『食べる女』メイキング映像 大女優たちの素敵な笑顔をチラ見しよう

9月21日(金)公開の映画『食べる女』。小泉今日子さん主演、鈴木京香さん、沢尻エリカさん、前田敦子さん、シャーロット・ケイト・フォックスさん、広瀬アリスさん他、豪華女優陣も話題のこの映画のメイキング映像が届きました!素敵な大女優たちの素顔が垣間見える本映像。ぜひご覧ください。


友だち追加






よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター