産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

どうして「産後クライシス」は起こるのか

本来なら、子どもが産まれるのは夫婦にとって大きな喜びのはずです。自分の血を分けた子どもが可愛くないという親はいません。

では、なぜ赤ちゃんがいると夫婦の絆が壊れ産後クライシスに陥ってしまうのでしょうか?

それは、父親と母親では、赤ちゃんの世話をする負担や意識がまったく違うからです。そもそも、子を出産できるのは女性である妻だけ。そして母乳が出るのも母親だけであり、出産直後の女性は精神的にも肉体的にも休むことを許されない状況になります。

対して、父親となった夫のほうは、極端に言えば何も変化はありません。陣痛の痛みも知らず、数時間おきに母乳をあげなければならない大変さも、体感することはありません。さらに言えば、赤ちゃんという小さな存在をどう扱って良いのかも、出産する本能を持つ母親の理解には遠く及ばないのが現実です。

その差が、お互いの「(大変さを)わかってくれない」というすれ違いにつながります。疲れて口をきくのもしんどいと感じる妻に対して、夫はどう接して良いのかわかりません。赤ちゃんのお世話をしたくても、何をどうすれば正しいのかを知りません。

赤ちゃんの世話に追われて余裕のない妻には、そんな夫を受け入れることが難しくなります。「どうしてもっと助けてくれないんだろう」という不満だけが募ってストレスが溜まり、最終的には夫に対して嫌悪感を持つまでに至るのですね。

これが産後クライシスの大きな要因です。

「知らないから恐ろしい」のが夫の本音

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

産まれたばかりの我が子のお世話が辛そうな妻の様子を見て、平気な夫はそういないでしょう。男性のほとんどは、何とかしてあげたいと心の中では思っています。どうして声をかけられないのかというと、“自分には育児の知識がまったくない”という恐怖があるからです。

授乳でもおむつ交換でもすぐにやれてしまう妻と違い、自分は教わらないとわからないことがたくさんあります。その気後れが、「手伝おうか」という言葉を飲み込ませます。機嫌の悪そうな妻の様子もまた、手を伸ばすことをためらう原因です。

例えば一度おむつの交換をやってみたいと妻に申し出る。でも、上手くできずに子どもが新しいおむつをはかせる前におしっこをしてしまった。妻が「さっさとしてよ」と怒る。それだけで、夫はやる気を失います。

育児の失敗を責められるのは、夫にとって父親としての自信が奪われることと同じ。もたもたしていれば妻の嫌味が飛んできたり、恥をかいたりすることが重なれば、いつしか赤ちゃんの世話は自分の仕事ではないと割り切るしかなくなります。

夫の本音は、「できれば妻から『こうして欲しい』と言ってもらえたら」という場合がほとんどです。赤ちゃんは弱く、もろく、繊細な生き物だからこそ、自分の扱いで何か間違いがあることを男性は恐れます。妻の助けがあれば、一緒に取り組めるので安心してお世話ができる。それこそが、夫の望みです。

「何もしてくれない」のではなく「何をすればわからない」から動けない。こんな夫の弱さを理解できれば、「少しは手伝ってよ!」と怒鳴る前に「お願いしてもいい?」という言葉が出てくるようになります。

言わないとわからないのはお互いさま

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

産後クライシスで苦しむ妻の多くが、「夫が私の大変さをわかってくれない」という不満を抱いています。確かにひとりで24時間赤ちゃんのお世話をしなければいけないことは、大きな負担ですよね。

その一方で、「大変なら頼って欲しい」と夫が思っていることもまた事実です。ご飯を作ることが大変ならお弁当を買ってくるから、洗濯がしんどいなら俺がするから、と思っていても、上手く気遣えずに「俺のメシは何とかするから」(と自分の分だけお弁当を買ってくる)などとんちんかんな方向に走ることもあります。

それでも、夫にとっては自分が妻の負担とならないよう、必死に考えた結果の行動でもあるのです。

妻が望むことは、口にしないと伝わりません。そして夫のほうもまた、自分のやれることは確認しないと妻にはわかりません。

「察して欲しい」と思ってイライラを募らせるより、して欲しいことは早めに言うほうが、夫にとっては助けになります。「ご飯を炊いて欲しい」「仕事帰りに買い物をお願いしたい」など、どんどん希望を伝えましょう。できないときはふたりで別の方法を考えれば良いのです。

辛いときは辛いと口にすることも、夫に気づいてもらう大切なサインです。「みんな大変なんだから」と我慢してしまうと夫は手が出せなくなります。赤ちゃんや自分に無関心に見えるときでも、まずは言葉をかけること。コミュニケーションを諦めてしまうことが、何より産後クライシスを加速させる原因になるのだと、忘れないでください。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


子どもの教育方針の違い 夫婦間で意見が合わずストレスに…【夫婦問題お悩み相談室 #8】

子どもの教育方針の違い 夫婦間で意見が合わずストレスに…【夫婦問題お悩み相談室 #8】

子どもが誕生すると、夫婦二人だけの生活から一変します。父親も母親も愛する子どもの成長を見守る気持ちは同じはずなのに、夫婦の意見が違うことで言い争いに発展することもよくあります。今回は、子どもの教育方針を巡って、夫婦で意見が食い違うと悩むアラフォー妻からの相談です。


小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

アラフォーからの性教育第3回目は小学5年生の娘さんへの性教育をどうしたらいいか悩んでいるママからのご相談です。自分も親から性教育を受けていない、だからどうしたらいいのか分からない、という女性は多いと思います。そんなお悩みをお持ちのママ達へ。看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


40代は女ざかり! セックスレスなんてもったいない 【40代夫婦の寝室事情#1】

40代は女ざかり! セックスレスなんてもったいない 【40代夫婦の寝室事情#1】

いよいよ恋人・夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生の新連載がスタートします!夫婦問題で数々のご著書もある三松先生にWOMeで執筆していただくにあたり、やはりここを語っていただくしかない!と、【40代からの夫婦の寝室事情】について踏み込んでもらうことになりました。第一回目は「40代は女ざかり!」という心強い内容です。


離婚が頭をよぎったら知るべきこと【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#01】

離婚が頭をよぎったら知るべきこと【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#01】

3組に1組が離婚しているという日本。アラフォーで離婚を意識し始めたのなら絶対にしてはいけないのは“勢いでしてしまうこと”。きちんとかしこく離婚をすることで自分や家族を守ることにもなるのです。弁護士の中川先生にかしこく離婚する方法について教えていただく連載のスタートです!


「やっぱり男って結局、若い子がいいの?」年の差婚に対する男のホンネとは?【神崎桃子の恋愛指南 #26】

「やっぱり男って結局、若い子がいいの?」年の差婚に対する男のホンネとは?【神崎桃子の恋愛指南 #26】

「結局男って若い子が好きなんでしょう!」なんて憤慨している40代女性の皆様。果たして本当にそうなのでしょうか? 体験型恋愛コラムニストの神崎桃子さんが新年からしっかりその辺の事情について語ってくださいました!


最新の投稿


「私のトキメキ返してよ」男のこんな言葉に舞い上がるな!【神崎桃子の恋愛指南 #27】

「私のトキメキ返してよ」男のこんな言葉に舞い上がるな!【神崎桃子の恋愛指南 #27】

「うーいたたたた…」思わずそう唸ってしまうイタイ恋のあれこれを恋愛コラムニストの神崎桃子さんがズバッと切ってくださいました。今回の記事もいろんな恋を経てきた40代女性の心に刺さりまくること間違いなしです。


悩み続けてしまう… 上手な解決方法が知りたい【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#4】

悩み続けてしまう… 上手な解決方法が知りたい【“ロジかわ”で男女間のお悩み解消!#4】

日常生活で嫌なことや悩みができると、ぐるぐると頭の片隅に残ってしまうことってありますよね。うまく切り替えができればいいですが、なかなかそうはいきません。今回は、そんな女性のお悩みをロジかわで解決します!


【#FocusOn】「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」著者イラストレーター松尾たいこさんインタビュー<後半>

【#FocusOn】「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」著者イラストレーター松尾たいこさんインタビュー<後半>

WOMe編集部が気になっているヒト・モノ・コト等を紹介する企画【#FocusOn(フォーカスオン)】。こんにちは編集デスク和氣です。今回は人気イラストレーター松尾たいこさんの著書を読んで感銘を受けご本人にインタビューしてきました! こんな風に年齢を重ねたいと思う素敵な大人の女性、松尾たいこさんのお話し後半です。


宮本真知のタロット占い【1月22日(月)~1月28日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月22日(月)~1月28日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター