“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#2】

“お肌ゴシゴシ”は年齢肌にはレッドカード!【アラフォーから始める美肌作り#2】

アラフォーから始める美肌作りの第二回目は年齢を重ねたお肌に“ゴシゴシ”なんてもってのほか! という記事です。「洗顔だってちゃんと泡立ててるし、化粧水だって優しくパッティングしてる!」という方も、もしかしたら“ゴシゴシ”の定義がそもそも違うかもしれませんよ…。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

摩擦が肌に悪い理由

「洗顔はよく泡立てて、肌に指が触れるか触れないくらいの力で…」という、摩擦は肌に良くないと言う意識は、皆さんお持ちだと思います。しかし、思っている以上に、気が付かないところで、お肌は“摩擦”というダメージを受けているんです。

では、なぜ“摩擦”が肌に悪いのでしょうか?

私が銀行員だった頃、毎日、何百万というお金を数えていました。何百枚ものお札と指をこすり合わせるので、指の皮膚は油分と水分が無くなり、カサカサになりました。指が滑らないので、指を水で湿らせて数えることで、さらに角質がはがれ易くなり、指が肌荒れしたことを思い出します。本来お札を数えることは痛いことではなく、力を加える作業でもないのに、指は絆創膏を巻くほどダメージを受けました。

摩擦の怖いところは、ダメージを受けても、すぐには気が付かないところです。「まさかこんなことで⁉」と思うレベルでも、気が付けば肌にトラブルを引き起こしているんです。

角質が厚い指先でさえ、それだけのダメージを受けるのですから、お顔のように薄い部分はもっと些細なことでも摩擦の影響を受けてしまうのです。

どんな時に摩擦って起こっているの?

ではどんな時に摩擦がおこっているのでしょうか? 例えば、コットンでクレンジングオフする時、日焼け止めを伸ばす時など、普段気をつけていたとしても、急いでいる時はどうしても力が入りがちです。そしてメイクをする時のブラシやスポンジでも、摩擦は起きているんです。

クレンジング

クレンジングは、スキンケアの中で、最も肌に負担となるお手入れです。そこに摩擦が加わると、更にお肌は乾燥します。目元など、メイクが濃いところは、どうしても擦りがちです。ある雑誌のアンケートによると、おでこは5.6回のところ、目元は30~40回以上擦っているという結果が出ていました。マスカラなどでしっかりアイメイクしている方は、専用のものを使って丁寧に落としてください。クレンジングはメイクにかけた時間と同じだけ手間をかけて落とすのが鉄則です。

洗顔

泡で優しく洗うよう気を付けていても、毛穴の気になる鼻周りはゴシゴシ洗っていませんか? 鼻は角栓が気になって、どうしても力が入ってしまう方が多いようです。力を入れて擦っても、角栓は無くなりません。無理やり擦ってしまうと、まだ肌に残るべき角質たちも道連れに、一緒にはぎ取られてしまいます。そうすると、まだ未熟な角質が肌を守ることになり、結果的に、角栓ができ易い肌を作り、ポツポツはいつまでも消えません。角栓を洗顔で取り除こうという考え方は捨ててくださいね。

タオル

洗顔後、タオルで拭きとる事が摩擦を引き起こしているということに皆さんお気付きですか? 実はタオルの繊維が刺激になったり、肌残りしたりもしているのです。また、洗面台の手拭きタオルなどは、生乾きの状態のことも多いので、雑菌の温床にもなりやすいです。お勧めは、洗顔後ティシュペーパーで顔を押さえて拭き取る方法です。タオルと違って一枚一枚使い捨てるので雑菌の心配がありません。タオルよりもキメが細かいので摩擦も抑えられ、もちろん繊維が肌残りすることもありません。上質のティッシュペーパーを自分専用に洗面台に置いておくだけで、美意識も高まりそうですよね。

ブラシ

近年、毛穴の汚れがスッキリ落とせるとして人気なのが「洗顔ブラシ」です。電動式など「1秒間で〇〇万回振動して毛穴の汚れを取り去ります」などという、魅力的な謳い文句のものが多いですね。洗顔ブラシは、独特の肌当たりで気持ちが良いので、ついつい押し当てたり、時間をかけて洗いがちです。でもこれは、絶対にNGです。毛穴の汚れをかき出すブラシを肌に押し当てるのは、相当な摩擦がかかっています。電動歯ブラシを強く押し当てると歯が削れてしまうのと同じです。

またブラシと言えば洗顔ブラシだけではなく、チークやアイシャドウなどメイクの時も使うアイテムです。最近ではファンデーションもブラシでつけるのがブームですね。しかし、洗顔などの摩擦は気にしても、こうしたブラシメイクの摩擦は気にしていない方が多いです。きちんと日焼け対策をしていてもシミが出来やすい頬は、「紫外線」が理由だけではなく、チークブラシやお手入れ時の「摩擦」も原因となっています。

ブラシ類の中でも、特に気をつけたいのがアイシャドウブラシです。アイシャドウブラシは、小さく毛足も短いので、どうしても力が入り易くなります。目元は皮膚がとても薄いので、少しの摩擦でもお肌が傷ついてしまい、それが目元の加齢につながります。
メイクブラシは、高品質で毛足が柔らかく肌への刺激が少ないものを選び、毛先を寝かせるようにしてお使いください。

どうでしょう? 意外なものにも「摩擦」が潜んでいるということがお分かりいただけたかと思います。スキンケアやメイクは毎日の積み重ねです。摩擦も積み重なっていかないように、さっそく今日から気を付けてみてくださいね。

スキンケアアドバイザー 松瀬詩保



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

これまで自分が実践してきたスキンケアや経験をもとに、正しいスキンケアとは何なのかブログで配信中。

関連する投稿


年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

年齢のせい? 肌が敏感になっている時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#19】

ずっと使っていて問題なかった化粧品がある日突然合わなくなった。使うとピリピリする…なんて経験をしたことがあるアラフォーは多いのではないでしょうか。それは加齢による肌状態の変化が原因かもしれません。では実際に加齢により肌にどんなことが起こるのか? 対策方法も含めてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

腸と心を整えれば美しい肌が生まれる 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<前半>【#FocusOn】

肌の状態に“腸”と“心”がとても大きく関わっています。腸が荒れていたり心にストレスがかかっていると、肌の状態は悪くなるのです。それはなぜか? 『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長であり、『美しい肌が生まれるところ』(ワニブックス)の著者である山﨑まいこさんにお聞きしました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

フェイスラインのたるみが気になる時のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#17】

40代、フェイスラインのたるみの原因は骨や筋肉の老化!?もはや原因は肌だけではない!その理由と改善方法をスキンケアアドバイザー松瀬詩保さんに聞きました。肌ケアだけでは対策できない40代のフェイスラインのたるみ改善法です。


気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

気になるほうれい線&ブルドッグフェイスのケア方法【アラフォーから始める美肌作り#16】

40代のスキンケアのお悩みを専門家が解決!ブルドックフェイスやほうれい線が気になっている40代女性へ、スキンケアアドバイザー松瀬詩保さんが線撃退法を教えます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“髪は顔” ヘアライター&エディター 佐藤友美さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

40代は肌だけでなく髪の毛も曲がり角。今までと同じようにしていてはヘアスタイルがきまらない…なんてお悩みを持っている40代女性も多いでしょう。しかしやはり髪は大事!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むとそれがよくわかります。


【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第三回目は“生理痛”です。


とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか?女性の疲労により引き起こされる、あらゆる不調を診てくれるという夢のような診療科なのです!こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビュー。第二回です。


宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピー”という言葉を聞いたことがありますか? 近年注目を集めている腸内環境を整えるセラピーのようです。コロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんへお話を伺いました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google