「なぜ彼女は40代向けWEBメディアを立ち上げたのか」 WOMe編集長がインタビューを受けました

「なぜ彼女は40代向けWEBメディアを立ち上げたのか」 WOMe編集長がインタビューを受けました

Webメディアで活躍する女性にフォーカスを当てたメディア「Media Girls Labo(メディアガールズラボ)」様より、WOMe編集長がインタビューを受けました。WOMeの企画構想から実際に立ち上がるまで、そして現在、未来を熱心に語る様子をレポートいたします。


Webメディアで活躍する女性にフォーカスをあてた新メディア「Media Girls Labo(メディアガールズラボ)」様より、WOMe編集長 村上香がインタビューを受けました。

WOMeの企画構想から実際に立ち上がるまで、そして現在、未来を熱心に語る様子をレポートいたします。

まずはWOMeのコンセプトから

取材してくださったのは、Webメディアで活躍する女性にフォーカスを当てた「Media Girls Labo(メディアガールズラボ)」という新メディア立ち上げに奔走するWebディレクターの滝下明子さん。働くママでもある滝下さんは元々WOMeのファンだったそうで、企画が立ち上がると同時に「WOMe編集長を取材したい!」と思っていてくれたそう。

滝下:「私、女性ファッション誌を読む時、巻頭のエッセイの部分や後半の2色刷りの部分が大好きなんです!WOMeはまさにその2色刷りの部分にフォーカスを当てたメディアですよね」

村上:「そうなんです。 まさにそのイメージでWOMeを立ち上げました。その世界観が伝わっていると聞いてとても嬉しいです! あの2色刷りの部分には女性のホンネ・リアルが詰まってますよね。そこをしっかりWOMeは伝えていきたいと思っています」

「Media Girls Labo」はWebメディアで働く女性にフォーカスをあて、実際Webメディアで働く女性はどんな一日を過ごし、どんな思いで仕事に向き合っているのか、という“リアル”を伝えたい、ということで編集長の仕事内容やプライベートの過ごし方について質問がスタートいたしました。

緩急をつける それが40代の働き方

WOMeの編集長でありながら、実はその他にも新しいサービス企画立案なども担当している彼女。一日の動きはその日に合わせて様々で編集業務だけを行っているわけではありません。当然働き方についての質問が。

滝下:「多忙な毎日ですよね、夜遅くまで働いているイメージがありますが…」

村上:「40代になって気づかされたのが、気力と体力は別物ということ。頑張るぞ!という気持ちがあっても、体力はそこについて来ない。なのでずっと走り続けるのではなく、緩急をつけることにしています。会社のある目黒は近くに公園や素敵なお店も多いので、ちょっと煮詰まったなと思ったら散歩に出るなどして気分転換しています」

まさに40代女性向けメディアの編集長に相応しい働き方。年齢を重ねた働く女性のリアルですね。

WEBメディアならではの魅力がある

Web業界歴は15年以上の編集長ですが、WEBメディアを立ち上げたのは初めて。WEBメディアにはどんな魅力があるのでしょうか。

滝下:「WOMeを運営する中で、一番感動したことはなんですか?」

村上:「まずはWOMeが公開された日です。コンテンツが世の中に公開されて、“ああこれからは私の考えた企画が読者の方々、読んでくださっている方々のものになるんだ”と感慨深く思いました。次に昨年12月に行った読者イベントです。その時の感動は公開初日とはまた違ったものでした。“WOMeって実際どんな方たちが読んでくれているんだろう?”と、ずっと思っていた、その皆様方と直接お会いすることができた…こんなに嬉しいことはありません。人気の専門家の方をゲストに対談を行ったのですが質疑応答の際、読者の方の生の声を聴くことができたのも貴重な体験でした。アンケートに、“とても楽しかった” “また参加します”というお言葉も…。都内だけでなく地方など遠くかからわざわざ来てくださった方もいらっしゃいました。本当に感激しました」

________________________

インタビューの詳しい内容は、ぜひMedia Girls Laboをご覧ください!

大人の女性向けのWEBメディアだからこそできるコンテンツ企画やイベント魅力だと語る彼女。編集長はじめ、WOMe編集部はこれからも「2色刷りの世界観」と「アラフォー女性のホンネ&リアル」を配信していきます。

Media Girls Laboのインタビューページへ

「WOMeパートナー」募集!

現在WOMeでは一緒にWOMeを盛り上げてくれるアラフォー女性を募集しています。まずは、お気軽にメールをお送りください。WOMeでどんなことができるかなど、一緒に考えていきましょう!

WOMe編集部 パートナー募集係
メールアドレス:contact@wome.jp
____________________

【WOMeパートナー募集要項】
《仕事内容》WOMeのメディア運営全般
▼企画担当
WOMe内のコンテンツ企画全般(専門家のオファー、イベントやキャンペーンなどの企画)
▼編集担当
原稿チェック、進行管理、執筆者(専門家)とのコミュニケーション、記事の公開作業など
▼クリエイティブ担当
デザインページの制作、UI・UXの改善提案等
▼取材・インタビュー担当
イベントの取材や専門家などへのインタビュー・記事制作・撮影等

《募集資格》
<マインド>
・WOMeに興味がある、WOMeを盛り上げる仲間になりたい!という思いをお持ちの方
・アラフォー女性に興味のある情報発信をしてみたい方
・みんなで一つのものを創っていくことに興味をお持ちの方
・短い時間であってもトレンド感をもって働きたいと思っている方

<スキル>
・記事編集経験者
・WEBメディア運営経験者
・WEBデザイン経験者
・WEB運用経験者
・SEO業務経験者
・写真撮影経験者
その他「WEBメディア運営に役立つかも!?」というキャリアをお持ちの方は是非ご相談ください。
※フリーランサーの方も可
※上記のキャリアや経験をお持ちで育休、育児などで短時間業務はできる方も可
※定例会議への出席(目黒またはスカイプ)が可能な方

《雇用形態》
WOMeパートナーメンバー

《勤務地》
応相談
テレワーク(在宅)も可

《勤務時間》
応相談
テレワーク(在宅)、週1日~などライフスタイルに合わせて

《給与》
業務内容や業務ボリュームにより異なります

《休日/休暇》
土、日、祝、他

《待遇・福利厚生》
業務内容や働き方により異なります。
____________________



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

大人の女性が元気に楽しく毎日を過ごせるような記事をお届けします!

関連する投稿


【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。WOMeの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

腟周りのケアの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースする日本の植物療法士 第一人者の森田敦子さん。これまで腟まわりのケアがいかに大切かということについてインタビューしました。最終回は男女のコミュニケーションについてです。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


【#FocusOn】大人に伝えたい 性教育の現場から やまがたてるえさん×大貫詩織さん 助産師対談<第一回>

【#FocusOn】大人に伝えたい 性教育の現場から やまがたてるえさん×大貫詩織さん 助産師対談<第一回>

WOMeで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働く大貫詩織さん。おふたりとも性教育の講演会を全国で行っています。そこでアラフォー世代代表としてやまがたさん、アラサー世代代表として大貫さんにお越しいただき、なぜ今、性教育が大切なのか、ということについてお話いただきました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

おみせ支援マスターとして数々のお店を盛り上げているベテラン支援マスターの三浦桜子さん。そんな三浦さんが最近活動しているエリアはおしゃれなカフェやカジュアル居酒屋が駅前に立ち並ぶ “赤羽”。今回は三浦さんと、三浦さんの紹介でサービスを導入された「大衆ビストロ Lit」の店主 高野翔さんのお二人にお話を聞きました。


彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

会ってもセックスだけなんて寂しい…彼の気持ちがわからない、遊ばれてるだけ?アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター