小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

アラフォーからの性教育第3回目は小学5年生の娘さんへの性教育をどうしたらいいか悩んでいるママからのご相談です。自分も親から性教育を受けていない、だからどうしたらいいのか分からない、という女性は多いと思います。そんなお悩みをお持ちのママ達へ。看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

小学5年生になる娘に性教育をしなければと思っているのですが、正直、恥ずかしいしどうしたらいいのかわかりません。

【お悩み】小学5年生の娘が最近胸も膨らみ始め、おりものも出るようになってきました。そろそろ生理が始まるかも…と思い、性教育をきちんとしなきゃ、と思っているのですが、私自身、母親からそういった話をされたことがないので、どうしたらいいのかわかりません。正直恥ずかしい気持ちもあります。変な風に捉えられて余計な刺激になっても嫌だし…。いったいどうしたらいいのでしょうか?

ライフスキルとしての性の健康教育を

小学生のお嬢さんがいらっしゃる親御さんなら誰しもが考えることになる性教育。私たちが受けてきた教育を振り返ってみてください。

1回目のコラムにも書かせていただきましたが、なんとなく閉鎖的でコソコソと隠して伝えるモノのようなニュアンスがあるのが性教育です。ここの部分をぜひお嬢さんにお伝えするとともに一緒にフレームを変えていっていただきたいです。私もPTAの親御さんに向けた講演活動のなかでもココの部分を大切にしています。

実は性教育って、生きるための「ライフスキル」の一つなんです。自分自身の人生を俯瞰して見てみる「ライフデザイン」はキャリア教育でも必須のものですが、その時にライフサイクルという部分での自分の体の変化を知らずに「ライフデザイン」をすることは難しいです。自分自身がどんな人生を創り上げたいか? そのなかでパートナーをを持つか、持たないか? 子どもを産むか、産まないか? それは自分自身の長い人生を充実させるためにも必要な視点です。そのためにこれから性成長を迎える自分の体のことをしっかりと知ることは素晴らしい事だということを、胸をはってお嬢さんに伝えていきましょう。そして性教育という言葉よりも「性の健康教育」という言葉を使って、性教育とは健康に人生を生きるための知識であり、その知識を疾患予防の視点も含めて実践するものであるということを伝えていきましょう。

月経は健康なサインとしてポジティブなイメージを

Getty logo

月経(生理)について、まずはどんなイメージをもっているか? ということも大きく左右してきます。まずは親御さん自身がどんな風に月経をとらえていらっしゃいますか?

「しんどい、キツイ、痛い、毎月寝込んでしまう。本当に辛い事しかない…」というケースもあるかもしれませんよね。そのまま小学5年生のお嬢さんに伝えたらどうでしょうか? きっと「生理って、辛くてめんどくさいものなんだ。嫌だな…」と、感じてしまい、「これから閉経を迎えるまでそんな辛いものと毎月のように付き合うのか…」と、極端な話「女に生まれなければよかった」なんてことを考えてしまうこともあるかもしれません。

親御さんが月経痛が辛くても何かしら対処をして毎月をすごされていることや、女性ホルモンが女性の美しさと健康を守るために分泌されていること、月経は毎月のデトックスにもつながること、そして何より「健康のサイン」のチェックができるということも含めて大人になるために健康な体の成長を迎えられる大切な出来事と伝えていきましょう。

戸惑う思春期の脳

女性ホルモンの分泌が少しずつ増えていくことで、子ども達も思春期という大きな成長を迎えます。つい1年前までは何でもニコニコしていた子が急にドアを「バタン!」と閉めたり「ママ!うざい!」と急にキレてしまったり、朝、起こしても起こしても中々起きてこれなかったりすることもあるかもしれません。

それは実は脳が大きく変化し始めるときであり、その成長は大人に成長するにあたり非常に重要なものになります。今は親である私たちにも思春期がありましたよね。その時を思い出してみてくださいね。よくある話しで父親を嫌悪しはじめることが多くあります。これも性ホルモンの影響によるものでもあり、またDNAからも異性の親を避けるような行動をとることも組み込まれたシステムであるそうです。大きく変化を迎えることが起こるこの思春期をその子自身が成長するために必要な戸惑いの時期だと思ってくださいね。

子どもに伝えることで自分が知ること

Getty logo

お嬢さんに伝えるときに自分がどんな風に初潮を迎えたか? 自分が月経のときはどんなナプキンを使っているか? どんな風にすごしているか? などについて、一緒に語り合うことと同時に「ママに月経があったからあなたを授かることができたのよ」。なんてお話しもしてみてくださいね。その時にお嬢さんがお子さんを産むか、産まないか?「生んでみたいと思う?」なんて聞いてみることはいいと思います。

逆に「絶対生んでね!」はNGワード。産む、産まないはその人自身の人権にかかわるものです。なので大切に扱ってくださいね。ママ自身の体験談を子どもに伝えることは子どもにとって、とても重要なものになります。

「私は恥ずかしくて全然話せない・・・」という方はぜひ初経教育にまつわる本をお子様に手渡してみてください。その時にぜひ自分自身も目を通して一緒に学んでみてください。また、自分自身の月経についてもフォーカスしてしばらく検診など受けていなければ、ぜひ受診をして「ママはこうやって健康をチェックしているよ!」と伝えてみてください。

「これから検診にいくよ」と伝えることをきっかけに月経について話をするのもいいかもしれません。自分自身の健康にフォーカスする姿勢をみせることがお子さんの性の健康にも繋がっていくはずです! ぜひ、同じ女性として生まれた立場でいろんなお話しをお嬢さんとしてみてくださいね。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


月の満ち欠けを上手に使って心と体をコントロールしよう 【満月・新月・下弦、上弦の月】

月の満ち欠けを上手に使って心と体をコントロールしよう 【満月・新月・下弦、上弦の月】

昔から、月と女性には特別な関係があるとされていました。月の満ち欠けのサイクルが生理の周期とほぼ同じであったり、新月や満月には心と体に不調を感じる女性が多いともいわれています。なぜ女性と月は関わりが深いのか?月の満ち欠けとうまく付き合えば、今よりもっと快適に過ごせるかもしれません。


将来生理がなくなる!? どんどん進化を遂げる生理用品 歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

将来生理がなくなる!? どんどん進化を遂げる生理用品 歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

快適なナプキンやタンポン、月経カップに月経ディスク、快適なショーツ、と生理用品はどんどん進化を遂げています。“生理を快適に”といいますが、これからは生理自体がなくなる世の中が来るかもしれないと歴史社会学者 田中ひかるさんは言います。インタビュー最終回です。


生理バッチが賛否 年代によって生理に関する価値観が違う!? 歴史社会学者田中ひかるさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

生理バッチが賛否 年代によって生理に関する価値観が違う!? 歴史社会学者田中ひかるさんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

生理痛や、内膜症などの婦人科系疾患、ナプキンの通気性の悪さによるニオイ問題など、生理にまつわる様々な悩みを抱えている女性は多い。また、そういった悩みは恥ずかしくて人に言えない、という話もよく聞きます。しかしその感覚はどうやら“年代”によって違うようです。歴史社会学者 田中ひかるさんに生理についてお話を伺ったインタビュー第二回目です。


快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

快適な生理用品には驚くべき歴史があった!歴史社会学者 田中ひかるさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

アラフォー女性ならもう何度も生理を経験していることでしょう。経血が股の間を流れる不快感やニオイ、伝い漏れ…。今ほど上質なショーツやナプキンがなかった時代は悩みがつきなかったことでしょう。今はナプキンはもちろんタンポンや新しい生理用品、月経カップなども登場し驚くほど快適にリラックスして過ごせるようになっています。しかしそこには長い女性たちの苦しみの歴史がありました。生理用品について研究を続ける社会学者 田中ひかるさんにお話を伺った第一回です。


自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

自分の体のことを決めるのは、あなた自身 産婦人科医 遠見才希子さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

大学生の頃から性教育に取り組み、注目を集めてきた産婦人科医 遠見才希子さん。現在は人工妊娠中絶や性暴力などの問題について勉強するために大学院に通われています。遠見さんが今の日本で問題視していること、変えたいと思っていることなどについてお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

ついついカッとなった衝動に任せて怒鳴ってしまう…そんな経験誰しもありますよね。ただし、怒りのピークはたった6秒。その間どうにかやり過ごせば、落ち着いて自分の感情を相手に説明することができるんです! そこで日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんにその方法を教えていただきましょう。


何とかしたい“ぽっこりおなか”  ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

何とかしたい“ぽっこりおなか” ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

「このお腹のお肉をなんとか撃退できないものか…」40代女性の「体型で気になる部位」のトップ3といえば「お腹」です。しかし体型は自分の意思で選ぶことができます。スッキリお腹を実現するのは骨盤の角度と筋肉の使い方次第なのです。


怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのには理由がある! それは「相手が○○と言ったから」「○○な行動をとったから」「○○がうまくいかないから」…そんな風に、周りに原因があると思っていたら…それはどうやら間違っているようです。日本アンガーマネジメント協会理事の戸田さんに教えていただきましょう。


更年期は眠い!  原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

更年期は眠い! 原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

睡眠はしっかり取れているはずなのに、眠くてだるくて仕方がない。そんなことはありませんか? 更年期は女性ホルモンの低下から自律神経が乱れがちになります。「眠れない」という悩みがある一方で「眠っても眠ってもひたすら眠い」というお悩みを持っている方も多いのです。そこで今回は、更年期の「眠気やだるさ」の対策方法をお伝えします。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google