【#FocusOn】「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」著者イラストレーター松尾たいこさんインタビュー<後半>

【#FocusOn】「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」著者イラストレーター松尾たいこさんインタビュー<後半>

WOMe編集部が気になっているヒト・モノ・コト等を紹介する企画【#FocusOn(フォーカスオン)】。こんにちは編集デスク和氣です。今回は人気イラストレーター松尾たいこさんの著書を読んで感銘を受けご本人にインタビューしてきました! こんな風に年齢を重ねたいと思う素敵な大人の女性、松尾たいこさんのお話し後半です。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

何歳からだって変われる! 自分を好きになれるんです

前半はこちら▶▶▶

32歳で上京して、セツ・モードセミナーに入学して絵の勉強を始めてから私の人生はどんどん変わり始めました。そして、私自身もどんどん変化していきました。

それまでの私は「私の人生はこんなもんで終わるのかな」と思っていたし、年齢を重ねることがすごく怖くもありました。でも、そんな私が「今が一番楽しい!」って思えるようになっていったんです。

「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」でも書きましたが、自分で自分の可能性を決めつけることほどつまらないことはないです。そんな必要はまったくないんです。人生は可能性だらけ。今からだって自分を好きになれるし、変わることができます。

小さなコンプレックスをひとつずつなくしていく

よく「人と比べないことが大切」って言いますよね。でも実際、人と自分をまったく比べずに自分軸を持ち続けることって相当難しい…。なので“なるべく”人と自分を比べないようにする、ってことが大切なんだろうなって思います。でもついつい比べちゃいますよね(笑)その時に、自分に自信があれば落ち込んだりすることも少ないと思うんですが、その“自分に自信をつける”ってこと自体が難しかったりします。私も昔はコンプレックスの塊で自分にまったく自信がなかったので、そういう人の気持ちはとてもよく分かります。

そこで私が自分に自信を持つために始めたのは“コンプレックスをひとつずつ減らしていく”ということでした。例えば外見でいえば、歯並びが悪かったので矯正をしたり、毛深いのも悩みだったので脱毛をしました。そういう小さなコンプレックスをできることからひとつひとつなくしていくことで、ちょっとずつちょっとずつ自分に自信がもてるようになっていったんです。

自分の好き・嫌いに向き合う時間をつくる

今は小さな目標を掲げてそれを一つ一つ楽しみながらクリアしていくようにしています。昨日できなかったことが今日できるようになるってすごく自信に繋がります。ポイントは“小さな”“ささいな”目標設定をするってところです。大きな目標を掲げちゃうとクリアすることが難しいから途中であきらめてしまうんです。そうすると自信をつけることはできないですよね。ちゃんと目標をクリアする。それが自分に自信をつけることに繋がります。

あとは、人と自分を比べて表面的なところで「こうなりたい」って思ってもダメです。やっぱりきちんと自分の頭で考えて、本当はどうなりたいのか、どんな自分だったら幸せなのか考えることが大切なんです。

そのために少しでもいいから一人の時間を持って、良いものに触れて欲しいなって思います。一人でってところがポイントです。一人で見て自分がなにを感じるかを感じる。難しく考えなくていいんです。例えば美術館に行くとします。絵を見て「あ、この色好きだな」「私
こういう絵に興味をもつんだな」「このカタチ面白いな」などで十分。それだけでも自分の好みを知ることになります。すると自分の“好き”や“守りたいもの”がだんだん分かってくるので人に引きずられることが少なくなるんじゃないかな。

そういえばこの前気が付いたんですが、食べるものや音楽の好みってみんなハッキリしているじゃないですか。例えば自分がパクチーが嫌いとか好きとかそういうことはしっかりみんなわかっていて、人にも伝えますよね。これって他人の目が入ってこないことだからじゃないかなって思うんです。“パクチーが好きな自分に見られたい”とかってなかなかない(笑)別にそこは自分軸だけで大丈夫。だからしっかり好き嫌いが言えるんじゃないかなって。他人目線をなくすることができたら、もっと自分の好きに正直になれるんじゃないかって思います。

自分で自分を幸せにすることから始める

まだまだ私だって人と自分を比べて落ち込んだり、人間関係に悩んだりします。そういう時には、信頼できる友人に話すようにしてます。なんでも話して聞いてもらってちょっとスッキリする。私の夫は人の悪口を聞くのを嫌がるので、そういう話は一切しません。夫婦だからってなんでも共有する必要はないと思います。話されて嫌なことは話さない、話したくないことも話さない。もちろん幸せのカタチ、心地いいカタチは人それぞれなので、すべて話して共有したいっていう夫婦はそれでいいですよね。

あとは、ネットで私についていいことが書いているページを積極的に見たりもします。一般の方だったら、友人に言われて嬉しかった言葉などをノートにメモして一覧にしていて落ち込んだら見る、とかするといいんじゃないかな? 褒められるのって本当に嬉しいですよね。でも忘れちゃうし落ち込んでいる時にそれを思い出せるかって言われたらなかなか難しい…。だからメモして一覧にしておく。それで落ち込んだ時に眺める。そしたらちょっと気分がよくなって自信が持てるかもしれません。

あとは、“幸せにしてもらう”ではなくて、“自分で自分を幸せにする”って決める。受け身の人生ってつまらないし、自分がどうしたら幸せなのかなんて他人にはわからない。そもそも他人は自分を幸せになんてできないし、してもくれないって思います。

オバサンを免罪符にして諦めないで

「私はもうおばさんだから」って言う人いるじゃないですか。あれは本当にやめたほうが良い! 自虐的なことを言うと当然自分の耳にも入ります。するとその自虐的な情報は増幅しちゃうと思うんです。

そもそもおばさんっていうのは、年齢とか皺があるからとか関係ない。例えば素敵な女優さんを年齢を重ねたからってオバサンとは思わないですよね。結局、オバサンというのは心がオバサンになっちゃってるんです。オバサンを免罪符にいろんなことに言い訳している。時間がないからしょうがない、お金がないからしょうがない、とか。そうじゃなくてできる小さな努力から始めてみる。小さなモヤッとをなくしていくとそのうち大きなモヤッとまでなくすことができるようになるって思います。私もまだまだこれからですけど(笑)

年齢を重ねても諦めずに済むこと、できることってたくさんあります。つい先日も友人と「私たちってやりたいことしか思いつかないよね!」って話したんです。やりたいことの選択肢をたくさんもっておくと毎日が楽しくなります。

今、私は福井県美浜町にアトリエを持って陶器制作を行っているのですが、福井にいるからこそつくれるものを創っていきたいです。若い時から比べて皺が増えたりするのは嫌ですけど(笑)50代も悪くないって心から思います。

WOMeの読者の方々は30代後半から40代の方が多いんですよね。人によってライフステージは様々だと思いますが、自分の人生は自分のもの、他人の型にはめて考えないで欲しいな。自分を笑顔にすることを考えて、日々の生活の中にアンテナを立てて小さなやりたいことを見つけてトライしていく。繰り返すうちに慣れてきてどんどんやりたいことが見つかってどんどんできるようになっていくと思います。ぜひ楽しく年齢を重ねて行ってくださいね。


【イベント情報】
松尾たいこ展 in the forest
日時:2018年1月19日(金)~2月12日(月・祝)12:00~20:00 入場無料・無休
場所:ROPPONGI HILLS A/D GALLERY(ROPPONG HILLS ART & DESIGN STORE)
※オープニングパーティ 1月19日(金)18:00~20:00
《松尾たいこ×佐々木俊尚 トークイベント19:00~》

【プロフィール】
松尾たいこ アーティスト/イラストレーター
広島県呉市生まれ。1995年、11年間勤めた地元の自動車会社を辞め32歳で上京。セツ・モード・セミナーに入学、1998年からイラストレーターに転身。大手企業広告や六本木ヒルズなどのグッズを手がける。これまで300冊近い本の表紙イラストを担当。横山秀夫「クライマーズ・ハイ」カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」など。共著に、江國香織との共著「ふりむく」角田光代との共著「Presents」など。さらに著書に「東京お遍路ゆる散歩」「クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない!」などがある。
2014年からは福井で陶器作品の制作をスタート。現在、東京・軽井沢・福井で三拠点生活を送る。

*公式ブログ*
軽やかHAPPY LIFE!
旅するように暮らす私とファッションと
https://ameblo.jp/taiko-closet/

*公式サイト*
https://taikomatsuo.jimdo.com/

35歳からわたしが輝くために捨てるもの

¥ 1,512



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

大人の女性が元気に楽しく毎日を過ごせるような記事をお届けします!

関連する投稿


「なぜ彼女は40代向けWEBメディアを立ち上げたのか」 WOMe編集長がインタビューを受けました

「なぜ彼女は40代向けWEBメディアを立ち上げたのか」 WOMe編集長がインタビューを受けました

Webメディアで活躍する女性にフォーカスを当てたメディア「Media Girls Labo(メディアガールズラボ)」様より、WOMe編集長がインタビューを受けました。WOMeの企画構想から実際に立ち上がるまで、そして現在、未来を熱心に語る様子をレポートいたします。


モヤッとを捨てればストレスもなくなる!【松尾たいこ連載#02 40代を自由に楽しく】

モヤッとを捨てればストレスもなくなる!【松尾たいこ連載#02 40代を自由に楽しく】

アーティスト/イラストレーターとして大活躍の松尾たいこさんによる連載がスタートしました!全三回の連載は著書である『35歳からわたしが輝くために捨てるもの』から特に40代女性へ向けたメッセージを抜粋してオリジナルで書き下ろしていただきます。第二回目は日常生活のモヤッとを失くす!というお話しです。


若さへの執着なんて捨てちゃおう!【松尾たいこ連載#01 40代を自由に楽しく】

若さへの執着なんて捨てちゃおう!【松尾たいこ連載#01 40代を自由に楽しく】

アーティスト/イラストレーターとして大活躍の松尾たいこさんによる連載がスタートします!全三回の連載は著書である『35歳からわたしが輝くために捨てるもの』から特に40代女性へ向けたメッセージを抜粋してオリジナルで書き下ろしていただきます。第一回目はちょっと耳がイタイ“若さへの執着を捨てる”というお話です。


【#FocusOn】「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」著者イラストレーター松尾たいこさんインタビュー<前半>

【#FocusOn】「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」著者イラストレーター松尾たいこさんインタビュー<前半>

WOMe編集部が気になっているヒト・モノ・コト等を紹介するFocusOn(フォーカスオン)。こんにちは編集デスク和氣です。今回は人気イラストレーター松尾たいこさんの著書を読んで感銘を受けご本人にインタビューしてきました!丁寧に慎重に言葉を紡ぐ松尾さんは本当に素敵な大人の女性でした。こんな風に年齢を重ねたい!前半です。


【#FocusOn】益田ミリさん著書「美しいものを観に行くツアー ひとり参加」

【#FocusOn】益田ミリさん著書「美しいものを観に行くツアー ひとり参加」

WOMe編集部が注目している、気になっているヒト・モノ・コト等を紹介する企画【#FocusOn(フォーカスオン)】こんにちは! WOMe編集部デスク和氣です。今回は私が大好きな作家・益田ミリさんの最新刊「美しいものを観に行くツアー ひとり参加」をご紹介します。


最新の投稿


自信がつく「うしろ姿」の作り方【更年期は人生が輝くチャンス #14】

自信がつく「うしろ姿」の作り方【更年期は人生が輝くチャンス #14】

鏡を見て、顔や表情、お腹など、見えるところを気にする女性は多いでしょう。しかし、実は人から1番見られる場所というのは、自分では見えない背中です。そこで、今回は今すぐできる自信がつく「うしろ姿」の作り方をお伝えします。


差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

「だから結婚できないんだ」なんて、本当に大きなお世話ですよね。そんなこと言われたら怒りで頭が爆発してしまいそうです。しかし…恋愛コラムニスト神崎桃子さんのコラムを読むと言われてみれば…と胸が痛くなることも…。最終的に「確かにそうだよね!」と思える納得の結末なのでぜひ最後までお読みください。


「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

2018年1月29日(月)マンダリン オリエンタル ホテルにて「AVON(エイボン)女性年度賞2017」の授賞式が行われました。高い志と情熱、行動力をもって信じた道を歩み続ける女性たちを応援し続けることを目的に今年38回目を迎える「エイボン女性年度賞」。今年も各界の第一線で活躍する素晴らしい女性たちが受賞しました。


「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「婚活してまで結婚したいわけじゃない」「自分からガツガツ行くのはみっともない」と思って気が付いたらアラフォーだったという独身女性たち。幸せな結婚生活を送ることと自然な出会いの恋愛結婚は何の関係もないのに変にこだっていませんか? アラフォーがしがみつく執着をご紹介します。これ、捨てたほうが楽になりますよ。


宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター