夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

結婚まではラブラブだった夫との関係。結婚生活が長くなると、慣れもあってつい関係をないがしろにしていませんか? 趣味が合わなかったり会話がつまらないと感じると、関心を向けることを止めてしまいがち。愛情まで失ってしまう前に、夫を親友にすることで前よりもっとラブラブな関係を目指しましょう!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

すれ違いから生まれる夫婦の溝

長い時間をともに過ごしていれば、どうしてもマンネリ化を感じる瞬間があります。また、生活のなかで少しづつ鬱憤が積もり、「夫の顔を見るのも嫌!」という人もいるかもしれません。

夫婦関係を続けていくと、お互いに「合わせる」という姿勢が薄くなっていきます。以前は美味しいと言ってくれていた料理に今は文句を言われたり、新しい趣味を見つけた夫は好き勝手に出ていくので休日も一緒に過ごす時間が減ったりと、前より自分を優先することが増えた夫に愛想をつかすことも多いでしょう。

そしてそんな夫の態度に自分も好きにしようと思いますよね。話がしたいと思っても合わないと面倒だから声をかけるのを止めてしまい、気がつけば目を合わせることもなくなった。だけど、生活に支障がないならそれでもいい…。

こんなすれ違いは、放置すればするほど夫婦の間に溝を生みます。いつしか相手が何を考えているかわからなくなり、信頼関係まで失い挙句、家庭内別居や離婚まで…そういった事態は避けたいもの! 「昔はもっとラブラブだったのにな……」とため息をつくのなら、いっそ夫を「親友」にしてしまいましょう。

あの頃を取り戻すためにも“親友”がキーワード

Getty logo

夫を親友に、というと違和感を覚えるかもしれません。「夫に友情を感じろってこと?」それも少し違います。

親友とは、何でも話せる相手のこと。同性の親友を思い浮かべるとわかるように、気兼ねなく気持ちを口にできる人を指します。

食事の約束をするとき、何を食べて何処のお店に行くかを話すのは楽しいですよね。相手を信頼していれば、「あれが食べたい」のような気持ちも素直に言えます。その感覚を、夫とのつながりにも取り戻すのです。

付き合っていた頃は、夫の好きなものが食べられるお店や雰囲気の良いレストランをリサーチしたという女性も多いでしょう。それは、「一緒に楽しみたい」気持ちがあったからです。夫の趣味に自分も興味を持ったり、逆に夫が自分の趣味に参加したりと、ふたりで時間を共有することが幸せだったはず。

その頃に比べると、結婚後は確かに愛情も落ち着いてくるし、新鮮さも失われてくるのは仕方のないことですが、根底にはお互いを信頼する気持ちが残っているはずです。「自分を認めてくれている」安心感は、長い時間を過ごす夫婦だからこそ持つことができます。

信頼と愛情はつながっています。夫を信じる気持ちをもう一度思い出して、ふたりで楽しみを見つけられるようなコミュニケーションを心がけていきましょう。

まずは妻から誘ってみる

「いつの間にか、自分は和食が、夫は洋食が好みになってしまって、デートで行くレストラン一つ決めるのにも揉めてしまう…。だからもう誘うのはやめよう」ではなくて、リサーチの幅を広げてみましょう。

「このお店だったらいろんなメニューがあるみたい」という提案ができれば、夫も行きたいと思います。楽しみ方が別々だから諦めるのではなく、別々のものでも一緒に味わえる場を探すことがポイントです。

妻が自分の好みを尊重してくれていることがわかれば、同じように夫も妻の好みを把握しようとします。「こんな料理もあるんだね」と新しい発見があるのも会話が増えるきっかけに。ふたりでリラックスすることが大切です。

夫の関心があるものに自分も興味を持つ

Getty logo

自分がハマっているものに興味を持ってもらえるのは、嬉しいですよね。昔は夫の趣味について自分も参加したことがあったのではないでしょうか。結婚して忙しくなってからはいつの間にか忘れしまったけど、改めてふたりで挑戦してみるのも、親密度を取り戻す良い機会になります。

ゴルフなら夫に教えてもらったり、ジムならふたりでスタジオレッスンに入ってみたり。今の夫の関心を知り、同じ世界を共有したいと思う気持ちは、夫にとって決して不快なものではありません。夫婦は、家でも途切れなく話ができることがメリットです。ふたりで挑戦していれば、新しい活動が見つかるなど、より楽しめる幅が広がります。

無理をしてまで付き合うのは疲れてしまうので、あくまで自分がやれる範囲で手を出してみるのが良いでしょう。

夫を親友にすれば最高の人生が待っている!

Getty logo

夫を親友にする、ということは「最高の人生が待っている!」ということです。親友とはずっと一緒にいたいですよね? いろんなことを話して共有して笑ったり泣いたりしたいですよね。そんな人が常に側にいてくれて共に人生を歩んでくれるんです。

結婚生活を続けていると、「夫を男性として見られない」「あの頃のときめきがなくなったから好きじゃなくなったんだと思う」などと感じることもあるでしょう。しかしそれは当然です。人間という生物は脳科学的にもずっとときめいていることはできないのです。だからと言って、「夫のことはもう好きではない」とか「夫を男性として見られない」と切り捨ててしまうのは間違っています。

妻から関心を持たれていると伝われば、夫も必ず応えます。付き合った当初と関係は変わっても、愛情と信頼は続いています。妻にふたたび意識を向けることができれば、以前より深い愛情を覚えることも大いにあり得ます。

ぜひ夫を一人の人間として親友のように愛し接することを始めてみてくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連するキーワード


夫婦 仮面夫婦

関連する投稿


このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

夫婦の危機? ケンカをするのも気まずくなるのが嫌だし、夫に反発することがあっても結局黙ってしまう。そんなことを繰り返しているうちに、どんどん夫のことを愛せなくなってしまいます。関心がなくなると、待っているのは仮面夫婦です。夫に対して嫌悪感を持つ前に、今の状態の改善を考えましょう。まずは自分が変わることが、夫婦の絆を取り戻す第一歩になります。


【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】セックスは子宮が“キュン”とすること 植物療法士 森田敦子さんインタビュー<第二回>

日本の植物療法の第一人者でもある森田敦子さん。腟まわりの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースされています。WOMeでも腟まわりのケアについて連載していただきましたが、今回あらためて腟まわりのケアがいかに大切なのかということについてお話を伺いました。インタビュー二回目はセックスと腟の潤いのお話です。


【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】セックスレスを解消したいなら通い婚がベスト!? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<最終回>

著書『不倫』を軸に脳科学者の中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回は妬みの感情をどう処理すればいいのか、夫婦のセックスレス問題を脳科学的なアプローチからお話いただきました。


「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

家族でお出かけするときも自分のやりたいことばかり優先して、何か言ってもまったく耳に入れてくれない。こんな夫についていくのは疲れますよね。妻の意見を聞かないのは、「自分が正しい」と無意識に思い込んでいるから。「妻」ではなく「一般的」な意見として話してみると、ミスを嫌う男性は関心を持ちます。どんな対応をすれば良いか、お話します。


【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

【#FocusOn】「足るを知る」自分が本当に望むものは何なのか? 脳科学者 中野信子さんインタビュー<第三回>

あらゆる角度から不倫について考察した著書『不倫』をテーマに中野信子さんに語っていただくインタビュー。今回はよりよりコミュニケーションをとるための方法や自分が本当に望むものは何なのか知ることの大切さについてお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ベテラン助産師が教えるデリケートゾーンケアセミナー 参加レポート!(たかくら新産業主催)

ふだんは医療従事者向けにデリケートゾーンケア アンバサダー講座を定期的に開催している、オーガニックブランドを展開するたかくら新産業。今回は初の試みとして一般消費者向けに、助産師の三宅はつえさんを講師に迎えてデリケートゾーンケアセミナーを開催する、ということで取材してまいりました!


更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

更年期に迷子になる女性たち メノポーズカウンセラーセッション!<第二回>【#FocusOn】

女性であれば誰もが通る道である“更年期”。ですが、正しい知識を持っていますか?日本人女性は自分の大切な体のことでありながら“更年期”について正しい知識をも持たず、誰かに相談することもあまりないようです。そこで更年期の女性に寄り添ってくれるメノポーズカウンセラー3名に更年期に起きる症状や治療法について教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月24日(月)~6月30日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

42歳 彼氏いない歴10年 恋愛感情を思い出すにはどうしたら? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #20】

ふと気が付けば5年以上恋愛していない…というかそもそもときめくって何だっけ?人を好きになるってどういう感情?と、とまどっている40代女性多いのではないでしょうか。20代の頃のような瞬発力の高い恋愛は40代にはふさわしくありません。では40代にふさわしい恋愛とは?恋愛コンサルタント鹿屋由佳さんに教えていただきました。


夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

夫が貯蓄額を教えてくれない… お財布別々夫婦の問題【夫婦問題お悩み相談室 #41】

共働き夫婦が増えていて、お財布は完璧に別々という家庭も多いでしょう。しかし、それが原因で気が付いたらパートナーが借金を抱えていた…なんて恐ろしいケースもあるようです。家族として一生を共にするのですから、お金の管理は家族の問題です。貯蓄額を教えない、通帳を見せない、というパートナーがいたら要注意です。そんな時どうしたらいいか夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんに聞きました。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター