紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】 | 大人のワタシを楽しむメディア
紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

紫外線カットはアラフォーの基本 秋冬もしっかりUVケアを!【本気で始める美容・エイジングケア#25】

「日焼け止めは夏だけでいいのよね?」と、誤解してはいませんか? 確かに、夏場の紫外線は凄まじいものがありますが、秋になったからといって、紫外線がゼロになっているわけではありません。紫外線対策に手を抜きたくなる季節ですが、実は対策ゼロはとっても怖い! もしかして、「日焼け止めは夏だけ」なんてこと、ありませんよね?


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「夏に比べると紫外線も少なく、日焼けはしないような気がします」

太陽がさんさんと照りつける夏場は、少し外に出ただけでも目に見えて日焼けします。
そして、秋になって日差しが弱まって来ると、ちょっと外に出たくらいでは、確かにそこまでは日焼けしません。

しかし、紫外線は一年中、降り注いでいます。
参考までに、気象庁が発表している「紅斑紫外線量(※)」のデータをご紹介します。

気象庁|日積算紅斑紫外線量の月平均値グラフ

札幌から那覇まで、日本の年間の「紅斑紫外線量」をみてみると、紫外線量が一番多いのはやはり7~9月、紫外線量が減る、10~2月の秋冬でも、並み程度の紫外線があります。

※「紅斑紫外線量」とは、紫外線が人体へ及ぼす影響の度合を示す量を指します。継続的に浴びると皮膚が赤くなる(紅斑)などの変化が起きる紫外線で、長年にわたって繰り返されると、皮膚ガンや白内障の発症率の増加など健康に悪影響を与えることで知られています。(出典:気象庁)

つまり、秋冬でも紫外線対策は、マストなのです。そこで、秋にも怠るべきではない紫外線ケアを2つお話します。

1:紫外線をカットする日焼け止めorメイク下地は一年中を通して使いましょう

Getty logo

紫外線は一年中降り注いでいますので、季節は関係なくベースメイクの前には必ず紫外線をカットする日焼け止めやメイク下地を使いましょう。日常生活で浴びる紫外線を防ぐ程度であれば、SPFやPAはそこまで強いものでなくても大丈夫。オフィスワーカーで通勤時だけ太陽を浴びる人でれば、SPF値は30もあれば十分とされています。

また、PA(紫外線A波を防止する値)も強いほうが安心感は高まるものの、秋冬の紫外線A波は夏場よりも少なくなっていますので、PA++程度を目安にするとよいでしょう。

つまり、真夏よりも降り注ぐ紫外線の量が減少しているので、使用する日焼け止めも夏場よりはパワーを抑えたものでも十分と言えます。

2:ボディの紫外線対策も忘れずに!

紫外線が降り注ぐのは顔だけではないため、洋服を着ても太陽に当たることの多い手の甲や手首にも、塗り忘れのないように気をつけて。

有害な紫外線をカットするためには、まずは塗り忘れる箇所を極力減らす! これに尽きるのです。短めのボトムスを着ている日には、足も出ていますから、ストッキングを履く前に日焼け止めを塗っておくと安心です。

どんな日焼け止めを選ぶのがベスト?

Getty logo

空気が乾燥する秋冬、特にお肌のカサカサが気になる方は、モイスチャー成分が配合されている日焼け止めや下地を選ぶと良いでしょう。一昔前は「カサつく」というイメージが強かった日焼け止めですが、最近は潤いを重視した乳液タイプやヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合されているものも多く発売されています。

さらに、日焼け止めを時短で済ませたいなら、スプレータイプのものが便利。私は、この夏からスプレータイプの日焼け止めを愛用しています。特にボディは外出直前にシューっとひと吹きして手で伸ばすだけ。簡単に紫外線対策が完了します。

日焼け止め対策は1年を通して継続して!

