38歳 子作り1年、なかなか授かりません…病院へ行くべき?【アラフォーからの性教育 Q&A#4】

38歳 子作り1年、なかなか授かりません…病院へ行くべき?【アラフォーからの性教育 Q&A#4】

アラフォーからの性教育第4回目は1年間セックスしているのに妊娠しない…と悩んでいる女性からです。病院に行くことを躊躇する方も多いですよね。助産師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

結婚当初から子どもが欲しかったので子作りに励んでいるのですが、1年経っても授かりません。38歳で焦っています。病院に行くべきでしょうか?

【お悩み】38歳です。結婚して1年、お互いすぐに子どもが欲しかったので子作りに励んでいるのですが、1年経っても妊娠しません。正直年齢も年齢ですし、焦っています。病院に行くべきでしょうか? 病院が苦手なので、行かずにすむならそうしたいなあと思っていますが、わがままなのでしょうか?

妊娠以前にまずは自分の体の状態について知ることが大切です

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

産婦人科を受診することに抵抗感を感じる方はご相談者さんだけではないと思います。風邪をひいて病院に行くことは抵抗があまりないと思いますが、もともと病院が苦手な方が産婦人科に行くのに抵抗を感じることは当たり前です。

ただ、自分自身の体について知るために産婦人科に定期健診を含めて受診することは女性のライフサイクルの面からとても大切なことです。もし子どもを授かった場合は妊婦健診に確実にいくことになります。産婦人科自体を“不安な場所”ととらえる前にご自身の健康管理のためにかかりつけ医をひとつ持つことでこれからの人生をより良く生きることができます。ぜひ、妊活治療をするかどうかも含めて一度受診してみてください。

その際に35歳以降の自然妊娠率も考えると何かしらのメディカルサポートを受けて授かることも視野に入れるといいでしょう。まずは自分自身の月経をふくめた子宮卵巣のチェックや子宮がん検診を行ってみてくださいね。

たしかに何のケアをしなくても自然に授かる方もたくさんいらっしゃいますが、逆のケースも多くあります。まずは自分の体が今どんな状態なのか知ることが重要なのです。

夫とパートナーシップをしっかりと結ぶこと

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

授からない原因は女性だけの問題ではないことを、パートナーにもしっかりと知ってもらうことも重要です。またセックスも回数など個人差といってはなんですが、いろいろなパートナーシップがありますから、その部分でもお互いに話し合いができているかもポイントです。たとえば排卵前後だけセックスをしているのか、それとも週に1回はセックスをしているのかでも変わってきます。

パートナーも積極的に授かることを希望しているなら一緒に検査に行ってみるといいでしょう。無精子症の確立は100人に一人といわれています。授からない=女性が原因。ではないのです。そして男性も年齢によって精子の状況が変わってくることがあります。パートナーとそういうことを話し合える関係性をもつことが大切です。

授かる前から協力をして同じ方向を向くことを一緒に考えていくことで、ますますパートナーを愛おしく思えるようになると思いますよ。

すべてはふたりの“選択”と心を決める

お互いがフィジカルチェックを受けて、何のサポートもなく妊娠できる状態であればそのまま自然妊娠を待つことも可能ですが、女性は卵子の状態が年々変化します。なので、時期を早めるとしたら何かしらのサポートを視野にいれてパートナーと一緒にどうするか考えるようにすると良いと思います。そして、できることからひとつずつトライしてみてください。そのために婦人科受診はぜひしてほしいです。

そしてそれはおふたりの人生のなかの「選択」だと考えてください。子どもがいる人生がすべてではなく、それぞれが「幸せを感じて生きること」がもっとも重要だと思います。子どもの有無がパートナーシップの良さでは絶対にないです。お互いを尊重し応援しあえて支え合えることが最も重要だと思います。

まだまだ日本は養子縁組に抵抗のある国です。ですがもし、どうしても「子どもが欲しい!」と思った時に「血の繋がりを超えた絆」を感じられる家族を迎えることも「選択」できるのです。また、子どもを育てること以外でも甥っ子や姪っ子、友人の子どもなどに愛を注ぐこともできると思います。これもおふたりの「選択」です。

まずはパートナーととことん話し合い、肌と肌のぬくもりを通して愛をどんどん重ね合ってください。そういう関係性を持つことが大切です。たくさんラブラブしながらぜひ一緒にメディカルチェックを受けてくださいね!

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

小学生の娘への性教育 どう伝えたらいいのでしょうか…【アラフォーからの性教育 Q&A#3】

アラフォーからの性教育第3回目は小学5年生の娘さんへの性教育をどうしたらいいか悩んでいるママからのご相談です。自分も親から性教育を受けていない、だからどうしたらいいのか分からない、という女性は多いと思います。そんなお悩みをお持ちのママ達へ。看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


2人目が欲しい!でも4年もセックスレス…  以前のようにセックスするには?【アラフォーからの性教育 Q&A#2】

2人目が欲しい!でも4年もセックスレス… 以前のようにセックスするには?【アラフォーからの性教育 Q&A#2】

アラフォーからの性教育第2回目からは、看護師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに具体的に読者の方たちからの相談にのっていただきます。今回は夫と4年間セックスをしていないけど、普通にセックスはできるのか? という問題です。


子どもを作らないという選択〜おふたり様の幸せ人生〜【大人のラブ♥パートナーシップ#20】

子どもを作らないという選択〜おふたり様の幸せ人生〜【大人のラブ♥パートナーシップ#20】

今回は多くのアラフォーカップルが直面する「子ども」のこと。子どもを作らないという選択があるとしたら、それはどんな人生なのか? 大変そう! さみしそう…、老後はどうするの?などネガティブなイメージを持っている方もいるかもしれません。子どものいない夫婦の実態、本当のところはどうなのかお伝えします!


妊活に非協力的な夫…見切りをつけて離婚すべき?【夫婦問題お悩み相談室 #2】

妊活に非協力的な夫…見切りをつけて離婚すべき?【夫婦問題お悩み相談室 #2】

「結婚したら、自然に子どもを授かると思っていたのに、なかなか妊娠しない…」年齢とともに焦りと不安ばかりが膨らんでいくアラフォー世代。「妊活」は体力的にも経済的にもメンタル面でも負担が大きく、とても苦しいものです。今回は、妊活に協力してくれない夫にあきらめかけて、離婚しようかと悩む方からのお悩み相談です。


【エモまと】雑学を知って「へー!」と言わせたい!

【エモまと】雑学を知って「へー!」と言わせたい!

【エモまと】とは“エモーショナルなまとめ記事”の略称。つまり、気分で読みたい記事をご紹介する、ということなんです。WOMeで掲載されている記事の中からあなたの気分にぴったりのものをテーマごとに5つ厳選。泣きたいとき笑いたいときなんだかしょんぼりしちゃってるとき。WOMeの記事を読んで、満たされてくださいね。


最新の投稿


自信がつく「うしろ姿」の作り方【更年期は人生が輝くチャンス #14】

自信がつく「うしろ姿」の作り方【更年期は人生が輝くチャンス #14】

鏡を見て、顔や表情、お腹など、見えるところを気にする女性は多いでしょう。しかし、実は人から1番見られる場所というのは、自分では見えない背中です。そこで、今回は今すぐできる自信がつく「うしろ姿」の作り方をお伝えします。


差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

差別にグサッ!「だから結婚できないんだ」と言わせない生き方とは?【神崎桃子の恋愛指南 #29】

「だから結婚できないんだ」なんて、本当に大きなお世話ですよね。そんなこと言われたら怒りで頭が爆発してしまいそうです。しかし…恋愛コラムニスト神崎桃子さんのコラムを読むと言われてみれば…と胸が痛くなることも…。最終的に「確かにそうだよね!」と思える納得の結末なのでぜひ最後までお読みください。


「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

「AVON(エイボン)女性年度賞2017」授賞式に行ってまいりました!

2018年1月29日(月)マンダリン オリエンタル ホテルにて「AVON(エイボン)女性年度賞2017」の授賞式が行われました。高い志と情熱、行動力をもって信じた道を歩み続ける女性たちを応援し続けることを目的に今年38回目を迎える「エイボン女性年度賞」。今年も各界の第一線で活躍する素晴らしい女性たちが受賞しました。


「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「恋愛してから結婚♡」そのこだわりは捨てましょう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #16】

「婚活してまで結婚したいわけじゃない」「自分からガツガツ行くのはみっともない」と思って気が付いたらアラフォーだったという独身女性たち。幸せな結婚生活を送ることと自然な出会いの恋愛結婚は何の関係もないのに変にこだっていませんか? アラフォーがしがみつく執着をご紹介します。これ、捨てたほうが楽になりますよ。


宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月19日(月)~2月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?







よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター