今こそ知っておきたいライフサイクルと女性ホルモン【アラフォーからの性教育 Q&A#1】 | 大人のワタシを楽しむメディア
今こそ知っておきたいライフサイクルと女性ホルモン【アラフォーからの性教育 Q&A#1】

今こそ知っておきたいライフサイクルと女性ホルモン【アラフォーからの性教育 Q&A#1】

そもそも女性ホルモンってなに? 女性のカラダが女の子から大人になるのに関係あるの? 生理と女性ホルモンの関係とは? アラフォーは女性ホルモンってどういう状態になっているの? 助産師のやまがたてるえさんに“アラフォー女性からの性教育”として優しく丁寧に時に笑いを交えながら教えていただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

女性で生まれたことを愛おしく思うために性を学ぶ

女性という性をもって生まれてきたこと。その女性であることで、とても幸せなこともあれば、逆にとても辛い事もあるかもしれません。それぞれの人生のなかで女性でいることを少しでも愛おし思えるように、「アラフォーからの性の健康教育」として、これからメッセージを伝えていきたいと思っています。

さて、みなさんは学生時代に習った性教育をどのように記憶してらっしゃるでしょうか? 小学校5年生くらいに行われる「林間学校」の前に男女が別々に呼ばれて、女子だけが「生理」について学び、教室にもどると何となく男子はニヤニヤとして、気まずい雰囲気が流れ、男子から「お前セイリだろ!うつるから近寄るな!」なんて言われた思い出がある人もいるかもしれません。また、寒い体育館で座らされて「病気になるのは怖いからセックスするな!」のような禁止と脅かしだけの嫌な思いでしかない人も少なくないかもしれませんね。

本来、“性”は命に結び付く尊いものであり、人生を豊かにする素晴らしい人の本能でもあり、「心+生=性」のように人の人生にかけがえのないものです。私たち女性は女性ホルモンの大きな波のなかで人生を感じていきます。そこで、もう一歩深く性について学ぶことで自分の人生を愛おしく思えるエッセンスになるのです。

助産師は女性のライフサイクルサポートのプロフェッショナル

Getty logo

今回、女性ホルモンの事や性のことについて書かせていただく私は助産師として、セラピストとして言葉を贈りたいと思います。実は、助産師は妊娠出産子育てだけではなく、女性のそばに寄り添う存在なんです。英語ではmidwife(女性のそばに)と書いて表現します。

小さなころから思春期に女性ホルモンが少しずつ分泌を始めやがて初潮を迎え、月経が整い、恋愛や結婚その先に妊娠・出産があります。妊娠出産を経験しなくても月経とのお付き合いは続き、50歳を迎えるころに更年期を迎えて閉経へと移り変わります。更年期をChang of lifeと、欧米では表現しますが、この大きな人生の転機を迎えて老年期へと私たちは歩んでいきます。その時に、いつも助産師がアドバイスできる存在であるということを、ぜひ知っていてくださいね。

女性ホルモンの大きな波は女性の人生の四季を彩る

女性ホルモンは思春期を迎えるころから少しずつ卵巣から分泌されていきます。主に女性ホルモンと言われるものも2つに分かれています。卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)です。一度は耳にしたことのあるホルモンの名前かもしれませんね。エストロゲンは別名、美人ホルモンなんて言う人もいるくらい、美肌や美髪に影響を与えるだけではなく、女性の健康を守るための働きもたくさんしている存在です。

もう一方のプロゲステロンはマザーホルモンというニックネームがぴったりのホルモンで子宮内膜を厚くし受精卵が着床しやすくなるような役割や、体温を高温期にして少し浮腫みやすくなったり、眠くなったりと妊娠初期にゆっくり過ごせるような体調になるように働くホルモンです。この二つのホルモンのバランスがとても重要なのです。

実は女性ホルモンは卵巣だけがコントロールしているのではなく、脳の視床下部からホルモンが分泌され、さらに脳の下垂体にそのホルモンが指令をだして下垂体から卵巣に向けて卵胞の成長を促すホルモンが分泌され、ようやく卵巣から女性ホルモンが分泌されます。10歳くらいから胸のふくらみが始まり、12歳ころに初潮を迎える女の子が約半数です。この体の変化もすべて女性ホルモンが影響しています。

Getty logo

女性の人生はまるで四季のように変化すると著書にも書かせていただいてますが、女の子が初潮を迎えるまでの幼さと可愛らしさはまるで「春」のような穏やかな時期。初潮を迎え思春期になり、体も心も台風のように変化をし夏の熱い気温のような恋をしたり、情熱を傾けて夢に向かう季節の夏、キラキラと輝き肌もつややかな季節です。そして夏の時期に思い描いた夢を仕事という成果として実りを得るのが秋。恋愛の実りが結婚や子育てになる人もいるかもしれません。ゆっくりと紅葉する体の変化を迎える時期でもあります。そして、ゆっくりと閉経を迎え冬眠するように迎えるのが冬です。

このように女性は女性ホルモンとともに生きていくことで、四季のような人生の移り変わりを感じることができるのです。アラフォー女性は秋の季節として美しい紅葉を楽しみながら、ゆっくりエイジングをケアしていかなければならない時期です。私も同じアラフォー女性です! 一緒に楽しくナチュラルエイジングしていきましょう!

