「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】 | 大人のワタシを楽しむメディア
「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

NHKの番組「あさイチ」でも取り上げられ、話題になった「名前のない家事」。些細なことだから家族の誰も気にしないけど、いつもやるのは自分だけ……だと、ストレスが溜まりますよね。「名前のない家事」は見える化してみんなで負担するようにしましょう。ポイントは、「その場で済ませられる仕組み」を作ることです。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「名前のない家事」が女性を圧迫する

筆者の家でも、夫がゴミを捨てに行った後で家中のゴミ箱に新しい袋をセットしたり、紙の切れたトイレットペーパーを交換して芯を捨てる作業などは、私がひとりで行っていました。わずかな時間で済むことではありますが、毎回そうだと「たまには夫がやってくれてもいいのに」とイラッとするときもありますよね。

「名前のない家事」が負担に感じる一番のものは、「妻(母親)がやることが当然」と勝手に暗黙の了解にされていること。口では「気づいた人がやればいい」と言っていても、実際は手を出さない夫は大勢います。

また、子どももそんな母親を見ていれば自然と「それはお母さんの仕事」と思います。自分でやろうとするときがあっても、子どもにとって「お母さんの手伝い」という意識になってしまい、「名前のない家事」が本当は自分もするべきものでもあるという意識が育ちません。

家族にもやって欲しいと思っても、小さなことをいちいちお願いすること自体がストレスになる場合もありますよね。そんなときは、「目印」を用意してスムーズに手を伸ばせる仕組みを作りましょう。

「その場で済ませる」仕組みでスムーズに動く

Getty logo

我が家の場合は、まず一番大きなゴミ箱はキッチンにあり、いつも70リットルの袋をセットしています。夫はそれを箱から出して家中のゴミ箱を回ってゴミを回収し、捨てに行きます。空いたゴミ箱の隣にはいつも新しいゴミ袋が置いてあり、「出したらすぐに新しい袋をセットする」のも夫の仕事。ゴミ袋がすぐ側にあるので取りに行く手間がなく、すぐに済みます。

託児所から帰ってくる息子は、家に入るとまず着替えを洗濯機に入れに行きます。バッグに入れっぱなしにして後でわざわざ取り出すより、帰宅後すぐに出してしまえば忘れることもなく、息子自身がすることと覚えているので言わなくてもやってくれます。それからうがいと手洗いをするのが毎日の流れです。

散らかしたまま片付けないおもちゃは、部屋の隅に大きな箱を用意して、その中に入れるだけの簡単な仕組みでクリア。「おやつはおもちゃを片付けてから」をルールにしていますが、その場ですぐ片付けられるので息子もやりやすく、私もストレスがありません。

我が家で意識しているポイントは、「なるべく動線を増やさないこと」です。小さなことだからこそ、その場で済ませる仕組みを作ればスムーズに終わらせることができます。

また、新しいゴミ袋を目に触れる位置に出しておく、おもちゃを入れる箱がすぐ側にあるなど、やることを「見える化」するのも大切です。目に付けば動きやすく、またなくなったり壊れたりしたときもすぐに気がつけます。

「自分はやらない」ことで負担を知ってもらう

例えば、以前は夫が何度言っても靴下を裏返したまま洗濯機に放り込むことに、イライラしていました。洗濯物をたたむとき、いちいちひっくり返すのは面倒で嫌気がさすものです。なので、ある日からそのままでタンスにしまうことにしました。「すぐ履けないじゃないか」と言われたらすかさず「だったらちゃんと脱いで」と返します。洗濯は私の担当ですが、脱ぐのは夫。そこまで私がカバーする必要はありません。

これは、「する人の気持ちを考える」ことにつながります。些細なことででも、こんな「名前のない家事」がストレスになるとちゃんと伝えることで、自分の行動を振り返る機会になり、負担を減らす工夫を考えられるようになるのですね。

トイレットペーパーの交換も、私が替えをセットしたり芯を捨てたりすることを止めました。文句が出たときがチャンスです。「自分でもできるでしょ」と言えば、妻に任せきりにしていたことに気がつきます。そのとき、「交換したら新しいペーパーを下のケースにセットすること」をふたりで決めて、手間が少なくなりました。

ときにはあえてやらないことも、負担を知ってもらうきっかけになると思いましょう。

「みんながする」を当たり前に

Getty logo

「名前のない家事」を見える化することで、家族の意識を変えることができます。妻がやって当然、になるのは妻がやるほうが早いと思い込んでいる場合もあるので、目につく仕組みを作っておけばそんな言い訳も出ませんよね。

家族みんながストレスなく「名前のない家事」を負担することで、不要なケンカも防げます。小さなことだからこそ、みんなですることが当たり前。そのためには、繰り返しやり方を伝えること、工夫を話し合う姿勢を持つことが大切です。

居心地の良い家は家族みんなの努力で作られます。それを知ってもらうことが、「名前のない家事」の負担を減らす最初の一歩です。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連するキーワード


夫婦

関連する投稿


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近夫がイライラしてる… それ“男性の更年期障害”かもしれません!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #63】

最近、夫の様子がおかしい。イライラしているかと思えば朝はボーッとしていたり……。機嫌の良し悪しだけでなく、体調にも変化が見られるような場合は男性の更年期障害を疑ってみましょう。放っておくと、うつ病やがんなど深刻な病にもつながるので油断は禁物です。おかしいと思ったら、早めに病院に行くことを検討しましょう。


パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

パートナーが本当に言ってほしい言葉は○○!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #61】

長い時間一緒に過ごしていると、つい言葉をかけるのもいい加減になってしまうことがあります。「言わなくてもわかるだろう」と、夫が本当は言って欲しい言葉をまったく言っていないなんてことも…。お互いに気持ちを伝え合うことは、良いコミュニケーションに欠かせません。そこで、夫がどんな言葉を言って欲しいと思っているか、ご紹介します。


不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫することで失うものは何だと思いますか? 最悪の場合、離婚まで発展するのが不倫ですが、見放されるのは身内からだけではありません。ある女性は、独身の男性と付き合っていることを人に話してしまい噂が広がり、大切だった居場所を自ら去ることになりました。安易に不倫に走ったことでどんな結末が待っていたのか、ご紹介します。


子どもと張り合おうとする未熟夫の操縦法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #56】

子どもと張り合おうとする未熟夫の操縦法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #56】

子どもの相手をしていると、「俺もほめて!」と構ってアピールをしてくる夫。いやいや、どうがんばっても子どものほうが可愛いんですけど……。こんな夫は、家庭の中での存在感を認めてあげるとおとなしくなります。さらにもう一歩進んで、みずから家事や家事をやりたくなる「イクメン」に育ててしまいましょう!


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】女性が本当に“幸せ”になるためには 『女がめざめる暮らし方』著者 大葉ナナコさんインタビュー<第一回>

女って生きづらいなぁ…男に生まれたら楽だったのかなぁ。と、女性であることをうとんでいる方、意外と多いのではないでしょうか? 少し視点を変えて自分の女性性を見つめて受け入れる“女がめざめる暮らし方”について考えてみませんか。公益社団法人誕生学協会代表理事、株式会社バースセンス研究所 代表取締役、バースコーディネーターの大葉ナナコさん著『女がめざめる暮らし方』(サンマーク出版)を基に、ご本人にインタビューしました。その第一回目です。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google