離婚にまつわる「お金」の話【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#02】 | 大人のワタシを楽しむメディア
離婚にまつわる「お金」の話【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#02】

離婚にまつわる「お金」の話【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#02】

こんにちは弁護士の中川みち子です。以前は結婚年数の短い20代~30代前半の離婚の相談が多かったですが、最近は40~50歳代が増えています。子育てにはお金が必要なので、我慢を続けて経済力をつけてから離婚するというケースです。離婚となるとお金の心配がつきまとうのは当然です。そこで今回は離婚にまつわるお金のお話しです。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

離婚の際に決めるべきお金とは

Getty logo

財産分与

財産分与とは、結婚生活において例えば夫が得た収入であっても、妻がその収入を得ることや財産形成に寄与した場合、名義が夫の財産であっても妻に権利があると考えられる財産を分けることです。

典型的なのは、夫が仕事で給与を得て、妻が主婦として家や子どもを守っていた場合、妻の協力によって安心して仕事を行えたとして給与収入から形成した夫名義の預金の一部を妻に分与するパターンです。財産分与は通常2分の1とされていますが、夫が高い技能を持っていてそれで収入が高額である場合(音楽家や医師など)は、妻への財産分与が2分の1より少なくなる場合があります。

また、例えば夫が相続などで得た財産は、妻の協力の下で形成した財産ではないので財産分与の対象外となります。ある程度婚姻期間が長い夫婦では、財産分与が一番の争点になります。

養育費

未成年の子どもがいる場合、夫と妻のいずれが親権を持ったとしても、養育費の問題が発生します。なお、養育費は親権者が請求できるのではなく、実際に子どもを養育監護している方がもう一方に請求することになります。

養育費額の目安は、家庭裁判所が目安としている「養育費算定表」を参考にしている方が多いと思いますが、最近では日本弁護士連合会が、今までの「養育費算定表」の基準が現実を反映していないとして、「新養育費算定表」を作成しています。算定表は一つの目安になりますが、家庭によって事情は異なりますので、その点を主張していくべきでしょう。

なお、相続した財産からの収益は、養育費を払う側の収入に含まれないとの考え方もありますが、これまで生活費として利用していた場合は、対象にするという考え方も成り立ちます。

養育費は子どもの生活に影響し、長期間に渡って取得するものなので高額になります。成人年齢引き下げの論議の影響を受けて、いつまで支払えばよいかも今後問題になってきますね。根気強く交渉し、後悔のないようにしましょう。

慰謝料

いわゆる不貞や、暴力行為など、配偶者が不法行為の責任を持っている時に請求できます。
しかし、一般的に慰謝料額の相場はそれほど高額ではなく、不貞行為の慰謝料は50万円~300万円といわれています。

金額の割には、立証が非常に困難なのも実情です。相手方の不貞や暴力行為の立証のほか、自分自身の損害の立証も必要になってきます。

婚姻費用

婚姻費用は、婚姻生活が継続している間、扶養義務に基づき受け取る生活費です。扶養されている妻が子どもの面倒をみている場合、子どもの生活費も含めて支払ってもらえます。つまり妻は、離婚に至るまで夫の収入で戦うことができるのです。離婚するまでの間しか受け取ることができないのですが、専業主婦など収入の少ない方にとっては忘れてはなりません。

ただし、婚姻費用は十分な金額ではないことが多いのも現実です。

年金分割

婚姻期間中に厚生年金記録などがある方には、離婚時に年金分割を請求することができます。夫がサラリーマンで厚生年金に加入し、妻が扶養に入っているような場合です。0.5の割合で分割を受けることが多いですが、もらえる年金の半分を取得できるという訳ではありません。あくまでも、婚姻期間の年金記録を分け合うので、年金を取得するためには、分割を受けた側が支払い期間などの受取のための条件を満たすことが必要です。そして、離婚後2年以内に年金事務所に分割の申請をすることも忘れてはいけません。

面倒な手続ですが、60歳または65歳になったときに、分割してもらって良かったと思える制度なので、ぜひ分割してもらいましょう。

集めておくべき資料について

Getty logo

財産分与を主張するためには、配偶者の財産をしっかりと把握しておく必要があります。養育費の算定には、相手方の収入を明らかにする資料(源泉徴収票や確定申告書)が必要です。年金分割については事前に「年金分割のための情報提供書」を取り寄せます。

そのため、離婚の相談を受けた初回は、資料の収集をお願いすることが中心になります。くれぐれも「何も調べないで家を飛びだした!」なんてことにならないようにしてくださいね。

弁護士 中川 みち子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

平成17年10月に大阪弁護士会に登録する。平成21年8月にきらり法律事務所を立ち上げ現在に至る。

関連する投稿


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

三度の結婚と離婚を経験し、最近では事実婚を解消された“円満離婚弁護士”の原口未緒さん。著書『こじらせない離婚』では、実際のケースに基づいてスムーズに円満に離婚する方法を丁寧に教えてくれています。原口さんの結婚離婚経験や最近の離婚事情などについてお話を伺ったインタビュー最終回です。


別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

離婚までは思いきれないけど、とにかく今はもう夫と同じ家で暮らすのが苦痛で仕方ない。そんなときは「別居したい!」と感じることでしょう。いったん別居して距離を置くのは正解です。離れてみることで冷静に今後を考えられるようになります。そこで別居したいと思ったときに考えるべきことをご説明します。


3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

3度の離婚そして事実婚へ円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

『こじらせない離婚』の著者である円満離婚弁護士 原口未緒さん。三度の結婚と離婚、一度の事実婚を最近解消されました。現在は3歳の男の子を持つシングルマザー。バイタリティ溢れるその生き方と最近増えているという離婚理由などについてお話をうかがったインタビュー第二回です。


離婚後何年で再婚しましたか? 離婚経験者だからこそ得られる幸せとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #42】

離婚後何年で再婚しましたか? 離婚経験者だからこそ得られる幸せとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #42】

離婚したからと言って、次の結婚がないわけではありません。実際の調査では、多くの人が再婚して新しい人生をスタートしています。一度つまずいたからこそ、次は必ず幸せになりたいという姿勢が再婚につながる現代、再婚は当たり前の選択と考える人が増えています。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


“におい”対策してますか? デリケートゾーンの正しい洗い方【大人のデリケートゾーン&膣ケア#4】

“におい”対策してますか? デリケートゾーンの正しい洗い方【大人のデリケートゾーン&膣ケア#4】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。今回は、デリケートゾーンの基本ステップその1「洗い方」についてお伝えします。これまで丁寧にケアしてこなかったという方も、遅くはありません。一緒にこれからケアを始めましょう!


夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

決して夫のことが嫌いなわけじゃないし、仲も良い。でもなぜか無性にほかの男性ともしてみたくなってしまう…。ひとりの男性と長く過ごす結婚生活では、そんな瞬間が訪れることもあります。ですが、安易な浮気は決してお勧めできません。そんな欲望は、胸に秘めたままこっそり解消しましょう。


スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

スープで“味のチューニング”をしよう『朝10分でできるスープ弁当』著者スープ作家有賀薫さんインタビュー<最終回>#FocusOn

『朝10分でできるスープ弁当』(マガジンハウス)が発売1か月で4万部ベストセラーと話題のスープ作家 有賀薫さん。スープ弁当の魅力についてたっぷり伺ったインタビューです。


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

体調管理は、乳酸菌たっぷりのぬか漬けで免疫力アップです! 今回はGWということで…みなさんがお困りになっている、旅行に行く際や、長期で家をあける時の、ぬか床の保存方法をこっそり教えちゃいまーす☆


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google