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

女性に本来備わっている「生命を育む力」を高めることで心と身体を健康に保ち、いつまでも美しく元気に過ごすことが出来ます。大人の女性のカラダ作りに特に必要なのは「気」「血」「腎精(じんせい)」。これらは、血とホルモンに大きく影響します。その関係性について漢方の視点から知ると、より自分のカラダが愛おしく感じられるものですよ。


膣内環境を正常に整えるにはどうしたらいいの?│教えて!咲江先生(3)

膣内環境を正常に整えるにはどうしたらいいの?│教えて!咲江先生(3)

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!WOMeではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。最終回は加齢によるお悩みも出てきた膣内環境を正常に整える方法です。


おりものの悩み「量が多い気がする」そんなときは? │おしえて!咲江先生(2)

おりものの悩み「量が多い気がする」そんなときは? │おしえて!咲江先生(2)

咲江レディスクリニック 院長 丹羽 咲江先生に聞きました!親しい友人にもなかなか相談できないデリケートゾーンのお悩み。産婦人科に行くのはなんだか怖いし、ひとり思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで!WOMeではデリケートゾーン向上委員会を立ち上げ、お悩みを徹底的に解決していきたいと思っています。第二回目は女性なら誰もが直面する“おりもの”問題です。


NPO法人ピルコン主催:大人のための性教育講座開催! WOMe編集部レポート

NPO法人ピルコン主催:大人のための性教育講座開催! WOMe編集部レポート

7月13日(土)~9月14日(土)4回に渡って港区立男女平等参画 リーブラ 助成事業<ジャンプ>としてNPO法人ピルコンが「大人のための性教育講座」を開催しました。子どもたちが自分のからだと心を大切に自分らしくすこやかに生きることをサポートするために、大人や保護者が身につけたい知識や伝え方・向き合い方・困った時の支援先などを学ぶ本講座の第4回目を取材してきました。


知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

知ってますか? 女性ホルモンの “デメリット”【更年期は人生が輝くチャンス #50】

私たちに、美や健康などの大きな恩恵を与えてくれる女性ホルモン。実はあまり知られていませんが、女性ホルモンには影の部分もあります。今回は、女性ホルモンの光と影の両方を知って、うまく付き合っていく方法について、お伝えします!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

自分はどのタイプ?体質診断して若々しいカラダを手に入れる!【漢方美髪®メソッド #3】

いつまでも若々しいカラダを作り“女性力”を高めるために、漢方ではバランス良く自分の体質に合ったものを食べることが大切であるという“医食同源”という考え方があります。ホルモンバランスが崩れ、カラダの不調を感じやすい大人の女性こそ、自分の体質を理解し自らカラダをコントロールしてなりたい自分を目指しましょう。


群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

群ようこ著『パンとスープとネコ日和』ほっこりおいしいシリーズ【たまには本でも#05】

小林聡美さん主演でドラマ化もされた群ようこさん著『パンとスープとネコ日和』シリーズ。現在4冊の本が出版されていますが、どれもほっこりおいしくて人々が優しく丁寧に暮らしています。愛されて奔放に暮らす猫にも注目! ドラマが先でも本が先でも楽しめて、何より癒されますよ。


夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫への不満…ストレスを溜めない方法とは?【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#24】

夫に用事があってもロクにこちらを向いてくれない、お願いしてもやってくれない。気がつけばイライラが溜まって爆発寸前!「理解してもらえない」と思うと、怒りだけでなく悲しみも大きくなります。普段からストレスは小出しに伝えること、こじれて進まなくなったときは夫の良いところを思い出してみましょう。


女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性の味方! 更年期にも効果的⁉ 天然サプリ「豆類」の魅力♡

女性のカラダにいいと言われている「豆」。でも、「具体的にはなにがいいの?」という方や、「なかなか料理に取り入れるのはめんどくさい…」という方が多いのではないでしょうか。そこで、いろいろな料理に使える簡単な豆調理法と豆の魅力をたっぷりご紹介。これであなたも豆の虜♡に…!?


「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

「女性力」を高めるためのカラダ作りとは?【漢方美髪®メソッド #2】

女性に本来備わっている「生命を育む力」を高めることで心と身体を健康に保ち、いつまでも美しく元気に過ごすことが出来ます。大人の女性のカラダ作りに特に必要なのは「気」「血」「腎精(じんせい)」。これらは、血とホルモンに大きく影響します。その関係性について漢方の視点から知ると、より自分のカラダが愛おしく感じられるものですよ。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google