夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】 | 大人のワタシを楽しむメディア
夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

結婚まではラブラブだった夫との関係。結婚生活が長くなると、慣れもあってつい関係をないがしろにしていませんか? 趣味が合わなかったり会話がつまらないと感じると、関心を向けることを止めてしまいがち。愛情まで失ってしまう前に、夫を親友にすることで前よりもっとラブラブな関係を目指しましょう!


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

すれ違いから生まれる夫婦の溝

長い時間をともに過ごしていれば、どうしてもマンネリ化を感じる瞬間があります。また、生活のなかで少しづつ鬱憤が積もり、「夫の顔を見るのも嫌!」という人もいるかもしれません。

夫婦関係を続けていくと、お互いに「合わせる」という姿勢が薄くなっていきます。以前は美味しいと言ってくれていた料理に今は文句を言われたり、新しい趣味を見つけた夫は好き勝手に出ていくので休日も一緒に過ごす時間が減ったりと、前より自分を優先することが増えた夫に愛想をつかすことも多いでしょう。

そしてそんな夫の態度に自分も好きにしようと思いますよね。話がしたいと思っても合わないと面倒だから声をかけるのを止めてしまい、気がつけば目を合わせることもなくなった。だけど、生活に支障がないならそれでもいい…。

こんなすれ違いは、放置すればするほど夫婦の間に溝を生みます。いつしか相手が何を考えているかわからなくなり、信頼関係まで失い挙句、家庭内別居や離婚まで…そういった事態は避けたいもの! 「昔はもっとラブラブだったのにな……」とため息をつくのなら、いっそ夫を「親友」にしてしまいましょう。

あの頃を取り戻すためにも“親友”がキーワード

Getty logo

夫を親友に、というと違和感を覚えるかもしれません。「夫に友情を感じろってこと?」それも少し違います。

親友とは、何でも話せる相手のこと。同性の親友を思い浮かべるとわかるように、気兼ねなく気持ちを口にできる人を指します。

食事の約束をするとき、何を食べて何処のお店に行くかを話すのは楽しいですよね。相手を信頼していれば、「あれが食べたい」のような気持ちも素直に言えます。その感覚を、夫とのつながりにも取り戻すのです。

付き合っていた頃は、夫の好きなものが食べられるお店や雰囲気の良いレストランをリサーチしたという女性も多いでしょう。それは、「一緒に楽しみたい」気持ちがあったからです。夫の趣味に自分も興味を持ったり、逆に夫が自分の趣味に参加したりと、ふたりで時間を共有することが幸せだったはず。

その頃に比べると、結婚後は確かに愛情も落ち着いてくるし、新鮮さも失われてくるのは仕方のないことですが、根底にはお互いを信頼する気持ちが残っているはずです。「自分を認めてくれている」安心感は、長い時間を過ごす夫婦だからこそ持つことができます。

信頼と愛情はつながっています。夫を信じる気持ちをもう一度思い出して、ふたりで楽しみを見つけられるようなコミュニケーションを心がけていきましょう。

まずは妻から誘ってみる

「いつの間にか、自分は和食が、夫は洋食が好みになってしまって、デートで行くレストラン一つ決めるのにも揉めてしまう…。だからもう誘うのはやめよう」ではなくて、リサーチの幅を広げてみましょう。

「このお店だったらいろんなメニューがあるみたい」という提案ができれば、夫も行きたいと思います。楽しみ方が別々だから諦めるのではなく、別々のものでも一緒に味わえる場を探すことがポイントです。

妻が自分の好みを尊重してくれていることがわかれば、同じように夫も妻の好みを把握しようとします。「こんな料理もあるんだね」と新しい発見があるのも会話が増えるきっかけに。ふたりでリラックスすることが大切です。

夫の関心があるものに自分も興味を持つ

Getty logo

自分がハマっているものに興味を持ってもらえるのは、嬉しいですよね。昔は夫の趣味について自分も参加したことがあったのではないでしょうか。結婚して忙しくなってからはいつの間にか忘れしまったけど、改めてふたりで挑戦してみるのも、親密度を取り戻す良い機会になります。

ゴルフなら夫に教えてもらったり、ジムならふたりでスタジオレッスンに入ってみたり。今の夫の関心を知り、同じ世界を共有したいと思う気持ちは、夫にとって決して不快なものではありません。夫婦は、家でも途切れなく話ができることがメリットです。ふたりで挑戦していれば、新しい活動が見つかるなど、より楽しめる幅が広がります。

無理をしてまで付き合うのは疲れてしまうので、あくまで自分がやれる範囲で手を出してみるのが良いでしょう。

夫を親友にすれば最高の人生が待っている!

Getty logo

夫を親友にする、ということは「最高の人生が待っている!」ということです。親友とはずっと一緒にいたいですよね? いろんなことを話して共有して笑ったり泣いたりしたいですよね。そんな人が常に側にいてくれて共に人生を歩んでくれるんです。

結婚生活を続けていると、「夫を男性として見られない」「あの頃のときめきがなくなったから好きじゃなくなったんだと思う」などと感じることもあるでしょう。しかしそれは当然です。人間という生物は脳科学的にもずっとときめいていることはできないのです。だからと言って、「夫のことはもう好きではない」とか「夫を男性として見られない」と切り捨ててしまうのは間違っています。

妻から関心を持たれていると伝われば、夫も必ず応えます。付き合った当初と関係は変わっても、愛情と信頼は続いています。妻にふたたび意識を向けることができれば、以前より深い愛情を覚えることも大いにあり得ます。

ぜひ夫を一人の人間として親友のように愛し接することを始めてみてくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連するキーワード


夫婦 仮面夫婦

関連する投稿


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

別居したい!と思ったら何をすべきか【幸せ夫婦コミュニケーション術 #43】

離婚までは思いきれないけど、とにかく今はもう夫と同じ家で暮らすのが苦痛で仕方ない。そんなときは「別居したい!」と感じることでしょう。いったん別居して距離を置くのは正解です。離れてみることで冷静に今後を考えられるようになります。そこで別居したいと思ったときに考えるべきことをご説明します。


離婚後何年で再婚しましたか? 離婚経験者だからこそ得られる幸せとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #42】

離婚後何年で再婚しましたか? 離婚経験者だからこそ得られる幸せとは【幸せ夫婦コミュニケーション術 #42】

離婚したからと言って、次の結婚がないわけではありません。実際の調査では、多くの人が再婚して新しい人生をスタートしています。一度つまずいたからこそ、次は必ず幸せになりたいという姿勢が再婚につながる現代、再婚は当たり前の選択と考える人が増えています。


セックスレスを放置していたら浮気されていた… どうしたらいい?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #41】

セックスレスを放置していたら浮気されていた… どうしたらいい?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #41】

夫から求められなくなって数ヶ月。楽だな~と思っていたら、ある日いきなり夫の浮気が発覚! これってセックスレスを放置していた私のせい? 夫の浮気は誰でもショックを受けますが、そんなときこそ冷静な行動が必要です。いきなり夫を責め立てるのは避け、まずは自分が今後どうしたいかを考えましょう。


なぜか夫が「長男」化… きちんと成人させるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #40】

なぜか夫が「長男」化… きちんと成人させるには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #40】

結婚しても、子どもが産まれても、家庭内で自立できずにこちらに負担をかけてばかりの「長男」と化している夫。まるで大きな子どもが増えたようで、家事も育児も手伝ってもらえずに苦労ばかり…。そんな長男をきちんと成人させるには、とにかく「自分のことは自分でやらせる」ことで責任感を持たせます。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

夫以外としてみたい…そう思ってしまった時は【幸せ夫婦コミュニケーション術 #44】

決して夫のことが嫌いなわけじゃないし、仲も良い。でもなぜか無性にほかの男性ともしてみたくなってしまう…。ひとりの男性と長く過ごす結婚生活では、そんな瞬間が訪れることもあります。ですが、安易な浮気は決してお勧めできません。そんな欲望は、胸に秘めたままこっそり解消しましょう。


【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

【大湯みほの美味しい菌活ライフ #3】毎日かき混ぜなくても大丈夫♪カンタンぬか漬け保存術

体調管理は、乳酸菌たっぷりのぬか漬けで免疫力アップです! 今回はGWということで…みなさんがお困りになっている、旅行に行く際や、長期で家をあける時の、ぬか床の保存方法をこっそり教えちゃいまーす☆


別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

別居?離婚? 別居前に読んでおきたい別居の種類とメリット・デメリット【40代別居の基本 総まとめ】

「別居したい」「別居してほしいと言われた」別居にはいろいろな始まりがあります。ですが、一つ言えることは“事前準備は欠かせない”ということです。特に40代の別居は自分だけの問題ではなく、子供や両親、相手の両親など、これから人生をどうするかの大きな分岐点になるでしょう。最近では卒婚なんていう言葉が出てきましたが、結婚生活をどんなカタチで継続させるのか、させないのか、様々なパターンを冷静に考えましょう。怒りに任せて家を出たり、相手に別居してほしいと言われて話し合いをすることなく動揺して許してしまった、なんてことがないように。まずは一息ついて、この記事を読んで、賢い別居生活をスタートさせてくださいね。


 “膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

“膣ケア” と “セックス” の深~い関係とは?【大人のデリケートゾーンケア&膣#3】

40代からはじめる大人のデリケートゾーンケア。これまで膣まわりとはどんな場所なのか、膣ケアがなぜ必要なのかについてお話をしてきました。今回はさらに踏み込んで、セックスと膣ケアの深い関係についてお伝えしたいと思います。


夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

三度の結婚と離婚を経験し、最近では事実婚を解消された“円満離婚弁護士”の原口未緒さん。著書『こじらせない離婚』では、実際のケースに基づいてスムーズに円満に離婚する方法を丁寧に教えてくれています。原口さんの結婚離婚経験や最近の離婚事情などについてお話を伺ったインタビュー最終回です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google