小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

アラフォーからの性教育第3回目は小学5年生の娘さんへの性教育をどうしたらいいか悩んでいるママからのご相談です。自分も親から性教育を受けていない、だからどうしたらいいのか分からない、という女性は多いと思います。そんなお悩みをお持ちのママ達へ。看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

小学5年生になる娘に性教育をしなければと思っているのですが、正直、恥ずかしいしどうしたらいいのかわかりません。

【お悩み】小学5年生の娘が最近胸も膨らみ始め、おりものも出るようになってきました。そろそろ生理が始まるかも…と思い、性教育をきちんとしなきゃ、と思っているのですが、私自身、母親からそういった話をされたことがないので、どうしたらいいのかわかりません。正直恥ずかしい気持ちもあります。変な風に捉えられて余計な刺激になっても嫌だし…。いったいどうしたらいいのでしょうか?

ライフスキルとしての性の健康教育を

小学生のお嬢さんがいらっしゃる親御さんなら誰しもが考えることになる性教育。私たちが受けてきた教育を振り返ってみてください。

1回目のコラムにも書かせていただきましたが、なんとなく閉鎖的でコソコソと隠して伝えるモノのようなニュアンスがあるのが性教育です。ここの部分をぜひお嬢さんにお伝えするとともに一緒にフレームを変えていっていただきたいです。私もPTAの親御さんに向けた講演活動のなかでもココの部分を大切にしています。

実は性教育って、生きるための「ライフスキル」の一つなんです。自分自身の人生を俯瞰して見てみる「ライフデザイン」はキャリア教育でも必須のものですが、その時にライフサイクルという部分での自分の体の変化を知らずに「ライフデザイン」をすることは難しいです。自分自身がどんな人生を創り上げたいか? そのなかでパートナーをを持つか、持たないか? 子どもを産むか、産まないか? それは自分自身の長い人生を充実させるためにも必要な視点です。そのためにこれから性成長を迎える自分の体のことをしっかりと知ることは素晴らしい事だということを、胸をはってお嬢さんに伝えていきましょう。そして性教育という言葉よりも「性の健康教育」という言葉を使って、性教育とは健康に人生を生きるための知識であり、その知識を疾患予防の視点も含めて実践するものであるということを伝えていきましょう。

月経は健康なサインとしてポジティブなイメージを

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

月経(生理)について、まずはどんなイメージをもっているか? ということも大きく左右してきます。まずは親御さん自身がどんな風に月経をとらえていらっしゃいますか?

「しんどい、キツイ、痛い、毎月寝込んでしまう。本当に辛い事しかない…」というケースもあるかもしれませんよね。そのまま小学5年生のお嬢さんに伝えたらどうでしょうか? きっと「生理って、辛くてめんどくさいものなんだ。嫌だな…」と、感じてしまい、「これから閉経を迎えるまでそんな辛いものと毎月のように付き合うのか…」と、極端な話「女に生まれなければよかった」なんてことを考えてしまうこともあるかもしれません。

親御さんが月経痛が辛くても何かしら対処をして毎月をすごされていることや、女性ホルモンが女性の美しさと健康を守るために分泌されていること、月経は毎月のデトックスにもつながること、そして何より「健康のサイン」のチェックができるということも含めて大人になるために健康な体の成長を迎えられる大切な出来事と伝えていきましょう。

戸惑う思春期の脳

女性ホルモンの分泌が少しずつ増えていくことで、子ども達も思春期という大きな成長を迎えます。つい1年前までは何でもニコニコしていた子が急にドアを「バタン!」と閉めたり「ママ!うざい!」と急にキレてしまったり、朝、起こしても起こしても中々起きてこれなかったりすることもあるかもしれません。

それは実は脳が大きく変化し始めるときであり、その成長は大人に成長するにあたり非常に重要なものになります。今は親である私たちにも思春期がありましたよね。その時を思い出してみてくださいね。よくある話しで父親を嫌悪しはじめることが多くあります。これも性ホルモンの影響によるものでもあり、またDNAからも異性の親を避けるような行動をとることも組み込まれたシステムであるそうです。大きく変化を迎えることが起こるこの思春期をその子自身が成長するために必要な戸惑いの時期だと思ってくださいね。

子どもに伝えることで自分が知ること

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お嬢さんに伝えるときに自分がどんな風に初潮を迎えたか? 自分が月経のときはどんなナプキンを使っているか? どんな風にすごしているか? などについて、一緒に語り合うことと同時に「ママに月経があったからあなたを授かることができたのよ」。なんてお話しもしてみてくださいね。その時にお嬢さんがお子さんを産むか、産まないか?「生んでみたいと思う?」なんて聞いてみることはいいと思います。

逆に「絶対生んでね!」はNGワード。産む、産まないはその人自身の人権にかかわるものです。なので大切に扱ってくださいね。ママ自身の体験談を子どもに伝えることは子どもにとって、とても重要なものになります。

「私は恥ずかしくて全然話せない・・・」という方はぜひ初経教育にまつわる本をお子様に手渡してみてください。その時にぜひ自分自身も目を通して一緒に学んでみてください。また、自分自身の月経についてもフォーカスしてしばらく検診など受けていなければ、ぜひ受診をして「ママはこうやって健康をチェックしているよ!」と伝えてみてください。

「これから検診にいくよ」と伝えることをきっかけに月経について話をするのもいいかもしれません。自分自身の健康にフォーカスする姿勢をみせることがお子さんの性の健康にも繋がっていくはずです! ぜひ、同じ女性として生まれた立場でいろんなお話しをお嬢さんとしてみてくださいね。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


38歳 子作り1年、なかなか授かりません…病院へ行くべき?【アラフォーからの性教育 Q&A#4】

38歳 子作り1年、なかなか授かりません…病院へ行くべき?【アラフォーからの性教育 Q&A#4】

アラフォーからの性教育第4回目は1年間セックスしているのに妊娠しない…と悩んでいる女性からです。病院に行くことを躊躇する方も多いですよね。助産師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(最終話)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(最終話)

(前回までのあらすじ)成功者の夫に子どもふたり、アパレルブランドのディレクターとして人も羨むような人生を歩んできた百合。しかし夫の不倫が発覚し、心は揺さぶられる。そんななか会社の後輩・新垣との距離がグッと縮まるできごとが。苦しい過去を共有する同士の女優・井本飛鳥に出会ったことで百合はまた新たな心のステージを迎える…。


2人目が欲しい!でも4年もセックスレス…  以前のようにセックスするには?【アラフォーからの性教育 Q&A#2】

2人目が欲しい!でも4年もセックスレス… 以前のようにセックスするには?【アラフォーからの性教育 Q&A#2】

アラフォーからの性教育第2回目からは、看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに具体的に読者の方たちからの相談にのっていただきます。今回は夫と4年間セックスをしていないけど、普通にセックスはできるのか? という問題です。


「子どもの写真年賀状は傷つくからやめて」そんな“繊細チンピラ”だからずっと独身【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #12】

「子どもの写真年賀状は傷つくからやめて」そんな“繊細チンピラ”だからずっと独身【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #12】

「日本は独身の30代40代に『なんで結婚しないの』と聞いてくる。まるで私がおかしいみたいに。生きにくいからやめて欲しい」「子ども写真付き年賀状を見ると悲しくなっちゃう。だからやめて欲しい」そんな意見を聞くようになりました。「私を傷つけやがって。やめなさいよ」といちゃもんつける繊細チンピラだから縁がないんですけど。


最新の投稿


自信がつく「うしろ姿」の作り方【更年期は人生が輝くチャンス #14】

自信がつく「うしろ姿」の作り方【更年期は人生が輝くチャンス #14】

鏡を見て、顔や表情、お腹など、見えるところを気にする女性は多いでしょう。しかし、実は人から1番見られる場所というのは、自分では見えない背中です。そこで、今回は今すぐできる自信がつく「うしろ姿」の作り方をお伝えします。


差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

「だから結婚できないんだ」なんて、本当に大きなお世話ですよね。そんなこと言われたら怒りで頭が爆発してしまいそうです。しかし…恋愛コラムニスト神崎桃子さんのコラムを読むと言われてみれば…と胸が痛くなることも…。最終的に「確かにそうだよね!」と思える納得の結末なのでぜひ最後までお読みください。


「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

2018年1月29日(月)マンダリン オリエンタル ホテルにて「AVON(エイボン)女性年度賞2017」の授賞式が行われました。高い志と情熱、行動力をもって信じた道を歩み続ける女性たちを応援し続けることを目的に今年38回目を迎える「エイボン女性年度賞」。今年も各界の第一線で活躍する素晴らしい女性たちが受賞しました。


「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「婚活してまで結婚したいわけじゃない」「自分からガツガツ行くのはみっともない」と思って気が付いたらアラフォーだったという独身女性たち。幸せな結婚生活を送ることと自然な出会いの恋愛結婚は何の関係もないのに変にこだっていませんか? アラフォーがしがみつく執着をご紹介します。これ、捨てたほうが楽になりますよ。


宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター