キレイは食事から!知っておきたい美と健康のための食材まとめ

キレイは食事から!知っておきたい美と健康のための食材まとめ

私たちアラフォー女性にとって、食生活はとっても大切です。私たちの体は、食べたものでできています。これから先10年、20年と、いつまでも美しく健康でキラキラ輝いているための「食事」、そしてその元となる「食材」や「栄養素」についてのポイントをご紹介していきましょう。


【大豆イソフラボン】大豆や納豆は女性ホルモンを補う手助け

最初におすすめしたいのは、何といっても「大豆イソフラボン」を多く含む大豆や大豆製品。

女性のからだにいいとして、すっかりお馴染みになった大豆イソフラボンは、女性ホルモンのひとつ、「エストロゲン」と非常によく似た働きをします。

そのため、女性ホルモンを直接補ってくれ、アラフォー女性特有のエストロゲン減少による不調をやわらげてくれるのです。

ちなみに、大豆イソフラボンの一日の摂取推奨量は75mgとされています。これは納豆なら2パック、豆腐なら1丁程度食べれば摂取できる量なので決してハードルは高くありません。

毎日の食事に取り入れやすい食材なので、是非積極的に取り入れていきましょう!

大豆イソフラボンを多く含む食材

お豆腐、納豆、豆乳、油揚げ、お味噌、おから、きなこ、お醤油 など

【ビタミン】きのこやレバー、柑橘類で美肌をつくり代謝を促す!

次に注目したいのはビタミンを多く含む食材。人間が健康な毎日を送るために大切な栄養素です。

例えばビタミンB群は不足すると神経が過敏になったり、ふさぎ込んだりすることがあります。ビタミンAやCは足りなくなると粘膜や肌のうるおいを奪い、渇きやカサつきといった症状を引き起こします。

これらの症状は女性特有のPMSや更年期などの不調に直結し、体調不良をさらに加速する可能性があります。

特に意識して取り入れていきたい栄養素の一つです。

ビタミンB群を多く含む食材

・きのこ類・牛乳・牛・豚・鶏レバー・サンマなど

ビタミンAを多く含む食材

・にんじん・ほうれん草・かぼちゃ・豚レバーなど

【葉酸】うなぎや緑黄色野菜は動脈硬化に効果あり!

妊婦や胎児に良い影響を与える成分として有名な葉酸ですが、実は女性は日頃から取り入れておいた方がいい栄養素の一つです。

造血作用があり、生理などによる貧血予防に役立ったり、美肌や美髪をサポートしてくれる役割もあります。また、動脈硬化を引き起こすとされる成分を、無害なものに分解してくれるとのこと。アラフォー以降の美容と健康には欠かせない栄養素といえますね。

ただ、葉酸は熱に弱く、体内に吸収されにくいため、摂取する際はできるだけ生の状態で食べるなど、調理法や量を工夫しましょう。

葉酸を多く含む食材

・モロヘイヤ、ホウレン草、うなぎ、いわし、焼き海苔、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、いちご、アボカド

【植物系乳酸菌】発酵食品は腸内環境を整える!

乳酸菌には動物性のものと植物性のものがありますが、植物性乳酸菌のほうが胃酸などに強く、効果があるといわれています。

植物性乳酸菌はゆらぎ期に起こる便秘や肩こりなどの症状を改善してくれます。そして善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして腸内環境を整えてくれるのです。

腸内環境がよくなればダイエットにも繋がるといわれていますが、免疫力や抵抗力、新陳代謝がアップし健康なからだを手に入れることができます。

健康の基本は「腸内環境」を整えること。乳酸菌も継続して取り入れていきたい成分です。

植物性乳酸菌を多く含む食材

・漬物・ぬか漬け・キムチ・納豆・くさや・ピクルス・ザーサイ・お酢・みりん・塩辛など

体は食べたもので作られています

私たちの体は、「食べたもの」で作られています。何を食べるかを選んでいるのは自分自身。忙しいから、面倒だから。と、お惣菜やコンビニのお弁当で済ましてばかりでは、10年後の美容と健康は守れません。

もちろん、すべて完璧に行うことは、普段の生活では難しい。完璧でなくても、意識してちょっと気にするところから始めましょう。いつも食べているものに対して、ちょっと視点を変えて、「これはどんな栄養素が含まれているのかな?どう体に影響するのかな?」と思うだけでも、全く違ってきます。

今日からでも始められますので、是非少しずつ取り入れていきましょう!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

YA

大人の女性向けの美容情報をどんどん発信します!みんなでキレイになりましょう♡

関連する投稿


40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

「少しづつ生理周期がばらついてきた」「3週間しか経っていないのに生理がきて不安」など40代になると徐々に乱れ始めます。女性にとって、健康状態を把握する1つのバロメーターでもあった生理周期が更年期には乱れてきてしまうのです。ここではよくある閉経までの月経パターンについてや、更年期の月経不順と間違いやすい病気について紹介します。


気になる「白髪、薄毛」を予防 頭皮の血流アップ法【更年期は人生が輝くチャンス #32】

気になる「白髪、薄毛」を予防 頭皮の血流アップ法【更年期は人生が輝くチャンス #32】

年齢とともに気になる「白髪や薄毛」。そんな白髪を改善したら、いつのまにかカラダの不調が軽くなり、顔まで引き締まり、心も軽やかになっていた! となったらとてもいいですよね。今回は、「白髪や薄毛」を予防するための、頭皮の血流を良くする方法をお伝えします。カラダも快適になりますので、ぜひ試してみてくださいね。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

40代 足のむくみに 足首グルグル体操で柔らかく【更年期は人生が輝くチャンス #30】

足のむくみががとれない、足先が冷える、最近つまずきやすくなった…。そんな悩みはありませんか?もしかしたら、足首の柔軟性が低下しているのかもしれません。かんたんなグルグル足首体操で不調のないスッキリ足を目指しましょう!


長時間デスクワーク 座りっぱなしでも疲れにくいカラダになる【更年期は人生が輝くチャンス #29】

長時間デスクワーク 座りっぱなしでも疲れにくいカラダになる【更年期は人生が輝くチャンス #29】

デスクワークをしている方の多くが長時間座って作業することによる、頭痛や肩こり、腰痛、むくみ、手足の冷えに悩んでいます。このような不調や慢性疲労はとても苦しいですよね。そこで今回は、カラダが疲れにくくなるデスクワークの姿勢についてお伝えします。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【雨宮なおみの12星座占い】2018年11月 後半編(11/15~11/30)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年11月 後半編(11/15~11/30)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー最終回は夫婦のカタチも人それぞれで良い! というお話です。


40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

「少しづつ生理周期がばらついてきた」「3週間しか経っていないのに生理がきて不安」など40代になると徐々に乱れ始めます。女性にとって、健康状態を把握する1つのバロメーターでもあった生理周期が更年期には乱れてきてしまうのです。ここではよくある閉経までの月経パターンについてや、更年期の月経不順と間違いやすい病気について紹介します。


なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

何事も表裏一体。見方によって、よくなったり悪くなったりします。結婚生活でもそんな思考の連続ではないでしょうか。今回は「夫にもっとしっかりしてほしい」。そんな悩みをもつ妻からの相談です。


傷つきたくない… 「うまくいかなそう」で出会いを進めない妄想癖【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #32】

傷つきたくない… 「うまくいかなそう」で出会いを進めない妄想癖【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #32】

アラフォーの婚活は長引きがち。そして、ダラダラやってしまう方が多いのです。ちょっと婚活サービスを使ってみたけれど、どの人もピンと来なくて出会ってみようという気持ちになれないとか。こんな状態ではいつまでも結婚できないと頭では分かっているけれど、気持ちがついていかない方へ、大切なコトをお伝えします。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター