浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

浮気がバレた後どうする? 女性は元サヤ、男性は不倫相手を選ぶ⁉【幸せ夫婦コミュニケーション術 #65】

もし、浮気や不倫が配偶者にバレてしまったら。家庭があるならそこに戻るのが一番と考える人は多いと思いますが、配偶者ではなく不倫相手を選ぶ、という男性も多いのが現実です。一方で、女性は元サヤになることがほとんどの現代の浮気・不倫事情。男女の違いはどうして生まれるのか、実際のデータを元にご説明します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

浮気や不倫をしてしまう理由は「相手を好きになったから」

コミックシーモア調べ

電子書籍を配信している「コミックシーモア」では、約4,500名の会員を対象に「マンガと不倫・浮気に対するアンケート」を2017年7月に行いました。

それによると、まず「浮気・不倫をしてしまった理由を教えてください」という質問に対し、男女ともに一番多かった答えは「浮気・不倫相手を好きになってしまったから」となっています。

肉体関係がメインになるのかと思いきや、相手に恋愛感情を抱いてしまい、それが不倫や浮気に発展した、という形が多いのですね。相手と体の関係を持ってしまったのは恋心が高まったから、ということになりそうです。

次に、男性で多かったのが「出来心から」という回答。40.5%と、女性の倍近い数字になっています。出来心、と聞くと「つい」「何となく」という気持ちを思い浮かべますが、男性のほうが流れやすいのは、女性より会社など外で過ごす時間が多く、それだけ妻以外の女性との接触が多いことが理由のひとつではないでしょうか。

逆に、女性で多いのは「寂しかったから」というもの。こちらは13.7%と男性より6倍の数字を得ています。女性の場合、夫が仕事で忙しくて構ってくれない、専業主婦なら孤独に耐えられなくて、という可能性も考えられますね。いずれにしろ、心の隙間を埋めるために浮気や不倫に走ってしまった、という女性が多いことがわかります。

男性は不倫相手を選び、女性は元サヤを望むのが現代

コミックシーモア調べ

「その後どうなりましたか?」という質問を見てみると、男性では「パートナーと別れ、浮気(不倫)相手と付き合った」と答えた男性が44.4%、女性は「元サヤに戻った」が45.9%とそれぞれ違う回答が返ってきました。

「元サヤに戻った」と答えた男性は33.3%と決して少ない数字ではありませんが、それより新しいパートナーを選ぶ男性が多い理由は何なのでしょうか。

もともと男性には「狩猟本能」があり、一度狙った相手は必ず手に入れたいという欲求があります。ほかの女性に目が向いてしまうのも、常に新鮮な「獲物」を求めてしまうから。それは、パートナー(配偶者)に不満があるのが原因ではなく、より自分を満足させたいという男性ならではの闘争心から生まれるものです。

そして、手に入れることができると手放したくないのが人間です。浮気や不倫のように、公にできない関係ならなおさら執着を持つという人も多いでしょう。付き合うまでに苦労した分、もしバレてしまっても新しい相手のほうに愛情が向いてしまうのが男性の心。配偶者との関係を過去と捉えてしまうことで、不倫相手を選ぶ決断をしてしまうのですね。

一方、元の関係に戻ることを女性が求めるのは、男性とは逆に「家庭を守る」という本能が強いことが理由のひとつです。上記に挙げた浮気や不倫をしてしまった理由でも、「出来心から」と答えた女性は26.9%と少ないように、男性ほど軽はずみな気持ちで配偶者以外の男性を求めることが女性にはありません。それは、自分の居場所は家庭にあるとしっかり定めている意識が強いことがわかります。

そのため、万が一バレてしまっても、新しいパートナーとの未来より夫との生活を守ることを女性は優先しがちです。子どもがいる場合はさらに家庭の重要性を考える妻は多いでしょう。相手を好きになったとしても、男性と違い最終的には別れを選ぶ女性が多いのは、より元の家庭を守ることに重点を置くからなのですね。

それでも、元の関係に戻る理由

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

上に挙げた結果で忘れてはいけないのは、浮気や不倫など配偶者以外の異性を好きになることがあっても、多くの男女が元の居場所に戻ることを最終的に選んでいる点です。

「元サヤに戻った」と回答した男性は33.3%ですが、新しいパートナーを選んだと答えた人の次に多く、女性と合わせると約8割の男女が別れずに元の関係を続けています。

「出来心から」と答えた男性が多いことでもわかるように、もともと本気で新しいパートナーを探すという人は少ないのも現実。バレてしまっても、配偶者に対する罪悪感などもあれば改めて夫婦の関係を見直すという人も多いのではないでしょうか。

本当に夫婦の間に絆がないのであれば、簡単に縁を切ることができます。それをしないのは、やはりふたりの間に愛情が残っているからと考えるのが自然です。どれだけ新しい相手との関係が新鮮であっても、妻や夫と築いてきた信頼のほうがより深い、と気がつく男女も多いでしょう。

いずれにせよ、大切な絆を切ってしまうような関係は、もとより持たないことが肝心。幸せな結末にはならないのだと、肝に銘じておきたいですね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


離婚にまつわる「調停」の種類とやってはいけない3つのこと【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#03】

離婚にまつわる「調停」の種類とやってはいけない3つのこと【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#03】

こんにちは。弁護士の中川みち子です。先日、離婚の相談をお受けしている際に「同居しているんですが、調停申立できますか?」と尋ねられました。もちろんできます。別居していても、同居でも、離婚したくても、したくなくても、調停は申立できます。今回はどういった時にどういう手続をとるのかという「離婚の手順」についてご説明します。


離婚にまつわる「お金」の話【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#02】

離婚にまつわる「お金」の話【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#02】

こんにちは弁護士の中川みち子です。以前は結婚年数の短い20代~30代前半の離婚の相談が多かったですが、最近は40~50歳代が増えています。子育てにはお金が必要なので、我慢を続けて経済力をつけてから離婚するというケースです。離婚となるとお金の心配がつきまとうのは当然です。そこで今回は離婚にまつわるお金のお話しです。


離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

離婚したくない!「産後クライシス」対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #66】

出産後から、夫婦の仲がギクシャクしてしまうのが「産後クライシス」。最悪の場合、離婚まで発展することもあり、決して軽い問題ではありません。産後クライシスを防ぐには、何より自分の意思をきちんと伝える姿勢が重要。どんなコミュニケーションを取っていけば良いか、ご紹介します。


離婚が頭をよぎったら知るべきこと【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#01】

離婚が頭をよぎったら知るべきこと【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#01】

3組に1組が離婚しているという日本。アラフォーで離婚を意識し始めたのなら絶対にしてはいけないのは“勢いでしてしまうこと”。きちんとかしこく離婚をすることで自分や家族を守ることにもなるのです。弁護士の中川先生にかしこく離婚する方法について教えていただく連載のスタートです!


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(最終話)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第一章~百合の場合(最終話)

(前回までのあらすじ)成功者の夫に子どもふたり、アパレルブランドのディレクターとして人も羨むような人生を歩んできた百合。しかし夫の不倫が発覚し、心は揺さぶられる。そんななか会社の後輩・新垣との距離がグッと縮まるできごとが。苦しい過去を共有する同士の女優・井本飛鳥に出会ったことで百合はまた新たな心のステージを迎える…。


最新の投稿


自信がつく「うしろ姿」の作り方【更年期は人生が輝くチャンス #14】

自信がつく「うしろ姿」の作り方【更年期は人生が輝くチャンス #14】

鏡を見て、顔や表情、お腹など、見えるところを気にする女性は多いでしょう。しかし、実は人から1番見られる場所というのは、自分では見えない背中です。そこで、今回は今すぐできる自信がつく「うしろ姿」の作り方をお伝えします。


差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

「だから結婚できないんだ」なんて、本当に大きなお世話ですよね。そんなこと言われたら怒りで頭が爆発してしまいそうです。しかし…恋愛コラムニスト神崎桃子さんのコラムを読むと言われてみれば…と胸が痛くなることも…。最終的に「確かにそうだよね!」と思える納得の結末なのでぜひ最後までお読みください。


「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

2018年1月29日(月)マンダリン オリエンタル ホテルにて「AVON(エイボン)女性年度賞2017」の授賞式が行われました。高い志と情熱、行動力をもって信じた道を歩み続ける女性たちを応援し続けることを目的に今年38回目を迎える「エイボン女性年度賞」。今年も各界の第一線で活躍する素晴らしい女性たちが受賞しました。


「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「婚活してまで結婚したいわけじゃない」「自分からガツガツ行くのはみっともない」と思って気が付いたらアラフォーだったという独身女性たち。幸せな結婚生活を送ることと自然な出会いの恋愛結婚は何の関係もないのに変にこだっていませんか? アラフォーがしがみつく執着をご紹介します。これ、捨てたほうが楽になりますよ。


宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター