今こそ知っておきたいライフサイクルと女性ホルモン【アラフォーからの性教育 Q&A#1】

今こそ知っておきたいライフサイクルと女性ホルモン【アラフォーからの性教育 Q&A#1】

そもそも女性ホルモンってなに? 女性のカラダが女の子から大人になるのに関係あるの? 生理と女性ホルモンの関係とは? アラフォーは女性ホルモンってどういう状態になっているの? 助産師のやまがたてるえさんに“アラフォー女性からの性教育”として優しく丁寧に時に笑いを交えながら教えていただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

女性で生まれたことを愛おしく思うために性を学ぶ

女性という性をもって生まれてきたこと。その女性であることで、とても幸せなこともあれば、逆にとても辛い事もあるかもしれません。それぞれの人生のなかで女性でいることを少しでも愛おし思えるように、「アラフォーからの性の健康教育」として、これからメッセージを伝えていきたいと思っています。

さて、みなさんは学生時代に習った性教育をどのように記憶してらっしゃるでしょうか? 小学校5年生くらいに行われる「林間学校」の前に男女が別々に呼ばれて、女子だけが「生理」について学び、教室にもどると何となく男子はニヤニヤとして、気まずい雰囲気が流れ、男子から「お前セイリだろ!うつるから近寄るな!」なんて言われた思い出がある人もいるかもしれません。また、寒い体育館で座らされて「病気になるのは怖いからセックスするな!」のような禁止と脅かしだけの嫌な思いでしかない人も少なくないかもしれませんね。

本来、“性”は命に結び付く尊いものであり、人生を豊かにする素晴らしい人の本能でもあり、「心+生=性」のように人の人生にかけがえのないものです。私たち女性は女性ホルモンの大きな波のなかで人生を感じていきます。そこで、もう一歩深く性について学ぶことで自分の人生を愛おしく思えるエッセンスになるのです。

助産師は女性のライフサイクルサポートのプロフェッショナル

Getty logo

今回、女性ホルモンの事や性のことについて書かせていただく私は助産師として、セラピストとして言葉を贈りたいと思います。実は、助産師は妊娠出産子育てだけではなく、女性のそばに寄り添う存在なんです。英語ではmidwife(女性のそばに)と書いて表現します。

小さなころから思春期に女性ホルモンが少しずつ分泌を始めやがて初潮を迎え、月経が整い、恋愛や結婚その先に妊娠・出産があります。妊娠出産を経験しなくても月経とのお付き合いは続き、50歳を迎えるころに更年期を迎えて閉経へと移り変わります。更年期をChang of lifeと、欧米では表現しますが、この大きな人生の転機を迎えて老年期へと私たちは歩んでいきます。その時に、いつも助産師がアドバイスできる存在であるということを、ぜひ知っていてくださいね。

女性ホルモンの大きな波は女性の人生の四季を彩る

女性ホルモンは思春期を迎えるころから少しずつ卵巣から分泌されていきます。主に女性ホルモンと言われるものも2つに分かれています。卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)です。一度は耳にしたことのあるホルモンの名前かもしれませんね。エストロゲンは別名、美人ホルモンなんて言う人もいるくらい、美肌や美髪に影響を与えるだけではなく、女性の健康を守るための働きもたくさんしている存在です。

もう一方のプロゲステロンはマザーホルモンというニックネームがぴったりのホルモンで子宮内膜を厚くし受精卵が着床しやすくなるような役割や、体温を高温期にして少し浮腫みやすくなったり、眠くなったりと妊娠初期にゆっくり過ごせるような体調になるように働くホルモンです。この二つのホルモンのバランスがとても重要なのです。

実は女性ホルモンは卵巣だけがコントロールしているのではなく、脳の視床下部からホルモンが分泌され、さらに脳の下垂体にそのホルモンが指令をだして下垂体から卵巣に向けて卵胞の成長を促すホルモンが分泌され、ようやく卵巣から女性ホルモンが分泌されます。10歳くらいから胸のふくらみが始まり、12歳ころに初潮を迎える女の子が約半数です。この体の変化もすべて女性ホルモンが影響しています。

Getty logo

女性の人生はまるで四季のように変化すると著書にも書かせていただいてますが、女の子が初潮を迎えるまでの幼さと可愛らしさはまるで「春」のような穏やかな時期。初潮を迎え思春期になり、体も心も台風のように変化をし夏の熱い気温のような恋をしたり、情熱を傾けて夢に向かう季節の夏、キラキラと輝き肌もつややかな季節です。そして夏の時期に思い描いた夢を仕事という成果として実りを得るのが秋。恋愛の実りが結婚や子育てになる人もいるかもしれません。ゆっくりと紅葉する体の変化を迎える時期でもあります。そして、ゆっくりと閉経を迎え冬眠するように迎えるのが冬です。

このように女性は女性ホルモンとともに生きていくことで、四季のような人生の移り変わりを感じることができるのです。アラフォー女性は秋の季節として美しい紅葉を楽しみながら、ゆっくりエイジングをケアしていかなければならない時期です。私も同じアラフォー女性です! 一緒に楽しくナチュラルエイジングしていきましょう!

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

「忘れないようにと書いたメモの行方が分からない」「うっかりミスが増えた」「一体私はこの部屋に、何を取りに来たんだっけ?」。そんな経験はありませんか? 実は、「記憶力の低下」や「もの忘れ」は、女性ホルモンの低下によって増加することがわかっています。今回は、更年期によくあるこれらの症状について、予防・改善するトレーニング方法をお伝えします!


【#FocusOn】大人に伝えたい 性教育の現場から やまがたてるえさん×大貫詩織さん 助産師対談<第一回>

【#FocusOn】大人に伝えたい 性教育の現場から やまがたてるえさん×大貫詩織さん 助産師対談<第一回>

WOMeで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働く大貫詩織さん。おふたりとも性教育の講演会を全国で行っています。そこでアラフォー世代代表としてやまがたさん、アラサー世代代表として大貫さんにお越しいただき、なぜ今、性教育が大切なのか、ということについてお話いただきました。


【#FocusOn】性について普通に話せる社会にしたい「#なんでないの」福田和子さん インタビュー<第一回>

【#FocusOn】性について普通に話せる社会にしたい「#なんでないの」福田和子さん インタビュー<第一回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」プロジェクトを立ち上げた福田和子さん。性への姿勢、お互いの関係の築き方、若者の声が反映される仕組みや若者への配慮など、日本との違いを実感し、「日本人ももっと知らなければ!」と強く感じて活動をはじめました。セックスをポジティブに捉え、性について普通に話せる社会にしたい、と熱く語る福田さん。第一回目は性先進国スウェーデンの性事情についてお話を伺いました。


“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

40代半ばからグンと低下していく女性ホルモン。生きていれば誰もが起こるカラダの変化ですが、果たして私たちにできる対策方法はあるのでしょうか。そこで今回はいつでもどこでも指1本で行える、更年期の体調がグッと良くなるツボをご紹介します!


親から子への性教育 何歳で何を教えればよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#12】

親から子への性教育 何歳で何を教えればよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#12】

様々な情報があふれる昨今、子どもに早いうちからきちんと性教育をしたいと思う親が増えています。しかし実際どのようにいつから始めたらいいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきましょう!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

梅雨の季節、朝起きて雨が降っているとつい憂鬱な気分になってしまいますよね。ですが!夫婦仲相談所所長 三松真由美先生は違います。「雨は好き。雨だとわくわくする」と仰るのです!その理由を聞いて納得。雨の日は“濡れる日”、濡れを意識すれば膣は劣化しないのであります。


「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

どうして40男は嫌われてしまうのか?その切なくとも悲しい現実と、変えることはできない過去に受けた学校教育…男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんの著書『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)を読めば、40男たちは自分たちがなぜこうも生きづらさを感じるのかが分かり、女性は40男たちのことが少し理解できるかも!? 田中俊之さんインタビュー第二回目です。


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター