サロンは高い…自宅でシミを消す方法ってないの? | 大人のワタシを楽しむメディア
サロンは高い…自宅でシミを消す方法ってないの?

サロンは高い…自宅でシミを消す方法ってないの?

女性にとって大きな悩みの一つ「シミ」は、若くてもできる人、加齢とともに広がる人などさまざま。すぐにでも消したいときはエステやクリニックでなどでレーザー治療や除去施術などをしますが、保険適応外でかなり高額です。即効性はありませんが、スキンケアや食生活で、肌状態をよくしながら健康的にシミ対策することをおすすめします。


日々の食生活とスキンケアでシミ対策を!

シミの原因はメラニンと言われていますが、いくら紫外線に気を付けていても、不規則な生活やストレスなどによる代謝不良でもメラニンの沈着を促してしまいます。また、もやもやと輪郭のはっきりしないシミは、加齢により肝臓の働きが弱くなりできるものです。

シミは一度できてしまうと、自然に消したり薄くするのは困難。紫外線によってさらに色素が沈着し、濃く大きくなっていく場合がほとんどです。ファンデーションやコンシーラーで目立たなくする人もいますが、できることならなくしたいもの。

クリニックやエステサロンのようにすぐには消せませんが、自宅での日々のセルフケアで十分に薄くすることも根治することもできます。スキンケアを変える、食生活に気を付ける、夏だけでなく他の季節も紫外線を気にするなど、日常のほんの少しの意識と努力を続けることで、健康的なシミ除去と、シミを増やさない・つくらない対策ができるのです。

ビタミンCなど抗酸化物質の多い食材でシミ対策

紫外線を浴びたり、ストレスが溜まったりすると皮膚の中で活性酸素が大量発生します。この活性酸素が皮膚を作っているタンパク質や脂肪を酸化させてシミの原因となります。皮膚を酸化させないためには、抗酸化物質を摂ることが必要。ビタミンCが代表的で、パプリカやピーマン、パセリ、ゴーヤ、モロヘイヤなどに多く含まれます。

とくに赤いパプリカには、1日のビタミンC摂取目安量(100mg)を大きく超える170mgも含まれており、パプリカを1日に半分食べるだけで十分なビタミンCが摂れるという優れた食材。加熱しておいしいのはもちろん、生でも食べられるから、ピクルスやサラダで気軽に食卓に取り入れましょう。

他には、豚肉や大豆、昆布などに多く含まれるビタミンBや、魚の肝や魚卵、イワシなどに含まれるビタミンEも抗酸化物質の多い食材です。赤ワインに多いポリフェノールや緑茶に多いカテキンなども抗酸化物質となっています。これらの栄養素はサプリメントで手軽に補うこともできますが、できるだけ意識して日々の食生活に取り入れて、肌と身体の健康状態を保ちましょう。

自分のシミの種類を理解して化粧品でセルフケア

シミは紫外線によるメラニン沈着による影響と思っている人がほとんどですが、シミの中でもさまざまな種類とたくさんの原因があるのです。一般的にシミというと、老人性色素斑や炎症性色素沈着、脂漏性角化症、雀卵斑(ソバカス)、肝斑などのことを言いますが、自分がどの種類のシミかを知ることで対処方法が変わります。

最も多いのが、主に紫外線が原因でできる老人性色素斑で、顔だけでなく腕や手の甲にもできます。炎症性色素沈着はニキビ跡や傷跡からシミになったもの、肝斑は鎖骨あたりにぼんやりできるシミの種類です。日々セルフケアを続けていれば、十分に薄くしたりなくしたりできるタイプのシミなので、美白効果のある食生活やスキンケアなどを取り入れていきたいものです。

例えばスキンケアでシミ対策をしたい場合は、初期の老人性色素斑や雀卵斑、炎症性色素沈着などの場合は、美白化粧品が効果的。美白成分である「ビタミンC誘導体」を多く含まれた化粧水や美容液、パックなどを日々のスキンケアで使用することで、シミが薄くなったり、なかには消えてなくなることもあるかもしれません。

美白化粧品の中には「美白成分」という厚生労働省認可の成分が含まれて市販されているものもあります。この「美白成分」入りの化粧品なら、働きが期待できそうなうえ、安心して使えるのが魅力です。しかし、肌状態はさまざま。敏感肌の人は美白効果の高い化粧品は肌荒れの原因になることもあります。

シミの種類を理解するところから

スキンケアでシミ対策するなら、まずは自身のシミの種類を理解し、肌状態に合ったものを選ぶことが大切といえます。自宅でできるシミケアのポイントは、自分のシミのタイプに合ったスキンケアでのセルフケアを続けていくことです。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

YA

大人の女性向けの美容情報をどんどん発信します!みんなでキレイになりましょう♡

関連するキーワード


シミ セフルケア

関連する投稿


腕のシミが気になる… 美容専門家が教えるケア方法【本気で始める美容・エイジングケア#13】

腕のシミが気になる… 美容専門家が教えるケア方法【本気で始める美容・エイジングケア#13】

いつの間にか腕にシミが出始めている…特に日焼けをした覚えがなくてもポツポツとシミを見つけるとガッカリしちゃいますよね。時短美容家の並木まきさんに、手や腕に浮かび上がってきたシミのお手入れ法を教えていただきました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

40代になって「生え際」が気になり始める人は多いのではないでしょうか。年齢からくるお肌のたるみと一緒に、生え際と頭皮も一緒にケア出来たら…。そんなお悩みにぴったりな美容液があります!WOMe編集部で実際に使ってみました。


目元のシミ・クマを撃退!「エインジング下まぶた」をふっくら涙袋に【本気で始める美容・エイジングケア#14】

目元のシミ・クマを撃退!「エインジング下まぶた」をふっくら涙袋に【本気で始める美容・エイジングケア#14】

「エイジングに伴って、目元の“涙袋”も若い頃とは様子が違ってきた……」という女性のお声も時折耳にします。加齢によって目元がたるんでしまうと、せっかくの涙袋がシワやクマのように見えてしまうこともあります。そこで今回は、目の下のシワやクマをフォローするアラフォー女性の目元メイクについて、時短美容家の並木まきがお話します。


紫外線は肌だけじゃない!目もしっかりと保護しよう!

紫外線は肌だけじゃない!目もしっかりと保護しよう!

アラフォーに差し掛かると、少し日差しを浴びただけですぐにシミができてしまいますよね。実はこれ、肌の衰えだけではなく、目から入った紫外線が影響を与えていることもあるのです。美肌をキープするためには肌の紫外線対策だけでなく、目の保護もしっかり行いましょう!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


『「指プレス」でシワのばし』スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー第一回【#FocusOn】

『「指プレス」でシワのばし』スピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さんインタビュー第一回【#FocusOn】

著書『「指プレス」でシワのばし』がビューティ感度の高い芸能界や美容業界の人たちの間で話題のスピリチュアル ビューティセラピスト田中由佳さん。モデルやタレントさんなど、多くの顧客を抱える田中由佳さんが自宅でできるシワのばしのメソッドをまとめた一冊はシワが気になるアラフォー女性は必読! 田中由佳さんにシワ改善の秘訣をインタビューしました。


「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「セックスしたくない!」3回よぎったら夫との関係見直し時【オトナ夫婦の寝室事情#3】

「旦那とセックスしたくない…」“夫やパートナーと3回セックスしたくないと思ったら見直し時”。夫婦仲相談所の三松さんはそう語ります。産後やライフスタイルの変化、加齢…セックスしたくなくなる理由や原因には根深く複雑な女心が絡んでいるようです。


離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

出産後から、夫婦の仲がギクシャクしてしまうのが「産後クライシス」。最悪の場合、離婚まで発展することもあり、決して軽い問題ではありません。産後クライシスを防ぐには、何より自分の意思をきちんと伝える姿勢が重要。どんなコミュニケーションを取っていけば良いか、ご紹介します。


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google