【アラフォーがキャリアを考える時 #8】働き続けたいあなたへ~「我慢」せず主張し、仲間を見つけよう! | 大人のワタシを楽しむメディア
【アラフォーがキャリアを考える時 #8】働き続けたいあなたへ~「我慢」せず主張し、仲間を見つけよう!

【アラフォーがキャリアを考える時 #8】働き続けたいあなたへ~「我慢」せず主張し、仲間を見つけよう!

キャリアコンサルタント朝生容子さんの連載もいよいよ今回が最終回。女性が働くということを考えた時、社会や家族などのしがらみのなかで、困難が待ち構えていることもあります。そんな日々を精一杯送るすべての女性たちへ朝生さんからのメッセージです。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「働く」のはお金のため?

先日行われた大学時代のサークルの集まりで、女性が働くことということについて、改めて考える経験をしました。

私が数年前に会社を辞め、フリーランスのキャリアコンサルタントとして働いていることを伝えたとき、ある先輩からこんなことを言われましたのです。

「だんなさんは大企業勤務なんだ。じゃあ、別にそんなに一生懸命働かなくてもいいじゃん」

確かに私は、定収のある夫のおかげで、収入が安定しないフリーランスであっても、明日の生活を心配する必要はありません。先輩の言葉には、「夫が妻を養っているなら、妻は、わざわざ外に出て働かなくてもよいではないか」というニュアンスと、「外で働くことは大変で負荷の多いもの」という前提を感じました。


経済的心配がないなら、外で働く必要はないのでしょうか?
キャリアを中断する人は、結婚などで経済的心配がなくなったから、離職しているのでしょうか?

男女の伝統的役割分担は、「愛情」ではなく「搾取」?

Getty logo

こうした割り切れない思いを、鮮やかに切り取って見せてくれたのが、2016年にドラマとしても大ヒットした漫画「逃げるは恥だが役に立つ」(以下、「逃げ恥」)でした。

大学院まで出たものの就職に失敗、かつ派遣切りにあって無職となった主人公、森山みくり。彼女が、父親の知人の津崎平匡の家で家事代行の仕事を始めたところから物語はスタートします。その後、お互いの事情から「契約結婚」という形態をとりながら、同居することになります。しかし、一緒に生活をするうちに、お互いに惹かれ合い、最終的に本当の結婚に至るというお話でした。

みくりは、平匡からのプロポーズを聞くうちに、嬉しさと同時に、もやもやとした疑問が湧いてきます。恋愛関係になる前の家事代行業を請け負っているうちは、家事について現金で報酬をもらっていました。ところが、平匡の言葉から、結婚後、みくりは「主婦」として、無償で家事労働をすることを想定していることがわかったからです。

結婚によって、みくりの生活は保障されます。働いて収入を得る必要はありません。しかし、その「仕事」が、自宅の「家事」であったとしたら?今まで有償で行っていたものが、「結婚」を経たことで「愛する人のために行う」ものとして無償提供することになるのでしょうか?

疑問を抱いたみくりは、平匡にこう指摘します。「それって“愛情の搾取”です」と。

「家族を養うのは男の甲斐性」という言葉に象徴されるように、夫が外で働いて収入を得て妻が家にいてもらうことは、もしかしたら、夫からすると、外の世界の厳しさから妻を守る愛情表現の一種であるかもしれません。平匡さんも、無意識にそう考えていたのではないでしょうか。

ところが、妻のみくりからすると、それは「愛情」というより「搾取」であると感じてしまう。その大きな認識ギャップを「逃げ恥」は提示したのでした。

平匡は、契約結婚をするにあたり、家事業務の報酬として、各種生活費を差し引いたうえでの月給19万4千円を支払う雇用契約を結びました。その算出の基となったのが、内閣府経済社会総合研究所が2011年に算出した専業主婦の無償労働評価額(年齢平均)の 304.1 万円です。

しかし、現実には通常の結婚において、家事労働に現金報酬を支払うことは稀です。家事代行業者であれば金銭を払っていても、妻が専業主婦として家事全般を担った場合は支払わないでしょう。

そこには、「家族への愛情があるなら無償労働は当たり前」といった隠された前提があります。夫が、自分が外に出て厳しい世界から妻を守る代わりに、妻には家事労働で愛情表現を求めているとも解釈できるのではないでしょうか。

