親のせいで結婚できない? 母との関係を見直す婚活【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #10】 | 大人のワタシを楽しむメディア
親のせいで結婚できない? 母との関係を見直す婚活【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #10】

親のせいで結婚できない? 母との関係を見直す婚活【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #10】

真面目で空気を読み、相手の顔色をうかがいがちな方。「いつまでも独身で親に悪いな」と親を安心させるために結婚しなくてはいけないと責任を感じていませんか? しかし、親のために結婚しなくていいのですよ。もし、あなたの婚活がうまいくいかないとしたら、親との関係を見直すタイミングかもしれません。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

いつまでも独身で親に悪いな・・・という罪悪感

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

「親が勧めるから結婚相談所に入りました」
という方は非常に多いです。親が思いつく古風な出会いの場といえば結婚相談所ですし、アラフォーの親世代は半数がお見合い結婚。

親が結婚相談所を勧めるのはよくある話なので、きっかけの一つが親の意見でもいいと思います。

ところが真っ先に「親が言うから」というあなたはご自分の意思はありますか?

「親に結婚式を見せてあげたい」
「いつまでも独身だと親に悪い」

そう思う方は、親の期待に応えるためにこれまでやってきたことを思い出してみましょう。

親に言われて進学し、親が安心する勤務先を選んできていませんか? あなたが探す「いい男」は親に紹介しやすい男ではないですか? あなたが思う「いい結婚相手」は本当にあなたが決めた条件の男性ですか?

親が決めた「いい学校」を“いい学校”と思い込み、親が決めた「いい仕事」を“いい仕事”と思い込み、今度は親が決めた「いい男」を“いい男”と思い込んでいるとしたら、危険です。自分の軸がないとただ振り回されるだけです。

みんなが結婚するから結婚しなきゃダメって誰が決めた?

Getty logo

「独身だと親に悪いな」
という罪悪感を持つ原因を振り返ってみましょう。

これまでご相談にいらっしゃったアラフォー女性の中にはずっと実家暮らしだったという方や、頻繁にお母さんと買い物や旅行に行くという方もおりました。

「あなたのためにやっているのよ」
「ほら、お母さんのいう通りにしなかったから失敗したでしょ」

もしかしたらお母さんはあなたが子どものころ、こんな口癖が多かったかもしれません。結果的に人の気持ちを先読みして、相手の顔色をうかがいがちになる。自分の意思より人がどう思うかばかりを気にするようになる。そのお母さんから言われたことをきちんとこなしながら成長した真面目ないい子ほど、残念ながら婚活は苦戦しやすいのです。

だって結婚に「正解」も「正しい」もないから。
反抗期もなく、素直で従順だった子どもは親からすれば育てやすい子だったでしょう。しかし、「○○がしたい」という自己主張が乏しい女性は喜ばせ方が分からず男性からすると扱いにくいのです。

自分のやりたいことではなく周りにあわせてなんとなく生活してきて、進学、就職、結婚などの人生のターニングポイントも「親が言うから」「みんながやるから」と大きな決断を他人に依存しがち。

そして、親はあなたに「この学校がいい」「この会社がいい」「こうしなさい」といろいろ指示をしてきませんでしたか?

そして、親の意向に沿って生きてこなかった? 親のために結婚しようとしているなら、あなたは婚活をリセットしたほうがいいです。自分の人生を使って親の期待に応えないでもう自由になっていいのです。

「自分に原因がある」と考えるアラサー。「親のせい」にするアラフォー

「親が過干渉で躾に厳しかったから結婚できない」
「親が結婚しなくていいから、家にいて自分の世話をしろというんです」
「親がずっと一人暮らしはあなたにはムリといって一人暮らしができなかった。だから私は結婚できなかった」

親のせい、実家のせいで結婚ができなかったというアラフォー女性は多いです。

ですが、親が過干渉だったという方は20代でもアラサーでもご相談にいらっしゃいます。

若いうちに気が付いた方は親のせいにせず

「今、私が変わらないといけないですよね」

と自分のことととらえていることが多いです。32歳ぐらいまでの方は親のせいにしない。若くて挽回ができるからといえばそれまでですが、ある日突然アラフォーになったわけでもないのにアラフォーの方が出会いがない原因を自分にあると思わず責任転嫁しがち。

成人してから10年以上たって「結婚できないのは親のせい」って甘えすぎです。

行動しなかった責任を親に擦り付けるな

Getty logo

「なぜ、私は結婚できないと思いますか?」

という質問をする方がいるのですが

「結婚したいけどどうしたらいいですか?」

と自分で結婚したいと決意をしない方は難しいです。だって自分のことなんですよ。

誰かが決めたことはその決めた誰かのせいにできるでしょう。親が決めたとおりにやってきて、今が独身だから親のせいにするアラフォー独身者に足りないのは自分の責任で決断することです。

うまくいかないことがあっても自分の責任。失敗が怖いかもしれません。しかし、失敗する恐怖を超えて行動する方は全て経験にして行きます。

確実に成功する方法を探して行動しないでアラフォーになれば、行動しなかった責任を親に押し付けたくなるでしょう。
でもその幼さ、依存体質で重いところが出会いのチャンスを遠ざけるのです。
安心・安全が保障されている結婚なんてないのですから。

今から反抗期をやろう。結婚・婚活に親の理解は不要

Getty logo

今のあなたに必要なのは反抗期。
あなたの結婚や婚活に親の理解は必要ないのです。

「これをやるからね」

と決定してから事後報告でいいのです。

親の方が

「私が過干渉すぎたからあの子は自立できなかった。控えたほうがいいな」

と反省して行動を変えることはありません。だってもう70歳ぐらいではないですか? 親はそのまま人生逃げ切れるのですよ。

結婚してからも人生は大きな決断が続きます。その時に旦那より実家に相談するような娘ではいずれ夫婦関係は破たんするでしょう。独身のうちに気が付いたならラッキーですよ。

誰かの娘の人生を辞めて、ひとりの女性として生きていきましょう。

今、出会いがないのだとしたら、それはきっと親との関係を見直すタイミング。あなたはどう生きたいのでしょうか? 答えはあなたの中にあります。

恋愛・婚活コンサルタント 菊乃



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「出会いがない」という女性向け恋愛・婚活コンサルタント。

関連する投稿


流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返すと良く言いますよね。ちょっと昔のドラマを見ると「時代だな〜」と感じるものですが、中には、「ん? 今でも全然いける! 今のドラマのラインナップにあってもおかしくない」という作品って意外とあるものです。今回は、いま放送しても高視聴率を取りそうな90年代なつかしドラマ3選ををご紹介します。


【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

【35歳からのリアル 私たちのホンネ…#3/前半】毒母の呪縛、犯罪者になった元夫

アラフォー女性たちのリアル聞くオリジナル企画。なにものでもない、ひとりの女性が今なにを思い、仕事をし生きているのか。アラフォーともなればみんなそれぞれ傷を負いながら生きています。傍から見たらキラキラ幸せそうに見えますが、決してそれだけではありません。そんなそれぞれの人生を赤裸々に語っていただくシリーズ企画です。


意外と多い⁉ 男性のマリッジブルー 結婚直前で婚約破棄されないために【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#2】

意外と多い⁉ 男性のマリッジブルー 結婚直前で婚約破棄されないために【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#2】

実は意外と多いらしい男性側のマリッジブルー。再婚ならともかく、40過ぎまで独身貴族を謳歌してきたアラフォー男性は結婚を一度決めても、結婚式が近づき、結婚準備に追われ、結婚生活のことを考えるとどんどんマリッジブルーになることがあるとか…。そんな時どう対処したらいいのかウエディングプランナーの葉山さんに教えていただきます。


アラフォーの私が結婚式をするのは周りの目が気になる…【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#6】

アラフォーの私が結婚式をするのは周りの目が気になる…【アラフォー女性の結婚式のお悩みに答えます#6】

最近、アラフォー女性の皆様から「アラフォーにもなって結婚式なんてしてもいいんでしょうか…」という消極的なお声をよく聞きます。結婚式に年齢なんて関係ない! 声を大にして言いたいです。それは結婚式の本質を知ればわかっていただけると思います。安心してくださいね。


不倫男が「離婚しない」理由とは?【神崎桃子の恋愛指南 #12】

不倫男が「離婚しない」理由とは?【神崎桃子の恋愛指南 #12】

奥さんとは離婚すると言いながら離婚しない不倫男…。ついその言葉を信じて待ってしまい泥沼に。よく聞く話ですが不倫をしている男性はいったいどんな心理で不倫をしているのでしょう? 不倫の果てに何があるのか…恋愛コラムニスト神崎さんにぶった切っていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

『ちつのトリセツ』 著者 原田純さんインタビュー│膣内が硬くなる 年齢とともに変化するデリケートゾーン&膣

原田純さん著、たつのゆりこさん監修『ちつのトリセツ』はデリケートゾーンの教科書と言っても過言ではありません。年齢とともに膣が硬くなる…なんてこと、ご存知でしたか? 最近ではセックスをしない人たちも増えてきていますが、そうすると膣の老化はさらに加速していくらしいんです。目から鱗どころか衝撃が走りまくる、日本初の“ちつケア”入門書『ちつのトリセツ 劣化はとまる』。自らを実験台に書き上げた著者、原田純さんにお話を伺いました。


流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返す⁉ 今でも高視聴率を取りそうな90年代ドラマ3選

流行は繰り返すと良く言いますよね。ちょっと昔のドラマを見ると「時代だな〜」と感じるものですが、中には、「ん? 今でも全然いける! 今のドラマのラインナップにあってもおかしくない」という作品って意外とあるものです。今回は、いま放送しても高視聴率を取りそうな90年代なつかしドラマ3選ををご紹介します。


世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

世間の目ばかり気にしてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#13】

「世間の目なんて関係ない」頭ではそう思っていても気になってしまう。こんな服でおかしくないかな、子どもに変なもの食べさせてると思われないかな、夫は会社で馬鹿にされていないかな…など思い当たることはありませんか? 人の目を気にしない自分になるにはどうしたらいいのでしょうか? 脳神経外科医の山下あきこ先生に教えてもらいましょう。


「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

「粘膜ケア」で膣に潤い 膣マッサージの方法とおすすめのオイル紹介【デリケートゾーン&膣のケア方法#6】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。基本の洗浄・保湿のケアをはじめたら、次にぜひチャレンジして頂きたいのが膣マッサージです。オイルをつかった膣マッサージのスペシャルケアで粘液力のある膣を手に入れましょう!


「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

女性の皆さんなら誰もが一度は、ダイエットに関心を持ったり、経験したりしたことがあるのではないでしょうか。ダイエットと貯金は似ています。ダイエットも貯金もその人にあったペースで続けると確実に効果が出ます。両者にはさまざまな共通点がありますので、今回はダイエットと貯金の共通点を探っていきたいと思います。


友だち追加



人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google