心を変えようとして迷走… まず変えるべきは“外見”です!【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #11】

心を変えようとして迷走… まず変えるべきは“外見”です!【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #11】

興味がない男しか寄って来ない。友だちからは高望みって言われるけれど妥協して結婚すべきなの? そんなモヤモヤを抱えてアラフォーになった女性たちは、自分のことで精いっぱいで社会に興味関心が薄くなります。心構えを変えようとして私のところにご相談にいらっしゃる女性はなんか時代が止まっているんです。実は変えるべきなのは心構えじゃ


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

メンタル変えようとして時間を無駄にするな。“外見”を変えろ!

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

「出会いがないというか、出会いの場に出ていっても落ち込むばかり。興味を持てない男性しかいない。この年でそんなことを言っている場合じゃないのはわかるけれど、妥協しないと結婚できないんでしょうか?」
そういった悩みの方も多いですね。厳しい言い方をすれば、その興味がない男性というのがあなたと同じレベルなんです。しかし、結婚という一大事に誰でもいいというわけにもいかないのもその通りですよね。

友だちからは「高望みなんだよ」「白馬の王子様なんていないのよ」と現実的なことを言われ、さらに自己嫌悪。真面目な女性ならば、一定の年齢を超えた女性はあまり人気がないということは理解しているでしょう。でも理屈は理解しても心が付いてくるわけじゃありませんよね。

そんなマジメな女性はよくメンタルや心構えを知ろうとして私のところにいらっしゃいます。しかし、そんな女性って自分がどう思われるかばかりを気にして社会に興味を持っていないので、時間が止まっているのです。まずは鏡を見て街を見渡してみませんか?

アラフォーになるとダサい、幼いは誰も注意しないし気が付けない

時間が止まるとはどういうことかというと、20代で覚えたメイクや服装から変化していないのです。毎日「これが流行っている」という情報が流れますね。でも「これはもう流行っていない」「その年ならこれは辞めよう」という情報はないのです。自分が社会や周りに興味を持って、感じ取っていくことでしか辞め時は分かりません。

他のことばかり気にして、自分の外見が時代遅れだったり幼いままということに気がつけない方はとても多い。

そこで、10年前のメイクのまま止まっている女性をメイクアップアーティストの片桐愛未さんに再現してもらいました。

【イタイ時代遅れアラフォー女性の特徴】
・目を大きく見せようとしてアイラインでしっかり囲む囲み目をしている。
・眉毛が細くて幸薄そう。 
・目を大きく見せるために口紅はヌーディーな色。
・ファンデーションだけでシワなどを隠そうとしてツヤがない厚塗りに。
・若者がやるほぐした髪がただの乱れている髪になっている。
・ヒートテックが襟ぐりから見えている。

“目力アップ”“若く見せよう”“かわいくなろう”は今すぐヤメテ!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「私が変えるところってそこからだったんですか!」「出会い以前の問題だったんですね」とよく言われます。ここで掲載しているような写真をみても「あ~いるいる。でも私はここまでひどくないし外見は大丈夫だろう」って思っているのだとか。手抜きしているとかだらしないとは気が付けないのです。

気が付けないのにも理由があります。
まず最も大きいことは30歳を過ぎた女性にたいして外見の指摘をする人はそういません。言っても怒らせるかもしれないし、誰も徳はしないでしょう。  
あとはご本人が方向がずれている努力をしているので気が付けないのです。

ある女性はほとんど化粧っ気がないのですが、メイク時間を聞いたら毎朝20分以上かけてました。化粧っ気が感じられないのは口紅やチークが薄いため。20代の時に流行った口紅はベージュピンクでしたが、アラフォーがそんな色を塗っても顔色明るくならないのです。彼女が時間をかけていたのはアイメイクでした。そしてカワイイ服を着ておりました。

別の女性はディオールのアイシャドウやランコムのマスカラなどの値段が高い化粧品を使ってました。だからと言って似合うメイクになるとは限らないのですがお金出すと頑張っていると錯覚しますよね。「そんな年に見えない」と言われるので大丈夫と思っていたのだとか。              

お金や時間をかけて、目を大きく見せよう、若く見せよう、かわいくなろうと見当違いの努力をしているので外見はイケてると勘違いしちゃうのです。

男性の高望みじゃなく自分に対して高望みをしよう

今から10年前は目を大きく見せるメイクが流行りました。しかし今、テレビにマツエクなんてしている人は出てこないでしょう。流行に流されろというわけじゃないけれど、手間暇かけて時代遅れの顔を再現しても何の得にもならないのです。

なんとなく同じことを繰り返して毎日のことだから気が付けなくなっていませんか?

時間やお金はかけているけれど目指す方向が“目を大きく見せること”“若く見せること”“かわいく見せること”なんです。その努力をやめませんか? 10年前はかわいく見せる、目を大きく見せることは正解だったかもしれません。

しかし、あなたにとって今「ステキだな」と思える女性ってどんな女性でしょう? そしてその女性はなぜステキなのでしょう? 目が大きいからではないはずです。

出会う男性にダメだしする前に、自分がどうなりたいか目標を決めましょう。自分に対しての高望みならいくらしてもいいのです。他人は変わらないけれど、自分は変えられます。若くはなれないけれど、メイクや印象は変えられます。

いい男が寄って来ないのはあなたがダサいからです! ブスだからです!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妥協して男を選ばなくてもいいですが、まずはあなたが自分に対して妥協しないでください。あなたに寄って来る男性はリードしてくれないし、気が利かないし、イケてないかもしれない。

ですが、じゃあ、あなたは?

20代の店員の店で服を買い、「キレイ」の基準が10年変わっていないのに体は老いて、社会も変わっていく。そんなダサい幼いおばさんを見て「このぐらいの女性なら、僕でも落とせるかも」と思って男性が寄ってきてるだけです。

メイクのセミナーに参加された女性からその後「前から友達だった男性と付き合うことになった」「お見合いで誰からも断られなくなった」「男性が見送ってくれたり迎えに来てくれるようになった」というご連絡をいただきます。

自分を棚に上げて周りにばかり注文つけていたこと気が付くと、やってくれる細かいことに感謝できるようになるのです。ある女性は「既婚者はたまたま結婚できただけと思っていたけれど彼女たちの努力に気が付くようになった」のだとか。

自分がダサかった、ブスだった、という受け入れたくない事実を一度受け入れてください。変えられないことを無理に変えようとして、自分の手で簡単に変えられることがたくさんあることを見落とさないで。

恋愛・婚活コンサルタント 菊乃



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「出会いがない」という女性向け恋愛・婚活コンサルタント。

関連するキーワード


恋愛 結婚 婚活 メイク

関連する投稿


この前が「5年前」の独身アラフォーが変えるべき5つのポイント【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #27】

この前が「5年前」の独身アラフォーが変えるべき5つのポイント【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #27】

「いつか結婚したい」「いい人がいれば結婚したい」そう思いながら、家と職場の往復。まだいける、まだまだいけるから大丈夫と思っていたらアラフォーでようやく重い腰を上げて婚活をしようかなと思ったあなた。 アラフォーにとって「5年前」は「この前」かもしれませんが、縁遠くなっている原因は5年前からアレが変わっていないからです。


37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

37歳 付き合って3年目 1日でも早く結婚したいのに…【オトナの幸せ恋愛心理術 #10】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


「男日照りでいるより都合のいい女でいたい!」アラフォー女が都合のいい女をしてしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #39】

「男日照りでいるより都合のいい女でいたい!」アラフォー女が都合のいい女をしてしまう理由【神崎桃子の恋愛指南 #39】

“都合のいい女”…こう言われて気持ち良い人はいないでしょう。しかし、恋愛コラムニストの神崎桃子さんは独自の見解があるようです。そこにはアラフォー女性たちへの激励が含まれているようにも思います。色んな価値観がある!改めてそう気づかせてくれるコラムです。


嫌婚男子急増中「その女とは結婚する必要ナシ!」男が結婚したがらない理由とは【神崎桃子の恋愛指南 #38】

嫌婚男子急増中「その女とは結婚する必要ナシ!」男が結婚したがらない理由とは【神崎桃子の恋愛指南 #38】

長く付き合っているのに結婚の“け”の字もでない…。そんな方はもしかして、自分にも責任があるかもしれません。ではどんな責任があるのか?恋愛コラムニスト神崎桃子さんに教えていただきました。現実をしっかり受け止めて、今後どうしていくか考えるきっかけになるかもしれません。


「この女、40過ぎてこれ?」若くないから許せない 男が付き合いたくないアラフォー女とは?【神崎桃子の恋愛指南 #36】

「この女、40過ぎてこれ?」若くないから許せない 男が付き合いたくないアラフォー女とは?【神崎桃子の恋愛指南 #36】

若くないからこそ許せない…なんとも耳の痛い話です。しかし、実際、声を聞いてみるとまったくその通り…。アラフォー女性だからこその知性と常識を持って対応することの大切さを恋愛コラムニストの神崎桃子さんに教えていただきます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

子どもがいると、育児・教育方針などで、夫婦間で考え方がぶつかることがあります。そんなときは、どうしたらいいのでしょう。我が子を思う気持ちは同じでも、考え方は人それぞれです。今回は、子どもにかけるお金に関して、夫婦で子育ての価値観が異なるケースについて取り上げました。


育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後、仕事に復帰したのはいいけれど、以前と同じようには当然働けませんよね。慣れ親しんだ職場なのに、居場所がないと感じてしまうこともあるでしょう。今回は、育休後の職場復帰に関するお悩みをロジカルに整理して解決します。


吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

ゼクシィの姉妹版『ゼクシィ Premier (プレミア)』のAUTUMN 2018(2018年8月23日発売)に「読者の声から生まれた 40歳からのゼクシPremier」が別冊付録として登場。表紙は女優の吉田羊さん。WOMe的にこれは見逃せません!


40歳からが本気の恋… 男は74%女は29.6%が不倫する【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#16】

40歳からが本気の恋… 男は74%女は29.6%が不倫する【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#16】

衝撃の数字が発表されました…うちのオットに限って…そう思っていたら…なんてことにならないようにしたいものです。40歳からが本気の恋とはいったいどういうことなのか?夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生に教えていただきましょう。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年8月 後半編(8/15~8/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年8月 後半編(8/15~8/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター