「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

「名前のない家事」を見える化して分担してもらう方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #62】

NHKの番組「あさイチ」でも取り上げられ、話題になった「名前のない家事」。些細なことだから家族の誰も気にしないけど、いつもやるのは自分だけ……だと、ストレスが溜まりますよね。「名前のない家事」は見える化してみんなで負担するようにしましょう。ポイントは、「その場で済ませられる仕組み」を作ることです。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「名前のない家事」が女性を圧迫する

筆者の家でも、夫がゴミを捨てに行った後で家中のゴミ箱に新しい袋をセットしたり、紙の切れたトイレットペーパーを交換して芯を捨てる作業などは、私がひとりで行っていました。わずかな時間で済むことではありますが、毎回そうだと「たまには夫がやってくれてもいいのに」とイラッとするときもありますよね。

「名前のない家事」が負担に感じる一番のものは、「妻(母親)がやることが当然」と勝手に暗黙の了解にされていること。口では「気づいた人がやればいい」と言っていても、実際は手を出さない夫は大勢います。

また、子どももそんな母親を見ていれば自然と「それはお母さんの仕事」と思います。自分でやろうとするときがあっても、子どもにとって「お母さんの手伝い」という意識になってしまい、「名前のない家事」が本当は自分もするべきものでもあるという意識が育ちません。

家族にもやって欲しいと思っても、小さなことをいちいちお願いすること自体がストレスになる場合もありますよね。そんなときは、「目印」を用意してスムーズに手を伸ばせる仕組みを作りましょう。

「その場で済ませる」仕組みでスムーズに動く

Getty logo

我が家の場合は、まず一番大きなゴミ箱はキッチンにあり、いつも70リットルの袋をセットしています。夫はそれを箱から出して家中のゴミ箱を回ってゴミを回収し、捨てに行きます。空いたゴミ箱の隣にはいつも新しいゴミ袋が置いてあり、「出したらすぐに新しい袋をセットする」のも夫の仕事。ゴミ袋がすぐ側にあるので取りに行く手間がなく、すぐに済みます。

託児所から帰ってくる息子は、家に入るとまず着替えを洗濯機に入れに行きます。バッグに入れっぱなしにして後でわざわざ取り出すより、帰宅後すぐに出してしまえば忘れることもなく、息子自身がすることと覚えているので言わなくてもやってくれます。それからうがいと手洗いをするのが毎日の流れです。

散らかしたまま片付けないおもちゃは、部屋の隅に大きな箱を用意して、その中に入れるだけの簡単な仕組みでクリア。「おやつはおもちゃを片付けてから」をルールにしていますが、その場ですぐ片付けられるので息子もやりやすく、私もストレスがありません。

我が家で意識しているポイントは、「なるべく動線を増やさないこと」です。小さなことだからこそ、その場で済ませる仕組みを作ればスムーズに終わらせることができます。

また、新しいゴミ袋を目に触れる位置に出しておく、おもちゃを入れる箱がすぐ側にあるなど、やることを「見える化」するのも大切です。目に付けば動きやすく、またなくなったり壊れたりしたときもすぐに気がつけます。

「自分はやらない」ことで負担を知ってもらう

例えば、以前は夫が何度言っても靴下を裏返したまま洗濯機に放り込むことに、イライラしていました。洗濯物をたたむとき、いちいちひっくり返すのは面倒で嫌気がさすものです。なので、ある日からそのままでタンスにしまうことにしました。「すぐ履けないじゃないか」と言われたらすかさず「だったらちゃんと脱いで」と返します。洗濯は私の担当ですが、脱ぐのは夫。そこまで私がカバーする必要はありません。

これは、「する人の気持ちを考える」ことにつながります。些細なことででも、こんな「名前のない家事」がストレスになるとちゃんと伝えることで、自分の行動を振り返る機会になり、負担を減らす工夫を考えられるようになるのですね。

トイレットペーパーの交換も、私が替えをセットしたり芯を捨てたりすることを止めました。文句が出たときがチャンスです。「自分でもできるでしょ」と言えば、妻に任せきりにしていたことに気がつきます。そのとき、「交換したら新しいペーパーを下のケースにセットすること」をふたりで決めて、手間が少なくなりました。

ときにはあえてやらないことも、負担を知ってもらうきっかけになると思いましょう。

「みんながする」を当たり前に

Getty logo

「名前のない家事」を見える化することで、家族の意識を変えることができます。妻がやって当然、になるのは妻がやるほうが早いと思い込んでいる場合もあるので、目につく仕組みを作っておけばそんな言い訳も出ませんよね。

家族みんながストレスなく「名前のない家事」を負担することで、不要なケンカも防げます。小さなことだからこそ、みんなですることが当たり前。そのためには、繰り返しやり方を伝えること、工夫を話し合う姿勢を持つことが大切です。

居心地の良い家は家族みんなの努力で作られます。それを知ってもらうことが、「名前のない家事」の負担を減らす最初の一歩です。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。WOMeでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

著書『不倫』を軸に脳科学者の中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回は妬みの感情をどう処理すればいいのか、夫婦のセックスレス問題を脳科学的なアプローチからお話いただきました。


「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

家族でお出かけするときも自分のやりたいことばかり優先して、何か言ってもまったく耳に入れてくれない。こんな夫についていくのは疲れますよね。妻の意見を聞かないのは、「自分が正しい」と無意識に思い込んでいるから。「妻」ではなく「一般的」な意見として話してみると、ミスを嫌う男性は関心を持ちます。どんな対応をすれば良いか、お話します。


【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

あらゆる角度から不倫について考察した著書『不倫』をテーマに中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回はよりよりコミュニケーションをとるための方法や自分が本当に望むものは何なのか知ることの大切さについてお話を伺いました。


アメリカはイクメンパパが大活!?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#3】

アメリカはイクメンパパが大活!?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#3】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第3回目はアメリカのイクメンパパ事情について。アメリカのパパたちはとってもコミュニケーション上手のようです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター