銀座「バー 堀川」バーの聖地でカクテルを傾ける【中沢文子の女・酒場巡礼#7】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
銀座「バー 堀川」バーの聖地でカクテルを傾ける【中沢文子の女・酒場巡礼#7】

銀座「バー 堀川」バーの聖地でカクテルを傾ける【中沢文子の女・酒場巡礼#7】

中沢文子の女・酒場巡礼第7回は、銀座「バー堀川」。全国に名を馳せる一流のバーが集う東京・銀座。世界大会などで優勝した保志雄一さんが手掛ける「バー保志」の右腕として活躍していた妙手・堀川賀正さんが独立し、2017年8月銀座6丁目に店を開きました。これまで築き上げた技を礎に生み出される美しいカクテルに、今宵、酔いしれませんか?


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

大正時代の洋館を彷彿とさせる別世界

名バーテンダーが揃い踏みの「東京・銀座」。なかでも名店中の名店といえばカクテルコンペティションなどの大会審査員も努めるバー界の巨匠・保志さんの「バー保志」です。この最高峰の店で開店時から支えてきた堀川さんが遂に店を開きました。

場所は東京の一等地・銀座6丁目、外堀通りに面するビルの9階です。ビルの1階に掲げられた「バー 堀川」の文字は、保志さんのお父様によるもので、深い師弟愛を感じます。

エレベーターに乗り、足を踏み入れれば待ち受けるのは大正ロマン薫る洋館。組子細工など随所に意匠が凝らされた和モダンの空間は、ゆったり寛げる椅子が配されたカウンターのほか、テーブル席もあり、別世界へと誘ってくれます。

五感を研ぎ澄ますカクテル

最初に作っていただいたのが、「トマトのブラッディメアリー」(2,200円)です。これはトマトを潰して作りますが、果物や野菜を使ったカクテルは素材が命。全国から極上のものを仕入れ、適するまで熟させて使用します。甘味あるフルーツトマトを丁寧につぶした後、ウォッカ、ソースなどを加えてボストンシェーカーでシェイクし、濾します。口の中にトマトの香りが広がった後、滋味の波が押し寄せ、すべてが一体した上品な味わいに唸ってしまいました。

次にさわやかなカクテルをお願いしたところ、「バジルスマッシュ」(1,500円)が登場。バジルを潰して、ビィフィータージン、生のレモンを絞った汁などを加えてシェイクして濾し、最後にトニックウォーターを加えます。バジルのすがすがしい香りと味が喉元を過ぎても鮮明に残り、体に広がりました。

ここ数年は空前のウイスキーブーム。バックバーには150本以上ボトルが並びますが、ハイランドのシングルモルトウイスキー「グレンモーレンジ・シグネット」(2,000円)を頂きました。

こちらは一番古い原酒を使っているというモルトファンにはたまらない銘柄で、チョコレートのような豊かなフレーバーが特徴。濃厚ながら品があり、五臓六腑に染みわたりました。

限定5食「自家製ローストビーフサンド」はマスト!

こだわっているのは素材だけではありません。グラスはお酒や口当たりを考慮して「バカラ」や木村硝子店「木勝」など使い分けています。さらに一興は、お酒の味を左右する名脇役というべく“氷”でしょう。氷店から仕入れた氷を成形して寝かせた後、さらに常温に戻すといった工程を繰り返し、1つの氷作りに3日費やします。このような工程を経て、氷自体をグッと締めることにより、すぐに溶けることなく、味を引き立てるそうです。そしてウイスキーのロック用、カクテル用など、包丁で宝石のように輝く氷を作るのです。

さらに料理も「絶品コンビーフ」(1,200円)や「特製カレーライス」(1,300円)をはじめ、一品料理からきっちりお腹にたまるメニューも取り揃えており、カレーライスもスパイスから仕込んでいます。特に人気を博しているのが「自家製ローストビーフサンド」(2,300円・限定5食)です。実は、堀川さんの御実家は昭和4(1929)年創業の東京・神田にある精肉店。そのため、上質の肉を仕入れることができるんです。手作りのローストビーフを、軽くトーストしたしっとりしたパンでサンド。静岡県の本わさびを擦って作ったホースラディッシュが味に奥行きをプラスします。ギリギリまで火入れすることで本来の味を全面に際立たせたロゼカラーの肉は旨味十分で、一流洋食店と比肩の滋味深さでした。

銀座でも笑いがあって楽しいバー

(写真右からスタッフの今井綾子さん、堀川賀正さん、須藤錬さん)

銀座というと、ハードルの高さを感じますが、堀川さんの目指しているのは「バー保志」時代と変わることのない「明るく楽しいお店」。その思い通り、店内は笑い声ありで、肩ひじ張らずに楽しく飲むことができます。女性客も多く、カクテルは1,200円~という低価格設定。しかも17時~19時はノーチャージです。またバーテンダーさんはあらゆるお客様と会話できるよう政治・経済をはじめとする知識が豊富。日々ものすごく勉強されているため、会話の中でさまざまな知識を得ることもできるので、初心者の方でも気軽に訪れてみてください。バーで時に静かに、時に楽しく飲むことで、これからの世界観や物の見方が変わってくるでしょう。

酒場&グルメライター 中沢文子

バー 堀川
住所:東京都 中央区銀座6-4-7 G・O West 9階
TEL:03-6263-9555
営業時間:17:00~26:00(土曜日のみ24時まで)
定休日:日曜・祝日 ※12/30~18年1/4  
テーブルチャージ:1,500円(17:00~19:00なし)
食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13212453/
HP
https://www.bar-horikawa.jp/



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

お酒が大好きなグルメライター。女性が楽しく飲める酒場を発信。

関連する投稿


【銀座】美味しいものを少しずつ 鉄板焼きと新和食ダイニング ーSHARIー(シャリ)で大人な舌つづみ

【銀座】美味しいものを少しずつ 鉄板焼きと新和食ダイニング ーSHARIー(シャリ)で大人な舌つづみ

歌舞伎座からすぐ、三井ガーデンホテル銀座五丁目の2階メインダイニングに鉄板焼きと新和食ダイニングーSHARIーがオープン! 一足お先に試食内覧会に参加してきました。


「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

「立ち呑み 三ぶん」銘酒が540円から!ミッドタウン日比谷で創作割烹料理に舌鼓【中沢文子の女・酒場巡礼#11】

ひとり飲み情報♪ 女性がひとりでも安心して入ることができる居酒屋を酒場ライターの中沢文子さんに教えていただく人気連載。11回目は東京ミッドタウン日比谷3Fにある「立ち呑み 三ぶん」。東京ミッドタウン日比谷に立ち飲み屋さんが入っているなんて驚きですが、中沢さん曰く「東京ミッドタウン日比谷は昼のみの聖地」なんだそうです!


東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

昔、酒店の店先に立ちながら酒を飲むことを「角打ち」といい、北九州発祥といわれてます。現在でもこの形式で飲める酒店があり、東神奈川にある昭和9年創業の「三国屋酒店」もその1つ。現在も、店内で販売されている酒や手作り料理を座りながら楽しむことができます。アットホームな雰囲気で、女性客が気軽に飲むことができます。


田町 バル「かくはち」日本のワインにこだわる女性オーナーが手掛ける【中沢文子の女・酒場巡礼#9】

田町 バル「かくはち」日本のワインにこだわる女性オーナーが手掛ける【中沢文子の女・酒場巡礼#9】

【TVチャンピオン せんべろ選手権出場!酒場ライター中沢文子】今宵、酒場ライターの中沢文子さんが教えてくれる、女性がひとりで行けるとっておきのお店は田町にある日本ワインにこだわったバル「かくはち」。どんなお酒とつまみが待っているのかな。


野毛「じぃえんとるまん」ビール大瓶が400円! 女性もOKのせんべろ立ち飲み店【中沢文子の女・酒場巡礼#8】

野毛「じぃえんとるまん」ビール大瓶が400円! 女性もOKのせんべろ立ち飲み店【中沢文子の女・酒場巡礼#8】

中沢文子の女・酒場巡礼第8回は、センベロの聖地「野毛」にある「ぴおシティ」。赤い提灯が目印の立ち飲み店「国民酒場じぃえんとるまん」は、昼12時から営業し、なんとサッポロの赤星大瓶が400円のうえに、料理は100円~楽しめる正真正銘の「せんべろ」店です。しかも女性店長で、女性一人でも安心して立ち寄れるのも魅力です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

アラフォー女性ならもう何度も生理を経験していることでしょう。経血が股の間を流れる不快感やニオイ、伝い漏れ…。今ほど上質なショーツやナプキンがなかった時代は悩みがつきなかったことでしょう。今はナプキンはもちろんタンポンや新しい生理用品、月経カップなども登場し驚くほど快適にリラックスして過ごせるようになっています。しかしそこには長い女性たちの苦しみの歴史がありました。生理用品について研究を続ける社会学者 田中ひかるさんにお話を伺った第一回です。


離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

離婚を決める前に!「別居」のメリットとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #51】

どうしても夫との結婚生活が我慢できなくなったとき、離婚の選択肢が浮かびますよね。離婚は大きな決断です。それは最終手段に置き、まずは「別居」してみることをおすすめします。物理的な距離を取ることで、まずは気持ちを整えることが大切です。さらに実際に別居するにはどんな準備をすれば良いか、ご説明します。


女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

女性限定「お金に賢くなりたい!」無料マネーセミナーin東京に行ってきました!【WOMe編集部総力レポート】

早く早くと思いながら、まだ将来のお金に関する取り組みができていない…「今年こそは必ずお金対策をするぞ!」と新年の抱負を心に誓った皆様。今年こそは本気でやりましょう! というわけで、東京で開催されているカリスマ ファイナンシャルプランナー 廣瀬友二さんの無料マネーセミナー『【カリスマFP廣瀬友二】ゼロから学ぶ もっと輝くための美マネーセミナー』に全国のアラフォーずぼらさんを代表してWOMe編集部員が参加しました! どんなお金の話が聞けるのかワクワクドキドキです。


プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

プロが教える 更年期チェックと婦人科受診のコツ!【更年期は人生が輝くチャンス #5】

「体調は気になるけれど、これくらいで病院に行っていいの?」、「わたしがガマンすれば済むことだし…。」「面倒くさい」など、病院は行き慣れていないとハードルが高く感じられるもの。今回は、心とカラダを守るための後悔しない、婦人科受診のコツを更年期専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきます。


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google