40代になると、乾燥やシミ、しわなどの年齢肌トラブルが多くなります。これは年齢とともにお肌のうるおい成分が減少することも要因のひとつですが、実は若い頃に紫外線を多く浴びた場合も、こうしたトラブルを引き起こしているといわれています。しっかり紫外線ケアをしているのに「気づかぬうちにシミが増えてきた!」という方はそうしたことが要因かもしれません。

「もう、シミが出ているから、今さら紫外線対策しても無意味よね?」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、これまで浴びてしまった分は仕方ないとしても、これから浴びる量は、できるだけ減らしていくに越したことはありません。

年間を通して、日焼け止め対策は怠らないことも、年齢に負けない肌づくりには重要な心がけです。
これまでは「夏場しか日焼け止めを塗らなかった」という方も、ぜひ今年からは年間を通しての対策を意識してみてください。

時短美容家 並木まき



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

時短美容家・ライター・コラムニスト。前市議。2現職議員の頃に「美人すぎる市議」として各種出演。

関連するキーワード


紫外線 日焼け メイク下地

関連する投稿


40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

40代のほうれい線は10歳も老けて見える? お肌の“たるみ”解消法

アラフォー世代の私たちは「たるみ」やすいお年頃。特に顔のたるみ(ほうれい線やゴルゴ線)があると、10歳も老けて見えてしまうことも。そこで今回は老けて見える原因となる「顔のたるみ」の解消法をご紹介。早速チャレンジしてみてください。


紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線カットの正しい方法とは? SPFとPAって何?【アラフォーから始める美肌作り#20】

紫外線は40代女性の大敵! しっかりカットしたいけれど、ちょっと待って。SPFとPA…しっかりその意味理解できていますか? スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


腕のシミが気になる… 美容専門家が教えるケア方法【本気で始める美容・エイジングケア#13】

腕のシミが気になる… 美容専門家が教えるケア方法【本気で始める美容・エイジングケア#13】

いつの間にか腕にシミが出始めている…特に日焼けをした覚えがなくてもポツポツとシミを見つけるとガッカリしちゃいますよね。時短美容家の並木まきさんに、手や腕に浮かび上がってきたシミのお手入れ法を教えていただきました。


紫外線を浴び過ぎた~! 日焼け後の応急ケアはどうしたらいい?【アラフォーから始める美肌作り#9】

紫外線を浴び過ぎた~! 日焼け後の応急ケアはどうしたらいい?【アラフォーから始める美肌作り#9】

予想外の陽射しに真っ赤に日焼けしてしまった…そんな経験をされた方も多いと思います。若い頃ならいざしらず、アラフォーでこの体験は正直ツライですよね。そこで今回は日焼けでダメージを受けた肌の応急ケア方法について教えていただきます。


秋肌に差がつく! 食べ物&飲み物でできる紫外線ケア

秋肌に差がつく! 食べ物&飲み物でできる紫外線ケア

ギラギラした太陽、夏休みに旅行に海に……と夏を満喫していますか? 季節を問わず行う紫外線対策は今やマスト。日焼け止めはこまめに塗り直して、外出中は日傘や長袖で防御と気を使っていても、実は普段の食事でその効果は半減しているかも⁉ 体の内側から紫外線対策をして、強い日差しに負けない美肌ケアが大切です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【1月20日(月)~1月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月20日(月)~1月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #2】気になるニオイもぬか漬けを食べて一発解消♡

こんにちは!大湯みほです。なかなか人には言えない悩み。口臭が気になる…オナラが臭いかも?身体が弱ってる疲れてる、ストレスが多いと、ダイレクトに腸は影響を受けるんです。ガスが溜まってるようなそんな時って、オナラや口臭が気になりしませんか? 腸内に悪玉菌が増えてる証拠です! でも大丈夫! そんな時の強い味方がぬか漬けです♪


スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

スープジャーは料理が苦手な人の救世主『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<第二回>#FocusOn

お昼まで待つだけで、美味しいスープができる!と話題のレシピ本『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)。著者でスープ作家の有賀薫さんにお話を伺いました。


自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

自分の「膣まわり」ちゃんと見ていますか?【大人のデリケートゾーン&膣ケア#2】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケアについて植物療法士 森田敦子さんに教えていただく人気連載。今回は女性の幸せのカギを握る「膣まわり」について。自分の膣周りについて、真正面から見つめことはありますか? そしていったいどんな場所なのかきちんとご存知でしょうか? まずは正しく“知る”ことから始めましょう。


2020年1月 後半編(1/15~1/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2020年1月 後半編(1/15~1/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。1月後半の運勢のポイントを要チェックです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google