「夫とはセックスしたくない」3回よぎったら見直し時【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#3】

「夫とはセックスしたくない」3回よぎったら見直し時【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#3】

恋人・夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生による連載【40代夫婦の寝室事情】。第三回目は“夫と3回セックスしたくないと思ったら見直し時”というなんとも厳しいテーマです。しかし…人生100年時代、たしかに考えさせられます。


▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

「家族としては好き!」でも男としては…

「家族としては信頼しているし、父親としては最高! 夫のことは大好き」という妻の声は多々聞いております。“夫のことが好き”、これは結婚生活を続ける上で必須要素です。

そして私が運営する夫婦仲相談所に来られる妻側からのセックスレス相談は大きく2分類されます。

A:「好き!」と思うからこそ求められたい、抱きしめられたい、雲の上に昇るような気持ちいいセックスをしたいのに夫は知らんぷりという妻からのセックスレス相談

B:「好き!」だけど、セックスはいらない。子供もいるし、疲れるだけだから。なのに夫が求めてくるからめんどうくさいというセックスレス相談

“好き”にもいろいろあるということです。好きだからしたい、好きだけどしたくない。ここが夫婦間セックスの複雑なところです。お互いが好きなんだからいいじゃない、では終わらない問題点が隠れています。

抱いてほしいのに抱かれない? 抱かれたくないのに抱かれてる?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

抱いてほしいのに抱かれない妻or抱かれたくないのに求められる妻
なんとも歯がゆい対比ですがこちら2タイプは女性側から見たセックスレスの典型です。

(注釈:抱かれるという言葉は受け身なので男女差別にならないかと言う方もいるのですが、コンサバティブな言葉とわかりつつ、あえて使います。理由はおいおい伝えます)

この矛盾と不適合による夫婦ストレスが、夜になると我が国の屋根の下で渦巻いています。

メールマガジン『となりの寝室事情』で「抱かれたいのに誘ってもらえない妻」からの相談を掲載すると「抱きたいけど拒否される夫」から「僕の奥さんと性欲を取り替えて欲しい」的な意見が届きます。その逆ももちろんあります。結婚相手を間違えたか、といった後悔の声も聞こえてきます。

夫婦間性欲曲線とは月日が経つに連れ想定外の動きをします。
お付き合い始めた頃のいわゆるラブラブ期間は、会うたびにラブホやらお互いの部屋でチュッチュッが王道です。これはお医者さんも脳科学の先生も文献に書いておられます。ドーパミンとかPEA(フェニールエチルアミン)とか脳内物質がジュワジュワ湧くらしく。むずかしいことはさておいて、まとめると「長期間一緒にいると脳が飽きちゃって萌えなくなる人が増える」ということになりますか。

そして片方だけが萌えなくなり、片方は性の欲求がある場合にのみ、セックスレス問題が浮上します。

私のもとに来られる相談者さんの言葉で非常によく聞くものがあります。

「結婚当初のようにラブラブに戻りたい」
「昔みたいにやさしい夫に戻ってほしい」
「前は今の人と別人のように頼りがいが合ってかっこよかった」
「前は毎週セックスしてくれたのにこの3年は皆無です」

など、自分のことは棚上げし、夫だけが変わったと思い込み、過去に戻りたい心中を述べる妻の方々。

しかし私は、このバック・トゥ・ザ・パースト願望(BTP願望)を持つ奥様がたは夢があると思います。あの輝いていた過去のベッドの上を思い出し、旦那さんともう一度愛し合いたい、つまり旦那さんのことが好き。セックスは二人にとって大切な行為と考えているからです。

“こりゃいかん”のは抱かれたくないのに求められる妻

「夫のことは好き! だけどセックスはいらない。子供もいるし、疲れるだけだから。なのに夫が求めてくるからめんどうくさい」

そして! それにプラスして“そのままでいいのか?”と思うのがこちらのタイプ。

「夫のことが嫌い。触られるのもいやだ。家族として共同体として一緒に過ごしている」

“こりゃいかん”を通り越し、完全アウトです。

私が過去書いた著書『夫とは、したくない。』(ブックマン社)で夫への辛辣な思いを吐露してくれた妻がたのことを思い浮かべました。

この本を書いたときは主婦12名と座談会をして、夫婦間セックスについて根掘り葉掘り聞き出したのです。中にはお風呂が嫌いな夫が気持ち悪くて、夫が帰宅した瞬間、消臭剤をふりかけるセックス拒否妻もいました。夫の洗濯物を自分のものと一緒にするのもいやでペットの服と一緒に洗う妻も・・。

ここまで夫に嫌悪感を持っていても、一緒に暮らす夫婦。熟年になってからも嫌な相手と顔を合わせるとなると精神的にもブルーですし、健康を害します。アラフォーのうちに改善するにこしたことはない。1話でも言いましたが人生100年時代がすぐそこに。長い、長い、ながーい間、顔も見たくない男性とひとつ屋根の下・・。

愛情を表現するためにセックスするのが目的なのになぜ?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

2017年のジェクスが行ったジャパンセックスサーベイによるとセックスの目的の男女差を見てみましょう。
40代男性は「性的な快楽のため」が71.9%。40代女性は、そこは24.6%でした。40代女性で多かったのは「子供が欲しいから」26%と「相手に求められるから」22.7%です。妊娠可能年齢がギリギリの40代、それは切実に目的に反映されます。

全体で見ると「愛情を表現するため」が男女とも7割で高いにもかかわらず、なぜセックスレス化が顕著になっていくのか。愛情を表現する行動ができなくなっているわけです。

私は「相手のことを益々好きになるセックス」を提唱していますので、まずは夫婦間のセックスの目的のずれを埋める意識を持たねばセックスレスは改善しないと考えます。

抱いてほしいのに抱かれない妻or抱かれたくないのに求められる妻。セックスレスかもしれないと感じている読者の皆さまは自分がどちらに分類されるかすぐわかりますね。前者の場合は、パートナーに「○○のために抱いてちょうだい」と目的を自分の言葉で伝えてみてください。後者の場合はパートナーに「なにゆえ私を抱きたい?」と尋ねてみてください。そこで本音が出るか出ないか。出たらしめたもの。ネクストステップに進めます。本音が出てこない場合は、セックス以前の問題です。日常の不満や、気になることを1週間かけて棚卸ししてからセックス案件に進みます。

夫とのセックス、彼氏とのセックスについて意識したこともなかった方々には「したくない」と3回思ったら我が身を反省することが必要です。1回なら、まあ身体のコンディションが悪かった、2回ならプチストレスで気分が落ちていた、3回なら言い訳無用。
まじで「したくない」ということです。

私から“こりゃいかん”と指摘されぬようベッドに座って瞑想を・・。

夫婦仲相談所所長/執筆家 三松真由美

夫とは、したくない。~セックスレスな妻の本音~

¥ 1,404

「早くセックスがなくなればいいなって」「排卵のタイミングにあわせて、ダンナに『お願いします』」「セックスしないんなら、裸も見ないでよ! 」 「なんで私から誘わなきゃいけないの?」「夫とチュー? ええっ、考えられない! 」 あなたの奥さんが、この中にいるかもしれません。 2012年、セックスレス大国・ニッポンの妻の本心が、ここにある! 私達ってもう終わってる? ひりひりとそう感じているすべてのご夫婦へ贈る、男と女を取り戻すための処方箋!



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。

関連する投稿


「太ももが硬い夫」となら素敵なセックスができるかも⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#13】

「太ももが硬い夫」となら素敵なセックスができるかも⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#13】

前回からセックスレスになると妻が損する理由を夫婦仲研究所所長の三松真由美先生に教えていただいておりますが、この記事を読んで「夫と抱き合うなんてありえない!」あるいは「夫の誘いにしぶしぶ応じてるものの、できれば寝かせて」という方もいらっしゃるでしょう。そんな方々に「喜んでいたしましょう」となる秘策をお伝えします。


妻が得するセックス好循環!“夫の老化”は妻が予防しよう【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#12】

妻が得するセックス好循環!“夫の老化”は妻が予防しよう【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#12】

夫のオッサン化を防止すると妻にもいいことがたくさん⁉大人気連載、すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情第12回目は、夫のオッサン化防止についてです。


“女性の性欲” 40代から強くなるというのはただの噂??【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#11】

“女性の性欲” 40代から強くなるというのはただの噂??【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#11】

大人気連載、すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情。今回は我々アラフォー女性の“性欲”についてのお話です。年齢を重ねると性欲はなくなる?いやむしろ閉経前は性欲が増すの?1万組以上の夫婦のセックス事情を聞いてきた三松先生に教えていただきましょう!


人生100年時代 中高年・シニアのセックス事情【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#10】

人生100年時代 中高年・シニアのセックス事情【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#10】

前回より人生100年時代の性への向き合い方について三松先生にお話いただいたいておりますが、今回はより踏み込んで40~79歳のセックス事情とシニア、高齢者セックスについて語っていただきます。「もうセックスしなくてもいいや」と思っている皆様。アラフォーでセックスを諦めてしまって本当にいいのでしょうか?


セックスレス解消に美髪は効果あり⁉ 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー

セックスレス解消に美髪は効果あり⁉ 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー

もはや社会現象ともいえるセックスレス問題。多くの家庭で多くの夫婦がこの問題に直面していることでしょう…そんなセックスレスに美髪がどう関係するのか⁉ 夫婦仲相談所所長 三松真由美先生にお話を伺いました。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【7月16日(月)~7月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年7月 後半編(7/15~7/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからWOMe編集部に発見され、満を持して連載スタート!


夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

夫が娘に夢中… 私は置いてけぼりです【夫婦問題お悩み相談室 #19】

以前は、子育てするのは母親の仕事、と考える男性も多く存在していましたが、最近は、育児に積極的なパパが増えています。そのため、ふたりの関係が以前と変わり、新たな問題が発生することもあります。今回は、夫が娘に夢中で相手にされなくなったと悩む妻からの相談です。


ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

ポイントは“くすみケア” 40代から始める透明肌を目指す方法【アラフォーから始める美肌作り#8】

最近、肌がくすんでいる気がする…とお悩みのアラフォー女性も多いと思います。そこで、いったいなぜ肌がくすんでしまうのか?その原因を解決法についてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

子どもたちは日々、様々なシーンで色々な情報を得てきます。時には驚くようなフレーズを言葉にすることもあるでしょう。そんな時、それが言葉にしてはいけないものなら、なぜそうなのか伝えなければいけませんし、きちんとした情報を与えて理解しなければいけないことなら、それについて説明できる知識を親として持つことが大切です。


友だち追加








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
WOMeアプリダウンロードバナーPC_news_フッター