「ワンオペ育児」から脱却する秘訣は夫を○○すること!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #67】

「ワンオペ育児」から脱却する秘訣は夫を○○すること!【幸せ夫婦コミュニケーション術 #67】

子どもの世話をするのは自分だけ。忙しい夫は育児にも私にも無関心……。「ワンオペ育児」で悩む妻は多いですが、諦めていては何も変わりません。恨みや憎しみが重なると、いずれ熟年離婚もありえます。そうならないためにも、もう一度夫を愛することから始めてみませんか? それでは具体的にどう接すれば良いか、お話します。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「ワンオペ育児」が生む妻の孤独

産後も以前と同じように会社に行き帰宅する生活を変えようとしない夫。それに比べて妻はずっと赤ちゃんにつきっきりで、ゆっくり休む時間はもちろん自分の時間もない。たまには手伝ってくれたらいいのにと思っても、「疲れている」と言われたらそれ以上お願いすることをためらう妻は多いですよね。

それに女性特有の「私がいつもやってるんだからやらなきゃいけないことは見ればわかるでしょ」という感覚も相まって、いちいち指図するのが嫌で諦めてしまう人もいるでしょう。

育児に協力的でない夫を見ると、イライラが募ります。自分だけさっさと寝室に引き上げてしまい、妻にいたわりの言葉をかけることもない。夫婦なのに、まるで別々の時間を過ごしているかのよう。「ワンオペ育児」が生み出すのは、一番身近な夫に自分を省みてもらえないという孤独です。

夫の無関心を当たり前にしてしまうと、次にくるのは愛情の消失です。「自分ばかり大変な思いをしているのに」と恨みが重なれば、今すぐは無理でもいずれ離婚を考えるなど、夫婦の関係は終わってしまいます。

苦しい気持ちから解放されるには、まずは夫を愛する気持ちをもう一度取り戻すように努力すること。では、どうすれば夫を愛する気持ちをもう一度取り戻し、ワンオペ育児から抜け出して家族で幸せに過ごすことができるのでしょうか。

「子育ては楽しい」ことを夫に知ってもらう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子どもが産まれても、男性にとって「仕事をしてお金を稼ぐ」ことは変えられません。家族が増えたのならなおさら、これまで以上に仕事に精を出すことを考える男性も大勢います。その姿勢が、妻のワンオペ育児を疑問に思わないことにつながります。「俺の仕事は稼ぐこと、妻の仕事は赤ちゃんの世話」。無意識でもそう思ってしまうことで、妻の大変さを理解する意識がそもそも持てないのですね。

そんな夫に愛想を尽かしたくなる妻の気持ちも十分わかりますが、ちょっと待ってください。知らないのなら、教えることで夫の意識を変えることができます。ポイントは、「大変さ」より「楽しさ」を知ってもらうこと。ポジティブな気持ちで育児に関わろうとするなら、喜びがあるほうが夫は積極的になれます。

夫に育児の楽しさを知ってもらうには、まず妻が夫を愛している姿が欠かせません。「あなたを愛していているからこそ授かったこの大切な命を育てるのにあなたが必要なの」というメッセージが届けば、夫も心を開いて向き合おうと思います。

夫自身に意識を向けてみる

例えば、晩ごはんを準備する時間がなくてお惣菜ばかりになってしまう。夫はため息をついて食べるだけ。妻としては、申し訳ないと思うけれど仕方のないことですよね。そんなときは、「最近こんなご飯でごめんね。今度あなたの好きなハンバーグを作るからね」とひとこと声をかけましょう。

妻に自分の好物を作りたい気持ちがあることがわかれば、夫の心は和みます。実際に作れるかどうかより、夫にとって嬉しいのは「自分の存在を忘れていない」こと。そうすれば赤ちゃんのお世話ばかりに集中されている寂しさが解消されるのです。

少しで良いから、夫自身に意識を向ける瞬間があれば、それは必ず届きます。夫の好きなお酒を用意してみたり、パジャマがくたびれていれば新品を用意したりと、自分にもしっかり関心を向けてくれている妻の姿は、夫にとって自信を与えてくれるのです。

忙しい中でも自分を忘れず愛してくれている妻を見れば、夫自身も妻へ意識を向けることを思い出していきます。

いたわりを忘れない姿勢が夫の関心を引き出す

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「今日もお疲れさま」。こんなささやかな言葉でも、あるとないでは夫の気持ちはずいぶん違います。育児を当然と思われることが辛いように、夫にとっても自分が働くことを当たり前とされるのは面白くありません。

妻からねぎらいの言葉をかけられて、嫌な気になる夫はいません。「いつもありがとう」と言われるだけで、日頃の疲れも報われると感じるのは夫も妻も一緒。ならば、妻のほうからどんどん声をかけていけば、夫も妻のがんばりを労わろうとする気持ちが生まれます。

その愛情が、子育てへの関心を引き出すことにつながります。「お疲れさま」のあとに「今日はこんなことがあったよ」と笑顔で子どものことを報告されれば、「どれどれ」と関心を持ってくれるようになります。そこから、赤ちゃんのお世話について話す流れが出来上がると、夫も自然と育児について学ぶことができます。

夫からためらいをなくす

赤ちゃんのお世話をしたいと思っても、やり方がわからなければためらいますよね。それは子どもをもったことのない女性でも同じだと思います。知らないことをして失敗するのが嫌なのは人間だれしも同じです。ましてや大切な赤ちゃんのお世話で失敗したら取り返しのないことになる。大好きな妻に嫌われてしまうかもしれない。そんな恐怖心からおむつの交換や泣いている赤ちゃんをあやすことさえ、夫はうかつに手を出すことができません。それが妻と話すことで自然と方法がわかれば、夫も手を伸ばしやすくなるのです。

やってみて初めて、妻の大変さがわかったという夫は多いものです。自分も育児に参加しようと思うのは、子どもだけでなく妻への愛情もあるからこそ。何もしてくれない、と夫を責めるだけでは事態は変わりません。ワンオペ育児からの脱却は、まず夫を愛すること。そして子育ては楽しいと知ってもらう姿勢が欠かせないことを、忘れないでくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連するキーワード


ワンオペ育児 解決

関連する投稿


生理前のお悩みに! 専用ヘアケア「月のおまもり(R)」がアロマオイルに

生理前のお悩みに! 専用ヘアケア「月のおまもり(R)」がアロマオイルに

生理前専用の新基準ブランド「月のおまもり(R)」の新ラインナップとして生理前専用のアロマオイル「月のおまもり(R) エッセンシャルオイル」が8月10日から販売スタート。憂鬱な時期を癒しの香りで乗り切りましょう☆


こちらもチェック!
Recommended by

オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【5月21日(月)~5月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月21日(月)~5月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


「つみたてNISA」と「NISA」の違い【ぐうたらさんでもお金が増える♯08】

「つみたてNISA」と「NISA」の違い【ぐうたらさんでもお金が増える♯08】

こんにちは。家計研究家の氏家祥美です。これまで、積立投資がなぜいいのか、積立投資を始めるなら「つみたてNISA」がお得、ということで、前回はその始め方について詳しくお話ししました。でも人によっては、つみたてで無い方がいいこともあります。そこで今回は、つみたてNISAと普通のNISAの違いについて、お話ししていきます。


夫の「加齢臭」上手な対策法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #73】

夫の「加齢臭」上手な対策法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #73】

あれ? 最近急に夫の体臭が気になるようになった。これってもしかして加齢臭? ニオイは、なかなか本人が気がつきにくいため周りも言い出すのが難しい問題ですね。特に男性は身体について加齢を指摘されるのを嫌がります。さり気なく言うなら、本人以外の話題で持ち出すのが吉。どう対処すれば良いか、おすすめの方法をご紹介します。


美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#5】

美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#5】

一年中しっかり日焼け止め対策をしている優秀なアラフォー女性も多いと思いますが、実は季節や場所によって使い分けた方がいいってご存知ですか? 漫然と同じ日焼け止めをつけていればいい…という簡単はものではないようです。


更年期症状が “ツライ人” “軽い人” の違いとは?【更年期は人生が輝くチャンス #20】

更年期症状が “ツライ人” “軽い人” の違いとは?【更年期は人生が輝くチャンス #20】

「わたしには更年期はなかった」といった話を先輩方から聞いたことがあるかもしれません。その一方で「生きているのが辛いほどの症状に悩まされた」という方もいらっしゃいます。全員が通る道なのに、いったいこの差はどうして起こるのでしょうか? できるなら更年期をラクに乗り切りたいですよね。その秘訣を教えていただきます!


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター