40代! “マチュア” な女性になるために【自立美人のススメ#01】 | 大人のワタシを楽しむメディア
アットセミナー
40代! “マチュア” な女性になるために【自立美人のススメ#01】

40代! “マチュア” な女性になるために【自立美人のススメ#01】

皆さんは「自立している女性」というとどのようなイメージを抱きますか?強い女性?バリキャリ?この連載では“自立”そして“美しく生きる人”をテーマにお話していきたいと思います。決して容姿だけの“美人”ではないから誤解しないで下さいね♪ 今回の自立美人のススメは、そもそも自立美人ってなあに?というお話です。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

“あえて”人に頼る。それがマチュアな自立美人

自分のできないことをわかっている女性は、できない部分は周りに頼ることもできるし、人にお願いもできる。それこそが美しい自立だと私は思います。確かに、40代にもなるとある程度のことは自分一人でできるようになる。仕事も、プライベートの楽しみ方もね。

だからこそ“あえて”人に頼ることをしてみてほしいの。人に頼る、お願いする、甘える、助けてと言う事を。“頑張ればできること”を“あえて”自力でやらず他力に頼る、甘える、こと。 私達は大人になって、成長してきて、それなりのことは自力でできるのよ。でも、だからこそ、手放すの。

そして、余ったエネルギーを他にまわすの。マラソンと同じ感じでね、一人でも走れる距離でもあえて何人かでバトンを渡しながら走るの。頼って、相手を信じて。そして、余ったエネルギーは、仲間と喜びあったり、自分を褒めたり、そっちに使うイメージで。今まで自分でやっていたことを“あえて”頼ってみて。頼って甘えて、相手を立てて、尊重して、喜びあってみて下さい。

自分だけを満たすわけではなく、相手と繋がって、相手も満たしてあげること。自分だけで喜びを感じるのではなく、相手と喜びあうこと。自分だけでなく、相手も輝かせられる人になる。それがマチュアな女性だと思います。

自分を認めて自分の存在を社会の一員として大切にする

Getty logo

“自分一人で生きていくこと”と“自立”は違うと思うのよね。“人の力に頼らないで自分一人で生きていこうとする”=“自立”ではないって知っておいて欲しいんです。想像してみて下さい。世の中本当に一人で生きている人って、一人もいないんだよね。住んでいる家だって誰かが建ててくれたものだし、みんなが食べるご飯だって誰かが育ててくれたもの、作ってくれたものだし。会社に行くまでの電車やバスだって誰かが運転してくれているものじゃない?

この社会、自分一人で生きていくことってできないんですよね。だから40代になったら「私は一人で生きているわけじゃないんだ! みんながいて私もいるんだ! そして私も誰かの役に立ってるんだ!」ということを頭に入れて生きて欲しいんです。だからといってそれは「私がいなくたって社会は変わらない…」みたいに自分をなくしてという意味ではありませんよ。一人一人の集合体があっての社会。そこでみんな自分のできることをして、社会を作り上げている。

これを理解しておかないと「私は一人で生きていきます。誰にも頼らず生きていきます」と強気な女性になるか、「私なんて必要ないんだわ…」とマイナス要素が強い女性になるかの両極端になってしまう。これって美しくないでしょ?

私が思う美しい大人の自立はね、まず“自分を認める”こと。そして自分の存在を社会の一員として大切にすることだと思うの。 社会の一員として人に喜ばれる自分も素晴らしい。そして私は私で素晴らしい。この二つのバランスが大切で、「私を見て! 私を大切にして! 私をかまって! 私! 私!」ではなく、社会とも上手に繋がっていくことが大切。

“仕事”の時は“別の自分”にドレスアップしちゃいましょ♡

Getty logo

時々“私らしく生きること”と“社会の一員として働くということ”を一緒くたにしてしまう人がいるんだけどそれは別物よ。“生き方”と“働き方”は違ってていいんです。私のセミナーを受講してくれる方から「自分の気持ちに嘘をつきたくないから、好きでもない上司に愛想や愛嬌を振りまきたくないんです。笑顔で挨拶とか無理です! それは仕事の業務には入っていませんから! それは私の理想とする“自分を大切にする生き方”に反しています!」 という意見を頂いたことがありました。とても頑なでした。

でもね、もっと柔軟に考えていいの。本当の自分や、自分の性格は、家に置いといてあげていいのよ。仕事の時には“別の自分”を演じていいの。社会はあなたの思い通りにならないこともとても多いわ。腑に落ちない仕事や、謂れのない扱い、理不尽なクレーム、理屈の通ってないことも多いよね。上司や部下、取引先やクライアントさんとのなかで人間関係のトラブルはつきものです。

そんな時、本来の仕事内容とは関係ない“コミュニケーション”や“愛嬌”“愛想”“笑顔”“明るさ”はとても大切だったりするんです。そういう時に、本当の自分、素の自分、自分らしい生き方を職場に持ち込むと、とても傷つくし、心が壊れてしまうこともあるんです。だからこそ、仕事の時には“別の自分”を演じてしまえばいいの。私は、そうやって今まで“仕事”をしてきました。水商売、会社員、講師業、これまでのすべての仕事の中で自分を女優のように演じてきました。仕事に行く時にはメイクをして、仕事着に着替えるのと同じように、気持ちも入れ替えて、言葉や仕草にも仕事用のメイクアップをするんです。

大人の女性として、仕事に行く時にはその仕事にふさわしいメイクや髪型、服装を心掛けますよね。それと同じように言葉や仕草にもメイクしちゃっていいの。性格にもメイクしちゃっていいの。違う自分にドレスアップしちゃっていいのよ。それは“自分に嘘をつく”とか“自分を大切にしない”とは違うわ。メイクやファッションは“自分を大切にしたい”からやっていることでしょう? 言葉や心、コミュニケーションも同じこと。

憧れの大人の女性をマネすることで自分らしさが輝くわ

Getty logo

本当の自分を大切にするために、仕事の自分を作っていいのよ。初めてメイクした時、初めて口紅を塗った時、今までの自分とは別人のように思えたこと、ない? でも、それも自分自身。“仕事用の自分”を演じることも、最初はザワザワするかもしれません。でもね、やり続けたらそれもまた自分の一部だと思える時がくるわ。仕事用の自分をどう演じたらいいかわからない人は、憧れの人をマネしてみてね。

それは同じ会社の人でも、芸能人、有名人、誰でもオーケーです。憧れのメンターとしてマネしちゃいましょう。いくらマネしても大丈夫。いくらマネをしても自分らしさは無くならないわ。むしろマネすることで自分らしさが輝いて素敵になるだけだから。

私は私の考え方をオススメする、押し付けるつもりは毛頭ありません。世の中には多くの考え方、やり方があります。その中から、自分でチョイスして、取捨選択して、行動に移してみて下さい。貴女がこの記事を読んで感じたこと、気付いたこと、実践してみたこと、私に聞いてみたいことなども、ぜひ聞かせて下さいね。LINEに送ってくれると嬉しいです。美しく生きましょう♪

コミュニケーション講師 吉井奈々



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

元男性。10代から水商売・ショービジネスの経営にも携わり、結婚を期に水商売を卒業し、現在はコミュニケーション講師として活躍。

関連する投稿


「この先ひとりはイヤ!結婚したい!」アラフォー女が婚活市場で勝負するには【神崎桃子の恋愛指南 #6】

「この先ひとりはイヤ!結婚したい!」アラフォー女が婚活市場で勝負するには【神崎桃子の恋愛指南 #6】

「今までひとりで気楽にきたけれどやっぱり老後はひとりはイヤ!」と真剣に婚活を始めるアラフォー女性も多いだろう。しかし実際婚活市場に出てみると現実は厳しく腹ただしい思いをすることもしばしば…。そんなすべての女性たちへ、恋愛コラムニスト神崎桃子さんからためになるお言葉をいただきました。


【WOMe 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

【WOMe 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

年始特別企画! 2019年 元旦の特集はアラフォー女性が今年こそ始めたいことをまとめてみました。家族との関係や自分のケアなど、大人の今から始めたいと思っていることとは?さぁ、あなたのやってみたいことはどんなことですか?


アメリカはイクメンパパが大活!?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#3】

アメリカはイクメンパパが大活!?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#3】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第3回目はアメリカのイクメンパパ事情について。アメリカのパパたちはとってもコミュニケーション上手のようです。


あなたが幸せになれない本当の理由 【自立美人のススメ#07】

あなたが幸せになれない本当の理由 【自立美人のススメ#07】

「幸せになりたい!」そう思うのはみんな同じ。そして某映画ではありませんが、誰にでも幸せになる権利があります。幸せになりたいと願っているのになぜか思い通りにならない…そんな人は自分に理由があるのかもしれません。コミュニケーション講師の吉井奈々さんに解説していただきましょう。


夫婦関係 “上司と部下”になってない? 居心地のよい関係の作り方【自立美人のススメ#06】

夫婦関係 “上司と部下”になってない? 居心地のよい関係の作り方【自立美人のススメ#06】

夫婦関係が上司と部下ってどういうこと⁉と思われた方。読み進めていただくと、「なるほど…」と納得してしまうかもしれません。それってかなり危険信号。コミュニケーション講師の吉井奈々さんに解説していただきましょう。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

たった6秒の怒りのピークをやり過ごすためのトレーニング法【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#3】

ついついカッとなった衝動に任せて怒鳴ってしまう…そんな経験誰しもありますよね。ただし、怒りのピークはたった6秒。その間どうにかやり過ごせば、落ち着いて自分の感情を相手に説明することができるんです! そこで日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんにその方法を教えていただきましょう。


何とかしたい“ぽっこりおなか”  ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

何とかしたい“ぽっこりおなか” ポイントは「骨盤&筋肉」【更年期は人生が輝くチャンス #18】

「このお腹のお肉をなんとか撃退できないものか…」40代女性の「体型で気になる部位」のトップ3といえば「お腹」です。しかし体型は自分の意思で選ぶことができます。スッキリお腹を実現するのは骨盤の角度と筋肉の使い方次第なのです。


怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

怒りが爆発する前に 共働き夫婦が決めておくべき家事分担のルール【“幸せ夫婦”コミュニケーション術#15】

夫と同じように外で仕事しているのに、気がつけば私ばかり家事の負担が大きい。本来、平等のはずなんだから、もっと夫にもやって欲しい! 家事の分担は、夫も慣れないことで逃げてしまいがち。「仕事が忙しい」という言い訳を聞いていると、どんどんストレスが溜まります。怒りが爆発する前に、ルールをしっかり決めておきましょう。


イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのは“誰か”や“何か”のせいだと思っていませんか?【アンガーマネジメントでもっと生きやすくなる#2】

イライラするのには理由がある! それは「相手が○○と言ったから」「○○な行動をとったから」「○○がうまくいかないから」…そんな風に、周りに原因があると思っていたら…それはどうやら間違っているようです。日本アンガーマネジメント協会理事の戸田さんに教えていただきましょう。


更年期は眠い!  原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

更年期は眠い! 原因は自律神経の乱れ?【更年期は人生が輝くチャンス #17】

睡眠はしっかり取れているはずなのに、眠くてだるくて仕方がない。そんなことはありませんか? 更年期は女性ホルモンの低下から自律神経が乱れがちになります。「眠れない」という悩みがある一方で「眠っても眠ってもひたすら眠い」というお悩みを持っている方も多いのです。そこで今回は、更年期の「眠気やだるさ」の対策方法をお伝えします。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google