不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】 | 大人のワタシを楽しむメディア
不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫することで失うものは何だと思いますか? 最悪の場合、離婚まで発展するのが不倫ですが、見放されるのは身内からだけではありません。ある女性は、独身の男性と付き合っていることを人に話してしまい噂が広がり、大切だった居場所を自ら去ることになりました。安易に不倫に走ったことでどんな結末が待っていたのか、ご紹介します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

若々しい独身男性にのぼせ上がった人妻の末路

ある40代の女性。夫はサラリーマンで子どもはおらず、自分はパート勤めをしながらランニングのサークルに入って毎日を楽しんでいました。

彼女は、このサークルで自分と同じコースを毎回走る年下の独身男性と出会います。気さくな性格で若々しい体を持った彼は彼女にとって大きな刺激となり、サークル内で一緒に走る時間が増えました。

夫とは共有できない楽しさを知る彼は、年上の彼女をきちんと女性扱いしてくれる気遣いもあり、気がつけば彼女のほうがすっかり彼にのぼせ上がっていました。

彼が彼女をどう思っていたのかはわかりません。ですが、彼女をホテルに誘ったのは彼のほうから。彼女は迷うことなく彼についていってしまいます。

不倫関係となってからは、彼女は浮かれた気持ちで毎日を過ごしていました。夫は何も気づかずに機嫌の良い彼女に満足そう。そして彼女はと言えば彼に抱かれる日を指折り数える毎日です。しかし、彼女は次第に、この関係を誰にも言えないストレスが溜まり始めます。

不倫だけど、誰かにこんな幸せな私を知ってもらいたい。誰かに話を聞いてもらいたい。そんな誘惑に勝てず、彼女はサークル内で仲の良い女友達に打ち明けてしまいます。

その女友達はサークル内でも顔が広く、「情報通」などと呼ばれている女性でした。彼女が打ち明けた不倫話は、あっという間にサークル内に広がります。彼から「俺たちのことが噂になっている」と聞かされたときには、すでに何人かが彼女のことを嫌悪する目で見るようになっていました。

走ることを楽しむためのサークル内で不倫する人など、良い印象を持たれるわけがないのです。

噂が夫の耳に届くことを恐れた彼女は結局サークルを辞めることになりました。独身の彼はそれを機会に音信不通になり、彼女は彼を失っただけでなくずっと楽しんできたサークルも、自らの手でダメにしてしまったのです。

今も彼女は、いつその話が夫に知られるか怯えながら暮らしています。ランニングも楽しむ気になれず、サークルのメンバーと顔を合わせるのが怖くて大会も出られなくなりました。

安易に不倫に走ったことで、彼女は人生に大きな汚点を作りました。不倫で失うのは、バレてしまえば夫だけでなく、社会の中の大切な居場所まで自分を受け入れてはくれなくなることを、彼女は思い知ったといいます。

「バレないだろう」という油断が崩壊を招く

Getty logo

若い独身男性から好意を持たれることは、彼女にとってとても刺激的なことでした。肉体関係を持つようになると、女性としての魅力がまだある自分を再確認できるようで、どんどんのめり込んでいきます。

ですが、気分の高揚があればあるほど、こんな自分を誰かに知って欲しいという欲もまた出てきます。そんな心が生み出すのが、「そう簡単にはバレないだろう」という油断です。

上記の通り、彼女はサークル内の友人に不倫していることを打ち明けてしまいました。興味本位で聞いてしまったほうは、たいした罪悪感もなく周りに話してしまうのはよくある話。彼女の噂はサークル内で広がり、居づらくなった彼女は辞めざるをえませんでした。

不倫していた過去はずっと付きまとう

あんなに楽しみにしていたサークルを急に辞めた理由を、彼女は散々夫に尋ねられました。しかし「何かあったのか?」と心配そうな顔をされても、彼女は決して本当のことは言えません。友達に相談することもできず、ひとりで苦しむことになります。

彼女が今も心配しているのは、不倫していた事実がいつ夫の耳に入るかということです。サークル内には夫と共通の知り合いもいるので、どこから噂が流れてくるかわかりません。そんなこと、考えればすぐわかるのに、そんな思いを巡らせることができなくなるほど彼女は舞い上がっていたのですね。

不倫をしていた過去は、ずっと彼女に付きまといます。それは紛れもなく夫を裏切った証であり、変えようのない事実です。彼女自身が黙っていても、いつ夫が知ることになるか、彼女はいつまでも心配を抱えながら過ごすことになります。

それが、安易に不倫に走った彼女への罰なのですね。

不倫は後悔しか残さない

Getty logo

すべての不倫が、いつ人に知られるかという恐れを抱えています。バレてしまえば、夫からは離婚を言い渡されるかもしれず、社会の中では「不倫していた人」というレッテルを貼られて居場所を失います。

そして一度手放した信頼は、二度と戻ってはこないのです。

つかの間の快楽が残すものなど、後悔しかない。そう心得ていれば、後先考えずに不倫に走ることなどないはずです。刺激的であっても、夫以外の男性と肉体関係を持つのは人の道に外れること。そんな女性が、幸せになれるはずはないのです。

自分の幸せは自分でしっかり守れるような40代でありたいですね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

NHKの番組「あさイチ」でも取り上げられ、話題になった「名前のない家事」。些細なことだから家族の誰も気にしないけど、いつもやるのは自分だけ……だと、ストレスが溜まりますよね。「名前のない家事」は見える化してみんなで負担するようにしましょう。ポイントは、「その場で済ませられる仕組み」を作ることです。


パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

長い時間一緒に過ごしていると、つい言葉をかけるのもいい加減になってしまうことがあります。「言わなくてもわかるだろう」と、夫が本当は言って欲しい言葉をまったく言っていないなんてことも…。お互いに気持ちを伝え合うことは、良いコミュニケーションに欠かせません。そこで、夫がどんな言葉を言って欲しいと思っているか、ご紹介します。


夫が「倫活」!? 怪しいと思ったときのチェック法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #59】

夫が「倫活」!? 怪しいと思ったときのチェック法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #59】

最近夫がそわそわしているみたいだけど、何かあったのかな? 妻に理由を告げずに浮かれた様子が見えるときは、「倫活」を一度疑ってみましょう。不倫なんて考えたくないのが本音ですが、放っておくと先に進んでしまう可能性があります。いきなり詰め寄るのは逆効果。まずは夫の様子を観察して、倫活しているかどうかを見極めましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】すべては呼吸から『養生思考を身につける』著者:森田愛子さんインタビュー<前半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】人間は一日3万回も呼吸を繰り返します。ファスティングは食事をとらない健康法ですが、呼吸を止める健康法はありませんよね。人間は生きている限り呼吸し続けます。“息をひきとる”といいますが、文字通り人間の呼吸が止む時は人間が終わる時です。そこで、ただ漫然と呼吸をするのではなく“意識”して自然に呼吸することの大切さについて『養生思考を身につける』(ワニブックス)の著者、呼吸整体師の森田愛子さんにインタビューしました。前半です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google