もちろん「愛があるならお金はいらない。好きな人のためなら喜んで家事をするわ」という人もいるでしょう。その価値観は否定しません。しかし「逃げ恥」のみくりは、そうしたタイプではありません。仕事がないからといって実家に居候することを良しとせず、経済自立のために市議会議員立候補の可能性まで探る女性です。

平匡さんが当初、想定した「みくりが無償で家事、自分は外で働き続ける」という家庭像は、愛情のようであって、実はみくりの価値観や意欲を軽視したものだったのです。それは、本当の愛情とは言えません。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

2012年にキャリアコンサルタント・研修講師として独立。社会人のキャリア相談に乗るほか、セミナーや研修講師、執筆等に取り組む。

関連する投稿


【#FocusOn】40代の苦しさに向き合ったからこそ、今の私がある キャリアカウンセラー朝生容子さんインタビュー/最終回

【#FocusOn】40代の苦しさに向き合ったからこそ、今の私がある キャリアカウンセラー朝生容子さんインタビュー/最終回

WOMeでアラフォーのキャリアについて連載いただいたキャリアカウンセラー朝生容子さん。2014年にあることがきっかけで『子供のいない人生を考える会』という会を立ち上げました。そんな朝生さんが考える子どもを持つということ、40代の過ごし方についてお話いただきました。最終回です。


【#FocusOn】『ずっと問い続けている。自分にとって何が幸せなのか、と』朝生容子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】『ずっと問い続けている。自分にとって何が幸せなのか、と』朝生容子さんインタビュー<第二回>

WOMeでアラフォーのキャリアについて連載いただいたキャリアカウンセラー朝生容子さん。現在『子供のいない人生を考える会』という会を立ち上げ活動をされています。それはご自身の辛い妊活や出産を諦めた経験からでした。朝生さんに想いを伺ったインタビュー二回目です。


41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

転職があたり前となった時代、キャリアを見直すタイミングが人生で何度か訪れると思います。しかし、数回のことだからこそ面接でどう話していいかわからないのは当然ですよね。今回は、面接対策をロジカルに考えて解説します。


WOMeを一緒に作りませんか? パートナー大募集!

WOMeを一緒に作りませんか? パートナー大募集!

40代女性向けメディア「WOMe(ウォミィ)」を一緒に盛り上げてくれる「WOMeパートナー」を募集しています。40代女性のリアルとホンネを追求し読み応えのある記事コンテンツを一緒につくっていきませんか!


「それだけは言っちゃダメ!」男に愛想を尽かされてしまう女の口癖とは?【神崎桃子の恋愛指南 #24】

「それだけは言っちゃダメ!」男に愛想を尽かされてしまう女の口癖とは?【神崎桃子の恋愛指南 #24】

あるあるすぎるこのシチュエーション。実は男性をどんどん萎えさせているだけなんですね…恐ろしい…。恋愛コラムニスト 神崎桃子さんの勉強になりすぎるありがたい記事を読んで、パートナーとの絆をさらに深く強くさせちゃいましょう!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。9月後半の運勢のポイントを要チェックです。


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

加賀四湯のひとつで開湯1300 年の歴史をもつ温泉、加賀温泉郷「山中温泉」。俳聖・芭蕉がこよなく愛したというまろやかな湯は美肌の効能があるとされ、環境庁・観光庁後援「うるおい日本プロジェクト 温泉総選」 女子旅部門2016‐2017 年の2-3 位にも選ばれました!そんな山中温泉の「かがり吉祥亭」が今、注目を集めています!


映画『エセルとアーネスト』大切な人がそばにいる奇跡【沁みる映画 #05】

映画『エセルとアーネスト』大切な人がそばにいる奇跡【沁みる映画 #05】

「スノーマン」という絵本をご覧になった方は多いのではないでしょうか? 優しいタッチのスノーマンはキャラクターとしても広く愛される、絵本の名作です。世界中にファンを持つイギリスの絵本作家レイモンド・ブリッグズが描き出す世界はとても優しく、時にリアルに私たちの心を打ちます。そんなレイモンドが描いた『エセルとアーネスト』は自信の両親の人生を描いた原作をアニメーション化したもの。過酷な時代生きたふたりの平凡な男女の世界を温かくもリアルに描きます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google