不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫することで失うものは何だと思いますか? 最悪の場合、離婚まで発展するのが不倫ですが、見放されるのは身内からだけではありません。ある女性は、独身の男性と付き合っていることを人に話してしまい噂が広がり、大切だった居場所を自ら去ることになりました。安易に不倫に走ったことでどんな結末が待っていたのか、ご紹介します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

若々しい独身男性にのぼせ上がった人妻の末路

ある40代の女性。夫はサラリーマンで子どもはおらず、自分はパート勤めをしながらランニングのサークルに入って毎日を楽しんでいました。

彼女は、このサークルで自分と同じコースを毎回走る年下の独身男性と出会います。気さくな性格で若々しい体を持った彼は彼女にとって大きな刺激となり、サークル内で一緒に走る時間が増えました。

夫とは共有できない楽しさを知る彼は、年上の彼女をきちんと女性扱いしてくれる気遣いもあり、気がつけば彼女のほうがすっかり彼にのぼせ上がっていました。

彼が彼女をどう思っていたのかはわかりません。ですが、彼女をホテルに誘ったのは彼のほうから。彼女は迷うことなく彼についていってしまいます。

不倫関係となってからは、彼女は浮かれた気持ちで毎日を過ごしていました。夫は何も気づかずに機嫌の良い彼女に満足そう。そして彼女はと言えば彼に抱かれる日を指折り数える毎日です。しかし、彼女は次第に、この関係を誰にも言えないストレスが溜まり始めます。

不倫だけど、誰かにこんな幸せな私を知ってもらいたい。誰かに話を聞いてもらいたい。そんな誘惑に勝てず、彼女はサークル内で仲の良い女友達に打ち明けてしまいます。

その女友達はサークル内でも顔が広く、「情報通」などと呼ばれている女性でした。彼女が打ち明けた不倫話は、あっという間にサークル内に広がります。彼から「俺たちのことが噂になっている」と聞かされたときには、すでに何人かが彼女のことを嫌悪する目で見るようになっていました。

走ることを楽しむためのサークル内で不倫する人など、良い印象を持たれるわけがないのです。

噂が夫の耳に届くことを恐れた彼女は結局サークルを辞めることになりました。独身の彼はそれを機会に音信不通になり、彼女は彼を失っただけでなくずっと楽しんできたサークルも、自らの手でダメにしてしまったのです。

今も彼女は、いつその話が夫に知られるか怯えながら暮らしています。ランニングも楽しむ気になれず、サークルのメンバーと顔を合わせるのが怖くて大会も出られなくなりました。

安易に不倫に走ったことで、彼女は人生に大きな汚点を作りました。不倫で失うのは、バレてしまえば夫だけでなく、社会の中の大切な居場所まで自分を受け入れてはくれなくなることを、彼女は思い知ったといいます。

「バレないだろう」という油断が崩壊を招く

Getty logo

若い独身男性から好意を持たれることは、彼女にとってとても刺激的なことでした。肉体関係を持つようになると、女性としての魅力がまだある自分を再確認できるようで、どんどんのめり込んでいきます。

ですが、気分の高揚があればあるほど、こんな自分を誰かに知って欲しいという欲もまた出てきます。そんな心が生み出すのが、「そう簡単にはバレないだろう」という油断です。

上記の通り、彼女はサークル内の友人に不倫していることを打ち明けてしまいました。興味本位で聞いてしまったほうは、たいした罪悪感もなく周りに話してしまうのはよくある話。彼女の噂はサークル内で広がり、居づらくなった彼女は辞めざるをえませんでした。

不倫していた過去はずっと付きまとう

あんなに楽しみにしていたサークルを急に辞めた理由を、彼女は散々夫に尋ねられました。しかし「何かあったのか?」と心配そうな顔をされても、彼女は決して本当のことは言えません。友達に相談することもできず、ひとりで苦しむことになります。

彼女が今も心配しているのは、不倫していた事実がいつ夫の耳に入るかということです。サークル内には夫と共通の知り合いもいるので、どこから噂が流れてくるかわかりません。そんなこと、考えればすぐわかるのに、そんな思いを巡らせることができなくなるほど彼女は舞い上がっていたのですね。

不倫をしていた過去は、ずっと彼女に付きまといます。それは紛れもなく夫を裏切った証であり、変えようのない事実です。彼女自身が黙っていても、いつ夫が知ることになるか、彼女はいつまでも心配を抱えながら過ごすことになります。

それが、安易に不倫に走った彼女への罰なのですね。

不倫は後悔しか残さない

Getty logo

すべての不倫が、いつ人に知られるかという恐れを抱えています。バレてしまえば、夫からは離婚を言い渡されるかもしれず、社会の中では「不倫していた人」というレッテルを貼られて居場所を失います。

そして一度手放した信頼は、二度と戻ってはこないのです。

つかの間の快楽が残すものなど、後悔しかない。そう心得ていれば、後先考えずに不倫に走ることなどないはずです。刺激的であっても、夫以外の男性と肉体関係を持つのは人の道に外れること。そんな女性が、幸せになれるはずはないのです。

自分の幸せは自分でしっかり守れるような40代でありたいですね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


経年劣化だけじゃない! 地震に豪雨、何かあった時のお家のトラブルを最小限にする方法

経年劣化だけじゃない! 地震に豪雨、何かあった時のお家のトラブルを最小限にする方法

お家の小さなトラブルをそのままにしていませんか?建ててから10年程たつと修繕が必要になってくるといわれるお家のトラブルをほうっておいてはいけません。ホームラボなら全国津々浦々あらゆるお家のトラブルに対応する修理業者を無料で紹介します。いつでも気軽にお問い合わせください。


実録:不倫のサイン あなたの夫は大丈夫?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #98】

実録:不倫のサイン あなたの夫は大丈夫?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #98】

不倫なんて、我が家には縁のない話。そう思っていたのに、最近夫にあやしい行動が目立つ。不倫をしているとどこか違和感のある態度が出るようになり、それがきっかけで不倫に気がついた、という妻も多くいます。そこでどんな夫の態度がサインとなったのか、実際に不倫され気が付いた妻の声をご紹介します。


PTAが出会いの場!? 新語「キスだけ不倫」じわじわ増加中【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#29】

PTAが出会いの場!? 新語「キスだけ不倫」じわじわ増加中【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#29】

「キスだけ不倫」なんて聞き捨てならない新語が登場した今回の記事。PTAが出会いの場になっているなんて、さらに聞き捨てなりませんね…いったいどういうことなのでしょうか? すずね所長こと三松真由美さんのオトナ夫婦の寝室事情 29回目は『PTA不倫』についてです。


女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫する理由とは? 男性は「好きと言う感情がなくてもセックスできる」と言いますが、女性はどうなのでしょうか? 個人差があるので一概には言えないと思いますが夫婦仲相談所 所長の三松真由美先生に教えていただきました。


平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

27歳の女性は婚活市場で最強だ。しかしそれは「若さ」だけが理由ではない。婚活という言葉が生まれたのは今から10年前。街コン、相席屋などのサービスに学生時代から触れている彼らは、出会いがないからサービスを使うわけではなく、便利だから使うのです。アラフォー男性も27歳女性を狙います。ライバルの特徴を知りましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

「たいして気持ちよくない」セックスに対する男の本音とは? 田中俊之さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

どうして40男は嫌われてしまうのか?その切なくとも悲しい現実と、変えることはできない過去に受けた学校教育…男性学を研究する大正大学 心理社会学部 人間科学科 准教授 田中俊之さんの著書『<40男>はなぜ嫌われるか』(イースト新書)を読めば、40男たちは自分たちがなぜこうも生きづらさを感じるのかが分かり、女性は40男たちのことが少し理解できるかも!? 田中俊之さんインタビュー第二回目です。


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター