悩み続けてしまう… 上手な解決方法が知りたい【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#4】

悩み続けてしまう… 上手な解決方法が知りたい【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#4】

日常生活で嫌なことや悩みができると、ぐるぐると頭の片隅に残ってしまうことってありますよね。うまく切り替えができればいいですが、なかなかそうはいきません。今回は、そんな女性のお悩みをロジかわで解決します!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

【お悩み】ひとつ嫌なことがあったり、悩みができたりすると、何をしててもそれが頭の片隅にあって、ずーっと考えちゃうんです…。スパッと切り替えがしたいのに上手くいきません。どうしたらいいでしょうか。

先日、職場の同僚と些細なことで人間関係がぎくしゃくすることがありました。夫に相談をしても、そんなに気にしなくていいのでは?と言われましたが、仕事をしているときも、家族と話しているときも、ずっと頭の中に残っています。今回のことに限らず、なにか嫌なことがあったときに、うまく切り替えができません。リフレッシュしようとしてみても、気分転換がうまくできないのです。こういうときどうしたらいいでしょうか。(40歳 Mさん)

悩み続けることの悪影響

悩みはつきもので、日々発生しますよね。些細なことだと思っていても、Mさんにとって頭の片隅から離れず、気になってしまうんですね。しかし、嫌なことや悩みが発生しても、時間は過ぎていくので引きずったままでは他のことも集中できません。おっしゃるとおり、切り替えが必要です。しかし、上手く切り替えができないのですね。これは「悩む」ことが悪いのではなく、悩んだままでいると、感情のコントロールができなくなり、正しい判断がつかなくなることが問題なのです。

特に男性よりも女性のほうが感情の影響を大きくうけます。

たとえば仕事で「これからは新しい方向性でいきます」など、自分に抵抗のある出来事がおきたとします。男性は、「仕事だから仕方がない。ここは我慢だ」と冷静に対応するのですが、女性は変化に対して感情が邪魔をします。いざ変化に対応しなければならなくなった時には柔軟に対処できるのですが、受け入れるまでに時間がかかるのです。

「悩む」ことは悪いことではありませんが、悩み続けることでネガティブな感情が発生することが悪影響なのです。そこで「悩み続けないこと」がとても大切になります。

「悩む」は永遠に続けれるが、「考える」は10分しか続かない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そもそも、悩むとはどういうことでしょうか。「悩んでいる状況」とは、グルグルと頭の中で問題が回っているだけで解決することがありません。そのため、永遠に悩み続けることができてしまうんです。

たとえ、リフレッシュをしたり違うことをして忘れようとしても、解決していないので頭の中に残ったままになっていてまた悩み始めることができてしまうんですね。そこで、スッキリさせるためには、解決策が必要になってきます。

悩んでいる原因はなんなのか、どうしたらスッキリするのかを「考える」のです。「考える」ことは永遠にできません。最大でも10分と言われています。たとえば、「今日の夕ご飯どうしよう」と思っていても、どうしようと思っているだけでは考えていません。答えが出ないときはただ悩んでいるだけです。ですが、いざ時間が迫ると考えはじめ、すぐに決まります。ご飯は何を食べよう・・・「お肉料理?魚料理?」「家にあるもの、買い物が必要なもの?それとも外食?」と選択肢をだしてどんどん決めていきます。このように考えるためには「切り口」が必要です。

Mさんが職場の友人とぎくしゃくしたのは何が起きたのか、なぜぎくしゃくしていると思っているのか、どういう状況だったいい状態だと思うのかなど、考えるきっかけの質問を自問自答していくと原因がわかって前に進むことができるんです。

悩みを分類する

それでも、嫌なことや悩みは大小様々です。すべて解決できるのが一番ですが、すぐにできないこともあります。

どうしても切り替えができないときは一度、「悩み」を客観的に分類してみるのもいいでしょう。

縦軸と横軸の線をかいて4つの箱の中に「悩み」を分けてみます。縦軸に、その悩みは「自分で解決ができるか?解決ができないか」、横軸には「重要か?重要でないか」と書き、悩みを当てはめていくのです。たとえば、「寒い日が続いて通勤がいや」と思っていることは、自分では解決ができないし、さほど重要ではありません。解決できないことに悩んでも仕方ないと割り切ることができます。

大事なことは、悩みは解決させて、溜め込まないことです。そして感情的にならないことです。悩みはどんなシーンでも発生するので、上手に付き合っていきましょう。

ロジかわ会 代表 山本 なつみ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

働く女性のコミュニティ「ロジかわ会」を運営。20代~60代と幅広い層の女性が参加し、多くの働く女性から好評を得ている。

関連する投稿


どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

自分が気にしていることを平気で人前で言われたり、ストレートに物事を言われると傷つきますよね。無神経だなと思う人と普段どのようにお付き合いしていけばいいのか、その接し方について3つご紹介します。


自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を伝えることで、「相手はどうおもうだろう」「不快感を与えるかもしれない・・・」と相手に気を遣い意見がうまく言えないという経験をされた方も多いのではないでしょうか。これは、「共感力」の高い女性脳が強く影響しているからです。今回は、上手に自分の意見を伝えるコツをご紹介します。


話がまとまらない人へ ロジカルな話し方・ロジカル思考トレーニング法【“ロジかわ”で世渡り上手に!#18】

話がまとまらない人へ ロジカルな話し方・ロジカル思考トレーニング法【“ロジかわ”で世渡り上手に!#18】

相手に自分の気持ちを伝えたいのに、うまく伝わらない・・・自分でも話が整理できていなかったり、相手の顔が怪訝そうだと、せっかくのコミュニケーションが嫌になりますよね。日々の会話を論理的に工夫をするだけで上手に話すことができます。ロジカルシンキングな「話し方」についてロジかわ流の解決法についてお話します。


年下社員の「上から目線」はどう対処する?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

年下社員の「上から目線」はどう対処する?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

職場には自分とは価値観も考え方も異なる様々なタイプの人が働いています。当然、苦手なタイプの人もいますよね。年下の女性社員から高圧的な態度や上から目線…困りますね。さて、どんな相手とも上手にお付き合いするためにはどのようにコミュニケーションをとればいいのか、ロジかわ(ロジカルでかわいい)思考でお伝えします!


41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

転職があたり前となった時代、キャリアを見直すタイミングが人生で何度か訪れると思います。しかし、数回のことだからこそ面接でどう話していいかわからないのは当然ですよね。今回は、面接対策をロジカルに考えて解説します。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

夫婦仲の専門家 三松真由美さんの連載! 漠然とセックスレスにお悩みの方も多いでしょう。そんな時には、セックスレスの本質を医学書という観点から調べてみてはいかがでしょうか。今回は医学書に学ぶ正しいセックスについて、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにお話しいただきました。


更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期症状で関節痛なることもあるってご存知ですか? 「手や手首がこわばる」「ひざが痛い」など、更年期には関節がこわばったり痛みに悩まされる方も多いのです。今回は、更年期によくある「関節痛」や間違いやすい病気、今すぐできる予防・改善などの対策ケア方法をお伝えします。


【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】『養生思考を身につける』(ワニブックス)著者、呼吸整体師の森田愛子さん。呼吸の大切さに着目し、呼吸を整えれば健康になれる! と独自のメソッドを開発。カラダを動かしながら呼吸を自然に行う方法を多くの人に伝えています。インタビュー後半はなぜ森田さんが呼吸に着目したのか、自然に呼吸を行うにはどうしたらいいのか、などについてお伺いしました。


宮本真知のタロット占い【3月18日(月)~3月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【3月18日(月)~3月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【雨宮なおみの12星座占い】2019年3月 後半編(3/15~3/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年3月 後半編(3/15~3/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター