38歳 子作り1年、なかなか授かりません…病院へ行くべき?【アラフォーからの性教育 Q&A#4】 | 大人のワタシを楽しむメディア
38歳 子作り1年、なかなか授かりません…病院へ行くべき?【アラフォーからの性教育 Q&A#4】

38歳 子作り1年、なかなか授かりません…病院へ行くべき?【アラフォーからの性教育 Q&A#4】

アラフォーからの性教育第4回目は1年間セックスしているのに妊娠しない…と悩んでいる女性からです。病院に行くことを躊躇する方も多いですよね。助産師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

結婚当初から子どもが欲しかったので子作りに励んでいるのですが、1年経っても授かりません。38歳で焦っています。病院に行くべきでしょうか?

【お悩み】38歳です。結婚して1年、お互いすぐに子どもが欲しかったので子作りに励んでいるのですが、1年経っても妊娠しません。正直年齢も年齢ですし、焦っています。病院に行くべきでしょうか? 病院が苦手なので、行かずにすむならそうしたいなあと思っていますが、わがままなのでしょうか?

妊娠以前にまずは自分の体の状態について知ることが大切です

Getty logo

産婦人科を受診することに抵抗感を感じる方はご相談者さんだけではないと思います。風邪をひいて病院に行くことは抵抗があまりないと思いますが、もともと病院が苦手な方が産婦人科に行くのに抵抗を感じることは当たり前です。

ただ、自分自身の体について知るために産婦人科に定期健診を含めて受診することは女性のライフサイクルの面からとても大切なことです。もし子どもを授かった場合は妊婦健診に確実にいくことになります。産婦人科自体を“不安な場所”ととらえる前にご自身の健康管理のためにかかりつけ医をひとつ持つことでこれからの人生をより良く生きることができます。ぜひ、妊活治療をするかどうかも含めて一度受診してみてください。

その際に35歳以降の自然妊娠率も考えると何かしらのメディカルサポートを受けて授かることも視野に入れるといいでしょう。まずは自分自身の月経をふくめた子宮卵巣のチェックや子宮がん検診を行ってみてくださいね。

たしかに何のケアをしなくても自然に授かる方もたくさんいらっしゃいますが、逆のケースも多くあります。まずは自分の体が今どんな状態なのか知ることが重要なのです。

夫とパートナーシップをしっかりと結ぶこと

Getty logo

授からない原因は女性だけの問題ではないことを、パートナーにもしっかりと知ってもらうことも重要です。またセックスも回数など個人差といってはなんですが、いろいろなパートナーシップがありますから、その部分でもお互いに話し合いができているかもポイントです。たとえば排卵前後だけセックスをしているのか、それとも週に1回はセックスをしているのかでも変わってきます。

パートナーも積極的に授かることを希望しているなら一緒に検査に行ってみるといいでしょう。無精子症の確立は100人に一人といわれています。授からない=女性が原因。ではないのです。そして男性も年齢によって精子の状況が変わってくることがあります。パートナーとそういうことを話し合える関係性をもつことが大切です。

授かる前から協力をして同じ方向を向くことを一緒に考えていくことで、ますますパートナーを愛おしく思えるようになると思いますよ。

すべてはふたりの“選択”と心を決める

お互いがフィジカルチェックを受けて、何のサポートもなく妊娠できる状態であればそのまま自然妊娠を待つことも可能ですが、女性は卵子の状態が年々変化します。なので、時期を早めるとしたら何かしらのサポートを視野にいれてパートナーと一緒にどうするか考えるようにすると良いと思います。そして、できることからひとつずつトライしてみてください。そのために婦人科受診はぜひしてほしいです。

そしてそれはおふたりの人生のなかの「選択」だと考えてください。子どもがいる人生がすべてではなく、それぞれが「幸せを感じて生きること」がもっとも重要だと思います。子どもの有無がパートナーシップの良さでは絶対にないです。お互いを尊重し応援しあえて支え合えることが最も重要だと思います。

まだまだ日本は養子縁組に抵抗のある国です。ですがもし、どうしても「子どもが欲しい!」と思った時に「血の繋がりを超えた絆」を感じられる家族を迎えることも「選択」できるのです。また、子どもを育てること以外でも甥っ子や姪っ子、友人の子どもなどに愛を注ぐこともできると思います。これもおふたりの「選択」です。

まずはパートナーととことん話し合い、肌と肌のぬくもりを通して愛をどんどん重ね合ってください。そういう関係性を持つことが大切です。たくさんラブラブしながらぜひ一緒にメディカルチェックを受けてくださいね!

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

自分の人生は自分のもの。誰のものでもないし、他の人に強要されるものでもありません。まして、「他の人が○○だから」という理由で何かを決定するのは間違っています。「自分の人生を信頼する」ということについて助産師でありバースセラピストのやまがたさんにお話しいただきました。


まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

まるで他人事 妊活に協力しない夫…【夫婦問題お悩み相談室 #29】

夫婦問題カウンセリングのご相談の中で、多くを占めているのが「妊活」に関する悩みです。金銭面、体力面、精神面で負担が大きく、一人で抱えるにはとても重たい妊活問題。今回は、そんなケースに直面している妻からの相談です。


妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

同年代で妊活に励む仲間は時に励まし合い、悩みや愚痴が言えるかけがえのない存在でもあります。しかし、誰かが自分より先に妊娠という希望を叶えた時…どんな気持ちになるでしょうか? 逆に自分が妊娠した時には友人は…? 妊活仲間との距離の取り方やコミュニケーション法について教えていただきます。


【#FocusOn】40代の苦しさに向き合ったからこそ、今の私がある キャリアカウンセラー朝生容子さんインタビュー/最終回

【#FocusOn】40代の苦しさに向き合ったからこそ、今の私がある キャリアカウンセラー朝生容子さんインタビュー/最終回

WOMeでアラフォーのキャリアについて連載いただいたキャリアカウンセラー朝生容子さん。2014年にあることがきっかけで『子供のいない人生を考える会』という会を立ち上げました。そんな朝生さんが考える子どもを持つということ、40代の過ごし方についてお話いただきました。最終回です。


家族や友人に妊活について話すべき?【幸せな妊活のススメ#5】

家族や友人に妊活について話すべき?【幸せな妊活のススメ#5】

自分たちが妊活をしているという事実をどこまで誰に話すべきか。親や兄弟との関係性においても様々なはずですよね。また、友人にはどの範囲まで伝えるべきか、など、色々悩むと思います。今回はそんな妊活にまつわる人間関係について、助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


“離婚させ屋”の異名、探偵もこなす占い師 卯野たまごさん『ざんねんな手相』インタビュー<第二回>【#FocusOn】

“離婚させ屋”の異名、探偵もこなす占い師 卯野たまごさん『ざんねんな手相』インタビュー<第二回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)著者の手相家で漫画家の卯野たまごさん。その波乱万丈な人生と天性の才能、そして“ざんねんな手相”とは? についてたっぷりお話を伺いました。インタビュー第二回です。


40代のほうれい線は10歳老け顔に? お肌の“たるみ”解消法

40代のほうれい線は10歳老け顔に? お肌の“たるみ”解消法

アラフォー世代の私たちは「たるみ」やすいお年頃。特に顔のたるみ(ほうれい線やゴルゴ線)があると、10歳も老けて見えてしまうことも。そこで今回は老けて見える原因となる「顔のたるみ」の解消法をご紹介。早速チャレンジしてみてください。


宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。9月後半の運勢のポイントを要チェックです。


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング

画像 apple google