不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫することで失うものは何だと思いますか? 最悪の場合、離婚まで発展するのが不倫ですが、見放されるのは身内からだけではありません。ある女性は、独身の男性と付き合っていることを人に話してしまい噂が広がり、大切だった居場所を自ら去ることになりました。安易に不倫に走ったことでどんな結末が待っていたのか、ご紹介します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

若々しい独身男性にのぼせ上がった人妻の末路

ある40代の女性。夫はサラリーマンで子どもはおらず、自分はパート勤めをしながらランニングのサークルに入って毎日を楽しんでいました。

彼女は、このサークルで自分と同じコースを毎回走る年下の独身男性と出会います。気さくな性格で若々しい体を持った彼は彼女にとって大きな刺激となり、サークル内で一緒に走る時間が増えました。

夫とは共有できない楽しさを知る彼は、年上の彼女をきちんと女性扱いしてくれる気遣いもあり、気がつけば彼女のほうがすっかり彼にのぼせ上がっていました。

彼が彼女をどう思っていたのかはわかりません。ですが、彼女をホテルに誘ったのは彼のほうから。彼女は迷うことなく彼についていってしまいます。

不倫関係となってからは、彼女は浮かれた気持ちで毎日を過ごしていました。夫は何も気づかずに機嫌の良い彼女に満足そう。そして彼女はと言えば彼に抱かれる日を指折り数える毎日です。しかし、彼女は次第に、この関係を誰にも言えないストレスが溜まり始めます。

不倫だけど、誰かにこんな幸せな私を知ってもらいたい。誰かに話を聞いてもらいたい。そんな誘惑に勝てず、彼女はサークル内で仲の良い女友達に打ち明けてしまいます。

その女友達はサークル内でも顔が広く、「情報通」などと呼ばれている女性でした。彼女が打ち明けた不倫話は、あっという間にサークル内に広がります。彼から「俺たちのことが噂になっている」と聞かされたときには、すでに何人かが彼女のことを嫌悪する目で見るようになっていました。

走ることを楽しむためのサークル内で不倫する人など、良い印象を持たれるわけがないのです。

噂が夫の耳に届くことを恐れた彼女は結局サークルを辞めることになりました。独身の彼はそれを機会に音信不通になり、彼女は彼を失っただけでなくずっと楽しんできたサークルも、自らの手でダメにしてしまったのです。

今も彼女は、いつその話が夫に知られるか怯えながら暮らしています。ランニングも楽しむ気になれず、サークルのメンバーと顔を合わせるのが怖くて大会も出られなくなりました。

安易に不倫に走ったことで、彼女は人生に大きな汚点を作りました。不倫で失うのは、バレてしまえば夫だけでなく、社会の中の大切な居場所まで自分を受け入れてはくれなくなることを、彼女は思い知ったといいます。

「バレないだろう」という油断が崩壊を招く

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

若い独身男性から好意を持たれることは、彼女にとってとても刺激的なことでした。肉体関係を持つようになると、女性としての魅力がまだある自分を再確認できるようで、どんどんのめり込んでいきます。

ですが、気分の高揚があればあるほど、こんな自分を誰かに知って欲しいという欲もまた出てきます。そんな心が生み出すのが、「そう簡単にはバレないだろう」という油断です。

上記の通り、彼女はサークル内の友人に不倫していることを打ち明けてしまいました。興味本位で聞いてしまったほうは、たいした罪悪感もなく周りに話してしまうのはよくある話。彼女の噂はサークル内で広がり、居づらくなった彼女は辞めざるをえませんでした。

不倫していた過去はずっと付きまとう

あんなに楽しみにしていたサークルを急に辞めた理由を、彼女は散々夫に尋ねられました。しかし「何かあったのか?」と心配そうな顔をされても、彼女は決して本当のことは言えません。友達に相談することもできず、ひとりで苦しむことになります。

彼女が今も心配しているのは、不倫していた事実がいつ夫の耳に入るかということです。サークル内には夫と共通の知り合いもいるので、どこから噂が流れてくるかわかりません。そんなこと、考えればすぐわかるのに、そんな思いを巡らせることができなくなるほど彼女は舞い上がっていたのですね。

不倫をしていた過去は、ずっと彼女に付きまといます。それは紛れもなく夫を裏切った証であり、変えようのない事実です。彼女自身が黙っていても、いつ夫が知ることになるか、彼女はいつまでも心配を抱えながら過ごすことになります。

それが、安易に不倫に走った彼女への罰なのですね。

不倫は後悔しか残さない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

すべての不倫が、いつ人に知られるかという恐れを抱えています。バレてしまえば、夫からは離婚を言い渡されるかもしれず、社会の中では「不倫していた人」というレッテルを貼られて居場所を失います。

そして一度手放した信頼は、二度と戻ってはこないのです。

つかの間の快楽が残すものなど、後悔しかない。そう心得ていれば、後先考えずに不倫に走ることなどあないはずです。刺激的であっても、夫以外の男性と肉体関係を持つのは人の道に外れること。そんな女性が、幸せになれるはずはないのです。

自分の幸せは自分でしっかり守れるような40代でありたいですね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「婚活してまで結婚したいわけじゃない」「自分からガツガツ行くのはみっともない」と思って気が付いたらアラフォーだったという独身女性たち。幸せな結婚生活を送ることと自然な出会いの恋愛結婚は何の関係もないのに変にこだっていませんか? アラフォーがしがみつく執着をご紹介します。これ、捨てたほうが楽になりますよ。


勝手に家族の写真をSNSにアップする夫…【夫婦問題お悩み相談室 #10】

勝手に家族の写真をSNSにアップする夫…【夫婦問題お悩み相談室 #10】

今の世の中、スマホが欠かせない存在となり、フェイスブックやインスタ、ツイッターなどのSNSも盛んですよね。とても楽しくてためになる情報も満載ですが、SNSに抵抗感を持つ人がいるのも事実です。今回は、夫が家族写真をSNSにアップするのをやめてほしいと願う妻からの相談です。


「夫とはセックスしたくない」3回よぎったら見直し時【すずね所長の40代夫婦の寝室事情#3】

「夫とはセックスしたくない」3回よぎったら見直し時【すずね所長の40代夫婦の寝室事情#3】

恋人・夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生による連載【40代夫婦の寝室事情】。第三回目は“夫と3回セックスしたくないと思ったら見直し時”というなんとも厳しいテーマです。しかし…人生100年時代、たしかに考えさせられます。


夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

結婚まではラブラブだった夫との関係。結婚生活が長くなると、慣れもあってつい関係をないがしろにしていませんか? 趣味が合わなかったり会話がつまらないと感じると、関心を向けることを止めてしまいがち。愛情まで失ってしまう前に、夫を親友にすることで前よりもっとラブラブな関係を目指しましょう!


夫が「男性更年期」かも? 本人に言うべきでしょうか【夫婦問題お悩み相談室 #9】

夫が「男性更年期」かも? 本人に言うべきでしょうか【夫婦問題お悩み相談室 #9】

夫のイライラした態度や言動。近くで見ているこちらもイライラしますよね。しかしアラフォー世代は、夫も妻も加齢やホルモンバランスの崩れによる身体の不調が起こりがち。健康な身体を維持するためのメンテも欠かせません。今回は夫の体調を心配するアラフォー妻からのご相談です。


最新の投稿


自信がつく「うしろ姿」の作り方【更年期は人生が輝くチャンス #14】

自信がつく「うしろ姿」の作り方【更年期は人生が輝くチャンス #14】

鏡を見て、顔や表情、お腹など、見えるところを気にする女性は多いでしょう。しかし、実は人から1番見られる場所というのは、自分では見えない背中です。そこで、今回は今すぐできる自信がつく「うしろ姿」の作り方をお伝えします。


差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

「だから結婚できないんだ」なんて、本当に大きなお世話ですよね。そんなこと言われたら怒りで頭が爆発してしまいそうです。しかし…恋愛コラムニスト神崎桃子さんのコラムを読むと言われてみれば…と胸が痛くなることも…。最終的に「確かにそうだよね!」と思える納得の結末なのでぜひ最後までお読みください。


「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

2018年1月29日(月)マンダリン オリエンタル ホテルにて「AVON(エイボン)女性年度賞2017」の授賞式が行われました。高い志と情熱、行動力をもって信じた道を歩み続ける女性たちを応援し続けることを目的に今年38回目を迎える「エイボン女性年度賞」。今年も各界の第一線で活躍する素晴らしい女性たちが受賞しました。


「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「婚活してまで結婚したいわけじゃない」「自分からガツガツ行くのはみっともない」と思って気が付いたらアラフォーだったという独身女性たち。幸せな結婚生活を送ることと自然な出会いの恋愛結婚は何の関係もないのに変にこだっていませんか? アラフォーがしがみつく執着をご紹介します。これ、捨てたほうが楽になりますよ。


宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター