浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】 | 大人のワタシを楽しむメディア
浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

浮気や不倫をしてしまう理由は「相手を好きになったから」

コミックシーモア調べ

電子書籍を配信している「コミックシーモア」では、約4,500名の会員を対象に「マンガと不倫・浮気に対するアンケート」を2017年7月に行いました。

それによると、まず「浮気・不倫をしてしまった理由を教えてください」という質問に対し、男女ともに一番多かった答えは「浮気・不倫相手を好きになってしまったから」となっています。

肉体関係がメインになるのかと思いきや、相手に恋愛感情を抱いてしまい、それが不倫や浮気に発展した、という形が多いのですね。相手と体の関係を持ってしまったのは恋心が高まったから、ということになりそうです。

次に、男性で多かったのが「出来心から」という回答。40.5%と、女性の倍近い数字になっています。出来心、と聞くと「つい」「何となく」という気持ちを思い浮かべますが、男性のほうが流れやすいのは、女性より会社など外で過ごす時間が多く、それだけ妻以外の女性との接触が多いことが理由のひとつではないでしょうか。

逆に、女性で多いのは「寂しかったから」というもの。こちらは13.7%と男性より6倍の数字を得ています。女性の場合、夫が仕事で忙しくて構ってくれない、専業主婦なら孤独に耐えられなくて、という可能性も考えられますね。いずれにしろ、心の隙間を埋めるために浮気や不倫に走ってしまった、という女性が多いことがわかります。

男性は不倫相手を選び、女性は元サヤを望むのが現代

コミックシーモア調べ

「その後どうなりましたか?」という質問を見てみると、男性では「パートナーと別れ、浮気(不倫)相手と付き合った」と答えた男性が44.4%、女性は「元サヤに戻った」が45.9%とそれぞれ違う回答が返ってきました。

「元サヤに戻った」と答えた男性は33.3%と決して少ない数字ではありませんが、それより新しいパートナーを選ぶ男性が多い理由は何なのでしょうか。

もともと男性には「狩猟本能」があり、一度狙った相手は必ず手に入れたいという欲求があります。ほかの女性に目が向いてしまうのも、常に新鮮な「獲物」を求めてしまうから。それは、パートナー(配偶者)に不満があるのが原因ではなく、より自分を満足させたいという男性ならではの闘争心から生まれるものです。

そして、手に入れることができると手放したくないのが人間です。浮気や不倫のように、公にできない関係ならなおさら執着を持つという人も多いでしょう。付き合うまでに苦労した分、もしバレてしまっても新しい相手のほうに愛情が向いてしまうのが男性の心。配偶者との関係を過去と捉えてしまうことで、不倫相手を選ぶ決断をしてしまうのですね。

一方、元の関係に戻ることを女性が求めるのは、男性とは逆に「家庭を守る」という本能が強いことが理由のひとつです。上記に挙げた浮気や不倫をしてしまった理由でも、「出来心から」と答えた女性は26.9%と少ないように、男性ほど軽はずみな気持ちで配偶者以外の男性を求めることが女性にはありません。それは、自分の居場所は家庭にあるとしっかり定めている意識が強いことがわかります。

そのため、万が一バレてしまっても、新しいパートナーとの未来より夫との生活を守ることを女性は優先しがちです。子どもがいる場合はさらに家庭の重要性を考える妻は多いでしょう。相手を好きになったとしても、男性と違い最終的には別れを選ぶ女性が多いのは、より元の家庭を守ることに重点を置くからなのですね。

それでも、元の関係に戻る理由

Getty logo

上に挙げた結果で忘れてはいけないのは、浮気や不倫など配偶者以外の異性を好きになることがあっても、多くの男女が元の居場所に戻ることを最終的に選んでいる点です。

「元サヤに戻った」と回答した男性は33.3%ですが、新しいパートナーを選んだと答えた人の次に多く、女性と合わせると約8割の男女が別れずに元の関係を続けています。

「出来心から」と答えた男性が多いことでもわかるように、もともと本気で新しいパートナーを探すという人は少ないのも現実。バレてしまっても、配偶者に対する罪悪感などもあれば改めて夫婦の関係を見直すという人も多いのではないでしょうか。

本当に夫婦の間に絆がないのであれば、簡単に縁を切ることができます。それをしないのは、やはりふたりの間に愛情が残っているからと考えるのが自然です。どれだけ新しい相手との関係が新鮮であっても、妻や夫と築いてきた信頼のほうがより深い、と気がつく男女も多いでしょう。

いずれにせよ、大切な絆を切ってしまうような関係は、もとより持たないことが肝心。幸せな結末にはならないのだと、肝に銘じておきたいですね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫妻が失うもの 最後に残るのは… 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #60】

不倫することで失うものは何だと思いますか? 最悪の場合、離婚まで発展するのが不倫ですが、見放されるのは身内からだけではありません。ある女性は、独身の男性と付き合っていることを人に話してしまい噂が広がり、大切だった居場所を自ら去ることになりました。安易に不倫に走ったことでどんな結末が待っていたのか、ご紹介します。


夫が「倫活」!? 怪しいと思ったときのチェック法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #59】

夫が「倫活」!? 怪しいと思ったときのチェック法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #59】

最近夫がそわそわしているみたいだけど、何かあったのかな? 妻に理由を告げずに浮かれた様子が見えるときは、「倫活」を一度疑ってみましょう。不倫なんて考えたくないのが本音ですが、放っておくと先に進んでしまう可能性があります。いきなり詰め寄るのは逆効果。まずは夫の様子を観察して、倫活しているかどうかを見極めましょう。


『こじらせない離婚』著者:“円満”離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『こじらせない離婚』著者:“円満”離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

三度の離婚、一度の事実婚~そして解消、とご自身が結婚・離婚のプロフェッショナル! “円満離婚弁護士”として多くの離婚を円満解決へと導く原口未緒さんにご自身の結婚・離婚のこと、最近増えている離婚案件などについてご著書『こじらせない離婚』を基にお話を伺いました。インタビュー第一回です。


二世帯同居 夫婦のセックス事情【幸せ夫婦コミュニケーション術 #58】

二世帯同居 夫婦のセックス事情【幸せ夫婦コミュニケーション術 #58】

二世帯住宅に両親と同居している夫婦の夜の営み事情。自分の親であれ夫の両親であれ、いるとなかなかリラックスして抱き合えないという話はよく耳にします。気を使うことに疲れてセックスレスになる可能性もあり、二世帯住宅でのセックスは難しい⁉ 実際問題どんな感じなのか、実例を元にお話しします。


自己中マイペースな夫に協調性をもたせるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #57】

自己中マイペースな夫に協調性をもたせるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #57】

子どもが産まれても、自分のやりたいように物事を進めてしまう夫。お出かけのときも自分だけ準備ができたら「まだ?」と訊いてくる姿にイライラ……。マイペースな夫に協調性を持ってもらうには、具体的にお願いして動いてもらうこと、それを認めることで、意識を広げてもらいましょう。「助かる」は夫の心を動かすキーワードです。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】大人の女性こそ“腟の弾力”がとても大事 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第一回>

ボディケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発を手掛け、日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。WOMeでデリケートゾーンケアの重要性について連載をしていただきましたが、今回改めてなぜ、デリケートゾーンのケアが大切なのか教えていただきました。インタビュー第一回目です。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


 肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩こりさん必見! カチコチ肩甲骨をやわらかく♪【おうちでゆ~っくり らくらくヨガ#5】

肩が重い、痛い、頭痛がする、吐き気をもよおす…など、肩こりからくる症状は数知れません。痛みがあると、気分もどんよりしてしまいますよね。そんな肩コリさん必読! ヨガで肩こりをほぐす方法をご紹介します。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google