小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】 | 大人のワタシを楽しむメディア
小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

アラフォーからの性教育第3回目は小学5年生の娘さんへの性教育をどうしたらいいか悩んでいるママからのご相談です。自分も親から性教育を受けていない、だからどうしたらいいのか分からない、という女性は多いと思います。そんなお悩みをお持ちのママ達へ。看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

小学5年生になる娘に性教育をしなければと思っているのですが、正直、恥ずかしいしどうしたらいいのかわかりません。

【お悩み】小学5年生の娘が最近胸も膨らみ始め、おりものも出るようになってきました。そろそろ生理が始まるかも…と思い、性教育をきちんとしなきゃ、と思っているのですが、私自身、母親からそういった話をされたことがないので、どうしたらいいのかわかりません。正直恥ずかしい気持ちもあります。変な風に捉えられて余計な刺激になっても嫌だし…。いったいどうしたらいいのでしょうか?

ライフスキルとしての性の健康教育を

小学生のお嬢さんがいらっしゃる親御さんなら誰しもが考えることになる性教育。私たちが受けてきた教育を振り返ってみてください。

1回目のコラムにも書かせていただきましたが、なんとなく閉鎖的でコソコソと隠して伝えるモノのようなニュアンスがあるのが性教育です。ここの部分をぜひお嬢さんにお伝えするとともに一緒にフレームを変えていっていただきたいです。私もPTAの親御さんに向けた講演活動のなかでもココの部分を大切にしています。

実は性教育って、生きるための「ライフスキル」の一つなんです。自分自身の人生を俯瞰して見てみる「ライフデザイン」はキャリア教育でも必須のものですが、その時にライフサイクルという部分での自分の体の変化を知らずに「ライフデザイン」をすることは難しいです。自分自身がどんな人生を創り上げたいか? そのなかでパートナーをを持つか、持たないか? 子どもを産むか、産まないか? それは自分自身の長い人生を充実させるためにも必要な視点です。そのためにこれから性成長を迎える自分の体のことをしっかりと知ることは素晴らしい事だということを、胸をはってお嬢さんに伝えていきましょう。そして性教育という言葉よりも「性の健康教育」という言葉を使って、性教育とは健康に人生を生きるための知識であり、その知識を疾患予防の視点も含めて実践するものであるということを伝えていきましょう。

月経は健康なサインとしてポジティブなイメージを

Getty logo

月経(生理)について、まずはどんなイメージをもっているか? ということも大きく左右してきます。まずは親御さん自身がどんな風に月経をとらえていらっしゃいますか?

「しんどい、キツイ、痛い、毎月寝込んでしまう。本当に辛い事しかない…」というケースもあるかもしれませんよね。そのまま小学5年生のお嬢さんに伝えたらどうでしょうか? きっと「生理って、辛くてめんどくさいものなんだ。嫌だな…」と、感じてしまい、「これから閉経を迎えるまでそんな辛いものと毎月のように付き合うのか…」と、極端な話「女に生まれなければよかった」なんてことを考えてしまうこともあるかもしれません。

親御さんが月経痛が辛くても何かしら対処をして毎月をすごされていることや、女性ホルモンが女性の美しさと健康を守るために分泌されていること、月経は毎月のデトックスにもつながること、そして何より「健康のサイン」のチェックができるということも含めて大人になるために健康な体の成長を迎えられる大切な出来事と伝えていきましょう。

戸惑う思春期の脳

女性ホルモンの分泌が少しずつ増えていくことで、子ども達も思春期という大きな成長を迎えます。つい1年前までは何でもニコニコしていた子が急にドアを「バタン!」と閉めたり「ママ!うざい!」と急にキレてしまったり、朝、起こしても起こしても中々起きてこれなかったりすることもあるかもしれません。

それは実は脳が大きく変化し始めるときであり、その成長は大人に成長するにあたり非常に重要なものになります。今は親である私たちにも思春期がありましたよね。その時を思い出してみてくださいね。よくある話しで父親を嫌悪しはじめることが多くあります。これも性ホルモンの影響によるものでもあり、またDNAからも異性の親を避けるような行動をとることも組み込まれたシステムであるそうです。大きく変化を迎えることが起こるこの思春期をその子自身が成長するために必要な戸惑いの時期だと思ってくださいね。

子どもに伝えることで自分が知ること

Getty logo

お嬢さんに伝えるときに自分がどんな風に初潮を迎えたか? 自分が月経のときはどんなナプキンを使っているか? どんな風にすごしているか? などについて、一緒に語り合うことと同時に「ママに月経があったからあなたを授かることができたのよ」。なんてお話しもしてみてくださいね。その時にお嬢さんがお子さんを産むか、産まないか?「生んでみたいと思う?」なんて聞いてみることはいいと思います。

逆に「絶対生んでね!」はNGワード。産む、産まないはその人自身の人権にかかわるものです。なので大切に扱ってくださいね。ママ自身の体験談を子どもに伝えることは子どもにとって、とても重要なものになります。

「私は恥ずかしくて全然話せない・・・」という方はぜひ初経教育にまつわる本をお子様に手渡してみてください。その時にぜひ自分自身も目を通して一緒に学んでみてください。また、自分自身の月経についてもフォーカスしてしばらく検診など受けていなければ、ぜひ受診をして「ママはこうやって健康をチェックしているよ!」と伝えてみてください。

「これから検診にいくよ」と伝えることをきっかけに月経について話をするのもいいかもしれません。自分自身の健康にフォーカスする姿勢をみせることがお子さんの性の健康にも繋がっていくはずです! ぜひ、同じ女性として生まれた立場でいろんなお話しをお嬢さんとしてみてくださいね。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


子どもに“父親の自覚”を持たない夫… どう対応すればいい?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#20】

子どもに“父親の自覚”を持たない夫… どう対応すればいい?【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#20】

父親の自覚がない旦那さんにお困りの方多いですよね。育児もあまり協力的でないし、どうして父親の自覚を持てないの?「親になれない夫」に手を焼く妻は多いですが、そもそも母性本能がない男性は、女性のように妊娠中から「我が子」に対する愛着を持つのは難しいこと。ですが、やり方次第で「良きパパ」に変身する可能性もあるのです!


「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「妻が変わった…」なぜ夫はそう思うのか 【 “幸せ夫婦”コミュニケーション術#14】

「お前、子どもが産まれてから変わったよな」と夫に言われたことはありませんか? 「当たり前じゃない、親になったんだから」と気にも留めずに過ごしているなら、少し考えてみてください。夫がそんな言葉を口にするときは、「寂しい」というサインかもしれません。こんなときは、夫を「甘やかす」のが有効です!


年下のママ友 マウンティングに巻き込まれない方法とは

年下のママ友 マウンティングに巻き込まれない方法とは

女性が集まれば、始まるマウンティング。それは、ママになっても変わりません。職場以上に価値観も世代も違う女性たちとのかけひきが必要なママ友づきあい。特にまだまだ血気盛んなアラサー世代などは「うちの方が凄いわよ」「お宅より優れているわ」とあからさまな口撃をしかけてくることも。どう受け止め、流せばいいのか考えてみましょう。


NPO法人ピルコン主催:大人のための性教育講座開催! WOMe編集部レポート

NPO法人ピルコン主催:大人のための性教育講座開催! WOMe編集部レポート

7月13日(土)~9月14日(土)4回に渡って港区立男女平等参画 リーブラ 助成事業<ジャンプ>としてNPO法人ピルコンが「大人のための性教育講座」を開催しました。子どもたちが自分のからだと心を大切に自分らしくすこやかに生きることをサポートするために、大人や保護者が身につけたい知識や伝え方・向き合い方・困った時の支援先などを学ぶ本講座の第4回目を取材してきました。


【#FocusOn】大人に伝えたい 性教育の現場から やまがたてるえさん×大貫詩織さん 助産師対談<第一回>

【#FocusOn】大人に伝えたい 性教育の現場から やまがたてるえさん×大貫詩織さん 助産師対談<第一回>

WOMeで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働く大貫詩織さん。おふたりとも性教育の講演会を全国で行っています。そこでアラフォー世代代表としてやまがたさん、アラサー世代代表として大貫さんにお越しいただき、なぜ今、性教育が大切なのか、ということについてお話いただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年11月 後半編(11/15~11/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。11月後半の運勢のポイントを要チェックです。


10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

10年先も輝き続ける女性のための養生の知恵とは?【漢方美髪®メソッド #1】

私たちの身体には元々自然治癒力が備わっています。しかし、生活習慣の乱れやストレスなどによって、不調が抜けないと感じる女性が増えています。忙しい大人女性こそ、「漢方」を日常的に取り入れて健康な心と身体を手に入れて、年齢を重ねる程に輝き続けて欲しいと思います。


名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

名匠ケン・ローチ監督最新作 映画『家族を想うとき』 ただ家族で笑い合っていたいだけなのに【沁みる映画 #10】

『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2016年のカンヌ映画祭のパルムドールに輝き、引退を表明していた名匠ケン・ローチ監督。監督が引退を撤回してまで撮りたかったのはグローバル経済が生み出した社会体制のひずみにはまりながらも懸命に正直に生きる人々の姿。家族一緒にご飯を食べて笑い合っていたいだけなのに…ユーモアを交えながら圧倒的なリアリティで迫る『家族を想うとき』。享受する便利の裏側にある苦しみとやるせなさを直視する義務が私たちにはあるはずです。


共働き夫婦がスムーズに家事を分担する方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#22】

共働き夫婦がスムーズに家事を分担する方法【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#22】

私も夫と同じように仕事しているのに、家事も育児もこちらの負担ばかり大きい…。不平等感は、夫婦の間に溝を生みます。不満をなくすには、簡単なことから夫にやらせるなど、家事にやる気を持たせることが大切。常に思いやりを忘れずに過ごすために、ストレスが爆発する前に夫としっかり向き合いましょう。


将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

将来に不安を感じたら…人生の大先輩たちの思想を取り入れて

年を重ねることに不安を抱いたら、人生の大先輩たちの暮らしや思想を参考にしてみませんか。かつて、さんまさんと共演して人気になった登紀子ばぁば、「ときをためる暮らし」の本で話題になり映画化もされた津端ご夫妻、料理家小林カツ代さん、世界のガーデナーが憧れるターシャ・テューダさんを紹介します。読めばきっと希望が湧きますよ!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google